000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日本の教育は、これでよいのかな

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


今日9729

カテゴリ

中学の漢字指導

(48)

学力向上対策

(29)

自己肯定感

(17)

学校・教育原理・教育全般

(283)

自発性・内言

(17)

九歳の壁・落ちこぼし

(3)

論理的思考・・・学習論理語・教育基本語い

(49)

A漢字は手首化

(2)

漢字の意味の変転

(5)

・漢字指導

(339)

・・・抽象漢字の指導

(23)

・・・文作り

(4)

・・取立て指導(1セット5過程の指導)

(41)

・・・テストの工夫

(14)

・・・手首化(見ないで書ける)

(15)

・・・漢字の許容(止め・払い)など

(8)

・・・筆順

(14)

・カタカナ・ひらがな指導

(25)

送りがな

(4)

言語分析(文学言語理論言語日常言語)

(14)

文化審議会・品川区のカリキュラム

(5)

実態調査(品川・学力調査)白石・甲斐実態

(10)

教育全般・・・漢字から

(39)

先生と保護者

(19)

いじめ・学級崩壊・自殺

(19)

読解力

(22)

文学文の読解

(53)

・・・物語を書く

(8)

説明文の読解

(17)

・・・説明文を書く

(17)

誰もが書ける作文教育(文ちゃん人形)

(77)

・・・作文・三大ニュース

(6)

・・・作文・書きなれノート(日記)

(21)

読みきかせ・表現よみ(音読・朗読)の工夫

(117)

・・表現よみ(音読・朗読)指導の実際

(64)

・・読み聞かせ

(37)

文法

(36)

聞く・話す

(17)

算数・数学・理科

(33)

国語科目標・構造・計画・言語意識直結観

(18)

体育・健康・食事・音楽

(20)

学習指導要領・指導書

(15)

教科課程・指導計画

(14)

能力観

(6)

大脳生理と教育

(4)

教育再生会議・教育基本法

(23)

・・・フィンランドの教育

(11)

教育基本法改訂・三浦朱門・学力テスト

(32)

教師の勤務条件・その他海花センター蝋梅

(27)

Y氏

(3)

原発

(52)

お気に入りブログ

1788.マンモス・ケ… New! カズ姫1さん

^-^◆ 父と …… 優し… New! 和活喜さん

〈休講・休館連絡〉… がっきー塾長さん

国連 気候変動スピー… shchan_3さん

つるの部屋 つるひめ2004さん

コメント新着

http://buycialisky.com/@ Re:書く・読む・聞く・話すに役立つ作文教育(06/14) cialis soft overnight us deliveryque es…
http://buycialisky.com/@ Re:あやふや漢字を身につけない(01/04) order generic cialis softtabs onlineche…
http://buycialisky.com/@ Re:心臓語と恋語・子どもが、勉強を進んでするには(9)(04/29) comprar cialis por internet es segurowh…
http://viagraiy.com/@ Re:書く・読む・聞く・話すに役立つ作文教育(06/14) supplements that enhance viagra <a …
http://viagraky.com/@ Re:あやふや漢字を身につけない(01/04) viagra et amour <a href="http:…
http://viagravonline.com/@ Re:心臓語と恋語・子どもが、勉強を進んでするには(9)(04/29) viagra online pharmacy ratings <a h…
太田泰人@ Re:スベリヒユの退治と理科教育(09/18) 「それを抜いて、そのままにして、そこに…
テツです。@ Re:教育って何だ・部活問題と文科省(4)(01/14) ご来訪ありがとうございました・・・って…
2匹の猫0927@ Re:教育って何だ・部活問題と文科省(4)(01/14) 私の好きな偉人の言葉 ・私達はいわば二…
2匹の猫0927@ Re:教育って何だ・部活問題と文科省(4)(01/14) 私の好きな偉人の言葉 ・何もかも失われ…

フリーページ

全339件 (339件中 331-339件目)

< 1 ... 29 30 31 32 33 34

・漢字指導

2006.02.16
XML
カテゴリ:・漢字指導
下のコメントを戴きました。

    ・・・・・・・・・・・


はじめまして。
ひまわり0603さんのところから来ました。
漢字の授業を大事にして下さる先生ですと、生徒さん、ほんとに幸せだと思います。

 漢字は最初が肝心ですね。
既に5年の兄は、中学年で気付いた時には、筆圧の無い字もすごかったのですが、書き順が手のつけようもないほどの状態に陥っていました。
 書き順も出題される漢検の学習も、そのために大変苦労します。

 ある先生は高学年になっても最初に1年生の漢字の復習をするとおっしゃってました。
 1年生の漢字には書き順の基本が詰まっていると。
ひらがな、カタカナからやり直したいほどの気持ちです。


 下にまだ2人の弟妹がおりますので、先生のブログ、とても参考になります。
 ありがとうございました。

    ・・・・・・・・・・・
これ、実態ですね。


僕等の仲間で、丁寧に指導した例をご紹介します。




DSCN2248.JPG

これは、漢字学習が、中心ではありませんでしたがね。読み取りを書いたものですよ。
でも、平仮名、漢字などをちゃんと使っているのでは?
筆圧もあるのでは?

