540522 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

バス停地名学のすすめ

PR

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12

コメント新着

LUNES@ Re:第121回 下通り5丁目(しもどおりごちょうめ) 前編(10/23) 父が子供の頃に住んでいた旧町名を調べて…
しまこ@ Re:第198回 【梅70編(32)】 横田(よこた) 後編(05/05) 野山北公園プールの帰り道、父に通って帰…
しまこ@ はじめまして。 私はバス停では「原山」住所は中藤から中…

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >

台東区

2009.08.16
XML
カテゴリ:台東区
(前回からのつづき)

ところで、上野駅にはもうひとつ、1系統でいえば終点の上野駅前のひとつ手前に、上野駅南口という電停がありました。場所は京成上野駅の入口前で、その手前の上野公園電停からも目と鼻の先という距離でした。銀座・品川方向の場合は現在の丸井(旧京成百貨店)の前あたりが乗り場だったので、これも上野駅前電停からほんの少し走って到着という距離になります。出入口の多い上野駅への利用の便を図ったものと思われますが、厳密には上野駅に「南口」という出入口は無く、近いのは広小路口、不忍口といったところとなります。

上野駅前の古い写真を見ていると、堂々とした駅舎と、その前に広がる駅前広場、そしてゆったりと幅の広いスペースを持っていた都電の電停が並び、他のターミナル駅の風景とは一線を画すような落ち着きを感じることができます。しかし、1系統の廃止後、首都高速道路1号線が昭和通り上を通過するようになると、電停はその高架下となり、いかにも都電時代の終焉を告げるかのような窮屈な景観に様変わりしました。

当時の写真を注意深く見ると、電停には地下鉄と直結する連絡階段が設けられていたことに気が付きます。地下鉄直結の電停というのは、他に例がなかったのではないでしょうか。調べると、昭和2年の上野~浅草間地下鉄開業当時からのものとのこと。現在、首都高速下の電停跡地は、バイク専用の駐輪場となっていますが、陸の孤島状態のこの場所には、地下鉄日比谷線の改札口近くから駐輪場への出入用に使われている階段があり、これがどうも都電時代の連絡階段を再利用したものではないかと思えてなりません。早速、東京メトロに問い合わせたところ、「お察しの通り」との回答が。こんなところで都電時代の遺構(?)に出会えるとは、思いがけずの大発見となりました。

*******************

ここまで、かつての1系統のルートを追いかけてきましたが、本ブログで過去にご紹介した以下のバス停も、旧都電1系統の電停名を継承しているバス停です。
関心のある方は是非ご参照下さい。

高輪北町
札ノ辻
新橋
通り3丁目

にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ
↑↑↑ブログランキング参加中です。






最終更新日  2009.08.20 00:15:43
コメント(0) | コメントを書く
2009.08.12
カテゴリ:台東区
バス停データ
◆所在地:台東区 ◆路線:都営バス[上46]系統他

みなさん、こんにちは。

品川駅前から第一京浜、そして中央通りを北上してきた都電1系統は、上野公園を左に見ながら国鉄(いうまでもなく現在のJR)のガードをくぐると、間もなく終点の上野駅前に到着しました。品川駅前もそうでしたが、国鉄の駅に設けられた都電の停留所は「○○駅前」と称されることが通例で、バス代替後に「○○駅西口」「○○駅東口」といった表現に変わる例が多い中、上野は現在も「上野駅前」のまま、都電時代の停留所名が都営バスに引き継がれています。

1系統はここで折り返しましたが、上野駅前には他に、須田町から押上方面の福神橋までを結んだ24系統と、同じく須田町から向島方面の寺島2丁目を結んだ30系統が、現在の地下鉄銀座線同様、中央通りから浅草通りへと東西に走り抜け、南北の昭和通りを水天宮から千住4丁目まで結んだ21系統と交差していました。

