540517 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

バス停地名学のすすめ

PR

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12

コメント新着

LUNES@ Re:第121回 下通り5丁目(しもどおりごちょうめ) 前編(10/23) 父が子供の頃に住んでいた旧町名を調べて…
しまこ@ Re:第198回 【梅70編(32)】 横田(よこた) 後編(05/05) 野山北公園プールの帰り道、父に通って帰…
しまこ@ はじめまして。 私はバス停では「原山」住所は中藤から中…

全22件 (22件中 1-10件目)

1 2 3 >

世田谷区

2009.01.31
XML
カテゴリ:世田谷区
(前回からのつづき)

蛇崩川跡の遊歩道を上流側に歩いていくと、左手は高低差の烈しい崖地であり、浸食の著しい地形らしき名残を目の当たりにすることができます。

急斜面に広がる駒繋公園を過ぎると、擬宝珠のついた鮮やかな朱塗りの橋が見えてきます。橋の先の鳥居をくぐれば、駒繋神社です。改めて地図を見ると、この神社の境内が北向きに突き出した高台の先端部にあり、その崖下をぐるっと回り込んで流れていたのが蛇崩川だったことがわかります。鬱蒼と樹々の茂る斜面を上がっていくと、間もなく木漏れ日に照らし出された社殿が現れます。

駒繋神社は大国主命を祀る古社で、平安中期の天喜4年(1056)、源頼義、義家父子が奥州へ向かう途中にここで武運を祈ったと伝えられ、後の文治5年(1189)、奥州藤原氏征伐へ向かう源頼朝が、先祖を偲び境内に愛馬を繋いで参拝したことから、駒繋の名が生じたといわれます。その頼朝はこの地で土砂崩れに遭い、「以後は馬を曳いて渡れ」と命じたことから「馬引沢」の地名が起こり、それが上馬引沢村、下馬引沢村と分かれたことが、現在の上馬、下馬の地名由来となっています。他にも、この周辺には馬にまつわる地名や伝承が多いようで、機会があれば改めて紹介したく思います。

因みに、近くの「駒沢」の町名も、明治期の町村制施行時、周囲に馬にまわつわる地名が多いことから考案された合成地名です。

ひっそりとした境内をしばらく歩いて回っているうちに、「世田谷区名木百選」の看板が付いている木を二本見つけました。木斛(もっこく)と赤四手(あかしで)です。植物の名前に疎い私には、珍しい名前です。こういうときに、携帯版の植物図鑑などがあれば、散歩の楽しみも広がるだろうと痛感しますが、なかなか実現できずにいます。

にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ






最終更新日  2009.01.31 23:52:19
コメント(2) | コメントを書く
2009.01.28
カテゴリ:世田谷区
バス停データ
◆所在地:世田谷区 ◆路線:東急バス[渋32]系統他

みなさん、こんにちは。

渋谷駅のバスターミナルから発車する[渋32]系統は、玉川通り(国道246号線)を三宿まで下り、三宿通りから下馬通りに入り、環七通りの野沢龍雲寺から世田谷観音を回って再び三宿通りに戻る循環路線です。

渋谷駅から玉川通りへ入る東急バスに乗ると、その前後に何台ものバスが連なって、まるでバスの聖地とでもいいたくなるような光景が続きます。対向車線にも数え切れないほどのバスが詰まっています。これだけのバスの量を見られるターミナルも、都心部では珍しいでしょう。それらを見ているうちに、バスはあっという間に三宿交差点を左折し、下馬営業所を過ぎると、間もなく駒繋神社バス停に到着します。

バス停から下馬通りを少し戻ると、蛇崩(じゃくずれ)川流路跡の遊歩道が道路を横切っています。蛇崩川は弦巻5丁目付近を水源とし、上馬、下馬を経て、東急東横線中目黒駅西側で目黒川に注ぎました。一風変わった名称ですが、下流方向に地図を辿っていくと、下馬の先の目黒区上目黒5丁目に蛇崩という交差点があり、古い地名としても存在したことが分かります。崩れた崖地から大蛇が出てきたといった伝承もあるようですが、辞書を見ると、蛇崩れとは崖崩れを意味する言葉のようで、曲がりくねった川の流れに侵蝕された土地柄を指したものか、または砂崩(さくずれ)の転化したものか、由来については定かではありません。

(次回につづく)

にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ






最終更新日  2009.01.28 14:50:14
コメント(0) | コメントを書く
2008.11.21
カテゴリ:世田谷区
(前回からのつづき)

かつては赤堤の村社とされた六所神社は、天正12年(1584)の創建で、武蔵府中の六所宮(現在の大国魂神社)を勧請したことからその名があるといいます。もともと大国魂神社は、武蔵国総社として武州の六社を合祀していることから、六所宮の名があると伝えられます。
  
