ゲニウス・ロキ

Freepage List

May 23, 2009
XML
カテゴリ:川柳
黛まどかさんの「おしゃれ吟行会」というのが、読売新聞の主催で毎年あるんですね。今年の5月は、京都の嵐山がその舞台だったようです。
後で新聞を見て、「しまった!←о(><;)о」と思ったんですが、こと遅かりしです。今年は応募の記事を完全にスルーしてました。

ぼくは第3回の、兵庫県の西宮で催された会に、実は参加していて、むろん。一句詠みましてね。入賞は間違いない!と固く信じていたわけですが、かすりもしなかったようです。
(><;)

しかしナンです。黛まどかさんと言えば、ぼくのように俳句や短歌を趣味とするひとじゃなくても、割りと知られた人ですよね。才色兼備と申しましょうか。天は(その自然界の法則に反して)二物を与えたと申しましょうか。

要はですね。実際のところは、あわよくば、ぼくもサインとかもらえるんじゃないか!とかっ。非常に小汚い下心と、ミーハー趣味で参加したわけですが。

驚いたのは参加者の年齢層が高め、ということもあるんでしょうが、すっごい勉強家の方が多かったですね。

あっちこっちで「薀蓄合戦」みたいな様相を呈していて、下手に会話に絡むと、「いやね、それはそうじゃないんだよ」などという、俳優の中尾彬さんみたいな物知り博士がドンっと出てきて、パチンっとたしなめられるというケースもあります。(><)

桑原武夫さんという学者さんがかつて「第二芸術論」をぶち、俳句を断罪しておられましたが、ぼくはむしろ日本人の知的好奇心を大衆レベルで支える「芸術」の一つとして、むしろ積極的に評価すべきもので、例えばぼくらは旅先でカメラをパシャリとやる代わりに、胸の中に宿った景色を、パチンと一句に刻む。

この「勇気」が、ぼくらの旅情を、更にかき立てるものへと変えていくではないでしょうか。


ダリの絵に 隠された秘密を語る 君の唇をしばし奪う







Last updated  May 23, 2009 06:37:57 PM


PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


ニキ@

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

コメントに書き込みはありません。

Headline News


© Rakuten Group, Inc.