ゲニウス・ロキ

全148件 (148件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 ... 15 >

Sep 19, 2009
XML
カテゴリ:アート





先ほどまで、某・不動産会社の営業の方と話していたのですけれど、この「シルバーウィーク」と呼ばれる連休も、休みはないそうです。これが実のある忙しさなのか?といえば。噛むか噛まないか分からない歯車を、取り合えず回し続けなきゃ仕事はこないのだ、という。この”切ない事情”は察するに余りあるところです。「棚ボタ」はないんです。

ところで。

先日、山田園子さんが作られた短編アニメーション「bridge」のDVDを購入しました。

大変面白かったので、紹介しておきます。


2007年製作 監督:山田園子 音楽:菅井宏美 「bridre」

ねこが主人公の物語になってるんですが、そのパッケージから紹介文を引用しておきましょう。


「ねこは向こう側へ行きたくて橋を作った。
 自分の色の砂が湧いてくるバケツとカナヅチを持って
 ただひたすら、渡りきれると信じて・・

 叶わなかったいくつもの想いを抱えて、
 それでも僕らは橋<bridge>を作り続ける。」


「bridge」を作り続ける作業というのは、くだんの不動産会社の営業マンの仕事ぶりもそうですが、これは誰しもが日々やっていることだと思うんです。

この山田さんの作品は、この普遍的なテーマを、叙情性豊かに、しかしどこかコミカルなタッチの絵の乗せて描かれています。

ぼくは山田さんとは、全く面識はないんですが、彼女のブログで少しやり取りさせてもらっていますので、ご覧頂きたい。
とても面白い作家さんだというのが、よくわかると思います。



「ヤマダの製作日記」
http://yaplog.pudding-cocco/






Last updated  Sep 19, 2009 06:55:42 PM


Sep 15, 2009
カテゴリ:世相






「美人時計」というサイトのアクセスがエライことになってるそうですね。カーラジオをパチっと聞いていましたらば、そんな話題が出てました。その勢いに乗っかって、今度はイケメン時計というのも企画中らしい。

ま、いろいろ考える人がいるモンです。

ところで朝からスーツのズボンのチャックがパキっと壊れてしまい、今日は終日、社会の窓を全開にしたまま過ごしたのですが。

日ごろのオッサン化が計画的に進んでいるせいか、勢い的には。

パンツの横っちょから、我が愛息!ビスマルク砲がポロンっと出ていても、通報されるか、親切な報告をもらうかの、いずれかの一報を受けるまで、まるで気づかない程に。

ヒジョー!に。(><;)

鈍感になってる自分に気づいたわけです。

そういえば。

小3の頃、体育の時間に、ミートボールが短パンの横っちょから常にハミ出していた男子がいました。

女子に注意されても、一向に直る気配がないので、ミートボール君は小3のあいだ中、ずーーっと、ミートボールのままだったような記憶があるのですが。

ぼくはそれについて今日、ついに深い洞察を得るに至りました!

つまり。

それは気のユルみからくるものではなく。
パンツのゴムが緩んでいたわけですよ!(><*)/

更にこれにオトナの事情がホワイトソースの様にねっちり絡みつくと、問題はやっかいな方向に発展しますよね?

仮にぼくのビスマルク砲がゴムの装着を怠った際、その戦闘能力は、ゴムを装着したケースに比べて3倍の破壊力を帯びるわけです。

これでは明るい家族計画も台無しです。(++:)

ところで、美人時計の話に戻りますが、時計は普通、時間を見るために存在するわけですが、美人時計の場合はこれが逆になっているのです。

つまり。

綺麗なオネーチャンを、見たいよ!о(><;)о という。
小汚いトンデモ野郎どもの享楽の行為と野蛮な目的の為に存在するのが。

その美人時計の本質であるというわけです。

これはある意味では。

時間という概念の、コペルニクス的転回。などとも言えなくもないのではなかろうか。


(´ー`;)y-゛

















Last updated  Sep 16, 2009 07:52:26 AM
Sep 11, 2009
カテゴリ:観光





以前、毎年のように沖縄に通いつめていた時期がありましてね。


これはぼくが東京に住んでいた頃の友人たちが、ある時期いっせいに石垣島に移住したことが重なって、彼らに会いにいくことが一つの旅行の目的になり、別にぼく自身が沖縄に魅了されてのことではなかったんですが、慣行のようになってました。


