2568410 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日本の教育は、これでよいのかな

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


今日9729

カテゴリ

中学の漢字指導

(48)

学力向上対策

(29)

自己肯定感

(17)

学校・教育原理・教育全般

(283)

自発性・内言

(17)

九歳の壁・落ちこぼし

(3)

論理的思考・・・学習論理語・教育基本語い

(49)

A漢字は手首化

(2)

漢字の意味の変転

(5)

・漢字指導

(339)

・・・抽象漢字の指導

(23)

・・・文作り

(4)

・・取立て指導(1セット5過程の指導)

(41)

・・・テストの工夫

(14)

・・・手首化(見ないで書ける)

(15)

・・・漢字の許容(止め・払い)など

(8)

・・・筆順

(14)

・カタカナ・ひらがな指導

(25)

送りがな

(4)

言語分析(文学言語理論言語日常言語)

(14)

文化審議会・品川区のカリキュラム

(5)

実態調査(品川・学力調査)白石・甲斐実態

(10)

教育全般・・・漢字から

(39)

先生と保護者

(19)

いじめ・学級崩壊・自殺

(19)

読解力

(22)

文学文の読解

(53)

・・・物語を書く

(8)

説明文の読解

(17)

・・・説明文を書く

(17)

誰もが書ける作文教育(文ちゃん人形)

(77)

・・・作文・三大ニュース

(6)

・・・作文・書きなれノート(日記)

(21)

読みきかせ・表現よみ(音読・朗読)の工夫

(117)

・・表現よみ(音読・朗読)指導の実際

(64)

・・読み聞かせ

(37)

文法

(36)

聞く・話す

(17)

算数・数学・理科

(33)

国語科目標・構造・計画・言語意識直結観

(18)

体育・健康・食事・音楽

(20)

学習指導要領・指導書

(15)

教科課程・指導計画

(14)

能力観

(6)

大脳生理と教育

(4)

教育再生会議・教育基本法

(23)

・・・フィンランドの教育

(11)

教育基本法改訂・三浦朱門・学力テスト

(32)

教師の勤務条件・その他海花センター蝋梅

(27)

Y氏

(3)

原発

(52)

お気に入りブログ

^-^◆ 幸福について… New! 和活喜さん

1786. マンモス、ク… カズ姫1さん

〈休講・休館連絡〉… がっきー塾長さん

国連 気候変動スピー… shchan_3さん

つるの部屋 つるひめ2004さん

コメント新着

http://buycialisky.com/@ Re:書く・読む・聞く・話すに役立つ作文教育(06/14) cialis soft overnight us deliveryque es…
http://buycialisky.com/@ Re:あやふや漢字を身につけない(01/04) order generic cialis softtabs onlineche…
http://buycialisky.com/@ Re:心臓語と恋語・子どもが、勉強を進んでするには(9)(04/29) comprar cialis por internet es segurowh…
http://viagraiy.com/@ Re:書く・読む・聞く・話すに役立つ作文教育(06/14) supplements that enhance viagra <a …
http://viagraky.com/@ Re:あやふや漢字を身につけない(01/04) viagra et amour <a href="http:…
http://viagravonline.com/@ Re:心臓語と恋語・子どもが、勉強を進んでするには(9)(04/29) viagra online pharmacy ratings <a h…
太田泰人@ Re:スベリヒユの退治と理科教育(09/18) 「それを抜いて、そのままにして、そこに…
テツです。@ Re:教育って何だ・部活問題と文科省(4)(01/14) ご来訪ありがとうございました・・・って…
2匹の猫0927@ Re:教育って何だ・部活問題と文科省(4)(01/14) 私の好きな偉人の言葉 ・私達はいわば二…
2匹の猫0927@ Re:教育って何だ・部活問題と文科省(4)(01/14) 私の好きな偉人の言葉 ・何もかも失われ…

フリーページ

2010.02.20
XML
カテゴリ:文法

 

読解のためにどうしても必要な力、もう一つは、文法>という題で、昨日から書き始めました。

その文法の学習の中心は、主語(主部)と述語(述部)なのではないでしょうか。

* その中心は、今、一般的に指導されている動詞の活用・品詞の分類などの暗記ではないと考えます。僕の経験で言えば、文の読解でうんと重要な文法は、主部(主語)と述部(述語)でした。このことが確定すると、後は、語彙を調べれば読解ができました。

今の国語教育の中で、このことを明確にしていくことが大切ではないかと考える今日(さん)です。

 

 下記のブログは、勉強で根本になる読解の本質を記述していて、これから書く内容と関連がありあます。

2010.02.16XML 

小学生から読解力の育成を! http://plaza.rakuten.co.jp/tutor49/diary/201002160001/

 

 

にほんブログ村 教育ブログへ   応援の  ポチしてくれたらランキング画面がすべて開くまで待ってね!!