*1 本文の右横に赤で書いてあるのは、この子どもが、そこをこのように表現したいという書き込みです。

*2 本文の番号と子供の書き出しの番号は、一致します。
本文のそこの語句・文を読み感じたこと、分かった事などを書いています。



    ・・・・・・・・・・



下は、まとめの感想です。
入学、当初から、平仮名指導をしっかりしたんですね。

ここで、漢字などの文字の書き順の基本をマスターするんですね。


漢字は、習ったのを自然に使っています。
この先生は、1セット5過程でやっている研究会の仲間です。


今の漢字指導は、仮免で、高速道路を運転させるようなもの、という気が、していいます。
命が危ない。
子供の心の命が。

DSCN2250.JPG


・・・・・・・・・・・

たくさんの方にお読み戴きたいので、ブログランキングに参加しています。お陰さまで、12位です。
賛同される方は、
下の2つのマークをクリックして戴けるとうれしいです



にほんブログ村 教育ブログへ


ブログランキング・にほんブログ村へ

    ・・・・・・・・・・・
下記の本は、漢字教育のあるべき姿と実践を載せています。
「1セット5過程」について触れ、文作りの実践も載せています。しかし、まだまだ、十分とはいえません。皆さんで、豊かにして欲しいです。
たのしく学ぼう漢字






最終更新日  2006.03.02 15:31:09
コメント(7) | コメントを書く
2006.02.14
カテゴリ:・漢字指導
このタイトルで、昨日までに3回、書いてきました。


僕は、漢字教育に関わって来て、
子どもの実態・先生方の声・保護者の訴えなどを、
聞き、把握できる立場に、いつの間にか立っていました。

その者が、黙っていたのでは、責任が果たせないと思って、
このブログに、びくびくしながら、参加しました。

そして、日本中のみんなで、教育を考える資料になればと思いまして、
書いてきました。
それを、下記のブログで、ご紹介致します。


どうか、これからも、一緒に考えていっていただければうれしいのです。

では、それを記しますね。
よろしくどうぞ。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・
漢字指導のとめ・はねなどは告示の範囲で


   僕の中にある姉歯氏的な心。だが。漢字、ちゃんとした指導があったのかな。 
   学力を高める漢字を中心に手首化を(重要漢字に触れて)

   学習漢字の駆使が学力高めの基礎・・・文化審議会の答申にふれて 

   学力高めは漢字指導の改善から・・・甲斐・白石、A先生の意見から   

   文字の書き順は、基本を手首化すれば、ラクになるよ。 

   重要漢字は、手首化を・・・重要漢字とそうではない漢字。品川案に触れて  

   漢字学習はコトバ学習のはずだが(1)・・・指導例    

   「文化的文盲」を作らないで・抽象語獲得ステップ(1)
   


   漢字(コトバ)教育のキメテは、重要漢字をしぼり、使わせてみる(3)
  


  漢字教育・先生のうめき声
 


  ご三家中学校の先生が、今の漢字教育の疑問   


   『新学力への挑戦』著者・仲本さんからコメント・・教育おじいちゃん、おばあちゃんへ 

   子どもの声を大切にすること(僕が受けた中学校の国語の授業)・斉藤孝氏の国語教育観

   学校を子どものものにするには・・・漢字の習得の実態を例に  


 ・・・・・・・・・・・

たくさんの方にお読み戴きたいので、ブログランキングに参加しています。お陰さまで、14位です。
賛同される方は、
下の2つのマークをクリックして戴けるとうれしいです



にほんブログ村 教育ブログへ


ブログランキング・にほんブログ村へ

    ・・・・・・・・・・・
下記の本は、漢字教育のあるべき姿と実践を載せています。
「1セット5過程」について触れ、文作りの実践も載せています。しかし、まだまだ、十分とはいえません。皆さんで、豊かにして欲しいです。
たのしく学ぼう漢字





* 次のサイトで、大変重要な教育問題を取り上げて、コメントがたくさん寄せられ、皆さんの関心の高さを示していますよ。一度、ご訪問されては?

