2485528 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日本の教育は、これでよいのかな

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


今日9729

カテゴリ

中学の漢字指導

(48)

学力向上対策

(29)

自己肯定感

(17)

学校・教育原理・教育全般

(283)

自発性・内言

(17)

九歳の壁・落ちこぼし

(3)

論理的思考・・・学習論理語・教育基本語い

(49)

A漢字は手首化

(2)

漢字の意味の変転

(5)

・漢字指導

(339)

・・・抽象漢字の指導

(23)

・・・文作り

(4)

・・取立て指導(1セット5過程の指導)

(41)

・・・テストの工夫

(14)

・・・手首化(見ないで書ける)

(15)

・・・漢字の許容(止め・払い)など

(8)

・・・筆順

(14)

・カタカナ・ひらがな指導

(25)

送りがな

(4)

言語分析(文学言語理論言語日常言語)

(14)

文化審議会・品川区のカリキュラム

(5)

実態調査(品川・学力調査)白石・甲斐実態

(10)

教育全般・・・漢字から

(39)

先生と保護者

(19)

いじめ・学級崩壊・自殺

(19)

読解力

(22)

文学文の読解

(53)

・・・物語を書く

(8)

説明文の読解

(17)

・・・説明文を書く

(17)

誰もが書ける作文教育(文ちゃん人形)

(77)

・・・作文・三大ニュース

(6)

・・・作文・書きなれノート(日記)

(21)

読みきかせ・表現よみ(音読・朗読)の工夫

(117)

・・表現よみ(音読・朗読)指導の実際

(64)

・・読み聞かせ

(37)

文法

(36)

聞く・話す

(17)

算数・数学・理科

(33)

国語科目標・構造・計画・言語意識直結観

(18)

体育・健康・食事・音楽

(20)

学習指導要領・指導書

(15)

教科課程・指導計画

(14)

能力観

(6)

大脳生理と教育

(4)

教育再生会議・教育基本法

(23)

・・・フィンランドの教育

(11)

教育基本法改訂・三浦朱門・学力テスト

(32)

教師の勤務条件・その他海花センター蝋梅

(27)

Y氏

(3)

原発

(52)

お気に入りブログ

^-^◆ 自分で自分を… New! 和活喜さん

津島市・愛西市の子… がっきー塾長さん

リスニング BTS UNI… タイヤー04さん

慶応病院へ ドレミ・どれみさん

未来に対する政治の… shchan_3さん

コメント新着

http://buycialisky.com/@ Re:書く・読む・聞く・話すに役立つ作文教育(06/14) cialis soft overnight us deliveryque es…
http://buycialisky.com/@ Re:あやふや漢字を身につけない(01/04) order generic cialis softtabs onlineche…
http://buycialisky.com/@ Re:心臓語と恋語・子どもが、勉強を進んでするには(9)(04/29) comprar cialis por internet es segurowh…
http://viagraiy.com/@ Re:書く・読む・聞く・話すに役立つ作文教育(06/14) supplements that enhance viagra <a …
http://viagraky.com/@ Re:あやふや漢字を身につけない(01/04) viagra et amour <a href="http:…
http://viagravonline.com/@ Re:心臓語と恋語・子どもが、勉強を進んでするには(9)(04/29) viagra online pharmacy ratings <a h…
太田泰人@ Re:スベリヒユの退治と理科教育(09/18) 「それを抜いて、そのままにして、そこに…
テツです。@ Re:教育って何だ・部活問題と文科省(4)(01/14) ご来訪ありがとうございました・・・って…
2匹の猫0927@ Re:教育って何だ・部活問題と文科省(4)(01/14) 私の好きな偉人の言葉 ・私達はいわば二…
2匹の猫0927@ Re:教育って何だ・部活問題と文科省(4)(01/14) 私の好きな偉人の言葉 ・何もかも失われ…

