1513989 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ずるずるべったん、剛毅果断に生きる

PR

プロフィール


ずるずるべったん

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(103)

ずるずるシネマ・ウィークリー

(80)

ずるずるつぶやき

(17)

DVD観てずるずる

(7)

子どもと学校、家族

(154)

戦争と平和

(116)

博多弁講座

(43)

民主党政権

(215)

自民党、公明党・創価学会の政治を斬る

(86)

くらしと医療、健康

(63)

旧友・悪友・遊誘記

(24)

お天気と季節

(91)

音楽・テレビなど

(56)

「のだめカンタービレ」から学ぶ

(9)

スポーツ

(31)

今日の料理

(19)

麻生太郎ってどんな人

(291)

農業を守れ

(33)

憲法とともに生きる

(5)

旅、紀行、行きたいところ

(56)

私の国には山がある

(4)

福岡市政を考える

(43)

オリンピック

(8)

福岡市長選挙

(46)

福岡いいとこ一度はおいで

(197)

街づくり

(5)

私の住んでいる地域のこと

(16)

私を育てた街北九州市について考える

(14)

ソフトバンクホークス

(19)

アビスパFUKUOKA

(17)

私は仏教徒

(12)

坊主頭

(6)

故人を偲ぶ

(16)

政治とカネ

(8)

地方自治を考える

(11)

福岡と九州の経済

(48)

日本と世界の経済を憂う

(51)

警察行政をチェック

(26)

サラ金になぜ儲けさせるのか!日本社会

(9)

怖いおじさんたちには要注意

(88)

漁業を考える

(3)

人権と民主主義

(6)

教育を考える

(6)

福岡県政を考える

(5)

原子力発電所って安全?

(21)

ブログ更新

(12)

マイ ビジネス

(5)

今日のニュース

(33)

自己健康管理日誌

(111)

車のこと

(4)

朝のFUKUOKA

(21)

バックナンバー

2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月

コメント新着

人間辛抱@ Re:10月28日に考える自由と民主主義(10/28) どうもお久しぶりです。 安倍内閣は今、 …
http://buycialisonla.com/@ Re:6年生おめでとう(03/15) cialis ohne rezept frankreichervaringen…
http://buycialisonla.com/@ Re:一日の計は朝にあり、一年の計は元旦にあり(01/01) can i take cialis 20 mg every daycialis…
大丈夫?小林は浪人で福大の超バカだよ??@ 大丈夫?小林は浪人で福大の超バカだよ?? わしは商業高校以外に名前が言えないいわ…
アライズ@ Re:福岡中央郵便局の異常なノルマ至上主義 私は福岡県のとある局で4月から働いてます…
レフティ@ Re:マリリン・モンロー来福のこと(02/08) 良いお話をありがとうございます。今朝大…
非常勤職員 ゆうメイト@ Re:福岡中央郵便局の異常なノルマ至上主義(04/21) 私は 某局を 管理者の力を使い 首にな…

お気に入りブログ

【ランキング3冠】GL… New! bo-sloveさん

ツグミ、シメ・・・ New! 八クマ4さん

劇団東演「マクベス」 ニコ67さん

押田茂人神父著作集 Preacherさん

わたしの喜怒哀楽 細胞1950さん
「社会保険」に加入… 日向の人生さん
続 ゆったりロード・… 八クマ3さん
総務の日記 日曜日のおばたんさん
『石山文也の「きょ… 石山文也さん
ようこそ!琵琶湖の… t036kkkkさん

フリーページ

サイド自由欄

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2011年07月13日
XML
一瞬、目を疑った13日の「朝日」新聞の朝刊の「提言 原発ゼロ社会」の一面社説。

なんでー、「朝日」がー???

これまでは、原発推進だったはずなのにー。どうしてー。

そこでよく読んでみると、ご丁寧にも、「推進から抑制へ 原子力社説の変遷」と題して、政策を転換してきた言い訳をしているではないか。

これまで「朝日」新聞は、「原発推進」の意見広告を大々的に掲載し、電力業界の世論操作の片棒を担いできた。

しかし、社説では、そういう電力会社の宣伝費を受け入れることで、結果として国民をミスリードした反省は、私には全くみえない。

そういう変遷が、時代の流れであったような書き方をしているなと私は読んだのである。

まあ、それでも、「原発ゼロ」は一致できるから、過去のことは許してやろうかと一瞬思った。


○●○

ところが、13日の夕方の菅直人首相が記者会見し、「脱原発」をめざす方針をどこまでやる気かは別にして、突然、打ち出したのだ。

「将来は原発がない社会を実現する」とも言った。

昨年まで、新しい原発の建設促進と、外国への日本の原発の売り込みに躍起になってた菅政権が、ここにきて、政策の「大転換」をしたかに見える。

菅首相自身が、期日は定まっていないが退陣を表明している。

次の国政選挙までの2年間は、たとえ管氏が退陣しても民主党政権が続いていくことになる。

仮に、民主党政権でなくなっても、菅氏とそのグループは、2011年の夏に、「脱原発」を明確に掲げたではないかという歴史上の事実を明確にすることになる。

それは、首相を退陣してからは意味がないのである。

とにもかくにも「脱原発=菅直人」の旗色を鮮明にしたという点では、昨日の記者会見は衝撃的なのである。

○●○

「朝日」に続いて、同じ日に、菅氏の急変? いや、待てよ!

菅首相の記者会見は、朝日の社説による政策転換を前提として、孫氏らの財界亜流の脱原発勢力とのすり合わせの上でのことではないか。

現在の政府と財界の原発依存の方向だけでは、国の舵取りがうまくいかない、自分たちの政治生命も危ういと。

ここで、もう一つの「脱原発」方向を打ち出して、自分たちの旗色が国民と同じだとアピールする。おまけに、共産党の点数稼ぎも防げる。最終的には、原発がいくらか残ってもかまわんが、自然エネルギーで儲けたい孫氏をバックにして、お金のない菅派の後ろ盾もできる。

まあ、こんな思惑なんだろうか。

もともと、国民に対する責任など微塵も持ち合わせていない伴食宰相でえある菅直人氏が、自分の行く末を計算しないまま、国民のために丸裸になるはずがないのである。

「朝日」も、「読売」との勝負で、「読売」=「原発推進」、「朝日」=「脱原発」という構図を国民にイメージさせることは得策だと考え、衝撃的な切り替えを求めていたのである。

○●○

「脱原発」を一貫して掲げ、3・11後も被災者救援に全力をあげているのは共産党であり、スクープ記事を連発しているのが「赤旗」なのである。

だから、共産党と「赤旗」に主導権を少しでも与えたくないという、菅氏と「朝日」の思惑が、一致側面もある。

今まで言ってきたことなんか、国民にはわかりゃしないよ。今すぐ、政策転換だ。そうすれば、政権も延命できる。それが、7月13日なのである。

以上は、私の直感。「口では脱原発でも、実際には原発を残してもかまわない」という考えが見え隠れする。この直感が間違いであって欲しいと一番願っているのは、「原発を本気でゼロにしたいと考える」かくいう私である。






最終更新日  2012年03月29日 21時03分15秒
コメント(2) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.