1556547 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ソウル生活〜

ソウル生活〜

悪夢の学院生活

<悪夢の学院生活>


1999年7月からソウルの学院で働きはじめました。
英語の学院としては韓国の最大手で、日本語もおまけ?でやっている学院。
日本人は専任、非常勤あわせて13人くらいの大所帯。


もう2度としたくない、思い出しても、つらい、日々でした。


授業は朝の6時30分 ~ 8時20分

9時 ~ 10時50分

11時 ~ 12時50分

2時 ~ 3時50分

4時 ~ 5時50分

6時 ~ 7時50分

8時 ~ 9時50分

2時間一コマの授業を、3コマ、6時間しなければなりません。


レベルは1から5まで。1ヶ月に二つのレベルを担当します。1ヶ月毎にクラスが変ります。


時間割りは主任が決めます。


最悪の時間割りはダブルスプリット。朝6時半から働き、


11時からの授業と、夜は最終の授業を受け持つ。


朝の6時半から夜の10時まで、昼寝をする時間も中途半端で無い。
最悪の時間割り。この1ヶ月はつらかった。


時間もつらいけど、違うレベルを3っつ持たされたときも、泣いた。


3っつも毎日、毎日、準備できないよ。


夜の10時に授業がおわり、朝は5時おきですよ。
どうやって、準備するんだ。
週末にまとめて、5日分のドリルをワープロに打ち込む。

宿題はその日にチェックする。


当時の教科書にはドリルがなかったので、学生にペアワークをさせたり、ロールプレイをさせるためのドリルは、自分で作らなければならなかった。毎日、授業が終わったら、教科書を眺めて、ワープロにひたすらドリル練習を打ち込む。



文法説明もどうすればいいのかよくわからないので、文法書を探して、勉強、勉強。毎日、ひたすら働いた。


1ヶ月が終わると、また次の新しいレベル。


1ヶ月が終わると、学生に再登録をさせて、登録をしていない学生には電話をかけて勧誘。教育と営業活動を一緒にしなければならない。


学院の先生たちの平均年齢は当時、26、27歳?


私が大幅に平均年齢アップに貢献していた。当然、親しい先生はいない。


わからないことだらけで、聞きたいことがいっぱいあるけど、先生たちは私のようにいつまでも、学院の机にしがみついていない。こわーーい主任に恐々きいて、また、怒られたり、生きた化石だと言われたり・・・



ほんと、ろくな思い出は無いぞ。


チュンチョン時代の方が、ソウルの町でよく遊んでいた。
ソウルに来てから、ソウルの町へ遊びにいくことなんかほとんどなかった。



1年の契約が終わる頃、延長するか、辞めるか、またまた

悩みの季節がやってきた。


韓国に来て2年経つのに、相変わらず韓国語は全くできない状態。
読めるようにはなったけど、会話は成立しない。



ソウルで働いて、ボロボロに疲れきって、少し休んで充電もしたい。


大学付属の語学堂に通って、韓国語の勉強をしながら、パートに変えてもらって4時間勤務にしようか、と考えた。


夜だけ4時間パートにしてほしいと言ったけど、夜だけの授業は保障できないと言われ、

それなら、と



辞めることにした。

私の契約は7月からの1年だったので、7月、8月は夏休みにはいり、学院のかきいれとき。それではと、忙しい2ヶ月だけ延長することにした。

次へ


© Rakuten Group, Inc.
X