ひっそりと静まりかえった石段を上がり、高台の南端に位置する六所神社境内に入ってみます。中世の頃にこの地を治めた世田谷吉良氏については、第43回「上町」の項でも触れましたが、その本拠世田谷城の支城があったとされるのがこの地であり、地形を見るとなんとなくそれも自然と頷けてきます。

境内に附属幼稚園を併設しているせいか、時折子供たちの賑やかな歓声が木立の中をすり抜けていきます。その幼稚園の関係施設でしょうか。境内の隅に水色に塗られた小さな木造のアトリエがあり、絵の教室などに使われているようですが、まるで映画のセットのような愛らしさが印象的です。

境内東側から高台の裏手へとまわってみます。三界寺という寺院の角を曲がると、六所神社境内の真裏に出ます。ふと見ると、電柱の傍らに「江戸落語赤堤亭」と書かれたチラシが小さなカゴにのせて置かれています。町内会の主催で、定期的に本格的な落語家による寄席が開かれているようです。柳家権太楼の名もあります。先ほどの三界寺別院が会場のようです。「木戸銭 金五百円也」とのこと。

ひと回りすると、すぐに世田谷線の踏み切りに出ます。線路沿いをぶらぶらと歩いていけば、松原駅までもわずかな距離です。

にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ






最終更新日  2008.11.21 22:37:44
コメント(0) | コメントを書く
2008.11.19
カテゴリ:世田谷区
バス停データ
◆所在地:世田谷区 ◆路線:小田急バス[梅01]系統他

みなさん、こんにちは。

都内の神社を訪ねていると、様々な理由で付近の社を合祀したことから、境内に小さな社がいくつも並んでいるような事例に多数出くわしますが、特に六つの社を合祀した神社を、六所神社と呼ぶ例が多いようです。世田谷区には、この六所神社が数箇所あり、地図をざっと眺めるだけでも、赤堤、野毛、給田にそれぞれ見られますが、このうち赤堤については、近くに六所神社前バス停があります。路線は小田急線梅ヶ丘駅から発車の小田急バス[梅01]系統で、駅から赤堤通りを西へ直進し、東急世田谷線の踏み切りを越える少し手前で、六所神社前バス停に到着します。

神社へ向かう前に、世田谷線の線路に沿って少し歩いてみます。よく見ると、赤堤通りの踏み切りのやや南側で、線路が小さな溝を越える鉄橋になっていることに気付きますが、この付近の古い地図を確認すると、どうやら松原3丁目あたりを水源とする北沢川の支流がここを流れていたようで、線路の西側を北上する道路に水路跡と思われる歩道が続いています。

そんなことを確認しながら、バス停から六所神社へ続く細い通りを歩き始めると、境内手前の左手に「六所橋区民集会所」という看板を掲げた建物を見つけます。六所橋というからには、先ほどの北沢川支流後に架かっていた橋の名でしょう。橋の位置は定かでなく、おそらく痕跡も皆無と思われますが、橋名だけが公共施設の名として生き残っている事実は、驚きであり、嬉しくもあります。

(次回へつづく)

にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ






最終更新日  2008.11.19 14:32:41
コメント(0) | コメントを書く
2008.09.28
カテゴリ:世田谷区
(前回からのつづき)

品川用水については、第230回「廻沢」の項でもご紹介の通り、もとは玉川上水から取水した戸越上水を前身とし、寛文9年(1669)に完成しました。旧品川領の各村に分水していましたが、昭和20年代後半には暗渠になったといいます。地図で流路跡を辿ると、水車橋跡から学芸大学駅北側を通って目黒郵便局方面へ抜けるという、[反11]系統のルートがほぼそのまま品川用水の流路跡となっていることがわかります。

バスを降りると、すぐそばに野沢水車の詳細な由来を記した手書きの掲示板が目に入ります。それによれば、用水の工事では、通水の際に野沢3丁目付近で急に水が地下に吸い込まれてしまったこと、そこに水神を祀って通水を祈念したこと、その場所で深い穴を掘ったら水がドンドンと音を立てて溢れ出たこと、そしてその水神を「ドンドン水神」と呼んだことなどが、小さな字でびっしりと書き込まれています。地元で造園業を営む根岸一彦さんの手によるもので、往時の品川用水と水車小屋、そして水車に引き込まれた分水路などを克明に記した手書きの地図も掲示されています。現在のバス停の位置と橋の架かっていた位置との関係も一目瞭然で、私のような散歩者にはこの上なく興味の尽きない掲示板といえます。

その右隣には、野沢水車を中心にした大正期の絵図も掲示されています。品川用水の流れ、そこから分かれて水車小屋へ入る分水路のトンネル、そしてもちろん水車橋も描かれています。水車小屋は、中の水車が見えるように壁を透視したような描き方がされています。往時の記憶を後世に伝える貴重な絵図として、見応えも十分です。