冬の花 ― 正義について 2







最終更新日  2006.10.16 09:11:26
コメント(4) | コメントを書く
2005.12.09
カテゴリ:・漢字指導

   
下記は、あるお母さんのコメントんに返信をしたものです。



100問テストが再度あると言うので2日にわたって練習したが・・
2日しか期間がなくて8割近くしか覚えられなかった~~。。
(元の点が点なので、倍以上覚えました!)
本人も、いつになくやる気だったみたいだし・・
(と言っても相変わらず集中力はなかった。。)
何度も、声を荒げてしまった・・(涙・・


***  テストで、8割近く取った事、おめでとうございます。すごく努力をされたのですね。その努力(お子さんとお母さんの)、感謝します。


その努力の中で、お子さんが、やればできるという気持ちを少しでも、持ってくれるといいですね。一度でこのことを身に付けようとするのではなくこのようなことの繰り返しの中で、自信していきたいですよね。


このことは、子どもに限らず、大人だって、そうではないでしょうか。
この自信、これこそ、小学校の学習の中ででつけてあげたいことですね

孫が、1年生です。『空』の漢字が、格好よく書けたので、褒めてあげました。そこから、明るい表情になり、次の漢字書き取りを練習しました。


4歳の孫に、走るの「フォームがいい」と、いってあげました。褒められたので、一緒に、道を歩いていると、すぐに走り出すのです。褒められて、自信になったのですね。


「草っ原は、靴が濡れるから、走るな」
と言われても、走り出していました。

このことを大事にしながら、次の課題に向かってはどうでしょうか?
 ひらがな・カタカナ・漢字は、読めて、書けて、使えるために学習するのですよね。

テストで、100点取っても、これらのことが、自然にできるようにしないと使えようにはなりませんね。


ですから、これから、今度は、100点に向けて、努力が必要ですね。このこと,端の者が言うのは簡単ですが、・・・。


しかし、大人には、時には、忍耐も必要ですね。しかし、人格の完成は、この事を抜いてありえないと思いますよ。ですから、一生の事を勉強をしているのですね。
そして、それを自然に使えるようにしたいですね。




私も、だいぶ書き順を間違って覚えていたことが発覚。。
漢字検定を受けてみようかぁ~準2級くらいからかなぁ~♪と
のん気に思っていたのが たらぁ~~・・・です。。


***  漢字の筆順は、ひらがな・カタカナの書き順をマスターすればかなり漢字の書き順と共通性がありますので、かなの書き順をしっかりする事ですね。


特に、カタカナは、漢字の構成要素になっているものが多いので、完璧に手首化(てくびか・・・見ないでスラスラかけること)しておきたいですね。




漢字のなりたちなどいろいろ考えてみるのが楽しい♪


* 漢字の成り立ちは、子どもが興味を持ちますね。漢字学習を楽しくしますね。けれど、漢字学習は、読めて、書けて、使えるために学習するのですよね。

ですから、僕等の研究会では、高学年では、必要以上に時間をかけないことにしています。それに、高学年で学習するの漢字の成り立ちは、学者にによって、その説明がまちまちのことがありますしね。



調べ学習大好き♪(こどもは全然楽しくないのかも・・)
陰山式とか、向山式とか、下村式?とか、いろいろあるみたいだけど、自分の子に合うのはどれだろなぁ~~。
(ミーハーな私は陰山メソッドのドリル買おうとしてました。)


***  僕等の研究会は「1セット5過程」の指導法を提起しています。(この指導法は、ある教科書で採用されました。水道方式のように広がるといいと願っています。)


漢字は、形・音・義を持っていますね。ですら、これらを、一緒に、5過程で指導すると言う考えによるものです。

教科書は、読み書き分離ですが、ぼくらは、読み書き同時を主張しています。この方式のドリルも作成して販売しています。下記です。

下記の本は、漢字教育のあるべき姿と実践を載せています。上の意見を詳しく書いています。

たのしく学ぼう漢字

この1セット5過程の漢字練習帖が、下記です。
たのしくみにつく!!漢字の力(小学校4年)


よし、明日のテストが返ってきたら、絶対誉めてやるぞ~~!
(私は、いくらいい点をとっても、「できて当たり前!!こんな学校で一番でも仕方ない」とか言われ続けてきたので。時々子供に同じことを言ってる自分が。。あぅあぅ。。)