だけど、その友人たちも今は地元に戻って、東京や埼玉とか神奈川の方ですね。それぞれの生活をしています。


3年前ですか。


年末年始の休暇を目いっぱい取って、沖縄一周の一人旅を敢行したことがあります。沖縄本島の方ですよ。当時、離島ばかりに行っていて、本島の方には一度も行ったことがなかったのです。


それも全く、宿も何も決めずにですね。その場のインスピレーションで、あちこち周りました。


元日の朝には、前日の大晦日に宿泊していた知念のペンションから、レンタカーで沖縄平和祈念公園へ行き、献花を捧げ。午後からは、ひめゆり平和記念資料館を訪れ。


世界平和のためにこの身を捧げようと誓ったわけです。
・・・(;__)ф

ところで・・。


一人旅をしていると色んな出会いがあります。


この話もあちこちで書いたような気がするんですが、最終日にふと、久高島に渡ろうと思い立ち、一人フェリーを待っていたのです。


すると、一人青年が目に付いたわけです。


これが昔のヒッピーというか?

変なインド人というか?

頭にターバンを巻き、毒々しい色合いの、どっかのパッチモンの民族衣装のような、サイケデリックないでたちで。

絶対に大麻とかやってるっぽい!(゜゜;)


明らかなアンちゃんが。ぼくの周りをウロウロし始めるわけですよ!(++;)


雰囲気的には。


クサ(大麻)とかあるけど、どお?


みたいな怪しい感じなわけですよ!(><*)/


こういう場合、目とか合うと、噛まれたりとかするって、テレビとかでやってますよね?
だからなるべく、目を合わせないように、話しかけないで!オーラを出しつつ。


無論!同時に男前オーラも出てしまうわけですが。。。☆ о(><:)о


とにかくその場をしのごうと思ったわけですっ。(*^^*)/


ところが久高島って泊まるところが限られているわけですよ。
そんでもって狭いから島をグルグル回ってると、しょっちゅうバッテングするし、結局泊まる場所も一緒・・・。


こうなると、言葉の一つも交わさなきゃいけないシチュエーションに追い込まれるわけです。


しかっし、人って見かけによらないものですよね。

これが、この青年。
めっちゃシャイな上、生真面目で実直な、すっごい良い青年なのです。


これがまた、奥さん。信じられます?
というか?聞いてます?


それからですよ!


二人して久高島の夜の、大オリオン座を見上げつつ、泡盛を酌み交わし、互いの身の上話や、これからのこと。興味を持ってることなどをまるで、昔からの大親友のように一晩中語り合い。


10年後またこの場所で会おう!と熱く抱擁を交わし別れのです。

                       (つづく)






Last updated  Sep 11, 2009 10:13:51 PM
Sep 9, 2009
カテゴリ:ペット





最近、ムショーに!(><;)/

犬を飼いたい。。

とゆー、願望が膨らんできましてね。

何でしょうか?このあいだ、知らない通りがかりおねーさまが連れて歩いてらっしゃる、トイ・プードルをかまっていたらば!
(注記:この間はどうもね!ショウコちゃ~ん(*^^*)/゛)

完全に無邪気な、しどけな~い無防備な姿態で、ぼくの愛撫に身を委ねてくるわけですよ!


夜はケガラワしい女を抱くよりも

清らかな仔犬の肩を抱いて眠りたい

朝は物悲しい女のイビキで起きるより

ツブラナ瞳の仔犬のキッスで目覚めたい!




何かそんな感じなのです。(><+)



ところでぼくは子供頃、鳥類カンケイは常に家に常備していて、文鳥やインコや九官鳥、鴨にニワトリ、七面鳥!

