ゲニウス・ロキ

Freepage List

Sep 30, 2009
XML
カテゴリ:哲学



多くの青少年が結婚をためらう多くの理由の一つは、

この先も一生。

一人の女を愛さなければならないという、
この非情な、
ロシアンルーレットにも似た誓いと掟を原因とするものなのです。

考えてもみて欲しい。
(´ー`;)y-゛

いくら今現在、菜穂ちん(※現・婚約者)が好きだ。
愛してる!などと口走ったところで。

2ヶ月後には、早苗ちゃんとも仲良くしたいの!(><*)/

みたいなキモチが、ムックリと湧いてくるのも至極トーゼンの
成行きです。(><;)

そして4ヶ月後には、むろん。

依子ちゃんとも仲良くしたいーいっ。о(><+)о
さらにさらに・・、6ヶ月後には・・・。などと!

我々のライオンハートは、このエンドレスラブを、
求めてやまないのである。

愛はまさにサバンナ!

狩るもとの、狩られるものとの攻防を巡る、
捕食者と被捕食者のカンケイにくさびを打つ、
食物連鎖そのものなのです!
Ф(__;)

↑お前は、園児か?

いや、むしろ今ぼくらはこう考えるべきなのではあるまいか?

つまり。

結婚後に於ける自由恋愛についてに、責任あるオトナのポリシーと思想に
基づき、率直な態度で意見を交し合うべきであると。

かつて「男と女の間には暗くて深い河がある」と唄ったのは野坂昭如氏です。

仮にこの河が、揚子江だとしたならば、泳いで渡ることは非常に困難です。
男と女の愛には、命を賭ける行為にも似た、決意が必要だと彼は言いたかった
のでしょうか?

だとすれば、それは。

一生に一度の事であるというのも、頷けないことでもありません。

だとすればぼくらは!

家庭という、命懸けの行為のために、愛人を5人持つとうことも、偶には許される
べきではないでしょうか!

「男と愛人の間にはショボくて浅い沼がある」(*^^*)/






Last updated  Sep 30, 2009 11:11:34 PM


PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


ニキ@

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

コメントに書き込みはありません。

Headline News


© Rakuten Group, Inc.