フリーページ

全339件 (339件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 34 >

・漢字指導

2015.08.07
XML
カテゴリ:・漢字指導
 学年別分科会


1 小学校低学年分科会に参加して
A 低学年での漢字指導の仕方が具体的でわかりやすかったです。
板書が、漢字の意味でことばも分かれていて、なるほどーと思いました。

漢字テストも、こどもたちが作った文がテストにのると、喜ぶだろうなと思いました。
2学期から実践してみようと思います。

B 午前中の提案をより具体的にイメージすることができました。
特に、子どもたちが短文を作り発表する場面(動画をみせてもらいました)では、
楽しそうに習った漢字を文に使い、子どもたち同士が交流している姿が見られました。

ぜひ自分の学級でも実践してみたいと思っています。




2 小学校中学年分科会に参加して
A 『使』という漢字を用いて授業研究を一文字でここまでされていて率直にすごいなと思いました。

ただ、すべての漢字をここまでていねいにすることは現実的には厳しいと思うので、
軽重をつけた指導が改めて大切だと感じました。

B 導入が子どもの注意をひいたと思います。「□用中」のプレートの写真の「使」を隠したところ。
そこから子どもはいやおうなしに授業に集中すると思います。

使う」ということばをとおして今まで経験してきた生活をふりかえり、短文を作って発表しあう。
友達の発表を興味深く聞く。
そこには、他人への無関心が最近よく話題になるなか、他人へ向けるまなざしが育っていくように思います。授業では、このような場が大切だと思います。






3 小学校高学年分科会に参加して

A 小テストを自作でおこなう良さ、メリットがわかった。
漢字を意欲的に楽しく覚え、さらに友達に認めてもらえることが学級経営においても良いと思った。

B 公立校のなかで、よくぞここまで取り組んでいるとまず拍手。
 DVDで見ると、子ども同士、子どもと先生との関係がいい。

この漢字学習のスタイルが、より一層その良さをつくりだしていると思います。
これ2つめの拍手。

子どもたちがよく考えて(内言が育っている)、よく書いて発表している(外言も育っている)。
文づくりが特にいいですね。これ3つめの拍手です。




4 中学校分科会に参加して
A 今まで私は“漢字をいかに効率よく暗記させるか”に力点をおいていましたが、学問の一つとしてていねいに指導していくことがむしろ意欲を向上させる近道であると感じました。
発表者の方はもちろん全員の方々の深い知識にも感服しました。

B お二人の報告は、非常に論理的、系統的に漢字を学べるように工夫されていて感銘を受けました。テキストや練習帳としてまとめられているのも、実践的ですぐにも活用できると思いました。
 





 テーマ別分科会

1 はじめての漢字・1年生分科会に参加して
A 短い時間のなかで内容を凝縮して話していただきました。
少ない人数だったので、個人の質問に答えていただき、大変参考になりました。


B 先ず、画の方向の原則を示す表は役にたちます。
次に、字形を分解(たとえば、偏と旁)するとその組み立てが認識できるので、
あとは書き順に従って字形を正しく書けるようになると期待しています。





2 漢字DE学級づくり分科会に参加して


A 新出漢字と学級づくりとを結びつけるのは、おもしろいと思いました。
 ビンゴゲームは、自分がやっても楽しかった。
 人と一緒にやると楽しいという経験もしました。役に立ちました。

B 漢字ビンゴでは、子どものように楽しく学ばせていただきました。
  さまざまな場面で子どもを見とり、認めていくことが必要だと感じました。





3 やる気を育てる指導分科会に参加して
A 「最初のテストで100点をとろう」・・・こういうシンプルな取り組みが
効果を発揮するのだと思いました。
B やる気を育てるためには、
「できた」という実感をもたせることが大切なんだなと改めて思いました。






4 言語理論・漢字精選分科会に参加して 
A 言葉のもつ力については生徒に伝えています。
私たちは、ことばを使って考え、ことばで自分が成り立っていることを、
そして言葉によって自分を見失うこともあることを伝える必要があると思います。

