539797 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

バス停地名学のすすめ

PR

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12

コメント新着

LUNES@ Re:第121回 下通り5丁目(しもどおりごちょうめ) 前編(10/23) 父が子供の頃に住んでいた旧町名を調べて…
しまこ@ Re:第198回 【梅70編(32)】 横田(よこた) 後編(05/05) 野山北公園プールの帰り道、父に通って帰…
しまこ@ はじめまして。 私はバス停では「原山」住所は中藤から中…

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >

品川区

2009.10.04
XML
カテゴリ:品川区
(前回からのつづき)

大崎駅から2駅離れた目黒駅前の地で上大崎の地名に出会うことは、改めて考えると少々違和感があるかもしれません。大崎の地名由来は、大きな岬のように突き出た武蔵野台地の突端という地勢に因むようですが、地名発祥の頃の本来の大崎地区は、現在の上大崎や東五反田地区周辺を指したものといわれています。品川区の「角」のように北に飛び出した上大崎地区は、港区と目黒区の間に割って入る格好で、北端はほんの100メートルほどですが、渋谷区にも接しています。

バス停から反対側の歩道を目黒駅方向に少し戻ると、第144回「茶屋坂」の項で「さんま祭」会場としてご紹介した誕生八幡神社が見えてきます。樹齢250年から300年といわれる2本の大イチョウが目印で、都電時代を見つめてきた目黒通りのシンボルでもありますが、道路拡幅の度に3度も移植されたにも関わらず、堂々とした力強い枝振りは不変のようです。

上大崎交差点を白金方向に渡ると、左手には東京都庭園美術館と国立自然教育園の広大な森が広がっています。都心の一等地にこれだけの森が残された要因としては、この地の前身が江戸期の高松藩松平讃岐守下屋敷跡地を利用した陸海軍の火薬庫で、その後も皇室御料地となるなど、特殊な地域として周囲の都市化から切り離された場所だった経緯が挙げられます。白金長者の居館跡ともいわれる場所で、江戸期からの白金台の自然がほぼそのままに受け継がれている貴重な空間といえるでしょう。そういえば、上大崎電停も昭和初期の頃までは、元白金火薬庫前と称していました。

上大崎を発車したかつての都電5系統は、白金台町、日吉坂上と進み、清正公前で4系統と合流すると、その先は芝園橋までが4系統との重複区間となっていました。

にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ
↑↑↑ブログランキング参加中です。






最終更新日  2009.10.04 11:20:22
コメント(0) | コメントを書く
2009.09.29
カテゴリ:品川区
バス停データ
◆所在地:品川区 ◆路線:都営バス[東98]系統他

みなさん、こんにちは。

目黒駅前から都心方面へ向かったかつての都電5系統は、五反田駅前からの4系統とは姉妹路線のような関係で、同じ目黒車庫の管轄ということもあり、城南エリアと都心を結ぶ幹線系統として肩を並べていました。

JR目黒駅の東口を出ると、駅前のロータリーに面した目黒通り上が、都電目黒駅前電停の跡地となります。通りの南側、銀行などが並ぶビルの裏手に、かつては昭和2年開設の目黒車庫があり、同42年の都電廃止後も長らく都営バスの車庫として、都電時代の施設がそのまま使われていましたが、営業所から支所、分駐所と順次格下げされた後、周辺の再開発計画の影響もあってか、平成17年に廃止となりました。現在、都電時代の面影を色濃く残していた建物の跡地は駐車場となり、目黒通りからの出入口となっていた通路上には工事用フェンスが張られ、その隙間から見る限りでは、奥の敷地内もあらかた整地が終わっているように思われます。

目黒駅前から目黒通りを白金方向にしばらく歩くと、間もなく首都高速目黒線が南北に横切る大きな交差点に出ますが、その手前に都電時代の電停名を受け継いでいる上大崎バス停があります。目黒駅方向のみの片側バス停で、地図を確認すると、目黒駅前からここまでの区間のみが品川区に入るかたちとなっています。

(次回へつづく)

にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ
↑↑↑ブログランキング参加中です。






最終更新日  2009.09.29 12:17:26
コメント(0) | コメントを書く
2009.03.30
カテゴリ:品川区
(前回からのつづき)

バスを降りてまず目に入るのは、八ツ山通りに面した三菱開東閣の入口です。三菱グループの迎賓館であり、かつての伊藤博文邸跡地を明治22年に三菱財閥の岩崎久弥が購入し、神田駿河台本邸から和館を移築するとともに、ジョサイア・コンドル設計による洋館が明治41年に完成し、開東閣が出来上がりました。一般には非公開である上に、広大な敷地は鬱蒼とした樹々に包まれ、建物の様子などは外部から一切わからないようになっていますが、資料によれば、戦災で内部を焼失した洋館は昭和39年に復旧が完了し、往時の外観をほぼ維持した形で現存しているようです。

