023132 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

憂鬱な本読みとオートグラフコレクター

PR

Calendar

Category

Comments

sugi@ Re:自引きオートBEST52010-2011(11/13) 初めまして。失礼します。 お尋ねしたいの…
くーる31@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…
じーく菜999@ Re:失礼します.(07/26) >てっちゃんさん 返事が大変遅くなり…
てっちゃん@ 失礼します. カートン購入の場合のカード獲得パターン…

Archives

2017.10
2017.09
2017.08
2017.07
2017.06

Rakuten Profile

設定されていません

Keyword Search

▼キーワード検索

全72件 (72件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

2016.12.11
XML
ずいぶん久しぶりの投稿ですが、今回はWCCFというアーケードゲームのくじを開封したいと思います。

 WCCFとは、ゲームセンターで実際にカードを並べて自分のチームを作り戦うサッカーゲームです。
 1プレイにつき、1枚ゲームで使えるカードが出てきます。
 久しくプレイしていなかったのですが、youtubeなどで他の方のプレイや開封動画を見るにつれ、自分もやりたくなってきました。そうすると、今度は良いカードが欲しくなってきます。人気のカードは一万円以上で取引されているものもあったりします。
 
 しかし、シングルカードにそれほど注ぎ込むのも怖かったりするのです。

 というわけで、ネットのカードショップでくじを見つけたので10口購入しました。
 その名も、「WCCF神籤 超荒波ver.」、一口1000円で、カード一枚入りの高額くじです。(結局一万円使ってます)
 大当たりはバッジョ、クライフなどの記載がありました。バッジョ引けたら嬉しいなあ・・・



 
 

 それでは、早速開封したいと思います。
 ちなみに、ドキドキ感を味わうため、こんな風に開けました。






 1枚目、12-13シーズンのWSS クリスティアーノ・ロナウド
 2枚目、13-14SPS ペドロ




 3枚目、13-14POS ポスティガ
 4枚目、12-13ARS イグアイン

 そうそう良いカードが出るものではないと思いつつも雲行きが怪しくなってきました。




 5枚目、15-16ATLE-RE- ベルナール・ラマ ようやくシングルカードのレート越え1枚。
 6枚目、11-12WOS メデル



 7枚目、12-13SPS イニエスタ
 8枚目、15-16SPS ダビド・シルバ



 9枚目、12-13WSA エデン・アザール

 これは、嫌な予感がプンプンします。このままでは大爆死決定です。最後くらいは良いカードが・・・



 

 !? MVP 
 右側のRMはレアルマドリー、ということは・・・




 13-14シーズンのMVP CR7 キター!

 というわけで、悲惨な結果からは辛くも逃れました。しかし、シングルカードのレートは購入額の6割弱なんですけども。まあ、最近ほとんどプレイしていないこともあって、全て未所持のカードだった事だけは助かりました。このカードでぼちぼちプレイしたいと思います。






Last updated  2016.12.11 23:51:08
コメント(0) | コメントを書く
2013.01.02
カテゴリ:小説
ずいぶん前に読んだ本もあるので、勘違いしているものもあるかもしれないが、一言感想。

☆☆☆☆☆
・華竜の宮 上田早夕里
 さすがは第32回日本SF大賞を取っただけのことはある。主人公の青澄に必要以上に感情移入してしまった。自分ははたして、彼のように情熱と誠意を持って仕事ができるのだろうか?最初は取っつきにくいかもしれないが、話がうまいので、ぐいぐい引き込まれ、一気に読んでしまった。12年に読んだ本のベスト。
・ミレニアム2 スティーグ・ラーソン
 前作とは違い、アクション要素が強くなった。しかし、リスベットの魅力は相変わらず。
・ミレニアム3 スティーグ・ラーソン
 前2作とはまた趣向が変わって、今度は頭脳戦。最後までハラハラさせてくれる。
・夜は短し歩けよ乙女 森見登美彦
 洒脱な文章と、現代にはおそらく数少ないだろうヒロインに惹かれ、お気に入りの作家の一人になった。草食系男子()は一読すべし。

☆☆☆☆半
・幼年期の終わり アーサー・C・クラーク
 SFの入門書とも言える一冊。今でも色あせないのが凄い。
・ウォッチメイカー ジェフリー・ディーヴァー
 リンカーンライムシリーズの一冊。見事なストーリーテリング。