* 褒めてあげてくださるということ、安心しました。
お子さんが、心の栄養を吸収して、大きく元気になっていきますよ。



それにしても、日記も、ひどい、、、
「大嘘つき日記」とか「にんじゃ日記」とか、楽しいテーマを与えてくださるので、喜んで書いてるのですが、、、。


***   日記の事は、又、後で。


算数も、先生に、残ってでも教えてください。とお願いしたこともありますが、最近は物騒なので居残りもさせてもらえないらしい。。
よく、学校任せにはできない。と言いますが、、こっちも教え方に困ります。。


*** そうですね。これも、これから考えていきましょう。

        ・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 教育ブログへ
ランキングに参加しています。
よろしかったらくりっくをお願いします。



にほんブログ村 トラックバックテーマ 漢字指導・ひらがな、カタカナ指導へ
漢字指導・ひらがな、カタカナ指導


       ・・・・・・・・・・・・




  教育について真剣に考え、実践していくサイト に学ばせていただきまして、タイトルのような広場を作りました。


昨日の記事

ひらがな・カタカナ・漢字・作文教育を考えるセンター (2)


     






最終更新日  2008.06.13 06:14:48
コメント(17) | コメントを書く
2005.12.05
カテゴリ:・漢字指導
  教育について真剣に考え、実践していくサイト に学ばせていただきまして、タイトルのような広場を作りました。

読み聞かせと「ひらがな・カタカナ・漢字・(作文教育)」の関連の関係を書きましたら、この事に関わる意見・質問などたくさん戴きました。有難う御座いました。

中には、次のようなこともありました。

・・・・・・前略・・・・・今日先生は漢字の学習法についてどのようにお考えですか?
上の子の時に、同じ字を3ページも書かされたことがありました。でも、はっきり言って手が疲れただけで、ちっとも身についていませんでした。
むしろ、一字を丁寧に書いてその字にこだわり掘り下げたほうが身につく気がしているのですが・・・。(Re:読み聞かせと読解力と人間形成 (3)かな・漢字指導との関連(12/04) アロマぽっとさん )

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんなことが、今時あるのかと、驚いてしまいました。
これでは、漢字学習から、気が、遠のいて、漢字学習よ、さようなら、という気分になってしまします。それで、国語科嫌いになるかも知れません。そして、勉強嫌いにも・・・・。

漢字学習でも、教育基本法の「人格の完成」は、頭に置いて、していく事が大切ではないでしょうか。このことは、昨日、書きました。

文字、それは、空気や水と同じように大切で、同じように使えることが必要ですね。

その文字の習得にかなりのエネルギーをかけていることは、確かです。もっと、楽しく学べる方法を交流できれば良いと願っています。

寄せられたコメント、質問、TBの中で、僕が答えれれるものに付いては、書きますが、書けない場合もあるかもしれません。
みんさんで、意見交換してもらうことをするかもしれません。その場の状況を見て、判断させていただきます。

よろしくお願いいたします。

時には、先生方への批判になることもあるかもしれません。でも、それが事実でしたら、書き手の願いを大きな胸で受け止めて、願いに答えてもらえることを期待します。

***************

にほんブログ村 教育ブログへ
ランキングに参加しています。
よろしかったらくりっくをお願いします。


下記の本は、漢字教育のあるべき姿と実践を載せています。
「1セット5過程」について触れ、文作りの実践も載せています。しかし、まだまだ、十分とはいえません。皆さんで、豊かにして欲しいです。
たのしく学ぼう漢字

絵をクリックしますと、本の概略が分かります。そして、楽天での購入の仕方も分かります。











最終更新日  2005.12.06 11:36:12
コメント(8) | コメントを書く
2005.12.04
カテゴリ:・漢字指導
孫が、3回目のお泊りに来ました。家に入るなり、
「おばあちゃんは、いないの?」と、
2人の孫。おばあちゃんの方が、何かと孫の目線で、対応してくれるから、そう言うのかなと、分析。
「おばあちゃんは、朗読の指導で、お仕事なの」
孫、「おばあちゃんは、いつも、お仕事で、忙しいのだね。」(来るくるたびに、居ないので。土曜日は指導の日。)

庭に出て、葡萄の取り残しを取ったり、きんかんガ色づき始めたのを取ったりして、きんかんは、水道で洗って食う。お兄ちゃん(小1・男)は、5個ほど食うが、弟(4歳・男)は、食わない。
二郎柿が、いっぱいなっているが、みむきもしない。聞いてみると、嫌いだという。

