000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

NSR250Rと俺!

第1回

高価な工具と安い工具。
使う分には一緒でも、その仕上がりの美しさが違います。
たとえばソケットの裏、ジョイントの部分の仕上がりが違います。
左KTC・右ネプロス
写真でわかるように、同じKTCでもネプロスとスタンダードモデルでは違いがはっきりとでます。
裏面の湾曲面・ボールジョイントのくぼみの大きさの仕上がりの違いで、よりしっかりとホールドしてガタつきがなくなります。
工具の世界ではアメリカのスナップオンが人気がありますが、ネプロスのような細かな仕上げは日本人ならではという感じですね。
KTCのミラーツールはスナップオンのパクリみたいにいわれていますが(実際似ている)こういった細かな部分で差をつけているのかもしれません。


© Rakuten Group, Inc.