B 言葉のよい意味での“力”と、言葉がもってしまうイメージが重なりあっていくことで、
別な“力”をもって現実をゆがめてしまうことがあるのではないかと思いました。

“美しい言葉、美しいイメージ”、“正しい言葉、勇ましいイメージ”には気をつけたいと思いました。
言語と意識が直結するがゆえに(?)
言葉を“利用する”政治家にも気をつけていきたいと思いました。

下記クリックしてくださるとありがたいです。
読者がふえるのです。

にほんブログ村


下記は、上記の研究の出発点の本です。




漢字指導の詳しいことは下記で。
国字問題研究会・漢字指導法研究会

http://members.jcom.home.ne.jp/kotoba/kokuziken-index.html








最終更新日  2015.09.27 10:47:18
コメント(2) | コメントを書く
2015.08.06
カテゴリ:・漢字指導
8月2日に全国漢字指導研究会が開かれました。
今年は、第31回でした。
1年1回開いていますので、31年間、続けてきたわけです。

31回も続けてきている成果が、しっかり出ていました。

そのことが、国字研HPに出ています。
次は、その引用です。
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

国字研全国アカデミー 参加者の感想             

 参加者のみなさまから感想をたくさんいただきました。
ありがとうございました。

以下、その一部をお伝えします。

1 全体会
(1)基本提案
A 子どもひとりひとりの性格・感情などが短文を作ることによって
 表現されるということに共感しました。また、友達が作った文はそ
 の子自身のものであり、発表することで 認め合い高めあう学級づ
 くりにつながるということに共感しました。

B 久しぶりに参加し、基本提案を聞きました。「内言を育てる」、
 「1セット5過程」に、今回「友達の文を聞くのが楽しい」、「友
 達のことがわかる」、N先生の「指導の成果例」が加わっていま
 した。ここが漢字教育でもう一つ大事な点(ともに学ぶこと)だと
 思っているので、とても共感します。

C 新出漢字にランクをつけ、メリハリのある指導をするということ、
 たいへん勉強になりました。
  「なるほど~」と思いながら内言の話を聞いていました。講演だ
 けでなく、「手首化」の話で、実際に利き手でない方の手で作業を
 したりなど、あっという間の80分でした。



(2)国語教育・漢字問題の動向

A 小・中・高と学び続けるという視点で、大きな刺激をいただきま
 した。小学校の教員ですが、国の政策や方向についても関心を持っ
 ていかなければいけないと感じました。

B ふだんあまりニュースを意識できていない私にとって、とても貴
 重なお話でした。常用漢字表改定の背景には何があるのでしょうか。
 なぜこれらの漢字が追加になったのでしょうか。わかったことは、
 結局は子どもたちが追い込まれる恐れがあることです。




上記の研究の出発点になったのは下記の本です。




下記、クリックしていただけますとありがたいです。

にほんブログ村







最終更新日  2015.09.27 10:45:54
コメント(2) | コメントを書く
2014.10.04
カテゴリ:・漢字指導

 

 カタカナのを区別して、ちゃんと習得してないと
次のような間違い漢字を書いてしまいますね。


シとツ


カタカナは漢字のパーツですから、ちゃんと手首化(テクビカ・見ないですらすら書けることすることが大切ですね。


 漢字指導法研究会で、 都内の学校に勤務するK先生が、次のような実践を披露して
くださったことがありました。

カタカナビンゴ

 

花の名前のビンゴです。

がはねていますね。

がおかしいですね。
 

 