隣の93歳のおばあちゃんに、この子達のお父さんが、お世話になり、又、孫も可愛がっていただくので、お土産をもってご挨拶。おばあちゃんが喜んでくださる。

家に入る。
小1の孫(T)は、早速、
「宿題をしなくっちゃあ』といって、『かんじスキル』と、練習ノートをリュックから出して、テーブルの上に持って来る。
「ああ、鉛筆わすれちゃったあ」
というので、鉛筆と消しゴムを貸してあげる。

Tは、「自分から宿題しなくっちゃあ」と言って、やる気になっているので、担任の先生の言う事を聞いているのだなあと、判断。一安心。
もし、担任の
先生の言う事を聞いていなかったら、宿題をやるはずがないから。
担任の先生の話を聞く、これは、大切な事ですよね。一日、4~5時間、担任の先生を中心に回っているわけですから、もし、聞かなかったら、その時間、空回りをしていることになるわですよね。それに、学校に行くという気がなくなりますからね。
さて、宿題は、漢字の復習。新出漢字10題のドリルです。
先ず、あさひの、「日」の書きです。燃えるほうの「火」を書いています。
おじいちゃん(J)
「あさひの『日』は、おひさまの『日』だから、それでいいの?その『火』は、どういう意味の『火』?」
T「燃える『火』」
J「これは、おひさまの『ひ』だよ」
J「じゃあ、なおそう」
T 直す。

次は、「雨」これは、すんなり、書ける。画数が多くても、子どもの生活に出てくる漢字は、記憶しているのでね。
ただ、画数の数え方の間違い。3画目を一画として、数えられないで、どうしても、さん、しい、ごう、と、3画に、数えてしまう。

J「カタカナの『カ』のはじめは、いくつで、書いたっけ?」
T 自信がない。
J 
「これは,1画でかくのだよ。」といって、練習をさせる。
始めは、どうしても、1画数えで、書けない。3画で数える。
5回ほど、練習をする。


次は、空。これは、ラクに出来る。かっこういい字を書いたので、
「かっこいいね」
と言うと、うれしそうにほほえむ。今までは、おじちゃんの注意と指導のみ。ややおされ気味。これじゃあ、勉強嫌いの養成所ですね。

この微笑こそ、人格形成なんですね。教育基本法・憲法に「人格の完成」とあります。公務員は、これに従う義務があります。漢字指導の中にも、これって生きているのですよね。

微笑み、その中に、自分への自信が作られるのでよね。その繰り返しの中で、自己肯定感を持った子が、育つのですよね。

今、自己肯定感を持たせる事が大切と言われていますが、1時間、1時間の授業の中でも、それを育てる教育もが大事ではないでしょうか。だって、子どもは、毎日、それの中に居るのですから。子どもの非行、この視点からも検討してみる必要がありそうですが。
つぎは、「がっこう」の「校」、これも、できた。つぎは、「じてんしゃ」の「しゃ」。これも通過。
つぎは、「むし」これもできた。虫ガ好きで、来ると、バッタやカマキリを探していた。
次は、「はなび」の「ひ」かけるのだが、4画目の右はらいができていない。カタカナの時、左はらいをしっかりやっておけば、できたはず。ここでも、指導した。ちゃんとできた。

次は、「でる」これも書けた。
次は、「はやい」これは、十の書き順がだめ。縦棒を先に書いてしまう。くせになっていて、これを直すのに5回ほど練習。横棒が先、縦棒が後、ということは、カタカナ指導で、やれば、ここに転用できるはず。つぎは、「ただしい」これは、できた。

ここまで、約、1時間。Tは、あくびを始める。
「焼肉を焼いて、夕ご飯を食べよう」
といって、おじいちゃん特性のたれで、豚肉を焼く。2人の孫の良く食べる事。宿題も真剣にして済ませてしまったので、せいせいした気分のよう。

食べていると、おばあちゃんの帰宅。
「ああ、おあばちゃんだ」といって、孫、ほっとした様子。家族を大切にした子どもに育っていると分析。

小松菜の汁。「嫌」
といって、食わない。おばあちゃん、仲間からりんごのおすそ分け、2つ。
おばあちゃん(B)
B「野菜食べないと、りんごあげないわよ。お肉をたべてのだから、野菜は、たくさんたべないとね。」と言われると、
いそいで食べ始める。

