540149 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

バス停地名学のすすめ

PR

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12

コメント新着

LUNES@ Re:第121回 下通り5丁目(しもどおりごちょうめ) 前編(10/23) 父が子供の頃に住んでいた旧町名を調べて…
しまこ@ Re:第198回 【梅70編(32)】 横田(よこた) 後編(05/05) 野山北公園プールの帰り道、父に通って帰…
しまこ@ はじめまして。 私はバス停では「原山」住所は中藤から中…

全22件 (22件中 1-10件目)

1 2 3 >

中央区

2010.01.07
XML
カテゴリ:中央区
(前回からのつづき)

往古の奥州街道は、後の日光東照宮への参詣道として整備され、日本橋を起点に浅草橋、蔵前、雷門、小塚原、千住大橋を経て千住宿、草加、越谷方面へと通じていました。日光街道と呼ばれる道筋ですが、江戸時代は日光道中と称する方が正しかったようです。

浅草橋南詰は、浅草口と呼ばれた江戸城外郭門の跡地で、寛永13年(1636)に桝形櫓が造営され、浅草見附として番士が置かれるようになりました。いわゆる江戸三六見附のうちでは、最も外側に位置した見附であり、当初は見附を出るとあたりは人家もまばらな淋しい場所だったといいます。明暦3年(1657)の江戸の大火の際は、現在の日本橋小伝馬町にあった牢屋敷の非常措置として囚人が仮釈放されましたが、浅草口へ押し寄せた囚人たちを番士が集団脱獄と勘違いして門を閉ざしてしまったことから、猛火に追われた市民が避難路を失い、神田川へ落ちるなどして2万人余りの死者を出したと伝えられます。現在は、橋の北詰西側に「浅草見附跡」の碑を見ることができます。

浅草橋では、かつての都電12系統の他、25、29系統が交差点を東西に直進、一方で国道6号(江戸通り)の方は22、31系統が南北に直進していましたが、この交差点には岩本町方向から蔵前方向へ曲るレールがあり、普段使われることは無かったものの、都心を周回する花電車の運行や、電車の回送などに使われたといいます。

12系統で浅草橋を過ぎると、次の電停は両国橋西詰の両国電停でした。両国というと、隅田川対岸の墨田区側の地名というイメージが強いですが、もともとは両国橋を挟んで東西両方に両国地名はあり、中央区側の両国は昭和46年の住居表示実施により、東日本橋と改称され消滅しました。

にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ
↑↑↑ブログランキング参加中です。







最終更新日  2010.01.07 23:50:29
コメント(0) | コメントを書く
2010.01.03
カテゴリ:中央区
みなさん、こんにちは。
そして、新年あけましておめでとうございます。

本年も「バス停地名学のすすめ」を宜しくお願いいたします。

======================================

バス停データ
◆所在地:中央区 ◆路線:都営バス[東42甲]系統

11系統とともに、新宿駅前から新宿通りを東へ走ったかつての都電12系統は、四谷見附から市谷見附を経て靖国通りに入ると、須田町までは渋谷からの10系統と併走し、さらに岩本町、豊島町と進んで、隅田川を渡る両国橋の手前で浅草橋電停に到着しました。神田川に架かる浅草橋の南詰に近く、靖国通りが国道6号(江戸通り)と交差する浅草橋交差点の場所で、神田川対岸の浅草橋駅前電停とは別に、堂々と橋名のみを名乗る電停名には、総武線浅草橋駅より約30年早い明治36年開業の伝統と風格を感じさせました。現在もここに都営バスの浅草橋バス停があり、やはり浅草橋駅前バス停とは別扱いで、都電時代の電停名を忠実に継承している姿を見ることができます。

交差点から国道6号を浅草橋駅方向に歩くと、すぐに神田川を渡す浅草橋です。神田川が隅田川に注ぎ込む河口部の柳橋に次ぐ第2番目の橋で、川面を覗けば東京湾へ繰り出す屋形船が多数係留され、いかにも神田川らしい江戸情緒をそそる景観が私のような散歩者を迎えてくれます。