人気blogランキングへ

 

主語が決まらないと表現よみ(朗読)は、できませんね。それは、読解ができないのと同じですね。主語が確定できない読解は、ないからですね。

 

       ・・・・・・・・・・・・・・

 6年生の『理解を深める表現よみ』(ルック)には、CDついています。

そのCDには『やまなし』が入っています。そのCDの録音の時のことでした。
50歳過ぎた国語科のベテランの5人の教師が集まりました。

集まった最初の一声が、
会話があるのだけれど、誰が言っているのか自信がなかったわ
でした。


IMG (3).jpg

会話が、ずらりと並んでいます。
誰が話したか、書いてありません。

けれど、作品を読解し、表現よみをするには、
誰が言ったのか、これを確定しない限り、
表現よみはできませんね。

ですから、表現よみは、ちゃんとした読解を求めてくるのですね。

* そうなのです。表現よみを導入すると、休み地時間になっても、<もっとやろう>とい声が出て来ます。

普段は、国語の授業なんか…と思っている子も夢中になります。

その中で、読解が深まるのですから、(このことは、文法の力とと語彙力ががつくことでありますね。)こうして見ると、表現よみの導入は、効果がある指導法なのですね。このことは、仲間の実践で証明されています。



さて、この『やまなし』の誰が言ったかですが、これは、
文章全体を読んで、そこから決めていくより他ありませんね。

読み進めていくと、「かにの兄弟」が言っている事は分かってきます。

その後、お兄ちゃんが言っているところと、
弟が言っているところを決めます。

それは、会話の内容から、決めました。

その決まったものが、下記です。


やまなし誰が言っている 


弟は、みどり兄は赤で区別しました。

この誰が、(何が)は、文章を読んでいく時には、どうしても
明確にする必要があることなのですね。
下の文ちゃん人形の頭に当たる部分ですね。


これらの先生は、表現よみを迫られ、それを確定せざるを得なくなった。

そこで、今回のような事が分かったわけです。






文ちゃん.jpg 






続きます。

 * このように重要なことに時間をかけないで、暗記・暗唱に力を入れるてムダのことをする問題などは、指導要領がそうなっているので、起こっているのですね。これも現場の実践をしたことがない官僚(文部)が、作った、机上の空論の表れだと思います。 子どもと見ている教師・保護者の声をもっと、出していきたいものですね。

 

*** コメントをお寄せ下さい。(時間の関係で、返信は、していませんが、 勉強させて戴いて、次に生かします。感謝です。)

それから、下のマークをクリックして応援して、下さると有り難いです。


にほんブログ村 教育ブログへ 

人気blogランキングへ

 

1000カロリー減らすと200グラムの体重が減少>ブログ。

2匹の猫0927さん

 

下記で、以前に書いたブログが紹介されました。漢字と 作文の実践です。

これらの 実践は、仲間・先輩の実践に学び、

さらに、それを発展させるということの繰り返しから生まれたのものです。

それを取り入れることで、子どもが喜び学力がつく授業ができ、

そのことに教師は、生きがいを感じるのではないでしょうか。

みんなでつくる教育WEB辞典 EDUPEDIA

漢字の学習

 

 

主述の関係とテーマ性

 

表現よみ総合法教育研究会

http://hyoukyouken.gooside.com/

 



下記の本は、研究会がまとめたものです。絵をクリックしますと、本の概略が分かります。


尚、本書は、理解を深める表現よみ(小学校国語4年)1~6年まで、各学年あります。
各学年の教科書教材の授業報告があり、子どもと教師の表現よみが、CDに入っています。

次は、朗読・表現よみの本です。

上記の理論と実践の方法が作品にそって、書いてあります。

田村操の朗読教室

 







最終更新日  2010.02.21 17:39:12
コメント(11) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.