これを昆虫・植物・・・・・・などにして、カタカナだけのビンゴにしても良いでしょうね。


これは、3年生の実践ですが、どの学年でも、
中学でもやってみると良いのではないでしょうか。

カタカナの習得状況が分かるからです。

K先生は、B4を使用しています。
それにこの区切り方ですと、文字が、大きく書けるので、
正しく書けているか、判りますね。



「これは、何人かでやるので、子供たちは、丁寧に書きます。
ですから、どのように覚えていたか、分かりますね。」
と、K先生は、話していました。

現在の学習指導要領では、カタカナの指導は、
片手間になっています。

ですから、日本人のカタカナ習得が曖昧になっているのですね。

これも一つの教科書問題ですね。


  下記、クリックしていただけますとありがたいです。

にほんブログ村

* こちらは、1字・1字の指導の練習帖です。僕らが、作成したものです。
1セット5過程にたのしくみにつく!!漢字の力(小学校2年)基づいた展開になっています。
1~6年生まで揃っています。元・A教科書編集部長・現場教師が作ったものです。

A教科書編集部長さんは、長年、国語教科書の編集にあたっていて、

漢字指導のあるべき姿を追及していました。

その中で、僕らの考えに共鳴してくださいました。

ただ、楽天では売り切れです。アマゾンにはあります。




この研究会の基本になる本が下記です。僕らの研究会が、作ったもので、教室での実践をもとに、理論的にまとめてものです。ただし、本書は、楽天では売り切れです。アマゾンの中古であります。
【送料無料】たのしく学ぼう漢字 [ 田村利樹 ]






最終更新日  2014.10.05 08:40:04
コメント(5) | コメントを書く
2014.10.02
カテゴリ:・漢字指導

漢字指導では、書き(許容・字体の問題が、子ども・先生・保護者を悩ませています。


そこで、今回は、書き(字体)のことについて書きます。

この問題は、下記を参考にすればなくなります。

だから文科省は、下記を全戸に配布すればいいのです。

 『常用漢字表』(昭和56年10月1日内閣訓示)の
字体の解説
には次のように書かれています。

「筆写の楷書では、

・点画の長短・方向

・つけるかはなすか


・はらうかとめるか

・はねるかとめるか

については、いろいろな書き方がある
と書かれています。

そして、厳密には、この『標準字体』どおりでなければならないという訳ではない。
漢字というものは骨組みさえしっかりしていればよく、
細部の筆遣いにまでこだわる必要は無い。


末と末、千と干、大と丈のように別字
になってしまうものは、
きちんと区別して書くこと。

しかし、

女の左はらいが横線から突き抜ける・抜けない、

宮のウ冠の点がななめであるか・まっすぐかは、

どちらで書いても差し支えない。


学校では、標準字体通りではないからといって、
誤りとしてはならない」


とあります。
(『三省堂・新しい漢字表記ハンドブック』)



教科書は、標準字体の活字で書かれています。
ですから、
漢字指導をする時は、
この標準字体を指導します。

指導しても、
細部で子どもが標準字体ではない字を書いてしまったときの採点をどうするか、
これが問題になるわけです。

僕らの経験では、
上記の告示のように採点し、
あまりにひどい場合は、個別に指導をするようにしています。

実際、採点では、
「はらい」が、はっきりしないから×というようなことが、起こりがちです。

この場合、×にしないで「はらうといいね。」と言って指導して、
「漢字というものは骨組みさえしっかりしていればよく、
細部の筆遣いにまでこだわる必要は無い。」
の方針で指導した方が、 子どもは、漢字好きになります。


ところが、学校では、このことでたくさんの問題が起こっています。

下記の本は、その例です。

木偏は、ハネルのか・・ハネナイのか

 

 下記は、高校生が作ったヴィデオです。

漢字テストのふしぎ』。

 

 

下記は、教育をよくするためにずっとブログを書き続けている方の意見です。

きびしい漢字テストを高校生が告発!?