この場所は、江戸時代初期の頃から奥州街道に通じる交通の要衝として、重んじられてきました。橋の創架年代は定かではありませんが、慶長年間(1596~1615)の江戸図にその姿を見ることができ、江戸開府とほぼ同時期に架橋されたものと思われます。

(次回へつづく)

にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ
↑↑↑ブログランキング参加中です。







最終更新日  2010.01.03 23:45:59
コメント(0) | コメントを書く
2009.11.22
カテゴリ:中央区
(前回からのつづき)

戦後の築地付近の地図を見ると、築地4丁目交差点から南へ延びる新大橋通りに、都電の線路が築地市場へ向けて記されている様子がわかります。市場から都電の路線網を使って都内各所へ配給物資の輸送を行うための引込み線で、荷物を載せる無蓋車に簡単な運転台を付けただけの電車が使われていたといいます。実際に新大橋通りを歩いてみると、地下鉄築地市場駅入口の先に市場の正門が現れ、その南側が青果部の入口となっていますが、都電の線路が市場内へ入ったのはその手前あたりからでしょうか。すぐ先には、汐留貨物駅に通じた旧国鉄の貨物引込み線が市場内に入っていましたが、都電もそれに並行して、市場の奥へと入り込んでいました。

都電の線路は道路上であるが故に、廃止となればすぐに撤去されその痕跡はあっさりと消えてしまいますが、国鉄の貨物線の方は、廃線跡の一部が狭い道路として現在も残っているため、私のような散歩者はついつい歩いてみたくなります。

朝日新聞社の南側を西へ伸びる貨物線跡を辿っていくと、やがて首都高速を跨ぐ新尾張橋に出ますが、首都高速はかつての築地川の跡で、橋が鉄道橋を道路橋に架け替えたものであることを記した説明板が、橋に設置されています。橋を越えてさらに進むと、汐留の高層ビルの手前で海岸通りにぶつかりますが、ここには貨物線当時の踏切信号器が、往時のままの姿で残され、ひと際目を惹く存在になっています。踏切の保存というのは珍しい事例かと思いますが、貨物線廃止から既に20年以上が経ている現在も、こうした遺構のひとつが街の歴史を語り継ぐきっかけとして大切に守られている姿は、喜ばしい限りといえるでしょう。

にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ
↑↑↑ブログランキング参加中です。







最終更新日  2009.11.23 00:08:18
コメント(2) | コメントを書く
2009.11.18
カテゴリ:中央区
バス停データ
◆所在地:中央区 ◆路線:都営バス[都04]系統他

みなさん、こんにちは。

かつての都電8系統は、天現寺橋から古川沿いを東へ進み、赤羽橋から桜田通りに入ると、神谷町、虎ノ門と北進し、桜田門に突き当たると右折。日比谷、銀座4丁目を経て三原橋を過ぎると、間もなく終点の築地に到着しました。晴海通り上の京橋郵便局前あたりが電停跡地で、現在は都営バスの築地バス停が立っています。築地といえば地下鉄日比谷線の築地駅がありますが、築地バス停には手前の東銀座駅が近く、反対に築地駅へはひとつ先の築地3丁目バス停が便利です。これらの状況は、バス停が都電時代の電停名、及び位置を忠実に承継している証といってもいいでしょう。

日比谷方面からは、8系統の他に渋谷駅前からの9系統、新宿駅からの11系統がありましたが、8系統は築地から現在は平成通りと呼ばれる狭い通りへ左折し、茅場町方面へと向かっていました。11系統は勝鬨橋で隅田川を越え、月島方面へ直進しました。また、都電の第一次撤去後の昭和42年12月からは9系統の運行区間が変わり、11系統同様に晴海通りを直進し新佃島へと向かうようになりました。そして茅場町方面へは、錦糸町駅前行きの36系統が築地で折り返していました。

