023739 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

憂鬱な本読みとオートグラフコレクター

PR

Calendar

Category

Comments

sugi@ Re:自引きオートBEST52010-2011(11/13) 初めまして。失礼します。 お尋ねしたいの…
くーる31@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…
じーく菜999@ Re:失礼します.(07/26) >てっちゃんさん 返事が大変遅くなり…
てっちゃん@ 失礼します. カートン購入の場合のカード獲得パターン…

Archives

2017.12
2017.11
2017.10
2017.09
2017.08

Profile


じーく菜999

Keyword Search

▼キーワード検索

2011.11.12
XML
カテゴリ:小説

 評価 ☆☆☆☆☆

 ・「クリスマスに少女は還る」キャロル・オコンネル
   途中冗長な部分が少しあるが、それを超えるプロットにうならされる。
  最後は感動で涙も。

 ・「ミレニアム1(上・下)」スティーグ・ラーソン
   正直、ミステリ部分に目新しさも驚きもない。
  しかし、それが気にならない程、主人公の一人、リスベット・サランデルの魅力は大きい。

 ・「虐殺器官」伊藤計劃
   初の長編とは思えない物語の重厚さ。SF好きならぜひ。

 評価 ☆☆☆☆

 ・「1Q84(BOOK1~3)」村上春樹
   村上春樹が好きなら、問題なくハマれる。さすがのクオリティ。

 ・「私が殺した少女」原りょう
   1作目程のパンチはないが、及第点以上は叩き出していると思う。よいハードボイルド。

 ・「向日葵の咲かない夏」道尾秀介
   読む人にとって評価は真っ二つに分かれるだろう。こういうアプローチの仕方もありだ。

 ・「日本SF全集(第1巻、第2巻」日下三蔵(編)
   年代別の短編集で、収録されている作品によって善し悪しはあるものの、資料的な面では評  価できる。

 評価 ☆☆☆

 ・「愛おしい骨」キャロル・オコンネル
   物語は遅々として進まず、オチもない。登場人物の描写には定評があるかもしれないが、そ  れを期待してはいなかった。

 ・「扉は閉ざされたまま」石持浅海
   犯人がわかっているミステリは難しい。ストーリーはうまいが、オチはイマイチ。

 ・「スティームタイガーの死走」霞流一
   面白いのだが、少々詰め込みすぎの部分は否めない。

 ・「名探偵の掟」東野圭吾
   ミステリのお約束を揶揄しているのは面白いが、これだけやると食傷気味。

 ・「ダブルダウン勘繰郎 トリプルプレイ助悪郎」西尾維新
   わざわざJDCのシリーズを書く意味があるのだろうか。


   
【送料無料】クリスマスに少女は還る


   
【送料無料】ミレニアム(1 〔上〕)






Last updated  2011.11.12 18:06:20
コメント(1) | コメントを書く
[小説] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。

コメントに関しては、こちらをご確認ください。


相互リンク   くーる31 さん
突然のコメント、失礼いたします。
私はこちら⇒http://blju.net/
で無料オンラインゲームサイトをやっているfarrといいます。
色々なサイトをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はメールを送ってくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^ (2011.11.12 18:11:57)


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.