2971016 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日本の教育は、これでよいのかな

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


今日9729

カテゴリ

中学の漢字指導

(48)

学力向上対策

(29)

自己肯定感

(17)

学校・教育原理・教育全般

(283)

自発性・内言

(17)

九歳の壁・落ちこぼし

(3)

論理的思考・・・学習論理語・教育基本語い

(49)

A漢字は手首化

(2)

漢字の意味の変転

(5)

・漢字指導

(339)

・・・抽象漢字の指導

(23)

・・・文作り

(4)

・・取立て指導(1セット5過程の指導)

(41)

・・・テストの工夫

(14)

・・・手首化(見ないで書ける)

(15)

・・・漢字の許容(止め・払い)など

(8)

・・・筆順

(14)

・カタカナ・ひらがな指導

(25)

送りがな

(4)

言語分析(文学言語理論言語日常言語)

(14)

文化審議会・品川区のカリキュラム

(5)

実態調査(品川・学力調査)白石・甲斐実態

(10)

教育全般・・・漢字から

(39)

先生と保護者

(19)

いじめ・学級崩壊・自殺

(19)

読解力

(22)

文学文の読解

(53)

・・・物語を書く

(8)

説明文の読解

(17)

・・・説明文を書く

(17)

誰もが書ける作文教育(文ちゃん人形)

(77)

・・・作文・三大ニュース

(6)

・・・作文・書きなれノート(日記)

(21)

読みきかせ・表現よみ(音読・朗読)の工夫

(117)

・・表現よみ(音読・朗読)指導の実際

(64)

・・読み聞かせ

(37)

文法

(36)

聞く・話す

(17)

算数・数学・理科

(33)

国語科目標・構造・計画・言語意識直結観

(18)

体育・健康・食事・音楽

(20)

学習指導要領・指導書

(15)

教科課程・指導計画

(14)

能力観

(6)

大脳生理と教育

(4)

教育再生会議・教育基本法

(23)

・・・フィンランドの教育

(11)

教育基本法改訂・三浦朱門・学力テスト

(32)

教師の勤務条件・その他海花センター蝋梅

(27)

Y氏

(3)

原発

(52)

お気に入りブログ

1928. 作品1~3の作… New! カズ姫1さん

^-^◆ 思わず にっ … New! 和活喜さん

実践!スラッシュ・… タイヤー04さん

津島市・愛西市の子… がっきー塾長さん

加山雄三さん、見直… つるひめ2004さん

コメント新着

onhyumor@ buy viagra hw qi buy viagra viagra online <a href=&…
rdjvzmor@ generic viagra ui ym generic viagra buy viagra <a href=…
http://buycialisky.com/@ Re:書く・読む・聞く・話すに役立つ作文教育(06/14) cialis soft overnight us deliveryque es…
http://buycialisky.com/@ Re:あやふや漢字を身につけない(01/04) order generic cialis softtabs onlineche…
http://buycialisky.com/@ Re:心臓語と恋語・子どもが、勉強を進んでするには(9)(04/29) comprar cialis por internet es segurowh…
http://viagraiy.com/@ Re:書く・読む・聞く・話すに役立つ作文教育(06/14) supplements that enhance viagra <a …
http://viagraky.com/@ Re:あやふや漢字を身につけない(01/04) viagra et amour <a href="http:…
http://viagravonline.com/@ Re:心臓語と恋語・子どもが、勉強を進んでするには(9)(04/29) viagra online pharmacy ratings <a h…
太田泰人@ Re:スベリヒユの退治と理科教育(09/18) 「それを抜いて、そのままにして、そこに…
テツです。@ Re:教育って何だ・部活問題と文科省(4)(01/14) ご来訪ありがとうございました・・・って…

フリーページ

2006.03.02
XML
カテゴリ:・漢字指導
音と訓の両方を使って文を作ると、漢字を習得しやすくなります。

この「音と訓の両方を使って文を作る」は、順序を大切にして、

1文が、自由に作れるようになったら、導入するようにします。




(一文の作らせ方は、下記です。)
   漢字指導(1セット5過程)の文作り(2)漢字教育を通して教育を考えてみたいのです(23)
  


ですから1年生からでもできるわけですね。

これは、特に低学年では、力を入れて、
やった方がよいですね。


それは、漢字は、音と意味を表す表語文字である事を子供に理解させるのには、
いい方法だからです。

かなは、音を表しますが、
漢字は、音と意味を表す表語文字(ひょうごもじ)ですからね。



この指導をすると、

先生が、木ま下。」

というような漢字の使い方がなくなりますね。


ところで、漢字は、訓読みをすると、およその意味は、理解できますね。
そこで、僕等の研究会では、音と訓を一緒にしどうすることを主張してきました。
これを音訓同時指導と言ってきました。

そのこともあって、僕等は、この音と訓の両方を使って文を書かせてきた訳です。


例を挙げますね。

4年生では、次のような文ができました。




<相>の新出漢字の学習で

ぼくの遊び 相手は、犬のケンです。


ぼくは、人相が 悪い人に 会って、こわかったです。






<向>の新出漢字の学習で


わたしが くるりと ふり向いたら A君が にこっとした。

兄は、勉強をしているためか、このごろ、せいせいきが 向上してきた。


このように音・訓を使って文を作るわけです。


これでお気づきでしょうが、
同じ漢字を何回も書き、やらされるドリルと違って、
頭を使っているのですね。


自分の頭を使う。
このことは、子供にとっては、快いことなのですね。
そこには、挑戦があるからなのですよね。
自分の力の発揮ができるのですね。
自己主張ができるのですね。


子供は、遊びが好きです。
それは、子供のやりたい気持ち・欲求が実現し、創造があるからですね。

漢字学習もそのように子供の想像力を発揮できるようにしていくと、
子供が進んでやり、漢字力が着くのではないでしょうか。

漢字力が着くと、国語科が好きになります。
不得手感覚がなくなるからですね。

どんな勉強もそうですが、
得意であると言う感じを持たせる事が大切ですね。

たかが漢字と言えば言えますが、この中にも、
国語科を好きにさせ、
勉強に積極的に向かっていく力が、
内在しているのですね。

その逆もあります。
ですから、みんなで、考えていく課題ですね。

皆様の実践などをお聞かせ戴けるとあり難いです。


・・・・・・・・・・・

たくさんの方にお読み戴きたいので、ブログランキングに参加しています。お陰さまで、
です。

賛同される方は、下の2つのマークをクリックして戴けるとうれしいです




にほんブログ村 教育ブログへ

人気blogランキングへ


    

・・・・・・・・・・・



下記の本は、漢字教育のあるべき姿と実践を載せています。
「1セット5過程」について触れ、文作りの実践も載せています。しかし、まだまだ、十分とはいえません。皆さんで、豊かにして欲しいです。

たのしく学ぼう漢字




* 下記は、教育とは何かを訴えています。

-子どもと教師の成長の記録-

2.ぼく、本当は良い子なんだよ








最終更新日  2006.03.07 09:15:05
コメント(10) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.