晴海通りを東へ歩くと、すぐに新大橋通りと交わる築地4丁目交差点があります。左手は築地本願寺、右手は築地市場に続く場外市場で、築地らしさの中心に位置する交差点ですが、都電との関係では、かつてここから築地市場へと伸びていた引込み線にの存在を忘れてはならないでしょう。

(次回へつづく)

にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ
↑↑↑ブログランキング参加中です。







最終更新日  2009.11.18 22:57:49
コメント(0) | コメントを書く
2009.10.18
カテゴリ:中央区
(前回からのつづき)

永代橋に立つと、永井荷風が『日和下駄』に記したこんな記述を自然と思い出します。

「荷船の帆柱と工場の煙筒の叢(むらが)り立った大川口の光景は、折々西洋の漫画に見るような一種の趣味に照して、この後とも案外長く或一派の詩人を悦ばす事が出来るかも知れぬ」

ここでいう「大川口」が、永代橋の位置にあたります。

「全く石川島の工場を後にして幾艘となく帆柱を連ねて碇泊するさまざまな日本風の荷船や西洋形の帆前船を見ればおのずと特種の詩情が催される。私は永代橋を渡る時活動するこの河口の光景に接するやドオデエがセエン河を往復する荷船の生活を描いた可憐なる彼の『ラ・ニベルネエズ』の一小篇を思出すのである。今日の永代橋には最早や辰巳の昔を回想せしむべき何物もない。さるが故に、私は永代橋の鉄橋をばかえってかの吾妻橋や両国橋の如くに醜くいとは思わない。新しい鉄の橋はよく新しい河口の風景に一致している」

永代橋を隅田川の「河口」とすることに、現在は少し違和感があるかもしれませんが、佃島周辺の埋め立てが進む以前は、ここが隅田川の河口「大川口」であり、永代橋は隅田川の第一橋梁としての地位を長く保っていました。荷風のいう「今日」は大正初年頃のことですから、それからほぼ一世紀を経た現在、永代橋からの眺めは激変に次ぐ激変といっても過言ではないでしょう。都電撤去の後、橋からの景観の主役ともいえた「石川島の工場」は昭和50年代にその姿を消し、跡地は東京のウォーターフロント開発の先駆けとして高層マンションの林立する景観に生まれ変わりました。夜、青白くライトアップされた永代橋とともに眺めるその幻想的な夜景は、「水の都」東京の新しい表情ともなっています。

**************************************

本ブログで過去にご紹介した以下のバス停も、旧都電5系統の電停名を継承しているバス停です。関心のある方は是非ご参照下さい。

桜橋

にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ
↑↑↑ブログランキング参加中です。







最終更新日  2009.11.18 13:10:51
コメント(0) | コメントを書く
2009.10.14
カテゴリ:中央区
バス停データ
◆所在地:中央区 ◆路線:都営バス[東20]系統他

みなさん、こんにちは。

馬場先門電停から鍛冶橋通りに入ったかつての都電5系統は、京橋、桜橋、八丁堀と走り抜けると、永代通りに突き当たる永代橋西詰交差点で、終点の永代橋電停に到着となりました。現在、鍛冶橋通りにはバス路線がありませんが、永代通りには東京駅と錦糸町駅を結ぶ都営バスがあり、電停名を引き継ぐ永代橋バス停が立っています。

隅田川を渡す永代橋の創架は元禄11年(1698)で、幕府の架けた隅田川の橋としては4番目にあたっています。地図を見ると、東詰の江東区側に永代の町名がありますが、佐賀、福住、門前仲町あたりまでを古くは永代島と称したことが、橋名の由来といいます。徳川幕府が末永く続くようにとの慶賀的な命名とする説もありますが、定かではありません。

道路橋では国内初の鉄橋として架け替えられたのが明治30年で、電車(当時は東京市電)がこの橋を渡るようになったのは同37年からです。震災で被災後、大正15年に現在の姿で再度架け替えが行われました。ドイツのライン川を渡したルーデンドルフ橋がモデルといわれ、美しいタイドアーチの外観は、「帝都東京の門」の異名にふさわしい力強いフォルムで見る者を圧倒しています。平成19年、勝鬨橋、清洲橋とともに国の重要文化財の指定を受けました。

