000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ソウル生活〜

ソウル生活〜

授業を休んで面接に行く

<授業を休んで面接に行く>


一つ目の面接はうまく、期末試験期間中に当たったけど

二つ目は授業がある日。


指定された時間は午後2時。




午前中の授業を終えて、午後の授業は休んでダッシュで行けば間に合う距離だったが

相方の韓国人日本語の先生が、「3時間目まで授業して、余裕を持って行ったほうがいいですよ」と言ってくれたので、


学校には休みを出して面接に行くことにした。



しかし、12月末なので最後の授業の日。
日本語会話の時間が自習になることを担任から前もって知らされた生徒たちは

  「センセ~、さいごのじゅぎょうです~

   にほんご、べんきょうがしたいです~」






最後の授業をキャンセルするなんて・・・

面接に行くのはやめようか、

   日にちと時間をずらせてもらえないか?


大学に問い合わせ、向こうもなんとかしてみます


といってきてくれたけど、結局無理だった。

授業をキャンセルした、フランス語科と英語科の生徒には申し訳ない気持ちでいっぱいだった。


が、生徒たちは自習で大喜びだったはず。(笑)




面接の日はやはり、余裕で早く着きすぎて、寒い大学の中をぶらぶらしたけど、
こんな寂しい大学では働きたくないなぁ~
冬休みだから、学生はほとんどいなかったからだけど




この大学は面接だけだったが、待機室へ行くと数人が静かにすわっていた。


今日は韓国人の教授も面接があるのか・・・



と思っていたら、係りの人がやってきて名前を読み上げると
全員日本人だった。!!!




面接はやはり韓国語で行われた。


  大学の年収が安いのは知っていますか?

  知り合いに大学で働いている人がいるでしょう、その人たちの年収をしっていますか?


  あなたはどのくらいの年収を希望しますか?

 



もちろん、いい待遇の職場へ移動したいのだから、今よりもいい待遇じゃなかったらいやだよ。


大学だからコマ数は少ないけど、それにしたがって、給料も下がるのはいやだよ。




つづく




© Rakuten Group, Inc.
X