3892925 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ザ・スーパー・ポップ宣言

PR

フリーページ

甘茶ソウル百科事典


甘茶ソウル百科2


甘茶ソウル百科3


甘茶ソウル百科4


甘茶ソウル百科5


甘茶ソウル百科6


湯村天国 SOUL A TO Z


フリッパーズギター/小沢健二 元ネタ


元ネタ曲毎


元ネタ推薦曲


ギターポップ1


ギターポップ2


ギターポップ3


ギターポップ4


ネオアココンピ


ネオアコ映像集


ネオアコ映像集2


アイドルポップ世界


アイドルポップ2


アイドルポップ3


アイドルポップ4


アイドルポップ5


アイドルポップ6


アイドルポップ7


アイドル映像


STRICTLY ROCKERS


ROCKERS 2


ラヴァーズロック


ラバーズロック2


GANGSTA LUV


ザ・ポップ宣言(仮題)岩谷宏


NEO RECYCLE CIRCLE


山下達郎 サンデー・ソングブック


山下達郎 OAP 1


山下達郎 OAP 2


スウィート特集


山下達郎 未オンエア オールディーズ


FREE SOUL未収録


コンピ曲名一覧1


コンピ曲名一覧2


CAFE APRES-MIDI


APRES-MIDI 2


橋本徹選曲コンピ


橋本徹非売品CDR


橋本徹非売品2


FREE SOUL系


フリーソウル映像


コンピ曲名一覧3


CAFE APRES-MIDI ベスト10


洋楽スーパーポップの世界


スーパーポップ2


スーパーポップ3


スーパーポップ4


スーパーポップ5


スーパーポップ6


スーパーポップ7


この曲は何て曲?


セレクト合戦


スウィートソウルベスト10


スウィート10一覧


ZOUK 華麗なる世界


恋はあせらず世界大会


投票途中経過


恋はあせらずトラック世界


恋はあせらず2


恋はあせらず3


恋はあせらず4


恋はあせらず5


恋はあせらず6


恋はあせらずCDR


フリーソウル未収録推薦曲


フリーソウル推薦2


フリーソウル推薦3


フリーソウル推薦4


フリーソウルコンピ未収録推薦曲@YOU TUBE


アニソンポップ世界


アニソンポップ2


アニソンポップ3


アニソンポップ4


アニソンポップ5


アニソンポップ6


アニソンポップ7


アニソンポップ8


アニソン映像世界


アニソン映像2


音壁の世界(1)


音壁の世界(2)


音壁の世界(3)


音壁コンピ


音壁コンピ2


音壁映像の世界


音壁映像の世界2


甘茶ソウル入門


私の好きな甘茶ソウル1


私の好きな甘茶2


私の好きな甘茶3


私の好きな甘茶4


私の好きな甘茶5


私の好きな甘茶6


私の好きな甘茶7


私の好きな甘茶8


私の好きな甘茶9


私の好きな甘茶10


甘茶ソウルコンピの世界(1)


甘茶コンピ(2)


甘茶コンピ(3)


甘茶コンピ(4)


甘茶コンピ(5)


甘茶コンピ(6)


甘茶コンピ(7)


甘茶コンピ(8)


甘茶コンピ(9)


甘茶コンピ(10)


甘茶コンピ(11)


甘茶コンピ(12)


甘茶コンピ(13)


甘茶コンピ(14)


甘茶コンピ(15)


甘茶コンピ(16)


甘茶コンピ(17)


甘茶コンピ(18)


甘茶コンピ(19)


U.S.BDG究極のLPコレクション


U.S.BDG究極LP2


U.S.BDG究極LP3


U.S.BDG究極LP4


U.S.BDG究極LP5


U.S.BDG究極LP6


音楽漫画ケンペーくん


アイドルマスターの世界


電波ポップの世界


電波ポップ(2)


電波ソング大賞(1)


電波ソング大賞(2)


電波ソング大賞(3)


電波ソング大賞(4)


電波ポップ動画


電波ポップ(3)