いずれも、バスの待ち時間の読み物、見物としては、とても贅沢な趣向といえるでしょう。

にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ






最終更新日  2008.09.28 13:40:58
コメント(0) | コメントを書く
2008.09.25
カテゴリ:世田谷区
バス停データ
◆所在地:世田谷区 ◆路線:東急バス[反11]系統

みなさん、こんにちは。

東急バスの路線図を見ていると、鉄道網の合い間を縫うようにして、抜け道的な狭隘道路をするするとすり抜けていく路線がいくつかあることに気が付きますが、五反田駅と世田谷区民会館を結ぶ[反11]系統なども、その代表格のひとつではないでしょうか。五反田駅は品川区ですから、もともと起終点の間にはあまり移動の需要があるとは思えません。つまり、途中の区間需要に支えられた鉄道網の補完路線ということができるでしょう。

[反11]系統は、本ブログとしても大変興味深い路線です。既に第95回「月光原」の項でこの路線はご紹介しましたが、本ブログ画面の右上に掲示している唐が崎バス停も、この路線にあります。そして今回訪ねる水車橋バス停は、環七通りを南下してきたバスが野沢交差点から左手の脇道に入り、住宅街の中を500メートルほど走ったところにあります。世田谷区の東南端にあたり、学芸大学駅の二つ手前のバス停になります。

環七通りから学芸大学駅方面への近道となっているこのバス通りは、かつての品川用水の流路跡に沿っています。水車橋は同用水に架かっていた橋の名で、明治期から大正期にかけて、水路の北側に精米や製粉に使われた大きな水車があったことに由来しています。野沢水車と呼ばれたこの水車は、直径5メートルほどの大型だったといわれ、当時の荏原郡としては最大規模の水車だったと伝えられます。

(次回へつづく)

にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ






最終更新日  2008.09.25 22:48:29
コメント(4) | コメントを書く
2008.07.16
カテゴリ:世田谷区
(前回からのつづき)

品川用水は、玉川上水から取水した戸越上水を前身とし、寛文9年(1669)に完成。旧品川領の各村に分水していましたが、昭和20年代後半には暗渠となりました。先ほど、駅を出てすぐにくぐった小田急の高架下も、品川用水の跡になります。

廻沢は、昭和44年から46年にかけて施行された住居表示により消滅した町名で、古くは廻沢村と称していました。明治22年の千歳村起立時に合併した8村のひとつです。村の四方に川の流れがあったことが地名の由来といい、文献によっては回沢、施沢などの表記も見られるといいます。

バス停から千歳台3丁目の住宅街を抜け環八通りを渡ると、船橋小学校の裏手に神明神社の森があります。大きなクロマツの林立する境内で、社殿のそばには天保10年の銘がある石鳥居も保存されています。その北側に隣接するのは、船橋不動尊と宝性寺です。東側の道路から見ると門は別になっていますが、境内に境界はなく、きれいに手入れのされた庭園のような境内は、心地よく歩くことができます。宝性寺の山門には、波羅密山の文字が入った扁額が掲げられています。

駅の方へ戻るように歩いていると、荒玉水道道路に出ます。見渡す限りどこまでも続く直線道路で、道路の下には水道管が埋設されていますが、これは大正期から昭和にかけて、多摩川の水を現在の中野区北部から板橋区にかけて給水する目的で敷設されたものです。およそ10キロに及ぶきれいな直線道路は、東京の水道史を物語る貴重な産業遺跡ともいえるでしょう。

人気blogランキングへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ






最終更新日  2008.07.16 12:53:51
コメント(0) | コメントを書く
2008.07.14
カテゴリ:世田谷区
バス停データ
◆所在地:世田谷区 ◆路線:京王バス[歳23]系統他

みなさん、こんにちは。

小田急線千歳船橋駅と京王線千歳烏山駅を結ぶ京王バス[歳23]系統については、第33回「南水無」の項で一度ご紹介しました。千歳烏山駅側が、実際は駅のひとつ先にある南水無バス停が起終点となっていることなど、関心のある方は是非ご参照下さい。

両駅は、直線で2キロ強ほどの距離ですが、どちらも「千歳」を冠称しているのは、旧千歳村に駅ができたことに因みます。千歳船橋駅は、昭和2年に千歳村大字船橋に、千歳烏山駅は烏山駅として大正2年に千歳村大字烏山に開業しました。いずれの大字も旧村名で、千歳村は明治22年に周辺8村が合併して成立。「千歳」は嘉名ということでの命名といいます。

