3019471 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日本の教育は、これでよいのかな

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


今日9729

カテゴリ

中学の漢字指導

(48)

学力向上対策

(29)

自己肯定感

(17)

学校・教育原理・教育全般

(283)

自発性・内言

(17)

九歳の壁・落ちこぼし

(3)

論理的思考・・・学習論理語・教育基本語い

(49)

A漢字は手首化

(2)

漢字の意味の変転

(5)

・漢字指導

(339)

・・・抽象漢字の指導

(23)

・・・文作り

(4)

・・取立て指導(1セット5過程の指導)

(41)

・・・テストの工夫

(14)

・・・手首化(見ないで書ける)

(15)

・・・漢字の許容(止め・払い)など

(8)

・・・筆順

(14)

・カタカナ・ひらがな指導

(25)

送りがな

(4)

言語分析(文学言語理論言語日常言語)

(14)

文化審議会・品川区のカリキュラム

(5)

実態調査(品川・学力調査)白石・甲斐実態

(10)

教育全般・・・漢字から

(39)

先生と保護者

(19)

いじめ・学級崩壊・自殺

(19)

読解力

(22)

文学文の読解

(53)

・・・物語を書く

(8)

説明文の読解

(17)

・・・説明文を書く

(17)

誰もが書ける作文教育(文ちゃん人形)

(77)

・・・作文・三大ニュース

(6)

・・・作文・書きなれノート(日記)

(21)

読みきかせ・表現よみ(音読・朗読)の工夫

(117)

・・表現よみ(音読・朗読)指導の実際

(64)

・・読み聞かせ

(37)

文法

(36)

聞く・話す

(17)

算数・数学・理科

(33)

国語科目標・構造・計画・言語意識直結観

(18)

体育・健康・食事・音楽

(20)

学習指導要領・指導書

(15)

教科課程・指導計画

(14)

能力観

(6)

大脳生理と教育

(4)

教育再生会議・教育基本法

(23)

・・・フィンランドの教育

(11)

教育基本法改訂・三浦朱門・学力テスト

(32)

教師の勤務条件・その他海花センター蝋梅

(27)

Y氏

(3)

原発

(52)

お気に入りブログ

^-^◆ 彼岸花の季節… New! 和活喜さん

ワクチン強制より途… New! つるひめ2004さん

石の打撃を受けたヨ… New! タイヤー04さん

1940. JAANY 2021年… New! カズ姫1さん

中絶絶対禁止密告オ… まろ0301さん

コメント新着

onhyumor@ buy viagra hw qi buy viagra viagra online <a href=&…
rdjvzmor@ generic viagra ui ym generic viagra buy viagra <a href=…
http://buycialisky.com/@ Re:書く・読む・聞く・話すに役立つ作文教育(06/14) cialis soft overnight us deliveryque es…
http://buycialisky.com/@ Re:あやふや漢字を身につけない(01/04) order generic cialis softtabs onlineche…
http://buycialisky.com/@ Re:心臓語と恋語・子どもが、勉強を進んでするには(9)(04/29) comprar cialis por internet es segurowh…
http://viagraiy.com/@ Re:書く・読む・聞く・話すに役立つ作文教育(06/14) supplements that enhance viagra <a …
http://viagraky.com/@ Re:あやふや漢字を身につけない(01/04) viagra et amour <a href="http:…
http://viagravonline.com/@ Re:心臓語と恋語・子どもが、勉強を進んでするには(9)(04/29) viagra online pharmacy ratings <a h…
太田泰人@ Re:スベリヒユの退治と理科教育(09/18) 「それを抜いて、そのままにして、そこに…
テツです。@ Re:教育って何だ・部活問題と文科省(4)(01/14) ご来訪ありがとうございました・・・って…

フリーページ

2007.11.12
XML
教師の専門性を高める事は、
研究会をしていてそこに集まってくる先生方からの
声を聞き、
このブログで語られる教育の事を読むに付け、
重要な課題だと感じています。

その専門性を高めるにはどうするか、この事を現場にいた者として
提案したい事があります。

それは、実践的に専門性を高める事にもっと、
教育行政が力を入れることだと考えます。

そのことから、外れての研修が、最近、増えてきているようです。

実践的に研修するという事は、どういうことかといいますと、
先生が、その学校で、
その学校の教師から、実際に学ぶと言う事です。

例を挙げて書きます。

僕の学年に新卒の教師(女性・Aさん)が来ました。
5年生でした。
ですから、卒業までその学級の責任を持つということです。

新卒にしてみれば、これは、大変な重責です。
力を着けなくてはなりません。
僕のところに来たことでそれを受け入れた責任、それは、僕にあります。

このような関係の意識で、2年間、やりました。
結果、保護者からは、ベテランの先生のようでしたと彼女は言われました。
Aさんの資質の高さもあったのですが。


Aさんと、毎日、その日の授業のまとめをし、翌日の授業の計画・指導を
検討をしあいました。
最初の1年間は、毎日でした。

正直、僕は、もう1学級を持っているような状態でした。

時には、授業を見てもらいました。
逆に、Aさんの授業を見に行きました。

そして、放課後、話し合いです。

実践的な研修の一例を書きましたが、このような研修が
なにより優先されるべきとこだと思います。

これが力を着ける事になるのです。
大學では、このようなことは、教育実習時ぐらいです。

いま、学校に必要な事、それは、実践的な研修だと考えます。

昔から、先輩のやっていることを見て学ぶ、ということは、
世界中でやられていました。
それが、実践的な研修なのだと思います。


本日のブログ、ご賛同の方は、下のマークの応援クリックして下さると、うれしいです。
1日1回、有効です。
にほんブログ村 教育ブログへ

本日、お陰さまで、教育ブログランキング・5位になりました。
皆様に学ばせていただきながら、ここまで来ました。

 


ここで、僕の事を書くより、下記のブログがこの事を
分かりやすくお書きになられていますので、
お伺いしてみてください。

この方は、発達障害の研究者なのですが、
実践者のつぶやき」とあるように、
実際の指導の中で、ご自分の理論を分かってもらうような方法を取られています。

これは、これからの教育研究の大切な視点だと思っています。


http://r-one.at.webry.info/
ぼくの世界にようこそ。』
2007/11/05 18:57







最終更新日  2010.07.11 05:56:52
コメント(22) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.