全司法労働組合近畿地区連合会

フリーページ

2007年06月10日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
6月6日、共産党の発表により、防衛大臣直轄の陸上自衛隊情報保全隊が、03年12月から翌年3月までの間、イラク派兵等に関わる市民運動、労働運動、マスコミや地方議会などの動向を広範囲にわたって監視していた事実が明らかにされました。

 このような自衛隊による国民の監視活動は、憲法21条に保障された集会・結社・表現の自由、13条の個人の尊重、生命・自由・幸福追求権、20条の信教の自由になどに反する違憲・違法な活動であり、絶対に容認できないものです。

 自衛隊情報保全隊の任務は「自衛隊の機密情報の保護と漏洩防止」と説明されてきたところであり、その逸脱は明々白々です。憲法で保障された国民の権利行使さえ敵視する自衛隊の違法行為に一言の謝罪すらなく、逆に居直る姿勢は、断じて許されるものではありません。本来自衛隊は、「国の安全を保つため、直接侵略及び間接侵略に対しわが国を防衛すること」が任務とされているはずです。

 こうした事実を前に、政府・防衛省側の説明としては、イラク派遣への反対運動から自衛隊員や家族を守るためにしたことで、業務の範囲内だとしています。昔試合に負けた阪神ファンが巨人の選手の家族を取り囲んで、恐怖心を与えたという事件がありましたが、その事件と同列に扱われていることが、納得いきませんし、自衛隊の隊員やその家族に向けて行っていないことは明らかです。

 逆に、今回の自衛隊文書の中には、青森県国公が実施した年金改悪反対の「街頭宣伝・署名活動」の行動時間・参加者数が詳細に記されています。これは自衛隊が労働組合の日常活動さえ敵視していたことを示すものであり、全くもって容認できないものです。

 これらは戦前の「憲兵隊」を思い出させる行為であり、暗黒政治の復活を懸念させる監視活動として即時中止すべきです。(今回明らかにされた文書の中に、大阪での行動があまりのっていませんでした。自衛隊にも注目されていなかったのかとおもうと・・・)






最終更新日  2012年03月31日 11時42分52秒
コメント(1) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 YYlNXvDjxcO   gpqkcoy さん
zhaSST <a href="http://xthmjysiwazg.com/">xthmjysiwazg</a>, [url=http://hdqitcbixinh.com/]hdqitcbixinh[/url], [link=http://cpbloxkaxcdz.com/]cpbloxkaxcdz[/link], http://mxebfzbaphuj.com/ (2012年03月31日 11時42分52秒)

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


全司法近畿地連

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

 gpqkcoy@ YYlNXvDjxcO zhaSST &lt;a href=&quot;http://xthmjys…
 ndyylqijj@ HjTuGCqkhMJ l2q09S &lt;a href=&quot;http://ejjezxs…
 fnztpfcqgv@ fnztpfcqgv Wow, cool man, big thanks! &lt;a href…
 こうべのひと@ 地連ブログ日記はええなあ 久しぶりの長い記事、読ませていただきま…
 gongon@ お世話になりました ご苦労さまでした。おかげさまで、この1…

© Rakuten Group, Inc.