☆☆☆☆
・駿河城御前試合 南條範夫
 一風も二風も変わった時代小説。登場人物がことごとく不幸になるのが悲しい。
・ハンニバル戦記 塩野七生
 カルタゴの名将ハンニバルを中心にした歴史小説。紀元前3世紀にああいう戦略を生み出したのは興味深い。
・竜馬がゆく 司馬遼太郎
 竜馬があの時代に持っていた先見性は凄いと思う。彼無しでは維新はならなかった。
・チルドレン 伊坂幸太郎
・春期限定いちごタルト事件 米澤穂信

☆☆☆半
・月蝕島の魔物 田中芳樹
・髑髏城の花嫁 田中芳樹
・四畳半神話体系 森見登美彦
・叫びと祈り 梓崎優
・夏期限定トロピカルパフェ事件 米澤穂信

☆☆☆
・ビブリア古書堂の事件手帖-栞子さんと奇妙な隣人たち 三上延
・オーデュボンの祈り 伊坂幸太郎






Last updated  2013.01.02 15:13:53
コメント(0) | コメントを書く
2012.12.31
カテゴリ:カテゴリ未分類
 昨日、十数年ぶりにライブを見にライブハウスに行ってきた。好きなグループだったのだが、大音量と低音のあまりの凄さに数分で気持ちが悪くなってしまい、半分くらいしか楽しむことができなかった。バラードはともかく、激しい曲は腹に響いて立っているのがきつかった。
 ボーカルも音割れが酷かったし、適度な音量だったのかはわからない。ただ、それは自分が普段ほとんど運動をしていないせいかもしれないし、三半規管や自律神経が弱いせいがあるのかもしれない。それとも、単に年を取っただけなのか…
 まあ、リハビリの一環と思えばいいだろう。今度行く時は、耳栓を持っていったほうがいいかな。最高とは言えなかったけれど、一体感を味わえたという意味では、貴重な体験だったことに間違いないだろう。行って良かったと思う。






Last updated  2012.12.31 22:37:25
コメント(0) | コメントを書く
2012.09.08
カテゴリ:カテゴリ未分類
STAR WARS GALAXY 7 開封結果です。スターウォーズのアートワークが描かれているカードシリーズで、アーティストの直筆イラストがBOX1枚入っています。その他にもオッズはわかりませんが、キャストの直筆サインもあるようです。

レギュラーカード

0113


フォイルカード15種

0114


エッチドフォイルカード6種

0115


期待のスケッチカードは…

0116


ルーク?イラストレーターはJOHN P WALESという人で、落書きかよ!っていう出来ですが、これが彼の普通のタッチのようでした。

今回のシリーズはレギュラーカード含め、シスの陣営がメインで作られているようです。出演者のサインは出ませんでした。そうそう甘くはないですね。

今回購入したトレカはこれでお終いです。なのですが、2年ほど前に買ったまま、まだ開封せずに寝かせてあるものものがあります。あるドラマシリーズのトレカなんですが、まだ全部見ていないので、見終わったら開封して紹介しようと思います。






Last updated  2012.09.08 21:07:01
コメント(0) | コメントを書く
2012.09.01
アメリカのマイナープロレス団体TNAのトレカ開封結果です。

箱には7HITと書かれてあります。内訳は3AUTO、1SHORT PRINT CARD、1セレブAUTOもしくはメモラ、2パラレルです。実質4枚サインが出れば御の字でしょうか。

まずレギュラーカード

0109


懐かしい顔ぶれです。


メモラ/80とパラレル/100

0110

セレブオートは出ませんでした。後は、残る3枚のサインカードに期待ですが…

0111

0112

上からMICKIE JAMES、ANAROUIA、JEFF JARRETT 各/100


見事に完敗です。MICKIE JAMESはWWEのDIVA、JEFF JARRETTはWWFやWCWで活躍したレスラーのようですが、知りませんでした。ANAROUIAに至ってはGoogleの検索にも引っかからない始末です。よく知らないものを買うもんじゃないですね。以前購入したTNAトレカで、STINGとMICK FOLEYという大物を引いたばっかりに、期待してしまいました。ホーガンのサインが引けたらと思ったのですが、あまかったです。TNAはこれで打ち止めにします。