などといったラインナップは欠かしたことがないのですけれど。


犬は一日だけ柴犬がいたことがあります。

「一日だけ・・」

この顛末は以前、ココで触れたことがあるので割愛しますが、やっぱり動物の中で人と心を通わす波長を持っているのは、犬を差し置いて他にいないのではあるまいか?


例えばアルマジロとかはどうだろうか?


彼らは果たして、我々と有益な交信を持つ意思と決断を持っているのだろうか?


このへんはヒジョウーに!о(><;)о 興味をソソラれる部分ではありますが。

取り合えずアルマジロとかは今のところ別にどーでもいいです。(´・ω・`)








Last updated  Sep 10, 2009 06:32:44 PM
Sep 8, 2009
カテゴリ:POETRY


サトウキビ畑のあいだを
女と歩いた思い出がある


二車線の道路に
茶や緑の葉っぱがせり出し
そよいでいる


陽光に放たれたその道は
とても荒れていた
一時間歩いても
車は通らなかった


サングラスを外したぼくは
女に言った

もう 戻ろうよ
待って もう少しだから
一時間だぜ

時計を見た

もうすぐ東シナ海だから・・

汗が 頬を伝う

女は
町で働いていた
いわゆるホステスだ
昔は農協で働いていたの
声をひそめるように
彼女は言った

あぁ 農協な
面倒なところだ

女は眉間にしわを寄せた
夜の女の
言葉は信用ならない


昼間食べたソーキそばが
腹にもたれはじめる
麺の上に乗っかってた
生焼けの肉のせいかもしれない


すべて嫌気がさしたころ

海が見えた


ほらね


女は子供のように
目をくるりとさせて言った


あぁ 海だ
間違いない
するりと腕を回した女が
ぼくの腕をぎゅっと引っ張った
海風より強く
確かな感触だった


放置されたユンボやブルドーザーが
浜の近くにあり
ぼくらは幾度か
植物の根っこに つまづきながら
浜へ出た


スニーカーを脱いだ
ホットパンツからするりと伸びた
女の白い足が
はじめて目に入った


ねえ 綺麗でしょ!
ここから見る眺めが一番すきなの!

ぼくはサングラスを掛けなおし
女に言った


確かにオジサンにも
悪くない景色だ

なんだ
ノリの悪い人!


そう言うと
ぼくにくるりと背を向け
女は
裸足のままで海に近づいて行った



排所に眠る
まだ陽の昇りきらない朝の
白いコーラルの道に



女といたあの日の夏の記憶が

まるで裸足の跡のように
残っている






Last updated  Sep 8, 2009 11:49:08 PM
Sep 7, 2009
カテゴリ:カテゴリ未分類



八坂神社に悪王子社という、スサノヲノミコトの荒魂を祭神とする社があるんですが、たま~にココに寄ったときに見てると、割かしスルーされてるっぽい「スポット」なんですがね。

だけど。

ぼくは日本の神話の中で、スサノヲノミコトは好きなキャラクターの「一人」なんです。そしてその荒魂が祭られてるわけですよ。


「荒魂」っていうのは「神道の概念で、神々の荒ぶる魂のことで、病や天変地異、人心の荒廃や争いを起こす神の働き」という風に理解されてる。

同時にそれは反面、創造のエネルギーを指すこともあるわけですね。


ぼくは八坂神社に行ったときは、必ずこのスサノヲノミコトの荒魂、悪王子社に手を合わせてくるのですけれど、なんていうんですかね。

物凄いイマジネーションの力がかきたてられるのです。


「荒魂」が←マジでソコんところにあると思うとね。笑


ぼくにとっては「パワースポット」の一つです。


たまには皆さん。もしアレでしたら「日本書紀」や「古事記」を読み返してみることをお勧めしたい気がします。

そこには人間の精神世界の背景が、実に見事に表現されていて、理解が深まるというか。ぼくらが実に、日ごろ、薄っぺらい表面的な世界しか見ないで暮らしているかが知れるわけです。