これが、宿題、夕食までの一端でした。


****************
・・・・・・・・・・・・・・・・

* 実は、これを書く気持ちになったのには、次の背景が、あったのでした。、今は、孫は、すやすや、寝ています。

Re:漢字学習について 今日9729さん
☆haruka2000☆さん
>改めて読ませていただいたのですが、学校では、新出漢字の意味の指導というのは、あまりされていないのでしょうか?
>新出漢字が出てきたときに、その言葉が持っている意味がわかっていれば、熟語となって出てきても、意味を類推しやすくなりますよね?
>読み落としがあったら、申し訳ありません。
>いつも、質問ばかりですみません。
-----

*  一般から見れば、不思議な事だらけでしょうね。このことも、丁寧にブログの方で書かせていただきますね。
質問、あった方が、書きやすいので、どんなことでも、質問をいただけるとあり難いです。

読み聞かせにつきましては、☆haruka2000☆さんのご質問がきっかけで、かなり深まりましたね。有難う御座います。
       ・・・・・・・・・・・・・
December 2, 2005
カタカナその後 [ 息子のこと ]
 今日さんからアドバイスをいただき、カタカナの学習を始めた息子。その後はというと、漢字の筆順の間違いが大幅に減った。効果抜群。やはり、何事も基礎が大事ということだ。
 はるかのつぶやき
  

::: なお、カタカナ指導については、下記の『たのしく学ぼう漢字』で、紺屋冨夫さんが、35年の実践をもとにていねいに記述しています。;;;
       ・・・・・・・・・・・・・・・・
       ****************

にほんブログ村 教育ブログへ
ランキングに参加しています。
よろしかったらくりっくをお願いします。


下記の本は、漢字教育のあるべき姿と実践を載せています。
「1セット5過程」について触れ、文作りの実践も載せています。しかし、まだまだ、十分とはいえません。皆さんで、豊かにして欲しいです。
たのしく学ぼう漢字

絵をクリックしますと、本の概略が分かります。そして、楽天での購入の仕方も分かります。


にほんブログ村 トラックバックテーマ 読み聞かせと読解力・人間形成へ
読み聞かせと読解力・人間形成




にほんブログ村 トラックバックテーマ 読解力と学力問題へ
読解力と学力問題



にほんブログ村 トラックバックテーマ 教育改革諸委員会には現場人の選出をへ
教育改革諸委員会には現場人の選出を










最終更新日  2005.12.04 17:24:43
コメント(5) | コメントを書く
2005.09.17
カテゴリ:・漢字指導
僕らの夏の全国研究会で次のような声が出されました。それは、教科書が変わった最近の年のことです。

「一学期の配当漢字が終わらない。教科書では、一学期分として、110字出てきて、がんばっても終わらなかった。」

「漢字指導に時間がかかり、文学の指導は、読み取りではなく、さっと、感想を出させる程度だった」

「・・・・・・」

「・・・・・・」

などなど。
それは、
公立・私立の先生からでした。
悲鳴と言っても過言ではありませんでした。


この教科書の漢字教育の指導書(先生方が授業で使う児童・生徒指導向けの参考書)を1年から6年生まで僕は、仲間と書きました。
それは、2つの教科書会社でした。

書きながら分かってきました。
書いている内容は、僕らの研究を生かしたものが書けたが、指導時間が無いということが。

教科書会社の編集者にそのことを訴えました。
これでは、現場の先生が苦しむと。

編集の方は、全体の計画がこうなっているので・・・・・」と言われました。

丁度、日本中が、総合的な学習に入ったばかりの年度で、その傾向の方に時間が、多く当てられていたのでした。

このことは、今でも、変わっていません。

このような状況の中で、

今回、文化審議会は答申「小学校で、常用漢字を読めるようにする」を出しました。

漢字教育は、指導漢字を増やすのではなく、
しぼって、『重要な漢字』(教育基本語彙・学習論理語彙に関わる漢字)に時間をかけて、
使い方まで学習し、読み書きの両方で駆使できるように
授業の中で
詰め込みではなく指導することが必要だと思うのですが。

皆さん、どう思われますか。

下記の本は、漢字教育のあるべき姿と実践を載せています。
たのしく学ぼう漢字
絵をクリックしますと、本の概略が分かります。そして、楽天での購入の仕方も分かります。
にほんブログ村 教育ブログへ

ブログランキングに参加しています。クリックすると点数に加算されます。よろしかったら、クリックを。


にほんブログ村 トラックバックテーマ 漢字指導・ひらがな、カタカナ指導へ
漢字指導・ひらがな、カタカナ指導


にほんブログ村 トラックバックテーマ 教育改革諸委員会には現場人の選出をへ
教育改革諸委員会には現場人の選出を








最終更新日  2006.11.19 19:07:13
コメント(2) | コメントを書く
2005.08.10
カテゴリ:・漢字指導
タイトルのようなやり方で指導いる先生が、結構おりました。

