000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

憂鬱な本読みとオートグラフコレクター

憂鬱な本読みとオートグラフコレクター

PR

Calendar

Category

Comments

http://cialisvipsale.com/@ Re:プレミアリーグ第12節(11/09) cialis wregalis cialiscombine viagra an…
sugi@ Re:自引きオートBEST52010-2011(11/13) 初めまして。失礼します。 お尋ねしたいの…
くーる31@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…
じーく菜999@ Re:失礼します.(07/26) >てっちゃんさん 返事が大変遅くなり…
てっちゃん@ 失礼します. カートン購入の場合のカード獲得パターン…

Archives

2022.08
2022.07
2022.06
2022.05
2022.04

Profile

じーく菜999

じーく菜999

Keyword Search

▼キーワード検索

2008.03.15
XML
カテゴリ:小説

 感想

 設定はリアリティが薄いけど、奇抜でなかなかおもしろい。
 パズラー系で純粋に推理する楽しみもありました。連作集みたいな感じで、1つ1つの事件は大したことのないものから、おっと思うようなものまで様々です。
 なかでもQ5は結構よかった。読んでいるときは、Q7のタイプの犯人を予想していたので、なるほどって。そのかわりQ7がすぐにわかったんだけど、あえて作者は簡単にしていたのかも。そのあとのQ8の展開が予想できなかったから。
 各登場人物の正体については半分くらい正解。これも、わざとわかりやすくしていた気がします。Q8のインパクトを出すために。
 すっきりしない終わり方ではあるかもしれないけど、こういう設定ではああいうオチにしかならないかな。頭狂人というネーミングがダブルミーニングなのか。
 






Last updated  2008.03.15 14:34:03
コメント(0) | コメントを書く
[小説] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.