電脳なをさんの世界


RARE GROOVE@YOU TUBE


RARE GROOVE 2


RARE GROOVE 3


RARE GROOVE 4


RARE GROOVE 5


RARE GROOVE 6


太陽の塔 壁紙


マニアック甘茶@YOU TUBE1


マニアック甘茶@YOU TUBE2


モダンソウル・コンピの世界


モダンコンピ2


モダンコンピ3


穂口雄右氏が語る


ディープソウル200選


私の好きなディープソウル


SOUL FROM THE VAULT・RARE DEEP DYNAMITE


東京高層ビル群絶景写真集(壁紙)


ノーザン・ソウル・ベスト200


私の好きなノーザン・ソウル


全1507件 (1507件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

2020.01.20
XML
山下達郎 サンデー・ソングブック


山下達郎が断罪!「AI美空ひばりは冒涜です。」

YAMASITA FM 79.jpg

2019年の紅白歌合戦やNHKの番組で「AI美空ひばり」という企画があった。これはAI技術(VOCALOID)を用いて故人である歌手の美空ひばりさんの歌を再現し本人名義の新曲として歌わせたもの。これに対し山下達郎氏は2020年1月19日のサンデーソングブックでリスナーからの質問に答える形で以下の発言をした。

リスナー「単刀直入にお聞きします。昨年の紅白、AI美空ひばりはどう思われますか?私としては技術としてはありかもしれませんが、歌番組の出演、CDの発売は絶対に否と考えます。AI大滝詠一とかAI山下達郎なんて聴きたくありません。」

山下達郎「ごもっともでございます。一言で申し上げると『冒涜』です。」

短いやり取りだったけど、大物音楽家であり大の音楽愛好家でもある山下達郎氏の言葉は重い。いろいろしがらみはあるだろうけど、よくぞ言ってくれたという感じ。私がこの「AI美空ひばり事件」に感じる問題点は下記の通り。

・本人の意思確認なしに本人名義の新曲として歌わせた点。
・本人に似せてはいるがあくまで偽物である点。
・AIという隠れ蓑を使った別の人間による創作である点。
 (結局AIといったところでそれをプログラム、調整、作動させているのは別の生身の人間)
・本物とは到底似つかわしくない点。

本当に音楽を愛する者ならば、このような出来の悪い偽物の存在を許すはずがないし、逆に存在を認めるのならば、私は程度の低い音楽ファンとして軽蔑する。下記リンクの番組に出てきた自称美空ひばりファンの方々は1500曲以上あるという美空ひばりの歌を全て聴いているのだろうか?本物の美空ひばりさんの歌声を心底愛した本当のファンの方々の心中を察すると気の毒でならない。

このような無神経な企画を立案し関わった全ての関係者の罪は深いと思う。企画したNHK、許諾した親族、製作した秋元康、YAMAHAのVOCALOIDの技術者などなど。AKB商法で悪名高い秋元康が大きく関わっていたのには納得だが、YAMAHAの技術者も倫理観の欠如したマッド・サイエンティストとしか思えない。これら関係者の方々が山下達郎氏による『冒涜』という指摘を真摯に受け止め反省し二度と同様な愚行を繰り返さないことを願いたい。

今後も技術の発達と共に同様の無神経な企画が行われることは多々あると思う。そこで冒涜行為への自衛の為にミュージシャンはAI化、VOCALOID化の禁止を遺言として残しておくべきかと思う。

「radiko」で聴けます(35分40秒のところから)。

AIでよみがえる 美空ひばり






最終更新日  2020.01.20 08:33:06
コメント(0) | コメントを書く
2020.01.13
ギターポップ推薦曲(2)

