ゲニウス・ロキ

Freepage List

May 25, 2009
XML
カテゴリ:政治




この春”流行”の新型インフルエンザのことなんですが、世界保健機関(WHO)の見解によると、感染者のマスクの着用は「必要」非感染者は「必要なし」だそうです。

どうも日本人は「マスク」というものに対して、誤った”信仰”を持っているのではあるまいか?そのへんのところを、今日は検証してみたい感じがします。

ところで歴史上、日本で最初にマスクをした人は誰だか皆さんご存知でしょうか?言うまでもありません。伊達直人こと”タイガーマスク”その人です。

おいっ、何だ!?そりゃ梶尾一騎の漫画の主人公じゃねーか!このインチキ野郎!
(`э´*)/


この種の罵声とともに、飲みさしのコロナの瓶が飛んできそうですが、話は最後まで聞くものです。ここは場末のキャバレーではありません。
宜しいでしょうか?

ところで「タイガーマスク」と言えば、今の若い人は知らない方が多いかもしれませんが、「明日のジョー」「巨人の星」に並ぶ、梶尾一騎さんの代表作の一つに数え挙げられます。

しかしこの漫画。漫画と侮るなかれ、その内容は大変に示唆に富んだ、複雑なテーマが含まれており、主人公である伊達直人その人は、紛れもなく子供たち(孤児たち)のヒーローでありながら、自らも大人社会の矛盾の中に身を置き、葛藤の中で戦うという非常にリアルな世界設定の中で話しが進んでいきます。

そしてこの漫画には、日本人の持つ「マスク信仰」の原像が、ありありと描き出されており、その「タイガーマスク」の”ラストシーン”には、日本の社会が持っているある種の”悲劇性”を余すところなく表現するものとして、特筆に値するものとして記憶されるわけです。

かなり話が理屈っぽくなってしまいましたが、あからさまなネタバレを含むといけないので、このへんにしておきましょう。

ところでぼくはこの論考で、日本人がなぜかくもだらしなく”マスク・フェチ”になってしまったのか?いや。もっと論旨を明確にするとですね。

今回の新型インフルエンザ流行と、マスク騒動の関係は、非科学的な行動に基くものであり。その下敷きには、日本人の原像にある「マスク信仰」を図らずも浮き彫りにしたというこの事実によって、暴き出されてくるわけです。

そうして今日もぼくらは”いつものように”マスクを離せないでいる日本人の悲しい素面を見つめながら、ノッチな一日を今日も過ごしてきた、というわけなのです。
(´ー`*)y-゜






Last updated  May 26, 2009 12:29:57 AM


PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


ニキ@

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

コメントに書き込みはありません。

Headline News


© Rakuten Group, Inc.