000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

零戦大好き

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


ta.gucci

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

tagucci@ Re[1]:小野崎曹長乗機(02/09) 大尉を知って。さんこんにちは。返事が大…
大尉を知って。@ Re:小野崎曹長乗機(02/09) 曹長、台湾で落とされた?という話を聞い…
ta.gucci@ ohka Jagan Pillarisettiさんへ こんにちは。残…
Jagan Pillarisetti@ Re:SUIJO OHKA11(01/04) こんにちはta.gucci はい、ニューデリー…
ta.gucci@ Re:SUIJO OHKA11(01/04) Jaganさんこんにちは。ようこそ「零戦大好…

Freepage List

Headline News

2020/06/05
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

筑波空所属の零式練習戦闘機(以下練戦)です。基本は零式艦上戦闘機二一型を利用しています。この塗装図はレギュラーでご存知の方も多いでしょうが、問題は第3可動風防、第4固定風防下フェアリングです。形状が明らかに前回紹介した練戦と違います。つまり2タイプが存在しており18年に試作機が完成した第二一航空廠製を前期、その後移管されて終戦まで生産した日立航空機製を後期と便宜上分けておきます。さて練戦は謎が多い機体です。解く資料は多分あると思いますが、マイナーな機体の為に表に出てこないのですね。謎の一つは全長。零戦二一型は9.050m(資料によっては9.060)なのに練戦は9.150mと10cmも長い。二つ目はエンジン支持架(防火壁部分)も1区画後方の第1隔壁の位置まで後退しているのに前席(計器板、座席等)は前進しています。釣り合いの関係とも言われますが矛盾しています。とにもかくにも、練戦を深く知る事は新たな「零式艦上戦闘機」の知己を得る事になります。その辺の話はまた。









Last updated  2020/06/05 01:50:42 PM
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.