【 ポップ偏差値 64

POVERTY STINKS / My Baby Fell In Love With A Motorbike '95 「POPSTASY」



90年代に活躍したフィンランドのグループの95年のアルバム「POPSTASY」収録曲。個人的にはネオアコ本を追っていて最近知ったばかりなんだけど、日本盤が出るなど結構認知度は高いみたいです。曲は初期ビートルズを彷彿させるネオアコ系ポップ。キャッチーなメロディにスピード感のある展開がいい。そのメロディも青春時代の甘酸っぱさを感じさせる秀逸なもので、全体として漂う張り詰めた空気感はオレンジジュースの1STのA面の名曲群を思い起こさせる。

「YOU TUBE」で聴けます。
(これだけの名曲なのに視聴数33回って・・・。)

明るく元気テンション高揚感疾走感グルーヴメロディ器楽瑞々しさボーナス(甘酸っぱさ)ポップ偏差値合計
78787877564






最終更新日  2020.01.13 05:14:11
コメント(0) | コメントを書く
2020.01.06
甘茶ソウルコンピの世界(19)
SWEET SOUL COMPILATIONS (19)

GANGSTER SOUL GIRLZ HARMONY VOL.4 (SONS OF SOUL SOSR20132)'13



どれも出来がいまいちだった甘茶ソウルコンピ「GANGSTER SOUL HARMONY」シリーズの女性編の第三弾。ハーモニーと謳っていても特にハーモニーに魅力の無い曲もチラホラ。1は冒頭に語りが入りなかなか期待を持たせるがいまいち突き抜けていない。6は冒頭のコーラスなど甘い雰囲気はなかなか良い。10は淡白な世界が好印象。13はコーラスが女性の可愛らしさが漂っていてホッコリしたいい感じ。21はゆったりとした甘めの曲でソフトな女性リードともどもなかなかの出来で甘茶偏差値58。男性ファルセットならもっと良かったかも。(偏差値60以上の曲は有りません)

(甘茶偏差値65以上)
(甘茶偏差値61以上)
(甘茶偏差値60)

1. Laurene Lavallis - Love Don't Change
2. Laurene Lavallis - Key to Love
3. JOI - Spring Fever Pt.2
4. Hollywood Jills - Don't try to fake it
5. Gloria Fowler and Entros - Train of Love
6. Judy McDonald and Mellowetts - Thanks to You
7. Cathy Davis - Here I am In Love Again
8. Essence - I think about loving You
9. Mitzi Ross - Guarantee me the weekend
10. The FUZZ - You better do just what you can
11. Shirley Lake - True Love
12. Loleatta Holloway - Casanova
13. Fragile Handle with Care - Loving sweet thing
14. Hollywood Jills - Your sometimes Love
15. North South East and West - I can't make it without You
16. Bettye Swann - My heart is closed for the season
17. Bonnie and Lee - I need Ya
18. Diamondettes - Don't be suprised
19. Watts Line - I never meant to love You
20. Rozatta Johnson - A woman's way
21. The FUZZ - Mr Heartaches and Miss Tears
22. Janice Young - What is this ting called Love
23. Unidentified flying funk Band - it's so Nice Just Loving You
24. Janice Young - No One






最終更新日  2020.01.06 07:10:41
コメント(0) | コメントを書く
2019.12.30
カテゴリ:音壁の世界
アイドルポップの世界(3)

音壁の世界(2)

【 ポップ偏差値 63

中嶋美智代 / 泣いていいよ 作曲都志見隆 編曲新川博 '92 「たんぽぽ」収録



90年代に活躍したアイドル中嶋美智代の3rdアルバム「たんぽぽ」収録曲。ゆったりとしたリズムの悲し気な曲だけど聴いてビックリの素晴らしいウォール・オブ・サウンド曲。アイドルポップとしては5分43秒と異様に長い曲で、それだけでも製作陣の気合いの入り具合が伝わってきます。基本はAメロを中心にほとんど盛り上がることなく淡々と歌われるんだけど、重量感のあるドラムやシャンシャン感のあるカスタネットなどで構成されるウォール・オブ・サウンドは実に心地よく、壁の厚み、空間的拡がり、エコー感、とその完成度は非常に高い。メロディもなかなかいいですしアイドル音壁ものの大作と言っていいでしょうね。