 

なお、漢字指導全体については、このブログの左のカテゴリにある「漢字指導」をクリックして

参考にしていただければ嬉しいです。


 

お読みくださってありがとうございます。 

下記、クリックしていただけますとありがたいです。

にほんブログ村

 この研究会の基本になる本が下記です。僕らの研究会が、作ったもので、教室での実践をもとに、

理論的にまとめてものです。ただし、本書は、楽天では売り切れです。アマゾンの中古であります。

【送料無料】たのしく学ぼう漢字 [ 田村利樹 ]

【送料無料】たのしく学ぼう漢字 [ 田村利樹 ]
価格:1,512円(税込、送料込)

 



下記は学年別です。ただし、楽天では、品切れの学年が多く、アマゾンの中古では

そろっています。

紺屋 冨夫 竹谷 正明編著



 







最終更新日  2014.10.03 06:41:07
コメント(6) | コメントを書く
2014.10.01
カテゴリ:・漢字指導


 漢字学習をまず、好きにすることですね。嫌いにしては、だめですね。


 嫌いにすると、国語科嫌い、勉強嫌いになりかねませんからね。引用者注・前回ま   での1・2・3・4の続きです。)



下記は、調布市立第三小学校 榎本 祐也先生が1セット5過程の漢字の授業をした後の子どもたちの様子についての記述した文章です。


    

  


以前、クラスの子どもたちに、漢字学習についてのアンケートを実施しました。多くの子どもたちが、漢字の意味や使い方を調べたり、教わったりできるから自分の力になると答えました。言葉を集めたり、文を作ったりすることがおもしろのです。友達の文を聞くのが楽しいのです。

 

 ある子は、1セット5過程の魅力を、「友達のことがわかること」と答えました。友達が作った文はその子の自身のものです。その子の内言が作った文です。その子の人格が表れています。その子自身です。

 

1セット5過程の指導の中で、子どもたちは、互いに聞き合い、学び合って育っていきます。認め合う、高め合う学級づくりにつながっていきます。


 

漢字学習を通して、子どもたちは新たな文字を知るだけでなく、新たな言葉に出会います。自分にないものの見方や概念に出会います。言葉の世界が広がっていきます。内言が豊かになっていきます。

 

「勉強は大変です。苦痛です。」そういう面もあることがありますが、本来、学ぶとは「希望」そのもののはずです。新しく知ること、わかるようになること、できるようになること、新しい自分になること。


学ぶことは喜びそのものです。子どもたちは、みな成長したいと思っているのです。できないことを子どものせいにせず、常に自らに改善を問う教師でありたいものです。

 

新出漢字の指導一回一回が、子どもたちにあたえる影響は微々たるものかもしれません。しかし、その積み重ねが子どもたちの力を着実に育てていくのだと信じています。



   

お読みくださってありがとうございます。 

下記、クリックしていただけますとありがたいです。

にほんブログ村

 この研究会の基本になる本が下記です。僕らの研究会が、作ったもので、教室での実践をもとに、

理論的にまとめてものです。ただし、本書は、楽天では売り切れです。アマゾンの中古であります。

【送料無料】たのしく学ぼう漢字 [ 田村利樹 ]

【送料無料】たのしく学ぼう漢字 [ 田村利樹 ]
価格:1,512円(税込、送料込)

 

木偏は、ハネルのか・・ハネナイのか



下記は学年別です。ただし、楽天では、品切れの学年が多く、アマゾンの中古では

そろっています。

紺屋 冨夫 竹谷 正明編著









最終更新日  2014.10.01 17:21:53
コメント(4) | コメントを書く
2014.09.30
カテゴリ:・漢字指導

 

 

 

「漢字の学習が不十分な子」

「いつか分かるだろう」と放っておかれた子は、

漢字語が多いい教科書の授業は、外国語で授業を受けているいるようなものです。」

榎本先生は、以前、このようなこと書いています。


それから、次のような社会科教科書の記述を提示しています。

<・・・・・大仏づくりに必要な大量の銅や金、木材などの物資と、作業にあたる大勢の農民を全国から集めさせました。また、高度な技術をもつ朝鮮からの渡来人の子孫を、工事の責任者として任命しました。・・・・>(『聖武天皇、大仏をつくる」-6年生社会・教育出版)

