000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日本の教育は、これでよいのかな

PR

X

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


今日9729

カテゴリ

中学の漢字指導

(48)

学力向上対策

(29)

自己肯定感

(17)

学校・教育原理・教育全般

(283)

自発性・内言

(17)

九歳の壁・落ちこぼし

(3)

論理的思考・・・学習論理語・教育基本語い

(49)

A漢字は手首化

(2)

漢字の意味の変転

(5)

・漢字指導

(339)

・・・抽象漢字の指導

(23)

・・・文作り

(4)

・・取立て指導(1セット5過程の指導)

(41)

・・・テストの工夫

(14)

・・・手首化(見ないで書ける)

(15)

・・・漢字の許容(止め・払い)など

(8)

・・・筆順

(14)

・カタカナ・ひらがな指導

(25)

送りがな

(4)

言語分析(文学言語理論言語日常言語)

(14)

文化審議会・品川区のカリキュラム

(5)

実態調査(品川・学力調査)白石・甲斐実態

(10)

教育全般・・・漢字から

(39)

先生と保護者

(19)

いじめ・学級崩壊・自殺

(19)

読解力

(22)

文学文の読解

(53)

・・・物語を書く

(8)

説明文の読解

(17)

・・・説明文を書く

(17)

誰もが書ける作文教育(文ちゃん人形)

(77)

・・・作文・三大ニュース

(6)

・・・作文・書きなれノート(日記)

(21)

読みきかせ・表現よみ(音読・朗読)の工夫

(117)

・・表現よみ(音読・朗読)指導の実際

(64)

・・読み聞かせ

(37)

文法

(36)

聞く・話す

(17)

算数・数学・理科

(33)

国語科目標・構造・計画・言語意識直結観

(18)

体育・健康・食事・音楽

(20)

学習指導要領・指導書

(15)

教科課程・指導計画

(14)

能力観

(6)

大脳生理と教育

(4)

教育再生会議・教育基本法

(23)

・・・フィンランドの教育

(11)

教育基本法改訂・三浦朱門・学力テスト

(32)

教師の勤務条件・その他海花センター蝋梅

(27)

Y氏

(3)

原発

(52)

お気に入りブログ

Europe SINKING AGAI… New! タイヤー04さん

^-^◆ 映画『男はつ… New! 和活喜さん

この違いは何なんだ!! New! まろ0301さん

2932. アート作品5 … カズ姫1さん

数年ぶりに書いてみた リエさん0037さん

コメント新着

onhyumor@ buy viagra hw qi buy viagra viagra online <a href=&…
rdjvzmor@ generic viagra ui ym generic viagra buy viagra <a href=…
http://buycialisky.com/@ Re:書く・読む・聞く・話すに役立つ作文教育(06/14) cialis soft overnight us deliveryque es…
http://buycialisky.com/@ Re:あやふや漢字を身につけない(01/04) order generic cialis softtabs onlineche…
http://buycialisky.com/@ Re:心臓語と恋語・子どもが、勉強を進んでするには(9)(04/29) comprar cialis por internet es segurowh…
http://viagraiy.com/@ Re:書く・読む・聞く・話すに役立つ作文教育(06/14) supplements that enhance viagra <a …
http://viagraky.com/@ Re:あやふや漢字を身につけない(01/04) viagra et amour <a href="http:…
http://viagravonline.com/@ Re:心臓語と恋語・子どもが、勉強を進んでするには(9)(04/29) viagra online pharmacy ratings <a h…
太田泰人@ Re:スベリヒユの退治と理科教育(09/18) 「それを抜いて、そのままにして、そこに…
テツです。@ Re:教育って何だ・部活問題と文科省(4)(01/14) ご来訪ありがとうございました・・・って…

フリーページ

2009.04.03
XML
カテゴリ:・・・筆順


「漢字の筆順ですが、一部、自分たちが小中学校で習ったものと違うものが
かなりあるようで、息子に教えるときに驚いたことがあります

いったいこれは どうしてなんでしょうね・・・応援です。」 pippianoさん              (2009.04.03 17:37:20)