ただ音壁ものの聴き所であるはずの間奏部分が短く内容もいまいちなのと、感動的であるタイトル部分「泣いていいよ」を含むCメロが一度しか使われることが無いという構成がちょっと惜しい。個人的に先日「YOU TUBE」で見つけたばかりで驚いたのだけれど音壁者の間で話題になったことも無さそうなので、なかなかの発掘と言えるかも。

編曲は当ブログでもお馴染みの新川博氏で、アイドルポップ名曲の志村香 / 秋風はあなた、音壁名曲のERI(菅井えり) / 恋はドーナツショップでそしてやはり音壁のオレンジ・シスターズ / サマー・ホリデーを既に紹介しています。素晴らしい音壁職人ですが探せばもっといい曲あるのかな。

「YOU TUBE」で聴けます。(5分33秒からの曲)






最終更新日  2019.12.30 05:32:23
コメント(0) | コメントを書く
2019.12.23
カテゴリ:REGGAE、ZOUK
STRICTLY ROCKERS 2(REGGAE)

44.JACOB "KILLER" MILLER / COME SEEK JAH '80 LP「MIXED UP MOODS(TOP RANKING)」 P.97掲載

JACOB MILLER

ジェイコブミラーの遺作。このアルバムは他にも「ONCE UPON A TIME」,「CHAPTER A DAY」,「MR.OFFICER」といった偏差値65クラスの素晴らしいルーツレゲエが収録されています。現在ではオリジナルLP盤とは違い、画像のジャケでダブなどを加えた構成で発売されています。

80年発売のこのアルバムを聴くとレゲエも円熟期に入り、様々な音楽の影響を受けながら表現に幅が出て来た印象があります。この曲はちょっと白人ロック的に洗練されてきた感じ。基本は歯切れの良い瑞々しいレゲエサウンドだけど、清涼感のあるシンセに泣きのギターを大幅に導入したサウンドが特徴的。サビのメロディはいまいち垢抜けないけど、Aメロの颯爽とした感じはいい雰囲気。だからか余計にサビからAメロへと戻る瞬間が心地よく、そこが一番の聴き所でしょう。様々な表情を見せるジェイコブのスキャットも素晴らしい。

「YOU TUBE」で聴けます。






最終更新日  2019.12.23 05:40:51
コメント(0) | コメントを書く
2019.12.16
ギターポップ推薦曲(3)

【 ポップ偏差値 62

PALE FOUNTAINS / JUST A GIRL '82



ネオアオ三銃士の一角ペイルファウンテンズの82年の2NDシングル曲。結局2枚のアルバムを残して解散してしまった彼らだが短い期間での活動ながら多くの良曲を残しましたね。快活で元気なサウンドではなく情緒的でメロディアスな楽曲は当時は個人的にはあまり好きではなかったけれど、高齢になったこの年頃に聞くと随分と心に沁みて改めて良いグループだったなとシミジミ思います。

半ズボン姿の少年二人という今にして思えばショタコン心をくすぐるフェチ心満点なこのジャケットを、学生の頃に新宿のエディソン(レコード店)で初めて見た時の何とも言えない甘酸っぱい気持ちは今でもジャケを見るたびに思い起こさせられます。

曲はゆったりとしたアコースティックな弾き語り。静かで内省的な雰囲気を漂わせてますが、甘く感傷的なメロディが素晴らしいですね。ナイーブな少年の気持ちについてでも歌っているのでしょうか、名曲「THANK YOU」と同様自分の中の甘酸っぱくほろ苦い少年時代を追体験できる感じ。

「YOU TUBE」で聴けます。

青臭い緊迫感が堪らない PALE FOUNTAINS / REACH 「Pacific Street」

甘酸っぱい青春を擬似体験 PALE FOUNTAINS / THANK YOU '82






最終更新日  2019.12.16 05:32:29
コメント(0) | コメントを書く
2019.12.09
私の好きな甘茶ソウル(7)
MY FAVORITE SWEET SOUL (7)