バス停から北品川5丁目の閑静な住宅街を南へ入る通りは、太田道灌ゆかりの地らしく、道灌通りと呼ばれています。しばらく歩くと、左手に見えてくるのが現代美術のコレクションで知られる原美術館です。建物の前身は、実業家であり美術収集家でもあった原邦造の邸宅で、銀座和光や国立博物館などを手がけた渡辺仁の設計により、昭和13年に完成しています。建物そのものが大変貴重な建築遺産のひとつであり、それだけでも一見の価値があります。

原美術館を通り過ぎ、突きあたりを左へ曲ると、削り取られた御殿山跡地への急峻な崖に向け、道は下り坂となります。崖下は山手線や東海道線の線路が南北に走っていますが、その手前の左手が御殿山ヒルズ(ガーデン)の裏手にあたり、すり鉢状の窪地には日本庭園が広がっています。再開発で整備された庭園ではありますが、往古の名勝御殿山を思い浮かべつつ、散歩の合い間にひと休みするには、ちょうどよい空間でもあります。

にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ
↑↑↑ブログランキング参加中です。






最終更新日  2009.03.31 02:12:36
コメント(0) | コメントを書く
2009.03.27
カテゴリ:品川区
バス停データ
◆所在地:品川区 ◆路線:都営バス[反96]系統

みなさん、こんにちは。

都内に「御殿山」と名の付く場所はいくつかありますが、今回ご紹介するのは、品川の御殿山です。御殿山ヒルズとして再開発された場所といえば、ご存知の方も多いでしょう。五反田駅から通称「ソニー通り」こと八ツ山通りを東へ走る都営バス[反96]系統は、昭和22年から近年までソニーの本拠地であったソニー村とも呼ばれる一画を抜けると、間もなく御殿山バス停に到着します。

目黒川左岸に舌状に延びた高輪台地の先端に位置する御殿山は、江戸時代初期の頃、徳川将軍家による品川御殿が置かれ、将軍鷹狩りの際の休息所として、また茶会などの場として利用されたことからその名があるといいます。古くは、江戸城築城前の太田道灌が居館を構えた地とも伝えられます。江戸期から桜の名所として知られた場所で、その名勝ぶりは北斎や広重らの筆によっても美しく描き出されてきました。

そんな御殿山ですが、ここは江戸の中心から近い「山」であるが故に、江戸城の補修工事や、幕末の品川台場築造などの際の格好の土取り場となり、長年にわたり膨大な量の土が削り取られ、遂には「山」としての原形を留めないほどに崩され尽くした場所でもあります。従って、厳密には御殿山という名の「山」は既に無く、地名だけが不変のまま残されているというのが実情で、現在御殿山ヒルズの建つ高台は、かつての御殿山の北西側に続いていた台地部分に該当しています。

(次回へつづく)

にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ
↑↑↑ブログランキングにご協力お願いします。






最終更新日  2009.03.27 22:48:13
コメント(0) | コメントを書く
2008.10.05
カテゴリ:品川区
(前回からのつづき)

塚の跡地は、平塚橋交差点から中原街道を南へ少し下った場所で、昭和初期の頃には姿を消していたといいますが、戦後になって跡地から鎧や兜、刀剣類が多数発掘され、昭和27年に地元有志によりその由来を伝える「平塚の碑」が建てられるに至ったとのこと。平塚は品川区の町名にもなりましたが、平塚橋の名も、バス停のみならず、この付近の俗称として広く知られるようになっています。

交差点からバス停方向に再び戻ると、左手に分岐する通りに「旧中原街道」の表示があり、ここから五反田方面に向けて、中原街道の旧道跡が残されている様子を見ることができます。この旧道を少し歩いてみると、やがて右手に旧中原街道供養塔群と呼ばれる六基の供養塔や地蔵菩薩像を収めたお堂があります。これらのうち右手前の2メートルを超す石造地蔵菩薩像は、戸越地蔵と呼ばれて親しまれてきたもので、江戸時代中期の頃のものとされています。また左手奥には、明治11年開校の京陽学校(現在の京陽小学校)付近を描いた絵が掲示されていますが、そこには旧中原街道と茶店、品川用水と平塚橋、そして戸越地蔵がユーモラスなタッチで描かれ、この付近の明治期の光景を偲ぶことができます。

帰り道は、交差点から武蔵小山駅へ伸びるアーケードの商店街「武蔵小山パルム」を歩いてみます。昔ながらの活気溢れる商店街で、人通りも相当なものです。賑やかなアーケードから少し脇道へ入ると、プープーとどこかで聞いたようなラッパの音が聞こえてきました。見ればリヤカーを引いた豆腐屋さんです。なんとも懐かしいその姿にしばらく見入っていると、あちこちから「お豆腐屋さーん」と呼びながら駆け寄る近所の人々に、リヤカーはあっという間に取り囲まれていきました。

にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ






最終更新日  2008.10.05 22:45:23
コメント(2) | コメントを書く
2008.10.02
カテゴリ:品川区
バス停データ
◆所在地:品川区 ◆路線:東急バス[反11]系統

みなさん、こんにちは。

前回の水車橋バス停から再び五反田駅行きの[反11]系統に乗り込み、今度は品川用水の流路跡に沿って学芸大学駅方面へと向かうことにします。道幅は狭く、駅前の商店街ともなっているため、バスは人や自転車をよけながらゆっくりと進んでいきます。

学芸大学駅から先は、第95・96回「月光原」の項でも既にご紹介したエリアで、昭和41年の住居表示施行で消滅した町名を残す唐が崎バス停を過ぎると、バスは目黒郵便局前で目黒通りを越えます。次の清水庚申バス停の手前で斜め右手方向に分かれる小道が品川用水の流路跡で、地図を見るとこの小道は「く」の字型にカーブして、月光原バス停の手前で再びバス通りと交わっています。やがてバスは目黒区から品川区に入り、武蔵小山を過ぎて中原街道との平塚橋交差点を左へ曲ると、間もなく平塚橋バス停に到着します。

平塚橋も、かつての品川用水に架かっていた橋の名です。バス停から平塚橋交差点方向に少し戻ると歩道橋がありますが、ちょうどそのあたりが橋の跡地といいます。地図で確認すると、流路跡は武蔵小山駅の東側から後地交差点を経て、この平塚橋跡へと至っています。

平塚の名は、かつてこの付近にあった円形の塚に因むといいます。伝えによれば、八幡太郎こと源義家の弟義光(新羅三郎)が、奥州出羽地方での後三年の役(1083~87)で苦戦していた義家を助けた後の帰途、この付近で夜盗により多くの兵を失い、周辺の村人がその死者を葬った塚とされています。

(次回へつづく)

にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ






最終更新日  2008.10.03 02:26:42
コメント(0) | コメントを書く
2008.07.03
カテゴリ:品川区
(前回からのつづき)

バス停名改称の理由は、近くにあった区立原小学校が、区の小中一貫校指定校として区立伊藤中学校と合併し、伊藤学園として生まれ変わった事情によります。伊藤学園は、大井原町の2つ手前のバス停にその名がありましたが、これも同時期に伊藤中学校から改称したバス停であり、教育改革が[井05]系統に2ヶ所のバス停名改称をもたらしたという、珍しい事例となりました。

バスを降りると、すぐ目の前に新幹線高架下を走る横須賀線の踏切があり、西大井駅プラットホームの南端が間近に接しています。その踏切を越えると、右手に神社の境内のような緑に包まれた一画がありますが、これは伊藤博文公の墓所です。先ほどの伊藤学園をはじめ、地図を広げると近くには伊藤小学校、伊藤幼稚園などの名が見られますが、この周辺には伊藤公墓所に因み、大井伊藤町の町名が昭和39年までありました。もともとの地名は谷垂(たにだれ)といい、伊藤公墓所からさらに200メートルほど先にある谷垂公園に、その名が残っています。

西大井駅前を覗いてみます。ロータリーには、大井町駅へ戻る[井05]系統が休んでいますが、その目と鼻の先を立会道路が東西に伸び、そこに[井01]系統の3丁目会館というバス停があります。わずか30メートルほどしか離れていませんが、バス停名は別になっています。

立会道路はその名の通り、かつての立会川の暗渠ですが、横須賀線をくぐるガード下には「立会川ガード」の表示が現在も残っています。駅東側に広がる公園を抜けて歩いていくと、立会道路には川の流れの記憶を留めた桜並木も残っています。

人気blogランキングへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ






最終更新日  2008.07.03 23:24:47
コメント(0) | コメントを書く
2008.07.01
カテゴリ:品川区
バス停データ
◆所在地:品川区 ◆路線:東急バス[井05]系統

みなさん、こんにちは。

東急バスの路線図を見ると、大井町駅から二葉、西大井方面へ向かう路線としては、荏原営業所行きの[井01]系統と、西大井駅行きの[井05]系統の2路線があることがわかりますが、これらは数年前まで、ひとつの循環系統として運行されていたようで、開業も戦前という歴史ある路線だそうです。

大井町駅西口のロータリーに出ると、[井05]系統のコンパクトな中型車両が発車を待っています。狭隘道路を走ることが予想され、私のようなバス好きは少しワクワクします。駅を発車すると池上通りを南下し、大井5丁目交差点から道幅の狭い滝王子通りに入ります。滝王子は、大井5丁目バス停から南へ少し入ったところにある滝王子稲荷神社に因む地名で、昭和39年までは周囲に大井滝王子町の町名もありました。