日本の神話に限りませんよ。


北欧フィンランドに伝わる叙事詩「カレワラ」であるとか、有名なギリシャ神話であるとか、そのほか世界各地に伝わる民族神話の中には、知恵のエッセンスがギュッと詰まってるわけです。


世の中なんだか、つくづくよくわからないコトが多々起こったりしますよね。

でも、ちょっと想像力の扉を開いてやれば、混沌した物事の裏側に、深く腑に落ちてくる物語の力がある。これが神話や叙事詩、昔話が持つ、寓意の働きであったりするのです。


ぼくらが誰かと恋に落ちたり、例えば何かに夢中になるとき、全力でそれを理解したり、説得したりします。つまりその時ぼくらは「神話の中の誰かの一人」となって、その英雄譚を紛れもなくリアルに生きているというわけなのです。


そしてこれが例えば、神道の概念でいうところの「神の働き」であったり、且つ、ぼくらが日々接触する「エネルギー」というものの正体ではあるまいか?


「風(神)の抜け道」

こう考えると。


まるで都市には、人と自動車とチャリンコのための道しかないような気がしてくるのです。

(´ー`;)y-゜






Last updated  Sep 8, 2009 12:00:19 AM
Sep 5, 2009
カテゴリ:観光




先日、新撰組発祥の地、八木邸へ行ってきました。

まぁ、ぼくは別に新撰組にことさら興味があるわけじゃないんですが、昨今、幕末・明治維新になぞらえることも多いこのご時世です。

壬生寺近辺はしょっちゅう通るんですが、中を覗いたことはなかったのです。


余談ですが、ここにある京都鶴屋の和菓子「屯所餅」はあっさりした甘さと素朴な味わいで、なかなかイケます。ぼくは偶に買って帰ります。


ところでこの八木邸ですが、ガイドの方が、色々と新撰組の始まりから歴史を紐解きながら新撰組が活躍した6年間を語ってくれるのですけれど。

まぁ、しかし。新撰組ってのもロクなモンじゃねぇーな!

などと思うわけです。笑

何でもこの八木邸から二条城まで、Bダッシュで10分くらいの距離だそうです。
なんかあったらすぐに駆けつけられる距離にあったというわけですね。

仮に高橋名人なら、5分のラップをたたき出せるかもしれません。(><;)


ガイドのオジサンに依ると。

(新撰組は)非常に命懸けの厳しい職務だったため。

ストレスが溜まったこの幕末の志士たちは、八木邸からシモへ(南)に下ったところに遊郭があったらしく。

そこへ、オネーチャンを夜な夜な、抱きに行っていたそうです。


なんちゅーやつ等だ!(><;)/


ま、そこらへん。週にいっぺん、木屋町や雄琴のフーゾクに通うぼくらと、何ら変わらないわけですよ!
о(><;)о

まー、いいでしょう!そのへんは。


しかしこのガイドのオッチャンの話を聞いていると大変勉強になります。

一つはこの新撰組が誕生した八木邸で、初代局長の芹沢鴨と近藤勇の一派の「内ゲバ」が行われていたというのは初耳でした。


その内ゲバによって、芹沢鴨の妾のオネーチャンがいま(我々がガイドのオッちゃんの)話を聴いている畳の上で、首をちょん切られたとかっ!
(><;)/

倒れた襖の下敷きなって芋刺しにされたとか!

芋刺しって何!о(><;)о みたいな・・。

メチャ恐ろしい話すっよ。


そこらへんのオバケ屋敷よりリアルで怖いわけです。


ところでこの八木邸、鴨居が低くて、170センチくらいしかなかったですね。ぼくの身長が、176センチですから、うっかりすると頭をぶつけちゃうわけです。

武家屋敷ってのは、特別に鴨居が低く作られているそうです。

何故かと言うと家の中で「チャンバラ」がし難いように設定されているためだそうですが、あんまり関係ないような気もしますね。

現に「芋刺し」にされちゃったりしてるわけですから。笑


他に理由があったんじゃないかという気がぼくはしたんですが、次回はそのへんの、建築探訪記的な歴史考証から説き起こしていきたい気がします。
(*^^*)b







Last updated  Sep 6, 2009 08:45:21 AM
Sep 4, 2009
カテゴリ:POETRY



ちょっと横にズレてくれるか?

