987327 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

チャン・ヒョク  Just...Jang Hyuk

2007.06.25
XML
in-jp-ttt.jpg


  【私たちに舞い降りた守護天使】


            “フェスタ翌日のひょぎ・・・帰国まで”その3


    
私の席から携帯にて撮影にて画質激悪
(見張りのお兄さんがあっちを向いた瞬間に)
HI380139-0001.jpg




   運転手さんから聞いていた、集合時間の5時を少し回ったとき、みな
   さん一斉にエレベーターからパーーキングへ降りて来ました。
   あっ・・・・ひとりを除いて、ですが・・・。
   エレベータードアから3メートル先のパーキングへの扉までしっかり
   SPのガードがあり、その狭い扉にも3人ものガードが付き~~~
   私たちファンはその場に20人ほどしかいないのに、なにもそこまで
   ね~というほどのかわいくない日本のガード・・・とほほ・・
   声もかけられず~。

   しかし!!
   ユっちゃん! コン・ユくん!! よくぞ!集合時間に遅刻してくだ
   さいました~♪。ひとり10分ほど遅れて降りてくる間、先にパーキ
   ングに帰ってきていた先輩たちは車には乗り込まず、車の周りで和気
   藹々とお話。
   ガラス越しにその光景を見ることができて得しちゃいましたよ~

   私たち以外のファンの方は、パーキング出口にまたまたタクシーを待
   たせていらっしゃっるらしく、すぐその場から離れられたあとのこと
   でしたので、私の同行者であるユっちゃんファンはだれからもじゃま
   されることなく、用意したプレゼントを手渡しし、一言ふた言話かけ
   ることもできました。

   それに対して、遅刻して先輩たちを待たせているのを気にしながらも
   きちんと彼女に対して丁寧に「コマpスムニダ」と頭を下げて答えた
   ユッくんがとても印象に残りました。

   そして、遅れてきたユッくんとともにみなさん車に乗り込み~
   ・・・・はぁ~ 長い一日が終わったのです・・・・

   と、思いきや、ん? 走り出した車に乗り込まず、手を振る数人・・
   ひとりダントツに長身!
   チョ・インソンくんが扉に張り付いて去りゆく車をながめていた私た
   ちの方に歩いてくるのではないですか!!!
   あわてまくり、私たちは扉から離れました。
   ああ、ここにインソンくんファンがいらしたら、最高なのになぁ
   インソンくんはまるっきりリラックス。
   一緒にいるのは、なぜかギバンさん!と、関係者・・・
   ゆっくりと雑談しながら私たちの前を通り抜け、またエレベーターで
   あがって行きました。
   やはりうわさどおり、インソンくん、日本にいりびたり~の風であり
   ましたよ~。

   ほんとにほんとに、これで私の長い一日が終わりました。
   睡眠時間1間ほどで6時に飛び起き(起こしてもらい)、6時半を回
   った頃テヒョンくんの出発をホテルロビーで見送り~
   お昼前だったか・・・忘れましたが、チ・ジニさんを見送り~
   そして夕方5時半、表参道ヒルズパーキングでウリヒョギを見送り~
   長い長い一日を終えました。









Last updated  2007.06.26 02:13:34

PR

Category


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.