Last updated  2012.09.01 13:27:00
コメント(0) | コメントを書く
2012.08.30
約1年半ぶりにトレカをいくつか購入しましたので、久しぶりに開封結果をUPしたいと思います。

まずは、2011 LEAF METAL GOLF。1BOX5枚入りで、うち3枚がAUTOです。

ベースカードはこんな感じ。

0105


オート1枚目 /25

0106

ANNA RAWSON オーストラリアの選手。カードは豪華ですが、プロでの勝利は無いようです。


オート2枚目

0107

ANNA NORDQVIST スウェーデンの選手で、プロ5勝のうち2009年にメジャー大会の LPGA Championshipで優勝しています。


オート3枚目

0108

DUSTIN JOHNSON アメリカの選手でプロ8勝。2011年にはあのTHE OPENで2位タイになっています。現在の世界ランクは16位のようです。

知っている選手はいませんでしたが、シールではなく、全て直書きオートです。その点はいいですね。






Last updated  2012.08.30 23:15:38
コメント(0) | コメントを書く
2012.08.26
カテゴリ:カテゴリ未分類
 今年3~8月に見た映画を独断で評価してみました。本数がそこそこあるので、よい評価のものしかコメントしていません。あくまで独断と偏見によりますのであしからず。

評価 ☆☆☆☆☆ ぜひとも見るべし
・キックアス ヒットガールが最高にかわいい
・ダークナイト ヒースの演じるジョーカーは必見
・となりのトトロ 何回見ても癒されます

評価 ☆☆☆☆半 名作です
・スターウォーズEP4 何度見返してもすごい
・スターウォーズEP6 EP1から通しで見ると、アナキンに感情移入できます

評価 ☆☆☆☆ オススメ。見て損はしない
・トゥルーグリット ジェフ・ブリッジス演じる保安官が渋い
・プリンスオブペルシャ時間の砂 良いアクション
・300 スパルタ人のプライドが格好いい
・ロフト 丁寧に作られたサスペンス
・LAコンフィデンシャル 50年代の雰囲気が堪らない
・MAD探偵7人の容疑者 映像の見せ方に一見の価値あり
・監獄島 よくあるシチュエーションながらスカッとします
・フロムヘル 当時のロンドンの暗さがでてる
・エリートスクワッド 日本はつくづく平和だと思います
・迷宮の女 見事に騙されます
・スターウォーズEP5 次回に続くでちょっと減点
・時計じかけのオレンジ キューブリック作品にしては分かりやすい

評価 ☆☆☆半 時間があれば見てもいいかも
・ファーゴ
・リミット
・アイアンマン2
・ミスターノーバディ
・トランスポーター2
・ゾンビランド
・Mr&MrsSMITH
・復活の日
・GANTZ
・タイタンの戦い
・X-MENファーストジェネレーション
・CURE
・スターウォーズEP1
・スターウォーズEP2
・スターウォーズEP3 ただし、シリーズ全てを通して見るならオススメします

評価 ☆☆☆ よほど暇なら
・センターオブジアース
・ボーダー
・アジャストメント
・パラノーマルアクティビティ第2章
・GANTZ PERFECT ANSWER
・らせん
・ワイルドスピードX2
・マイティソー
・トランスフォーマーリベンジ
・エッセンシャルキリング
・狂気の行方
・サバイバルオブザデッド

評価 ☆☆半 オススメしません
・アルファビル
・プロフェシー
・回路
・シリアスマン 理解するには、ユダヤ教の知識が必要です。私はわかりませんでした

評価 ☆☆ 時間の無駄
・パラノーマルアクティビティ2






Last updated  2012.08.26 12:14:37
コメント(0) | コメントを書く
2012.07.28
カテゴリ:カテゴリ未分類
 CS放送でやっている、「アメリカお宝鑑定団ポーン・スターズ」という番組がおもしろい。
 質屋を営むハリソン一家が、持ち込まれる様々な品物に値段を付け、買い取るだけのシンプルな内容だ。