上野駅前の景観は、昭和44年開通の首都高速道路1号線と、駅前広場を屋根のように覆う大きな歩道橋の設置により、大きく様変わりしたといえるでしょう。バス停のある地上部は日蔭ばかりで、ひどく閉鎖的な雰囲気になってしまいましたが、一時期建替えの話題で揺れていた昭和7年築の駅舎だけは健在で、「郷愁」などという言葉も似合わなくなった今の時代に、往年の東京の北の玄関口という風格を保持し続け、私のような散歩者には安心感に似た心地よさを与えてくれています。

(次回へつづく)

にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ
↑↑↑ブログランキング参加中です。






最終更新日  2009.08.13 01:07:49
コメント(0) | コメントを書く
2009.05.23
カテゴリ:台東区
(前回からのつづき)

花川戸公園にはもうひとつ、「姥ヶ池」についての説明板があります。かつては隅田川に通じていたという大きな池で、現在の花川戸1丁目あたりが主にその跡地となります。明治24年には完全に埋め立てられたとされますが、花川戸公園の池に往時の名残が感じられます。娘の連れてくる旅人を石の枕で殺めて金品を奪っていた老婆が、ある夜、娘が旅人の身代わりになっているとも知らずに娘を殺めてしまったことから悪業を悔やみ、池に身を投げたという伝承が、姥ヶ池の名の由来と伝えられます。

観光バスがずらりと並ぶ区民会館前から花川戸公園の南側に入ると、浅草小学校が見えます。東京を代表するかのような学校名は、卒業生にとってはさぞや誇りだろうと勝手に想像してしまいますが、明治6年開校という伝統もあり、浅草の文化とも関わりが深いようで、三社祭りもしっかりと学校行事のひとつに組み入れられているとのこと。

浅草小学校の西側には、嬉の森稲荷の小さな社が民家に挟まれてひっそりと佇んでいます。嬉の森とは、古くから隅田川に面して船の目印となっていた森とされています。稲荷社は、森が町家に切り開かれて後、何度かの移転を経て昭和2年から現在の地にあるといいます。震災や戦災での焼失を免れたことから、火伏の神としても信仰を集めているといわれます。

馬道通りを越えると、浅草寺境内の東側入口となる二天門です。普段、浅草寺というと雷門から仲見世を抜けることが多いせいか、二天門から境内へのアプローチは、どことなく新鮮な感があるようです。

にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ
↑↑↑ブログランキング参加中です。

+++++++++++++++++++++++++

新刊のご案内・・・「荷風片手に東京・市川散歩」(街と暮らし社刊)






最終更新日  2009.05.24 00:10:09
コメント(0) | コメントを書く
2009.05.20
カテゴリ:台東区
バス停データ
◆所在地:台東区 ◆路線:都営バス[東42甲]系統他

みなさん、こんにちは。

東京駅八重洲口から南千住車庫へ向かう都営バス[東42甲]系統は、通称「江戸通り」こと水戸街道(国道6号)を浅草橋から蔵前、駒形橋と北上してくると、右手に吾妻橋、左手に浅草松屋(東武浅草駅)を見ながらさらに直進し、言問橋西詰の少し手前で、花川戸バス停に到着します。

花川戸の地名は、隅田川沿いの桜並木に因むといわれます。バスを降りて水戸街道を反対側に渡ると、すぐ裏手は隅田川右岸の隅田公園で、春の季節には花見の名所として、今も多くの人出で賑う場所となっています。

花川戸町が江戸期のいつ頃に起立したは定かでないようですが、街道に面した立地でもあり、早くから町家が開かれていたものと思われます。かつては履物の問屋街としてしられた街並みでもありますが、現在もところどころに履物店が見られ、往時の面影を残しています。住居表示の施行は昭和40年のことですが、花川戸1、2丁目として江戸期以来の地名が存続しています。

花川戸といえば、やはり「助六」でしょう。代々市川団十郎がお家芸として伝えてきた演目で、歌舞伎十八番のひとつとして、現在も幅広い層に親しまれる人気の高さがあります。バス停から二天門通りを歩くと、間もなく右手に花川戸公園が見えてきますが、ここに九世団十郎揮毫による助六歌碑があります。碑面には「助六にゆかりの雲の紫を 弥陀の利剣で鬼は外なり」と刻まれ、もとは清川1丁目の仰願寺にありましたが、震災による埋没を経て、昭和33年にこの地に再建されました。

