000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ソウル生活〜

ソウル生活〜

気がすすまない面接

<気がすすまない面接>


まあまあ、気に入った大学に面接を受けにいく汽車の中で


べつの大学から、面接の電話をもらった。



実はこの大学には行く気がなく(っていうか、どうせ行っても不合格だろうと思っていた)

面接の通知のメールをいただいていたのだが、返事もせずにほったらかしていたのだ。



電話をしてきた人事の人に

 「補習授業をしているので、指定の時間には行けません」


といったら、私が行ける時間に面接の時間を変えてくれるという。!!!



なんか、しらんけど、親切な人だね~


と思い、わざわざ時間をずらせてくれたので、面接に行ってみた。



補習を終えてから、十分に間に合うソウル市内。

日本語科の面接はすでに終わった様子で、中国科の中国人の面接者が一人いるだけだった。



面接は日本語で行われた。ほっ


採用される可能性はない!!と勝手に思い込んでいたので


勤務先を聞かれても、どっちでもいいです!!!とニコニコ答えておいた。





この大学はソウル市内と地方キャンパスと二つあった。



数日後、地方にあるちょっと気に入っている大学から電話があり

もっとえらい教授と最終面接をするので、もう一度大学まできてほしいと言われた。


ヤッターーーー、ほぼ確定ですね^^
年収のことなどの確認が行われるんだろうなぁ

あの大学に勤めることになるんだろうなぁ



と妄想にひたっていた最終面接に行く前日の夜


つづく






© Rakuten Group, Inc.
X