 日本でも某鑑定団が長い間人気だが、あちらは品物の価値を値段で表すだけの番組。おそらく、買うとしたらこのくらいの値段で買えますよという感じだろう。
 「ポーン・スターズ」は質屋という家業上、儲けを出す必要がある。だから、店主のリックは品物の価値を吟味した後、店の儲けを勘定に入れて売り主に買い取り値を提示する。詳細がわからない品は専門家を呼び、客も同席の上で鑑定を行う。
 買い取った品物は当然売りに出すので、状態が悪ければ修繕しなければならないものもあり、それを見越した上で買い取り値を付けるのだ。人気が高くすぐに売れそうなものは値段が高く、そうでないものは低くなるため、買い取り額は鑑定額の半分から1割くらいと幅広い。結果、客は売るのをあきらめたりする。
 客は高く売りたいし、店は安く買いたい。そのあたりの駆け引きもリアリティがあっておもしろい。

 そもそも、収集品というのは値段があってないようなものだ。欲しい人はいくらでも出すし、価値が見いだせなければタダでもいらない。値段も需要と供給によって変わっていくので、とても流動的である。昨日までお宝だったものが、明日にはゴミに変わる可能性もあるのだ。

 私が集めているサイン入りのカードやグッズなどは、それの最たるものだろう。もちろん、好きで集めている以上、価値など自分で見いだせばいいだけの話なのだが、悲しいかな値段というのも気になるものである。十年後、二十年後にコレクションの価値がどうなっているのか、少し楽しみでもあり、不安でもある。(たぶん、ほとんどのものは価値がなくなっていそうだけどね)






Last updated  2012.07.28 10:11:30
コメント(0) | コメントを書く
2011.11.13

 前回に引き続き、2010年から2011年に購入したトレカの中で、お気に入りオートグラフのBEST5を紹介します。


 第5位 JOHN STOCHTONの直書きオート/25。2009/10 Panini Hall of Fame Basketballより。


 0100


 シールオートが多い中で直書きは貴重な一枚です。


 第4位 MICK FOLEYとSTINGのダブルオート。2009 Tristar TNA Maximum Impact Wrestlingから。


 0101.jpg


 80年代からプロレスを見ている私にとっては、感慨深い2人です。


 第3位 TIM DUNCANのロゴマンパッチ/7。09/10 Upper Deck SP Game Used Basketball。


 0102


 オートグラフではありませんが、引いたときはこれがあのロゴマンパッチか!と思ったものです。しかも、大物ですし。


 第2位 BLAKE GRIFIN ルーキー直書きオート/299。2009/10 Panini Timeless Treasures Basketball。



 0103.jpg


 今一番将来が有望視されるプレイヤーではないでしょうか。豪快なダンクはしびれます。昨期のオールスターでのダンクコンテストも圧巻でしたね。


 第1位 ROGER FEDERERとRAFAEL NADALの直書きダブルオート/25。2010 Ace Authentic Aces Tennisより。



 0096


 これは当初レデンプションとして封入されていたカードでした。2010年の8月にACE社に送付したのですが、戻ってきたのは2011年の6月。正直なところ、半ば諦めていただけに喜びはひとしおでした。ナダルもフェデラーも世界ランク1位はジョコビッチに譲ったとはいえ、実力、実績ともに現役選手NO.1、2の二人ではないでしょうか。







Last updated  2011.11.13 11:57:33
コメント(1) | コメントを書く

 2010年からトレカ開封の更新をしていなかったのですが、ちょくちょくと購入はしていました。その中で、これはいい!と思ったのを載せてみます。どのBOXから出てきたのか、覚えていないものもありますが。

 まずは、LARRY BIRDのオート。Paniniの2009/10 Absolute Memorabilia Basketballから。


 0097



  CRIS BOSHとANTAWN JAMISONのダブル。Upper Deckの09/10 SP Game Used Basketball。


 0098



 RAFAEL NADALオート。2010 Ace Authentic Aces Tennisより。


 0099



 RAJON RONDOパッチオート。Panini09/10 Absolute Memorabilia Basketball。


 0104



 ここにUPしているのはあくまでアタリのカードだけで、その何倍ものハズレがあるんですが・・・。

 次はBEST5を紹介します。






Last updated  2011.11.13 11:01:01
コメント(0) | コメントを書く

全72件 (72件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.