(次回へつづく)

にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ
↑↑↑ブログランキング参加中です。

*************************

好評発売中・・・「荷風片手に東京・市川散歩」(街と暮らし社刊)






最終更新日  2009.05.20 11:19:44
コメント(0) | コメントを書く
2008.11.11
カテゴリ:台東区
(前回からのつづき)

入谷鬼子母神の名物といえば、やはり初夏の朝顔市でしょう。毎年七夕の頃、境内から言問通り一帯にかけては朝顔の鉢を並べた露天で大いに賑わい、下町の風物詩として、東京を代表する光景のひとつともなっています。江戸期からの伝統かと思うとそうではなく、付近の植木屋が観賞用の朝顔を境内に並べるようになったのは明治期からのことといい、周辺の宅地化により大正期には消滅したものの、戦後の昭和25年頃から復活し、現在に至っているそうです。

入谷鬼子母神を起点に、下谷から根岸界隈の散策は、東京下町の散歩コースとしてお薦めできます。生活感の充満した細い路地を足の向くままにぶらぶら歩く楽しみは、私のような散歩者にとって最高に贅沢な時間ともいえるでしょう。途中の小さな寺院などを見ながら歩いていると、やがて下谷2丁目の小野照崎神社に辿り着きます。

小野照崎神社は、平安歌人の小野篁(おののたかむら)を祀る神社で、照崎とは現在の上野公園付近を指す古い地名といい、篁がその風光を好んだ場所だったと伝えられます。樹々に囲まれた社殿は慶応2年(1866)築のもので、震災や戦災をくぐり抜けた貴重な建築物でもあります。社殿の横には、高さおよそ5メートルにも及ぶ大きな富士塚があり、築造時の原形がよく保たれているところから、重要文化財の指定も受けています。今までにも都内各所の富士塚をご紹介してきましたが、独特の幽邃さが他に抜きん出た存在感を感じさせます。

路地から昭和通りに抜け、再びバス停に戻ります。よく見ると、雑司が谷の鬼子母神前バス停はローマ字表記が「きしぼじん」でしたが、入谷鬼子母神は「きしもじん」となっています。同じ都営でも場所が離れると、統一は難しいのでしょうか。

にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ






最終更新日  2008.11.11 22:55:15
コメント(2) | コメントを書く
2008.11.08
カテゴリ:台東区
バス停データ
◆所在地:台東区 ◆路線:都営バス[上26]系統他

みなさん、こんにちは。

前回は豊島区の雑司が谷鬼子母神をご紹介しましたが、東京の鬼子母神でもうひとつ忘れてならないのが、「おそれいりやの鬼子母神」こと、台東区入谷の鬼子母神です。根津から言問通りを東へ走る都営バス[上26]系統に乗り込むと、寛永寺橋で山手線を越えて鶯谷駅を過ぎ、やがて昭和通りと交差する入谷交差点の手前に、入谷鬼子母神バス停があります。

鬼子母神の名ばかりがあまりに知られすぎて、実はここが眞源寺という寺の境内だということに気付く人は少ないかもしれません。雑司が谷鬼子母神にもいえることですが、「神」の文字からこれを神社と勘違いする人も多いとのこと。寺は万治2年(1659)の創建になります。

思いの外こじんまりとした境内に入ると、大きく「鬼子母神」と書かれた提灯を掲げた本堂がすぐ正面にあります。雑司が谷と同様に、こちらも点の無い「鬼」の字を使うのが正しく、他人の子を食べる悪神から安産、子育ての神へと変遷した由来なども、同じ鬼子母神である以上、当然ながら同様です。