実は、僕もそういうことをしていた期間がありました。
100点になるまで、テストをして、教えたと思っていました。


理科専科をして、多くのクラスの子どもが、
教科書が読めないことから、問題意識が、心に沈み始めました。

はっきり、ちゃんとやらねばと意識したのは、
学校が変わって、父母会で、

文という字の書き順もでたらめなのよ。」

と訴えられた時でした。

頭にガーンときました。


その時のショック、教師を辞めようかと思いました。

それは、100点になるまで、
全ての漢字をタイトルのようなやり方で
ちゃんとやってきたからです。
(と思っていたのです。)


自身は、満々、だったのです。


大久保忠利氏(言語学者・前都立大学教授)に相談しますと、、
「君のやり方のせいだけではないよ。」
と言って、
漢字定着の諸調査を見るように教えて下さいました。



奥様が、国立国語研究所の第一研究室長をなさっていましたので、
そこの調査も入手できました。



読むと、
文部省・研究協力校などの全ての調査が似た傾向を示し、
僕のクラスの実態と共通していました。

これで、開き直り、教師を辞めなくてもいいと言う気持ちになりました。
逆に漢字教育に正面から取り組んでやろう、
と元気になりました。

まず、全校で、漢字定着の実態調査をする必要があると思いしました。

調査しました。

調査結果は、前記の諸調査と同じ傾向になりました。

この問題は、NHK教育TVの1時間番組で、
2日間にわたって、放映されました。

そこには、藤堂 明保、田中 克彦などの
言語学者、漢字教育学者などが参加していました。


そこで、いよいよ、漢字指導の研究の始めることにしました。

校内研、市教研、組合教研などあるゆるところで、
公開授業して、批判検討を受け、助言を受けました。

僕がそういうことをしている事に対して、
新卒の先生が、僕に対して
今日先生の漢字の指導の授業が、まずいのでないの?」
と言って来たことがありました。

「それでは、授業を見に来て」というと、
よその学校から見にきました。


見ると、

「私の方が、手抜きだったわ」と言って、
その新卒の先生もその後、研究会に参加して、
強力なメンバーの一員になりました。

その新卒の先生は、
読みと意味を教え、
宿題で練習をさせ、小テストなるものを、
100点になるまで繰り返すという方法を取っていたのでした。



昨日は、このような研究が始まってから、
約30数年たち、21回目の全国研究会でした。

しかし、依然として、
「漢字の読み方と意味を教えてテスト」というやり方が、
一般的であるということが再確認できた大会でした。

「文と言う字の書き順もでたらめなのよ」と、
話されたお母さんの顔は、今でも、鮮明に浮かびます。
感謝です。

そのお子さん(教え子)は、もう、結婚して、時分、自分の子どもがいることを
駅で会ったとき、話してくれました。

(つづきます)

にほんブログ村 教育ブログへ

<ブログランキングに参加しています。

よろしかったら、上記のマークをクリックして下さい。ランキングが上がる点数になるそうです。

にほんブログ村 トラックバックテーマ 漢字指導・ひらがな、カタカナ指導へ
漢字指導・ひらがな、カタカナ指導









最終更新日  2006.11.19 18:32:48
コメント(2) | コメントを書く
2005.08.04
カテゴリ:・漢字指導
 タイトルの内容の研究会を下記の通り開催します。
本グロブでも、詰め込みの漢字教育/ドリル中心の漢字教育に対する意見が様々に出ています。

僕らは、詰め込みにならないで、楽しく学び、力が着く指導法を研究してきました。

今夏で21回目です。




第21回 漢字指導法研究会夏季全国アカデミー


 日時:  2005年8月9日(火) 午前9時30分~午後5時

 会場:  府中グリーンプラザ本館 (京王線府中駅北口下車2分)
                                    
 参加費:¥3,000-(会場費、資料代など)   

 内容・時程

 9:30  開場・受付 府中グリーンプラザ本館 6階大会議室

全体会
10:00  開会行事

10:10  国語教育・漢字問題の情勢

10:35  漢字教育の基本提案(漢字問題の視点・国語科教育の構造と漢字指    導・精選612字の提案)