               ・・・・・・・・・・・・

という、コメントを戴きました。このことを、新学期でもありますので、考え合ってみたいと思います。よろしくお願いいたします。

いつも、応援ありがとうございます。本日も、下記の応援のマークをクリックして、戴けますとうれしいです。
にほんブログ村 教育ブログへ 

人気blogランキングへ


毎日、書く文字です。筆順は、一定していたほうが、便利ですよね。


毎日、書く文字です。筆順は、一定していたほうが、便利ですよね。

その為に、『筆順指導の手引』(昭和33年・文部省)が出ています。

 「6年生の子供なんですが、漢字を書いていたんですよ。
なんという漢字になるのかなあと、思って見ていました。
点から書きはじめ、4つ点を書き、・・・、・・・、・・・・。

最後は、馬という漢字になったんですよ。」
という話を聞いた事があります。

これは、書き順の指導が、
徹底されてないことによるのですね。


馬を点から書きだして、馬の漢字にしていくって、
基本的な書き順で書くより難しいですよね。

だから、そういう意味で、漢字の書き順の基本的な原則
理解して、身に付けておいた方が良いのではないでしょうか。


これは、ヒットを打ったら、1塁に走って行くという
野球のルールみたいなものですから、だれでも、理解でき、実行に移せますよね。


ところが、それが出来てない。

その為に、めちゃくちゃに書いたりしている。
何と、人間の能力を無駄にしている事でしょうか。


そこで、このルールを学習する為に
この事を2回に分けてご紹介致します。


書き順前書きと原則1

ここでは、大原則を2つご紹介致しました。

この上から下へ・左から右へは、
ひらがな・カタカナの場合でも同じ
ですよね。

だから、ひらがな・カタカナが手首化されていれば、
このことは、簡単に出来ているはず
ですがね。

馬という漢字を、点から書き出した子は、このひらがな・カタカナの
手首化
がどうなっているか、疑問ですね。次のようなコメントを戴きました。

       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ごぶさたしました。

今日さんこのブログに出会うまでは、自分なりにやってきたとはいえ、
漢字のあまりの定着率の低さに、「まずは書けること」を目標にやってきました。


1年生でひらがなを教えるとき、書写のときだけは書き順、止めはね払いを徹底しました。
すべての漢字をいつも書き順まで指導するには、書く過程も見なくてなりません。
ですから、1セット5過程を丁寧やらないといけないのです。


でも、ひらがな、カタカナの時点で徹底する

と、漢字を書くときに、基本(横線は左から、画の折り方、などなど)をもとに、

書き順にも意識するようになることが分かりました。

今年も算数の少人数担当です。でも、今日さんのブログはすべての教科の基礎に通じていると思います。
ふにふに。。さん
(2009.04.03 05:04:15)
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・


原則2

原則1・2・3は、

横画が先、

横画が後、

中が先


のものをご紹介いたしました。





原則4~7

原則4・5・6は、

外側が先、

左は払いが先、

貫く縦画は最後、


をご紹介致しました。


これは、子のような書き順にすると、書きやすいから、
学校では、このように指導をすると良いという、手引きなのですね。

確かに、このようなものがあれば、子供達も、
先生も指導しやすく、転校しても通じますね。



次回に続きます。

この記事に対するコメントなどお寄せください。そして、下のマークをクリックして応援して、下さると有り難いです。
にほんブログ村 教育ブログへ 

人気blogランキングへ

下記の本は、僕らがまとめた漢字教育のあるべき姿と実践を載せています。アマゾンでは、漢字教育の部で、売れ行きが本日は、1位です。楽天では、売り切れですが、手配をしています。
たのしく学ぼう漢字

国字問題研究会・漢字指導法研究会

http://members.jcom.home.ne.jp/kotoba/kokuziken-index.html

 



* こちらは、1字・1字の指導の練習帖です。僕らが、作成したものです。
1セット5過程にたのしくみにつく!!漢字の力(小学校2年)基づいた展開になっています。
1~6年生まで揃っています。元・A教科書編集部長・現場教師が作ったものです。A教科書編集部長さんは、長年、国語教科書の編集にあたっていて、漢字指導のあるべき姿を追及していました。その中で、僕らの考えに共鳴してくださいました。

 







最終更新日  2009.04.06 18:09:25
コメント(10) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.