因みに「おそれいりや(入谷)の鬼子母神」とは、大田蜀山人(南畝)の狂歌の一節で、このフレーズが鬼子母神の名を広く知らしめた功績は大きいでしょう。他に「びっくりしたや(下谷)の広徳寺」「どうでありま(有馬)の水天宮」といったフレーズが後に続きますが、それらはあまり人の口に上ることがないように思われます。

(次回へつづく)

にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ






最終更新日  2008.11.09 01:21:21
コメント(2) | コメントを書く
2008.08.16
カテゴリ:台東区
(前回からのつづき)

『江戸名所図会』では、「東本願寺」の図に江戸期の新堀川と菊屋橋の姿が描かれています。東本願寺は、当時は1万5千坪余りの広大な寺域を誇りましたが、現在も浄土真宗東本願寺派本山として、菊屋橋交差点北東部に、およそ4千坪余りの境内を有しています。

ところで、菊屋橋バス停に観光路線バスがわざわざ停車するのは、言うまでもなくここが「合羽橋」の入口にあたるからでしょう。バス停にも括弧書きで「道具街入口」の表記がありますが、菊屋橋交差点から北へ伸びる新堀通り沿いが、厨房用品やその関連用品の問屋街として世界的な知名度を持つ、合羽橋道具街です。交差点の北西角には、道具街のシンボルとして知られるニイミ洋食器店の巨大なコック像が、街を見下ろしています。

因みに、「合羽橋」というからには、これも橋の名ですが、道具街(新堀通り)を北へ歩いていくと、3つ目の信号に合羽橋交差点の名があり、ここが橋の跡地にあたります。菊屋橋同様、新堀川を渡す橋で、近くに雨合羽を売る店があったことが橋名の由来といいます。近くの松が谷3丁目にある曹源寺は、合羽大明神を祀る通称「かっぱ寺」であり、明治初期の頃まで、この付近は入谷方面に続く低湿地で、カッパが多く住み、新堀川の開削にもカッパの助力があったなどという伝承が残されています。道具街を歩いていると、カッパのキャラクターをあちこちで見かけますが、漢字表記は「河童」ではなく、あくまでも「合羽」が正しいようです。

道具街をぶらぶら歩いていると、道具以上に目につくのが、飲食店用の食品サンプルです。特に外国人観光客に人気が高いとのこと。

人気blogランキングへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ






最終更新日  2008.08.16 23:19:34
コメント(0) | コメントを書く
2008.08.14
カテゴリ:台東区
バス停データ
◆所在地:台東区 ◆路線:都営バス[S-1]系統他

みなさん、こんにちは。

この春から、都営バスに「東京→夢の下町」と名付けられた観光路線バスが登場したのを、ご存知でしょうか。東京駅から日本橋、秋葉原、上野、浅草を経由して両国までを結ぶ路線で、東京下町の定番観光地を順番に回っています。観光路線ではあるものの、[S-1]という系統番号が付けられ、一般路線と同様、200円の運賃で誰でも乗車できます。使われる車両は一般車両を改造した専用車で、ディズニーリゾート周辺で目にするアメリカ風レトロ調バスとどことなく似た外観が目を惹き、車内放送では外国人観光客向けに、英語や韓国語、中国語なども流れるようになっています。

上野駅から両国行きの[S-1]系統に乗り込むと、併走する一般路線同様に浅草通りを東へ進みますが、下谷神社前と東上野6丁目は通過し、最初に止まるバス停が菊屋橋です。この路線の開業に合わせてバス停もリニューアルされていますが、観光路線ということで欧米人の平均身長でも意識しているのか、やけに背の高いバス停が、少々不自然に感じられます。

バス停そばの交差点が、菊屋橋交差点です。菊屋とは、江戸期にこの地にあった菓子店の名とのこと。ここで浅草通りと南北に交わる新堀通りが、かつての新堀川の跡で、菊屋橋はこれを渡していましたが、川は昭和8年から10年頃にかけて暗渠となり、橋もその時期に撤去されました。いずれも戦前のことであり、川や橋の痕跡は当然の如く皆無ですが、バス停が現在もごくあたり前のように菊屋橋の名を貫く姿に、橋名がいかに根強くこの地域の呼称として浸透してきたかを実感させられます。