【 甘茶偏差値 65

DIFFERENT SHADES OF BROWN / WHEN THE HURT IS PUT BACK ON YOU (MOTOWN 1241)'73

DIFFERENT SHADES OF BROWN.jpg

73年度モータウン産甘茶ソウル。大手らしくキャッチーでしっかりとした作りだけどマニアックな甘茶者をも唸らせる濃い出来の作品とも言えますね。甘く透き通ったファルセットリードが起伏の激しい切なく美しいメロディをしっかりと歌い上げています。サビではコーラスやバリトンを伴い大仰に歌い上げなかなか感動的。因みに2006年に発売されたCD「Have A Heart」にも収録されていますが、音がこもって音質がいまいちという評判も。

なお、彼らには同じモータウンのグループORIGINALSの「You Want Hearts And Flowers」の良質なカバーもあり、そちらも偏差値65クラスの必聴曲。因みにこの「WHEN THE HURT IS PUT BACK ON YOU」には、稀に誤って「You Want Hearts And Flowers」が収録されている盤が存在しますのでご注意を。
(参照:SWEET SOUL OAポイント73点 DIFFERENT SHADES OF BROWN / WHEN THE HURT IS PUT BACK ON YOU)

未掲載の甘茶ソウル DIFFERENT SHADES OF BROWN / HAVE A HEART '06(MY TOWN RECORDS)

「YOU TUBE」で聴けます(2曲目)






最終更新日  2019.12.11 07:42:46
コメント(1) | コメントを書く
2019.12.02
洋楽スーパーポップの世界(6)

【もうすぐランクイン】

BRIAN ENO / HERE HE COMES 「BEFORE AND AFTER SCIENCE」'77



環境音楽の大家ブライアンイーノがそれに走り出す前に発表した1977年のアルバム「BEFORE AND AFTER SCIENCE」収録曲。当ブログの洋楽ポップというテーマとは少し離れた感じもありますが、プログレやロックの世界観をキャッチーに仕上げたという点において実にポップな作品だと思います。

イーノの非日常感は異常 ON SOME FARAWAY BEACHにも書きましたが、イーノの冷静で達観し、将に仙人や神の領域に達したかのようなヴォーカル、メロディ、サウンド群の俗世離れ感は尋常ならないものがありますね。そしてそれらは決して独りよがりではなく説得力と感動があり、聞く者に哲学的考察を呼び起こすかのような奥深い内容をもった素晴らしい作品でもあります。特に「Another Green World」収録の「I'll Come Running」、以前セレクト大会でも取り上げた「Golden Hours」や「Before and After Science」収録の「Here he comes」、「By this river」、「Spider and I」などはどれも素晴らしい。個人的にそれらをセレクトしたMDはきっと死ぬまで聴き続けると思います。それほど色褪せぬ普遍性とエバーグリーン性があると思いますね。

私が言うまでもなく世間的な評判も高く、Windows95の起動音に彼の音が採用されたり。それと当時の宣伝文で『今アメリカのインベーダーゲームでUFOを打ち落とすと「ENO IS GOD」という文字が現れる!』というのを見たんだけど、ネット検索してもそのような画像や文章が見当たらないんだけど真偽は如何に。

曲はミディアムテンポの明るめの曲。暖かい陽光が射す平和な雰囲気を持った曲だけど、やはりどこか非日常感と俗世離れ感があります。メロディもキャッチーで心が洗われるよう。あたかも自分自身が解脱し無我の境地にでも達したかのような錯覚を覚えます。この曲を作った時のイーノは29歳ぐらいなんだけど、ほんと神過ぎる・・・。

「YOU TUBE」で聴けます。






最終更新日  2019.12.02 04:23:29
コメント(0) | コメントを書く
2019.11.25
アイドルポップの世界(5)