ヘンドリックのゴワゴワした毛が
ぼくのTシャツから出た
二の腕の辺りをさっきから激しく摩擦し
暑苦しくって仕方なかった

ズレろって
こっちの端っこも いっぱいいっぱいだよ


ぼくらは路線バスに乗っていた
クーラーの効きが悪いのは
全部ヘンドリックのせいだと思った

こいつがいるせいで
周りの温度が5度は上がる
間違いない

ぼくはヘンドリックを見上げた
大粒の汗がポタポタと流れ
フェイスタオルでしきりに額をぬぐうヘンドリック

まだ着かないのか?

寝ぼけた目で
ぼんやりと車窓を眺めながらヘンドリックは言った

お前の体重が重いせいで
バスのスピードが上がらないんだよ!

ぼくはうんざりして
悪態をついた

そんなバカな話があるかよ!

大体ナンだよ!
そのボテっとした腹は
ダイエットする約束じゃなかったのか?

バカ言え
先週計ったら2キロも痩せてたよ

お前の2キロは
普通の人の3グラムなんだよ!

     ∞


これがぼくらの
いつ果てるともしれない
甘い夏の
始まりだった


バスはいつしか海沿いを走っていた

幾つものパラソルが立ち
賑やかな浜辺を
燦々と照らす陽光が

ぼくらの目をヒリヒリと焼いた

気がつくとぼくは2箱目のハイライトに
手をつけようとしていた

ヘンドリックはシートの上にひっくり返り
ぐぅーぐぅーといびきを立てて
寝入ってしまっている

2、3分置きに大きな寝言を言った

そいつは彼が野生から
人間の世界に下りてきた時に負った
何かの傷の証だと人は言うかもしれない

でもぼくには
彼が嫌な夢を見ているとは思えなかった

     ∞


ねぇ このコ
どこの動物園から出てきたコ?

マッチを擦り終わるか終わらないかのタイミングで
ぼくの後ろに座っていた
とてもチャーミングな女の子が話しかけてきた

ヘンドリックのことかい?

女の子は肩をすくめてみせた

話せば長いよ

じゃ
手短に披瀝してもらえる?

今度はぼくの方が
肩をすくめてみせる番だった

優しそうなクマさんね

寝てる間は空っぽになるからね

えっ?!

寝てる間は
人に危害を加えるってことはないってことさ

彼女はぼくの言葉に
怪しむような態度を見せた
それが何だか
彼女の様子を
ぼくに美しく見せた

ああ
ヘンドリックは夢中になって眠ってる
ひどく腹の立つこともあるが
いいやつさ

そしてぼく以外に
ヘンドリックの面倒をみるやつなんて
どこにも居やしないんだ

ぼくがそういうと 彼女は
妙に納得しや様子で
お腹をへっこめ
苦しげな体勢で眠るヘンドリック見つめて
微笑んだ

どこで降りるの?
君の名前は?

ぼくらはまるで堰を切ったように
二人だけの新しいおしゃべりに夢中になった


(つづく)






Last updated  Sep 4, 2009 11:26:19 PM
Sep 2, 2009
カテゴリ:政治


民主党が大方の”予想通り”「圧勝」しましたね。

この「勝ち方」を見てると、次の流れが予測できるような気がします。
一つは自民党が衰退して、新しい党ができ、民主党に対抗する新たな勢力が形成されるという筋書きです。

自民党は古参の政治家が随分と落選したのと同時に、中堅、若手の今後を嘱望される人たちまで同時に失ってしまっているわけです。

これは党としてのポテンシャルを、著しく損なうことを意味していますね。

民主党に票が集まったのは、国民が自民党に「ノー」を突きつけた結果ですが、その背景にあるのは、加速度的に変化する社会や世界情勢を反映したものですが、民主党にその受け皿としての十分な準備があるとは、到底、言えません。

