全司法労働組合近畿地区連合会

医(三)集会(2003.12.13)

2003年12月13日開催の医(三)集会内容
委員長あいさつ
基調報告
  4・3級昇格での高裁回答。高裁ブロック研修に関する最高裁・高裁回答と折 衝での回答、結果として1年度早く来年2月に研修が行われるという前進があっ たこと。技官会議への参加の出張扱い要求に対する高裁の厳しい姿勢。全国医療 職集会に向けて本部から意見を求められていること、上高団交渉を春闘期に入れ るよう要求しているが高裁の姿勢が固く、せめて長官所長会同前に入れるよう要 求していること、等を説明した。
討論・交流
1 最近の職場状況になど
  集会の開催について、これまでの活動を振り返った思いなどが出され、各庁で は特に患者としての職員のプライバシーに関わる問題など、相談できる同僚看護 師がいないため、相談や情報交換の場としての集会の必要性などが認識されてい た。
  異動に伴う職務内容の変化,少年に対しシンナーについて講習した経験、学会 等に参加して思春期指導の話を聞いた感想等の紹介があった。
2 全国医療職集会について
 開催時期や内容に関わって話し合われた。
  記念講演は東京で実務を担っている医師にお願いする。
  討議は、高裁・家裁双方の看護師全体に関わる内容で、上京団交渉時には最高 裁見学ツアーを、等の意見が出された。
3 要求書の討議
  基本的には昨年度と同じ内容、外部研修の出張扱いの要求項目に技官会議の文 言を明記することになった。
 非常勤看護師が共催学会への出席を希望しても出張扱いを認められないという ことで、追及することとした。
4 看護師学習会について
 6月ないし7月に午前学習会、午後集会とし、ADHD等について学ぶことと した。
5 ブロック研修でどのような意見を上げるかについて意見交換した。


© Rakuten Group, Inc.