河合その子 with おニャン子クラブ / 恋のチャプターA to Z 作曲編曲後藤次利 '85



デビューから立て続けに当ブログ的にクオリティの高いスーパーポップを連発したアイドルと言えば松田聖子が筆頭だけど、おニャン子クラブの河合その子もなかなかの良曲を連発しましたね。1stシングルの涙の茉莉花LOVE、2ndシングルの落葉のクレッシェンドにアルバム収録曲の恋のカレッジリング。これらは全て作曲/編曲が後藤次利なので、松田聖子/小田裕一郎コンビを彷彿させるような活躍です。この3曲は多少の湿り気を感じさせる曲はあるけれども、どれもアップテンポで快活な雰囲気を持っているのがいい。

涙の茉莉花LOVEのカップリングだったこの『恋のチャプターA to Z』も同様にアップテンポな曲でちょっと感傷的な雰囲気があるところも同じ。チープで機械臭漂うアレンジはいまいちだけど間奏部分なんかはなかなかいい雰囲気。曲の名義に「with おニャン子クラブ」とあるようにアイドルグループ的な賑やかな雰囲気を加えたのも正解だったかも。

「YOU TUBE」で聴けますが、やはりここは夕やけニャンニャンでのスタジオライブ版を楽しんで欲しいところ。

後藤次利の作曲能力 河合その子 / 落葉のクレッシェンド '85 作曲編曲後藤次利






最終更新日  2019.11.25 04:44:09
コメント(0) | コメントを書く
2019.11.18
カテゴリ:ディープソウル
私の好きなディープソウル
MY FAVORITE DEEP SOUL

【 ディープ偏差値 70

HERMAN HITSON(HERMON HITSON) / YOU ARE TOO MUCH FOR THE HUMAN HEART (ATCO 45-6566)'68



フィラデルフィア出身のディープ歌手、ハーモン・ヒットソンのディープソウル。シングルではHERMANという表記ですが、CDではHERMONとなっていて、どうやらHERMONが正規表記みたいですね。曲はとろりんとしたギターやオルガンの味わい深い響きなどで南部臭漂うディープバラード。作曲は「BAD GIRL」でお馴染みのLEE MOSESで「BAD GIRL」と同レベルの素晴らしい出来のメロディ。温かく甘い内容で深く心に響きます。どこか寂し気な女性コーラスもいい。そしてメロディの出来と同じぐらい歌も良い。溌剌としたよく通るHERMONの声質も素晴らしいし、シャウトなどを交え情感深く自在に歌い上げる唱法も実に魅力的。作家のLEE MOSES自身もやっているんだけど、聴き比べてみると如何にHERMONの歌が突出しているか分かるでしょう。

「YOU TUBE」で聴けます。それと恐らく本人による最近のライブ演奏も見れます。






最終更新日  2019.11.18 03:40:08
コメント(0) | コメントを書く

全1507件 (1507件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

コメント新着

zouky@ Re:音壁/ナイアガラ映像紹介(08/06) 森丘祥子 / 夢で逢えたら <small> <a hr…
zouky@ Re:ネオアコ/ギターポップ映像の世界(01/17) Railway Children / Harbour Force <sma…
zouky@ Re:アイドルポップ/アニソン映像紹介(12/07) 小泉今日子 / ウィンク・キラー <small>…
zouky@ Re:音壁/ナイアガラ映像紹介(08/06) 森丘祥子 冷たい雨 <small> <a href="ht…
zouky@ Re:ネオアコ/ギターポップ映像の世界(01/17) La Buena Vida / En Bicicleta <small> …
zouky@ Re[3]:フリッパーズギター/小沢健二 元ネタ 追加情報(07/25) N.G.さん、どうも有難うございます。 な…
zouky@ Re[1]:フリッパーズギター/小沢健二 元ネタ 追加情報(07/25) N.G.さん、情報どうも有難うございます。 …
N.G.@ Re:フリッパーズギター/小沢健二 元ネタ 追加情報(07/25) WINNIE-THE-POOH MAGCUP COLLECTION ピチ…
zouky@ Re[1]:フリッパーズギター/小沢健二 元ネタ 追加情報(07/25) N.G.さん、どうも有難うございます。 ピ…

サイド自由欄

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.