やがて通りは商店街となり、バスは対向車をぎりぎりにやり過ごしながら、ゆっくりと西へ進みます。西大井2丁目バス停を過ぎると、商店街の街灯には赤地に「原」の文字を大きくあしらったペナントがぶら下がるようになります。正面に新幹線の高架が見えると、間もなく大井原町バス停に到着です。

このバス停、実は昨年(平成19年)3月までは原小学校と名乗っていたものが改称されたもので、その際に昭和39年の住居表示施行で消滅した大井原町の町名がバス停名として採用されたという、貴重なケースです。例え地図上からは消えても、旧町名が地元住民の暮らしの中にきっちりと生き続けてきたことの証しともいえるでしょう。

(次回へつづく)

人気blogランキングへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ






最終更新日  2008.07.01 21:41:32
コメント(0) | コメントを書く
2007.11.25
カテゴリ:品川区
(前回からのつづき)

ゼームス坂の碑の向かい側には、高村智恵子詩碑があります。碑の立つ場所は、かつてのゼームス坂病院の跡地の一画で、智恵子がこの病院で亡くなったのは昭和13年のことです。碑には高村光太郎の「レモン哀歌」が刻まれていますが、碑の高さは智恵子の背丈に合わせ、文字は光太郎直筆原稿のものを刻み込んでいるといいます。

さらにゼームス坂を下り、左手の小道を少し入ると、二日市公園という小公園がありますが、調べてみると、かつてこの付近に二日五日市という字名があったようで、公園名はその旧地名を伝える貴重な名称といえることがわかりました。周辺の農家が野菜を持ち寄って市を開いたことに因む地名で、近くにある京浜急行の駅名でお馴染みの青物横丁の地名も、この二日五日市が青物市だったことによるといいます。

坂は緩やかにさらに下っていきます。すぐに、ゼームス坂上のひとつ先のバス停、品川銀座が見えてきます。周囲の商店をよく見ると、昔ながらの看板建築の商店もいくつか見られ、足早に通り過ぎるのは勿体ないような街並みが続いています。坂を下りきった先には、風格ある天龍寺の山門が見えています。ここは、境内に沿って東へ入る道に延々と煉瓦塀が残されていることでも知られています。ゼームス坂通りは天龍寺門前で右に折れ、京浜急行新馬場駅近くの第一京浜に辿り着きます。

人気blogランキングへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ






最終更新日  2007.11.25 21:50:08
コメント(0) | コメントを書く
2007.11.23
カテゴリ:品川区
バス停データ
◆所在地:品川区 ◆路線:東急バス[渋41]系統

みなさん、こんにちは。

渋谷駅と大井町駅を結ぶ東急バス[渋41]系統は、渋谷駅を発着する東急の路線バスの中で、かつての玉電渋谷駅跡となる東急百貨店東横店2階のバス乗り場から発車していた唯一の路線でした。地下鉄銀座線と井の頭線に挟まれた道玄坂からのバス専用路(玉電軌道跡)を使い、突き当りの百貨店前にはターンテーブルが備え付けられていました。私のかすかな記憶では、玉電のホーム跡らしき遺構がそのままバス乗り場として使われていたように思います。その後、渋谷マークシティの建設に伴い、この懐かしい乗り場もあえなく撤去され、現在は南口バスターミナルからの発着に変わっています。その[渋41]系統に、今回は大井町駅側から乗り込みました。駅を出て、JRの線路を越えた少し先からゼームス坂通りに入り、やがてバスはゼームス坂上バス停に到着します。

坂上の高台を、古くは浅間台と呼んだといいますが、坂もかつては浅間坂と称していました。明治期に入り、日本海軍の創設などに関わった英国人ジョン・M・ゼームスの邸宅が坂の中腹に構えられ、私費により急坂の改修などに勤めたことから、いつの頃からかこの坂をゼームス坂と呼ぶようになったと伝えられます。税務署が近かったことから税務署坂と呼ばれたことも関係するという説もあるようですが、定かではありません。

エンジュの並木が美しいゼームス坂を、バス停からゆっくりと下っていくと、左手に三越マンションが見えてきますが、ここはかつての三越縫製所の跡地であり、ゼームス邸があったのもこの場所です。マンションの裏手に回る上り坂へ入ると、マンションの中庭入口にゼームス邸について記した碑がありますが、この裏手の坂が本来のゼームス坂ではないかとする説もあるようです。

(次回へつづく)

人気blogランキングへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ






最終更新日  2007.11.23 21:39:44
コメント(0) | コメントを書く

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.