漢字でいっぱいですね。

ですから、本当に学力の向上を考えるなら、現在のような漢字指導は、

考えなおさなければならないのですね。


同一漢字を10字書き、そのドリルで終わっているようでは、

漢字の力は、ちゃんと着きませんですね。

ドリルをいやがらない子どももいますが、中には、拒否反応を起こす子もいます。

ですから、教え方の研究が必要なんですね。(続きます)

 

お読みくださってありがとうございます。 

下記、クリックしていただけますとありがたいです。

にほんブログ村

 この研究会の基本になる本が下記です。僕らの研究会が、作ったもので、教室での実践をもとに、

理論的にまとめてものです。ただし、本書は、楽天では売り切れです。アマゾンの中古であります。

【送料無料】たのしく学ぼう漢字 [ 田村利樹 ]

【送料無料】たのしく学ぼう漢字 [ 田村利樹 ]
価格:1,512円(税込、送料込)

 

木偏は、ハネルのか・・ハネナイのか







最終更新日  2014.09.30 08:42:00
コメント(2) | コメントを書く
2014.09.29
カテゴリ:・漢字指導

 

【児童の作った文】 (授業時間の関係で、下記は、発表させませんでした。児童のノートから転記です。)

再び  

・再びえんぴつが折れた。  ・Aくんがかの女にふられて、再び会おうと思ったら、もうけっこんしてた。  ・引っこしてしまってから会っていない友達と再び会えることを願う。 

 ・こんな大事件が再び起きないことを願う。   ・友達と再び出会う。 ・わたしの好きなテレビ番組が再び放送された。  ・再びよみがえった人間がいる。  ・死んだ人を再びよみがえらせる。  ・お父さんが帰ってきたが、再び行ってしまった。   ・アルバムを再び見返す。  ・大きな地しんは再び起きてほしくない。   ・事故が再び同じ場所で起こった。

 

再会 

 ・友人と再会する。  ・いとことひさしぶりに再会する。 ・大きらいな人と再会する。 

 ・火星人と再会する。  ・アナがエルサと再会できてとても喜んだ。

 

再開 ・パーティーを再開する。

 

再現 ・試合の様子を再現する。

 

再考  ・友達と遊ぶ日の予定を再考する。  ・算数の問題の計画を再考する。

 

再利用 ・すてられたものを再利用する。

 

再起  ・私の母は病気だったが、きせき的に再起してすっごく元気になっている。

 

再生紙 ・再生紙をつかって手紙を書く。 ・わたしのティッシュは再生紙100%だ。

 

お読みくださってありがとうございます。 

下記、クリックしていただけますとありがたいです。

にほんブログ村

 この研究会の基本になる本が下記です。僕らの研究会が、作ったもので、教室での実践をもとに、

理論的にまとめてものです。ただし、本書は、楽天では売り切れです。アマゾンの中古であります。

【送料無料】たのしく学ぼう漢字 [ 田村利樹 ]

【送料無料】たのしく学ぼう漢字 [ 田村利樹 ]
価格:1,512円(税込、送料込)

 

木偏は、ハネルのか・・ハネナイのか

 

 







最終更新日  2014.09.29 15:56:52
コメント(2) | コメントを書く
2014.09.27
カテゴリ:・漢字指導

 

  5.文作りとその交流…前回1・2のつづきです

T 「『再び』と『再(サイ)』の文を作りましょう。」(・数分間、書く時間としました。)

T 「では、発表しましょう。」 手口一度おさまった戦いが再燃する。」 塩谷「トカゲのしっぽが再生する。」 高腹「この問題は再けんとうが必要だ。」

T 「検討という言葉はまだ勉強していないけど、もう一度話し合うということだね。」 ※本人に説明を求めることも大切だと思いますが、ここでは「時間」の方と取りました。