(次回へつづく)

人気blogランキングへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ






最終更新日  2008.08.14 12:40:53
コメント(0) | コメントを書く
2007.10.20
カテゴリ:台東区
(前回からのつづき)

浅草公園地の中でも娯楽施設の集中した六区は、国内の映画産業や喜劇界の中心地として不動の地位を築き、町名が浅草1丁目となった後も、この界隈だけは六区の名で親しまれてきましたが、テレビの普及や山の手地区の歓楽街の発展とともに斜陽化が進み、映画館や劇場が次々と姿を消すにつれ、六区の名も対外的には次第に消滅していきました。今、浅草公園六区というバス停名に少なからず違和感すら感じてしまうのは、街の栄光とともに六区の名も遠い過去のものとなってしまっていることを、如実に物語っているといえるでしょう。

国際通りから浅草寺側へ少し入ると、そこは六区の中心を南北に貫く六区ブロードウェイです。浅草演芸ホールのある角のあたりが賑わいの中心となりますが、どことなく漂う場末の雰囲気が、仲見世あたりの人混みとは対照的で、私のような散歩者には案外心地よく感じられます。伝法院通りへつながる商店街は六区通りと称し、街灯ひとつひとつに六区が生んだ喜劇スターの写真が掲げられ、ついつい足を止めて見上げてしまいます。伝法院通りの入口から左へ曲ると、左右からおでんや煮込みの匂いが漂ってくる一画で、道路に面してテーブルを並べた気さくな居酒屋が並ぶ景観は、この界隈独特の街並みでもあります。

このまま北へ抜ければ花やしき、そして浅草寺境内から仲見世、雷門と歩けば、浅草散歩の王道ですが、今回のように六区を起点に浅草を巡ると、いつもの浅草がちょっと違った街並みに見えてくるかもしれません。

人気blogランキングへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ






最終更新日  2007.10.20 21:24:03
コメント(0) | コメントを書く
2007.10.17
カテゴリ:台東区
バス停データ
◆所在地:台東区 ◆路線:都営バス[草41]系統他

みなさん、こんにちは。

浅草の街にはバスがたくさん走っています。もちろん、国内屈指の観光地として、観光バスが多いのは言うまでもありませんが、それ以上に、路線バスの姿を多く見かけます。その中心は都営バスで、浅草周辺は街全体が一大バスターミナルのような様相を呈しています。

浅草には、ご存知の通り地下鉄や東武鉄道の浅草駅がありますが、バス路線は必ずしも鉄道の駅とリンクはしていません。これも浅草の面白いところで、バスは浅草雷門、浅草寿町などのバス停を起終点とし、あたかも鉄道路線とは無関係な独自のネットワークを形成しているかのような具合です。そんな浅草界隈で「バス停地名学」的に最も注目すべきバス停が、浅草寿町から国際通りを北へ向かって二つ目にある、浅草公園六区バス停です。近年、つくばエクスプレス浅草駅がバス停の真下に開業し、もしやバス停名の改称があるかと危惧しましたが、嬉しいことに無用の心配だったようです。

浅草公園六区といえば、かつては浅草歓楽街の代名詞ともいえましたが、今となってはすっかり馴染みの薄い呼称になってしまったのではないでしょうか。そもそも、浅草寺境内一帯を浅草公園と呼ぶようになったのは明治期のことで、昭和40年までは浅草公園地が正式な行政町名として使われていました。この公園地が一区から六区までに区分けされたのが明治17年で、浅草寺本堂周辺を一区、仲見世を二区、伝法院を三区、瓢箪池(現在の花やしき南西側)周辺を四区、奥山(花やしき周辺)を五区、そして四区南側の見世物や劇場の並ぶ一帯を六区としました(同年、やや遅れて浅草寺境内東南側が七区となりました)。

(次回へつづく)

人気blogランキングへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ






最終更新日  2007.10.18 00:25:34
コメント(2) | コメントを書く

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.