ゲニウス・ロキ

Freepage List

Aug 23, 2009
XML
カテゴリ:社会



地球ってのはここ100年で、0.3℃から0.6℃の気温の上昇がみられるそうです。このままいけば、今世紀末には地球の平均気温は2℃上昇する計算になります。

あの氷河期でさえ、今より3℃から6℃低いだけだったことを考えれば、その変化の大きさの意味がよくわかる筈です。

温暖化の原因は、比熱の大きい二酸化炭素が大気に放出され、吸収した熱を保持し続けるため、地球の気温が上昇していく。

これが地球の「温暖化」の理由だとされているわけですね。

しかし”環境問題”というのは一筋縄ではいきません。

二酸化炭素の大気中への放出に限らず、ごみの問題や、シックハウス症候群といった身の回りを脅かす問題が他にもたくさんあります。

そしてこれらの課題は、他でもなくぼくら自身の手で生んでしまったことである。

ここが更に問題を複雑化させている原因になっているわけです。

これまで人間が築き上げてきた暮らし(文明)と環境(地球)が、この先もうまく調和し、子孫に伝えていくことができる得るものなのか?

こういうラディカル(根本的)な問いを投げかけられているのが、このぼく等が生きている時代の意味です。

いいでしょうか?

今ぼくらが暮らすこの地球からは、こんなにも大きな”メッセージ”が投げかけられていると言うわけです。

それに応えていくことが、人間がこの場所で生きていくということの、基本的な意味です。

(´ー`;)y-男前!






Last updated  Aug 23, 2009 11:06:16 AM


PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


ニキ@

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

コメントに書き込みはありません。

Headline News


© Rakuten Group, Inc.