志水「売れ残りの本を再はんする。」 T 「再び販売することね。」  ※早合点でした。プリントを見ると「再版」と書いていました。「売れ残るような本は、再版(再び出版する)ということはないと思うよ。『よく売れた本なので、再版する』の方があっているかもね。」と書き込んでおきました。  槌屋たんぽぽ太郎くんが作ったペン立ては牛乳パックを再利用したものだ。」  「会長に再任した。」  鍋本「山田くんが、水○豊(俳優)をなぐって、しょるいそうけんされて、しゃくほうされたけど、またなぐって有罪になって、さいたいほされる。」  ※文を作るのが大好きなのですが、それ自体に夢中になりすぎて、肝心な「再たいほがひらがなでした。かわいいですね。「山田君」とは男子の文によく登場する架空の人物ですが、おもしろ半分にひどい目にあわされています。これも、子どもたちの心の表れかも知れません。あたたかい文を多く紹介して、内側からの変化も期待したいところです。 柴田「歌手が病気から見事に再起した。」 T 「再起の『キ』はなんていう字?」  C 「はい、はい!」「起こる。」 T 「『起こる』か『起きる』かどっちだ?」  柴田「起きる。」 T 「病気から立ち直るんだものね。」  山本「この考えは、ひいているのに大きくなっているから(算数のこと)、再考したほうがいいと思う。」  西都はい!はい!いっぱい使った。」  西都ジバニャン(アニメキャラ)は結こんし、別れて、別れた人と再会し、気が合い再こんしたが、母さんジバニャンに『次、視力が悪かったら、再びゲームをきん止にするからね。』といって、再けんさをしようとしたら、きかいがこわれて、再生させたら、はかい神も再生した。」   ※「再びゲーム禁止」のくだりなど、ちらほら実生活をにおわしています。  吉永たおしたはずの、山田君かいじゅうが再起動した。」   大地震の再来に備える。」  小野「ボブ・サップをたおしたが再生した。」

  南村「山田ロボコップは山田君を再利用したものだ。」  大林山田くんがテストで0点をとったら、再起不能になってしまった。」

 T 「言葉を指定します。」  濱本「代表委員に再選される。」稲多「見のがしてしまったドラマが再放送されたので見ることにする。」

  大林事故の再発防止に努める。」 村南「CGで再現する。」 T 「何を?」南村「かいじゅうを。」

 T 「はい、おしまい。」・まだまだ発表したい子たちが怒ってしまいました。※言葉集めや文の発表にこんなに時間をかける必要はないのですが、本実践は、1セッ5過程に脂がのってきたところだったので、あえて少し時間を多めにとりました。  1015分で十分だと思います。

   下記、クリックしていただけますとありがたいです。

にほんブログ村

この研究会の基本になる本が下記です。僕らの研究会が、作ったもので、教室での実践をもとに、理論的にまとめてものです。ただし、本書は、楽天では売り切れです。アマゾンの中古であります。
【送料無料】たのしく学ぼう漢字 [ 田村利樹 ]









最終更新日  2014.09.28 07:26:51
コメント(6) | コメントを書く
2014.09.26
カテゴリ:・漢字指導

 

  *引用者注・・・1セット5過程は、

読み・書き方・意味・漢字語集め(熟語集め)・文作り(次回報告)

1セットに授業をします。

4.漢字語(熟語など)の学習(ことば集め)

T 「言葉あつめをしましょう。さっき出ていないものを出してください。」

  大林「再発。」

 T 「ハツは?」

  大林「発生の発。」

 T 「どういう意味。」

  大林「同じ病気や事故が再び起きること。」(国語辞典を参照している)

  濱本「再建。」

 T 「ケンは?」

  濱本「建物を建てるの建」

 T 「ということは、みんな。」

  C 「再び、建てる。」

 

 T 「これは、どういうこと?」

  C「再び開く。」

 T 「これ(再会)と、どうちがう。同じサイカイだけど。」

  C「再び会う。」

 T 「これ(再開)はどうやって使う。」

  C「店を再開する。」「サッカーの試合を再開する。」

  横田「再現。」

 T 「どうやって使う?」

  C「事件を再現する。」「CGで再現する。」

  月「再興。」

 T 「どういう意味?」

  月「おとろえたりすることが、もう一度盛んになること。」(辞書参照)