(次回へつづく)

にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ
↑↑↑ブログランキング参加中です。







最終更新日  2009.11.18 13:09:09
コメント(0) | コメントを書く
2009.07.31
カテゴリ:中央区
(前回からのつづき)

銀座通りを歩いていると、ついつい左右のショーウィンドウにばかり目がいってしまいますが、立ち止まって足元に目をやると、歩道を埋める白い敷石の美しさに気が付くでしょう。これが都電の軌道で使われた敷石を再利用したものであることは、あまり知られていないかもしれません。銀座通りの歴史に欠かせない都電の残像が、たとえ敷石のみとはいえ、しっかりと足元に感じ取れることは、私のような散歩者にとってはささやかな喜びでもあります。

銀座4丁目交差点から京橋までの間、すなわち銀座の中心街の江戸期の町名は、新両替町と称しました。このうち2丁目に銀貨鋳造所(銀座役所)が置かれたことから、俗称として銀座町の名が使われるようになったといいます。新両替町の名を廃して正式に銀座の町名が採用されるのは明治2年からのことで、いつの頃からか銀座の呼称自体が繁華街の代名詞となり、全国各地に○○銀座といった商店街が次々と生まれるようになりました。

数次に渡る都電の撤去計画において、この銀座通りの路線が真っ先に廃止に追いやられた背景には、注目度の高い東京のメインストリートであるが故に、都電廃止を徹底して推し進めようという行政側の決意の表れを、都民に誇示する目的があったと勘ぐる見方も多いようです。

銀座通りの都電最終日の夜、銀座4丁目交差点には大きな「都電よありがとう」の横断幕が掲げられ、飾りをつけたお別れの電車は廃止を惜しむ多くの都民に見送られながら、定刻を大きく遅れて三田車庫へ引き上げていったといわれます。

にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ
↑↑↑ブログランキング参加中です。






最終更新日  2009.08.01 01:04:26
コメント(0) | コメントを書く
2009.07.28
カテゴリ:中央区
バス停データ
◆所在地:中央区 ◆路線:都営バス[都03]系統他

みなさん、こんにちは。

東京のメインストリートをひとつ挙げよといわれれば、それはやはり都電1系統の走った銀座通り(中央通り)ということになるでしょう。新橋から銀座を縦断して日本橋に至るこの通りは、旧東海道の道筋でもあり、江戸の中心街としての伝統をそのまま現在に継承しているといえます。

この通りの中心点といえる場所が、銀座4丁目交差点です。北西角に銀座の「顔」としてネオルネッサンス調の堂々とした構えを見せる和光本館(旧服部時計店ビル)の姿は、銀座には欠かせない代表的景観として広く知られ、都電全盛期の古い写真を見ていると、和光に見下ろされるようにして走る銀座4丁目停留所付近の電車の姿が、必ずといっていいほど登場してきます。シンボルでもある時計台は、四面が正確に東西南北を向いているとされ、現在も優美なチャイムの音を銀座の街に轟かせています。

銀座通りを走った都電は、1系統の他、4、22、40系統の計4本でしたが、昭和42年12月9日を最期にこれらの姿は消え、代替の都営バスも地下鉄網の充実に合わせて順次減少し、平成12年の大江戸線開通による路線再編の余波で、完全に消滅しました。明治15年、国内初の馬車鉄道が新橋~日本橋間を開業して以来の銀座通りの路面交通が、今やすっかり姿を消してしまっていることは、改めて考えるとやはり寂しく感じます。但し、銀座4丁目交差点に限ってみれば、横軸の晴海通りに都営バスの路線があり、都電停留所を継承した銀座4丁目バス停が、交差点から築地方向へ少し離れた場所に立っています。

(次回へつづく)

にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ
↑↑↑ブログランキング参加中です。






最終更新日  2009.07.28 23:56:23
コメント(0) | コメントを書く
2009.06.17
カテゴリ:中央区
(前回からのつづき)

バス停から新大橋通りの蛎殻町交差点に出ます。ここから箱崎方面に向かう通りを「とうかん堀通り」と呼びますが、ここは大正初年頃には埋め立てられたといわれる運河の跡で、近くに稲荷社があったことから「稲荷堀」の音読みでその名があるといいます。蛎殻町交差点北方の日本橋小学校は、旧称を東華小学校といいますが、これは「とうかん堀」の「とうか」から命名されたとのこと。

水運全盛の時代、隅田川、箱崎川から様々な物資を積んだ荷船がこの堀に横付けされ、小網町から蛎殻町の周辺は一大問屋街が形成されていたといわれますが、箱崎川への出入口には行徳塩の受け入れ地でもあった行徳河岸が置かれ、下総方面への物流の中心地として賑っていました。そんな歴史の下敷きがあるせいか、蛎殻町の名所といえば東京穀物商品取引所であり、蛎殻町の名は先物相場の代名詞としても使われるようです。

とうかん堀通りを歩いていて目を惹いたのは、醤油会館です。振り返ればキッコーマンのビルがあり、ヒゲタやヤマサといった醤油メーカーの事務所も近いといいます。醤油の生産といえば千葉県野田市や銚子市ですが、利根川から江戸川という水運の終着点にこの街があった歴史に目を向けながら、こうした施設や企業の存在を見ていくと、「なぜここに?」といった疑問も難なく解け、街歩きの楽しみ方にも深みが出てくるようです。

にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ
↑↑↑ブログランキング参加中です。

*********************

新刊のご案内・・・「荷風片手に東京市川散歩」(街と暮らし社刊)






最終更新日  2009.06.17 12:38:38
コメント(0) | コメントを書く
2009.06.12
カテゴリ:中央区
バス停データ
◆所在地:中央区 ◆路線:都営バス[錦11]系統他

みなさん、こんにちは。

本ブログでは何度かご紹介済みの都営バス[錦11]系統で、茅場町と水天宮前の間にあるバス停が、蛎殻町です。ここには、東京駅丸の内北口とIBM箱崎ビルを結ぶ平日朝2便のみ運行の[東20乙]系統も顔を見せます。

蛎殻町の町名は江戸期からのもので、その由来は定かではないようですが、このあたり一帯が隅田川下流域の埋立地で、牡蠣殻の堆積した海岸だったことや、その牡蠣殻を瓦の代わりに屋根に葺いた町地だったとする説などがあります。いずれの由来にせよ、かつての水の都の中心地、中央区らしい町名のひとつといえるでしょう。

バス停をよく見ると、蛎殻町の表記の脇に小さくカッコ書きで小網町と表示されていますが、地図を確認すると、確かにバス停の立つ位置は日本橋小網町の町域で、蛎殻町からは少し外れていることがわかります。小網町の名もこの地域独特の雰囲気を持ちますが、古くは江戸城に白魚を献上したこの地の漁師たちが、街角で網を干した風習に因む町名とされています。

バス停の南側で日本橋川を渡る橋は、鎧橋です。江戸期には、鎧の渡しと称した渡船のあった場所で、橋が架かったのは明治5年からのこと。首都高速に蓋をされた現在の日本橋川には、風情のかけらも見出せませんが、古くは奥州平定に向かう源義家が、ここで鎧を投げ入れて暴風を鎮めたとする伝説が橋名の由来として伝えられ、そうした歴史の奥行きがかろうじて無機質な景観に温もりを添えてくれます。橋の向こうには東京証券取引所が見えています。

(次回へつづく)

にほんブログ村 地域生活ブログ 東京情報へ
↑↑↑ブログランキング参加中です。

***********************

新刊のご案内・・・「荷風片手に東京市川散歩」(街と暮らし社刊)






最終更新日  2009.06.13 00:00:54
コメント(0) | コメントを書く

全22件 (22件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.