11:20  1セット5過程方式の模擬授業

11:30  質疑応答

11:50  書籍・刊行物の紹介

*本会の総力で作成した本です。

たのしく学ぼう漢字

上の絵をクリックすると、概略が分かります。また、楽天ブックスでの購入方法も分かります。

  
昼食・休憩


分科会

(予想される討議の柱)
13:00  小学校低学年分科会
    (かな文字の学習と漢字指導)
 
小学校中学年分科会
    (9歳の壁と漢字指導/漢字の学習と抽象概念の指導)
 
小学校高学年分科会
    (なかまづくりとと漢字指導)
 
中学校・高等学校分科会
    (漢字検定をどうとらえる/非日本語母語話者に対する漢字指導/夜間中学における漢字指導)
 漢字の精選と漢字教育運動分科会
  (認識・思考を高める漢字の学習/新教科書と漢字学習/特別な教育的ニーズのある子に対する漢字指導)

全体会
16:10  閉会集会 (分科会報告および感想発表・集会宣言)
16:45  終了

       お申し込みは、下記の口座へ参加費¥3,000をお振り込み下さい。
        ※通信欄に参加者氏名・連絡先を御記入願います。

        郵便振替口座  00120-2-166984
                   名義人 国字問題研究会

参加、御希望の方は、下記にメールでお問い合わせください。

     kotoba@jcom.home.ne.jp

国字研 http://members-ftp.jcom.home.ne.jp/kotoba/kokuziken-index.html

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ

教育ブログに参加しています。

よろしかったらクリックを お願いします。


にほんブログ村 トラックバックテーマ 漢字指導・ひらがな、カタカナ指導へ
漢字指導・ひらがな、カタカナ指導






最終更新日  2005.11.27 13:54:46
コメント(0) | コメントを書く
2005.07.19
カテゴリ:・漢字指導
漢字には、読み・形・意味が備わっています。(かなは、読みと形だけですよね。)

ですから、この3つをいっしょに学習すると習得がしやすいと国字研では考え、研究をしてきました。

この3つ(音・義・形)をばらばらに学習するより、一緒に指導すると、関連性をもって学習でき、漢字を使うときに効果的に使えると言うわけです。
このことについては、後日で、子どもが、じっさい、それでどうだったか、実践例で説明します。

この形・音・義を一緒に学習することは、具体的にどういうことなのかですが、それが、「1セット5過程」の漢字学習なのです。

一つの漢字を5過程で学習(指導)すると言うわけです。それは、

1・・・読み)(音
2・・・形(書き順)
3・・・成り立ち
4・・・仲間の漢字語(熟語)
5・・・文作りとその文の発表の試合・聞き合い

からなっています。
この中で、最も大切な事は、5です。実際、使ってみることです。

2年前、パソコンをやりだして、本当は、こういう事に苦手な僕が、ここまで出来るようになりました。
先生が、
「とにかくやってみなさい」
と指示して下さいました。やりました。
その結果、ここまでできるようになりました。

漢字教育も、その漢字を正しく理解したら、やってみることです。
使ってみることです。

この点が、今での漢字教育では、欠けていました。
使ったみなければ、本当の力にはならないのです。
ただ、その漢字だけを何度も、書いて覚えてのでは、それだけの力です。
自由に使えるようにはなりません。
手首化できてないというわけです。
ただし、繰り返しますが、正しい理解の上にです。

思えば、ピアノの先生は、合格したら、その曲を
「100日弾きなさい」
と指示してくれました。この場合、指導が、あってのことでした。

スキーは、午前レッスンで、午後、その練習(やってみる)でした。

陸上競技もそうでした。(これは、中学時代、100M,17秒かかっていたのが、練習で、30歳台になって、11秒台で走れるようになり、800Mでは、K市の記録を作れました。)

今やっている水泳もそうです。正しい理論を頭に入れて練習しています。

漢字も正しい理解の上に、文に書き、発表をし、使ってみることが決め手のようです。

この学習を子どもは、喜んでします。新しい知識を得ることができ、世界が広がるからでしょう。

高学年になると、漢字学習を嫌う傾向がありますが、この方法では、楽しみにしています。そのような実践例ばかりです。

このことの詳しい内容は、下記に出ています。
たのしく学ぼう漢字
上の絵をクリックしてみてください。概略が分かります。また、楽天ブックスでも購入方法も分かります。

にほんブログ村 教育ブログへ

ランキングに参加しています。よろしかったらクリックを。






最終更新日  2005.09.25 23:19:37
コメント(6) | コメントを書く

全339件 (339件中 331-339件目)

< 1 ... 29 30 31 32 33 34


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.