 T 「言える人は、どんな字で、どんな意味なのか、言ってください。」  

  西都「再三再四。同じことを何度も何度も繰り返すこと。字は、再に数字の三で、再に数字の     四。」

  槌屋「再生。」

 T 「この字の?(再生紙)」

  柴田「再度。」

  柴田「再び、二度と。」

 T「今度は逆に、指定してみよう。この意味(再び~する)の言葉を見付けた人。」 福元「再製。」

  福元「制御の制に、下に衣がつく。意味は、一度使えなくなったものを、作り直して、もう一度使えるようにする。」

 T 「こういう再製もあるんだね。」 


※そろそろ、児童全体が理解できる範囲を超えてきたので、板書を控えたり、次の過程に移ったりしてもよいのですが、励みにと思って、板書を続けました。

  戸先「再利用。」

 T 「まだあるかも知れないけど、文で発表してください。」 

 * 文の発表のご報告は次回です。

 お読みくださってありがとうございます。 

下記、クリックしていただけますとありがたいです。

にほんブログ村

 この研究会の基本になる本が下記です。

僕らの研究会が、作ったもので、教室での実践をもとに、

理論的にまとめてものです。ただし、本書は、楽天では売り切れです。

アマゾンの中古であります。

【送料無料】たのしく学ぼう漢字 [ 田村利樹 ]

【送料無料】たのしく学ぼう漢字 [ 田村利樹 ]
価格:1,512円(税込、送料込)

 







最終更新日  2014.09.27 13:15:45
コメント(4) | コメントを書く
2014.09.25
カテゴリ:・漢字指導

  <再>の授業(5年生)です。3回に分けて載せます。

   ・・・・・・・・・・・・・

1.(音)読み方の学習

T 「(『再』を板書して)見てください。(と言おうとしたら)」

 C「サイだ。」

T 「音読みはサイです。」

T 「訓読みもあるんだけれど。『再』ってどこかで見たことあるかな。こんなところで見たよってある?」

 鍋本「再生紙。」

T 「再生紙の『せい』は?」

 鍋本「生きる。」

濱本「再会。」

T 「カイは?」

 濱本「会う。」

 志水「再放送。」


2.(義)意味の学習


T 「まだあると思うけど、ここから考えると、『再』の字の意味が見えてこないかな。こういうことかなって。」

 濱本「ふたたび。もう一度。」


T 「ふたたび、もう一度。(熟語を指して)意味通じる?」

T 「これは?」

 C「(再生紙)再び、紙を生き返らせる。」

 T 「これは?」

 C「(再会)再び、会う。」

T 「これは?」

 C「(再放送)再び、放送する。」

T 「もう一度ということを、『再び』というんだね。」

T 「音読みで『サイ』。言ってみて、はい。」

 C「サイ。」

T 「訓読みで。」

 C「ふたたび。」

T 「送りがなは?」

 C「び。」


3.(形)字形の学習 

T 「指を出して、書いてみよう。」

  ※肩から腕を動かすよう指導する方がよいです。

T C 「1,2,3、(3画目で止めて)次は?」(空書き)

 C「たて!」

 T C 「4,5,6。」

 T 「もう一度かこう。」

  C 「1,2,3,4,5,6.」 


プリント配布(『たのしく みにつく!! 漢字の力 小学校5年生』を印刷して使用。

  1セット5過程の指導に便利で、例文があるので、その漢字の使い方を学びやすい。)

・例文は、音読させている。

 

次回に続きます。



お読みくださってありがとうございます。 

下記、クリックしていただけますとありがたいです。

にほんブログ村

 

 








最終更新日  2014.09.27 13:12:33
コメント(0) | コメントを書く

全339件 (339件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 34 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.