全司法労働組合近畿地区連合会

医(三)集会・看護師学習会(2002.12.14)

近畿地連・医(三)集会・看護師学習会(2002年12月14日)
●内容
*委員長あいさつ
公務員制度改革など。
*基調報告
マイナス人勧の問題、昇格改善に向けた交渉の内容、研修やC型肝炎対策に関する最高裁人事局長回答等。公務員制度改革に関わっては、若干の説明と説明会に参加して具体的に看護師がどうなるか疑問をぶつけるように勧めた。上高団交渉の時期、看護師学習会をどう進めるかなど。
*討論・交流(主な発言内容)
・現在医師の勤務が週1日だが、事件も増えて足りない。
・シンナー講習を始めた。
・メンタルヘルスでの相談が多い。
・思春期保健指導をしていきたい。
(思春期保健指導については調査官の意見を求められ、地連の担当執行委員からは、調査官としてはやってもらうと助かる、調査官がやるよりは看護師がケアしてもらえる方がよいとのことであった。そこでこの課題では2~3月期の看護師学習会で外には声をかけず、近畿の看護師だけで学習会を開催し、5~6月期には他地連にも声をかけて学習会を開催することとした。)
・公務員制度改革に関わって、制度が変わる時期に合わせて、病院とは違う裁判所の看護師独自の制度を作ることはできないか。
                                   以上




© Rakuten Group, Inc.