つまりいま国民が望んでいるのは、新しい国家のビジョンであり、それを保証する、安定的な社会システムの設計図です。


民主党にはこの長期的なビジョンと、設計図が欠けている。


しかしこの中・短期的な変化にすら、自民党は対応できない。

ならば民主党へ・・。

この、いささか消極的な理由が、民主党が得た票の性質であり、ならば今後、新党を含めた更なるムーブメントへ発展していくのではないか?

という、ぼくの分析に繋がるわけですが。

例えば、民主党の「高速道路無料化」などのマニフェストなどには”近視眼的”な景気対策(ポピュリズム)しか表現されておらず、今後この国の交通体系全体を、どう見直していくのか?こういった視点が欠如しています。

フェリーを営んでいる業者さんが煽りを食うなどとか、高速道路ユーザーとそうでない人では「優遇」にも格差が大きく現れるなどの他、謳われている文言と中身の吟味がよくなされていないことがすでに自民党の政策から明らかですね。


数多くある民主党が抱えるであろう今後の大きな課題のひとつに、公共事業のカット。


これは「公共事業」でしか食べる術がなかった地方にとっては雇用や経済の点において”致命的”とも思われるかもしれませんが、「地方再生」には本当に税金を投入するしか方法ないのか?

ここでは今後、国家ビジョンを動かす大きな転換点となるべき施策やその行動に必要性が迫られる場面があります。

すなわちハードからソフトへ、ハコモノからマンパワーへ。あるいは伝統とアイディアの融合などといったものです。

「投資」の対象を切り替えるべき時にきています。これは選ばれた選挙区に於いて、各々陳情を受ける「受身の政治家」から、自ら現場を歩き(誰にも到達できなかった)課題を発見し、創造的にリーダーシップを発揮する能動的な新しい政治家像が求められることを意味しています。

政治家が本来的に頼るべきものは、党や国会などではないのです。






Last updated  Sep 2, 2009 11:35:42 PM
カテゴリ:POETRY



ニュータウンで大量発生したクジラの話を
ぼく以外の誰かから
君はもうすでに聴いたことがあるだろうか?


まだ小学校に入りたての小さな女の子が
クジラに手を噛まれただとか


中学生の男の子が
クジラをベットの下にこっそりと隠していて
母親をびっくりさせた話だとか


定年を間近に控えたキチンとした身なりの紳士が
盆栽と間違えて
クジラの髭をパチンっと切っちゃった話だとか


高校生の女の子が
3丁目のタバコ屋さんの角で
クジラと手を組んで歩いていただとか


郵便局の集荷のアルバイトの子が
定型封筒の中から
3頭ばかりクジラをくすねたっていう
信じられないような話まである


この話は
君の住む町の
すぐ隣にある町のことだと思って聴いて欲しい
他人事じゃないんだ


電車で一駅か二駅ばかり先の
小さな子供でさえ
お駄賃を握りしめていける
そんな身近な場所にある話であり


あなたがもしサラリーマンなら
会社帰りに酔っ払って
間違えて降りたかもしれない町の話なのだ


ひょっとすると
もう
クジラは君の家の縁先にもぐりこみ
この話にひそかに
きき耳を立て
聴いているかもしれないのだ!


クジラはもう
ぼくらの生活の一部に入り込み
明日
君が出会うかもしれない人や!


将来の恋人や伴侶となるかもしれない人たちの
バックやポケットの内側にもぐりこみ


隙間から隙間へとジャンプし!

トラブルや事件を巻き起こしてしまうんだ!(><;)


ぼくらはもう!クジラの氾濫から逃れられやしないんだ!


繰り返そう



ぼくらはもう!クジラの氾濫から  逃れられやしないのだ!
о(><;)о






Last updated  Sep 2, 2009 10:09:21 PM

全148件 (148件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 ... 15 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.