千歳船橋駅を降り、駅前の商店街を何度か曲りながら西へ歩くと、高架下をくぐる千歳通りに出ますが、[歳23]系統の乗り場はこの通り上にあります。駅周辺に折返し場がないため、バスは発車すると小田急の高架をくぐり、砧2丁目交差点から環八通りを北上して再び千歳通りに戻るルートを取っています。「南水無」の項で触れた通り、千歳烏山駅側もループ状の運転を余儀なくされており、起終点の両側でループになるという路線も、珍しいかもしれません。

環八船橋交差点から千歳通りに入ったバスは、千歳台2丁目と3丁目の境を北西方向にしばらく走ると、間もなく廻沢バス停に到着します。道路が微妙に蛇行して見通しが悪いせいか、上下方向でバス停位置がかなり離れています。昭和初年頃の古い地図を見ると、この千歳通りの位置に品川用水が通じていた様子を知ることができますが、用水の暗渠化により道路ができたことが、緩く蛇行している要因といえるでしょう。

(次回へつづく)

人気blogランキングへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ






最終更新日  2008.07.14 22:44:57
コメント(0) | コメントを書く
2008.07.11
カテゴリ:世田谷区
(前回からのつづき)

等々力からのバスを降りると、そこは世田谷区深沢の住宅街です。バス停に近い交差点から北へ入っていくと、やがて左手に緑に囲まれた団地が見えてきますが、これが電々アパートことNTT玉川中町社宅です。

まず驚くのは、その敷地の広さです。世田谷区深沢に隣接する立地でこれだけ広大な敷地が、どれほどの資産価値になるのか、不動産に疎い私では想像もつきません。そして、広大な敷地にゆったり配置された住棟群が、全部で10数棟。その「ゆったり」度合いは、ついついため息が出てしまうほどです。敷地の奥から子供が遊ぶ声が聞こえてきますが、どうやら住棟群に囲まれるようにして、芝生の広場があるようです。見ると、お弁当を広げた親子連れが何組か見えています。但し、住棟をよく見ると空室が目立ちます。建替え計画があるのでしょうか。駐車場や駐輪場もガラガラの状態で、必要以上にゆったり見えるのはそのせいかもしれません。

社宅を後にし、周辺を歩いてみます。深沢といえば閑静な高級住宅街のブランドとしても通用しますが、それにふさわしい落ち着きある街並みが広がります。深沢7丁目から玉川通りへ抜ける道路には、見事な桜並木のトンネルが延々と続いています。

社宅の西側、中町5丁目を歩いていくと、用賀駅へ通じる用賀中町通りに出ます。周辺はスーパーを中心に商店街となっていますが、その裏手に谷沢川の小さな流れを見ることができます。世田谷区桜丘付近の湧水を水源とする川で、下流部に都の指定名勝ともなった等々力渓谷があることでも知られています。

人気blogランキングへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ






最終更新日  2008.07.11 22:05:20
コメント(0) | コメントを書く
2008.07.09
カテゴリ:世田谷区
バス停データ
◆所在地:世田谷区 ◆路線:東急バス[等12]系統他

みなさん、こんにちは。

東急等々力駅前から用賀中央通りを北上する東急バス[等12]系統は、深沢不動交差点から駒沢通りに入り、日体大前を過ぎると、間もなく電々アパート前バス停に到着します。

電々公社(日本電信電話公社)の民営化によるNTT(日本電信電話株式会社)の発足は、昭和60年4月1日のことです。既に20年以上前の出来事であり、当然のことながら、電々公社時代を知らない世代も、次々と成人しているという歳月になります。しかしながら、バス停は「電々」の名を守り続けていました。

電々アパートとは、すなわち電々公社の社宅であり、民営化後の名称はNTT社宅となっています。さすがに多量の従業員数を抱える組織だけあって、社宅も都内各所に、それもマンモス団地並みの規模を持って建築されている事例も多く見られます。個人的には、小平市の小金井公園北側にある広大な電々団地などが、まず思い浮かびます。中層でフラット屋根の外観は一般的な公団の団地とも似ていると思いますが、公社とはいえ、一企業の社宅として多量に供給されたこれらの建物群は、戦後の高度成長を象徴する建築遺産のひとつとして高く評価することもできるのではないでしょうか。

バス停としては、同名のものが都内にもう一ヶ所あります。杉並区宮前3丁目のNTT大宮前社宅前にある、関東バスの電々アパート前バス停で、荻窪駅と宮前、西荻窪地区を結ぶ[荻60][荻62]系統が通過しています。東急と関東の両社で、どちらが末永く電々の名を残せるか、注目しておくのも面白そうです。

*平成11年のNTT東西分割により、従来のNTT(日本電信電話株式会社)は持株会社となりました。正式社名には現在も「電信電話」の文字が入りますが、「電々」という略称は、NTT発足と同時に死語になったといえるでしょう。

(次回へつづく)

人気blogランキングへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ






最終更新日  2008.07.09 13:07:13
コメント(2) | コメントを書く

全22件 (22件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.