2498291 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日本の教育は、これでよいのかな

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


今日9729

カテゴリ

中学の漢字指導

(48)

学力向上対策

(29)

自己肯定感

(17)

学校・教育原理・教育全般

(283)

自発性・内言

(17)

九歳の壁・落ちこぼし

(3)

論理的思考・・・学習論理語・教育基本語い

(49)

A漢字は手首化

(2)

漢字の意味の変転

(5)

・漢字指導

(339)

・・・抽象漢字の指導

(23)

・・・文作り

(4)

・・取立て指導(1セット5過程の指導)

(41)

・・・テストの工夫

(14)

・・・手首化(見ないで書ける)

(15)

・・・漢字の許容(止め・払い)など

(8)

・・・筆順

(14)

・カタカナ・ひらがな指導

(25)

送りがな

(4)

言語分析(文学言語理論言語日常言語)

(14)

文化審議会・品川区のカリキュラム

(5)

実態調査(品川・学力調査)白石・甲斐実態

(10)

教育全般・・・漢字から

(39)

先生と保護者

(19)

いじめ・学級崩壊・自殺

(19)

読解力

(22)

文学文の読解

(53)

・・・物語を書く

(8)

説明文の読解

(17)

・・・説明文を書く

(17)

誰もが書ける作文教育(文ちゃん人形)

(77)

・・・作文・三大ニュース

(6)

・・・作文・書きなれノート(日記)

(21)

読みきかせ・表現よみ(音読・朗読)の工夫

(117)

・・表現よみ(音読・朗読)指導の実際

(64)

・・読み聞かせ

(37)

文法

(36)

聞く・話す

(17)

算数・数学・理科

(33)

国語科目標・構造・計画・言語意識直結観

(18)

体育・健康・食事・音楽

(20)

学習指導要領・指導書

(15)

教科課程・指導計画

(14)

能力観

(6)

大脳生理と教育

(4)

教育再生会議・教育基本法

(23)

・・・フィンランドの教育

(11)

教育基本法改訂・三浦朱門・学力テスト

(32)

教師の勤務条件・その他海花センター蝋梅

(27)

Y氏

(3)

原発

(52)

お気に入りブログ

^-^◆ GNP(元気… New! 和活喜さん

れいわ祭りでの島田… New! タイヤー04さん

紫木蓮 ドレミ・どれみさん

『労働者階級の反乱… まろ0301さん

1773. 第25回参議院… カズ姫1さん

コメント新着

http://buycialisky.com/@ Re:書く・読む・聞く・話すに役立つ作文教育(06/14) cialis soft overnight us deliveryque es…
http://buycialisky.com/@ Re:あやふや漢字を身につけない(01/04) order generic cialis softtabs onlineche…
http://buycialisky.com/@ Re:心臓語と恋語・子どもが、勉強を進んでするには(9)(04/29) comprar cialis por internet es segurowh…
http://viagraiy.com/@ Re:書く・読む・聞く・話すに役立つ作文教育(06/14) supplements that enhance viagra <a …
http://viagraky.com/@ Re:あやふや漢字を身につけない(01/04) viagra et amour <a href="http:…
http://viagravonline.com/@ Re:心臓語と恋語・子どもが、勉強を進んでするには(9)(04/29) viagra online pharmacy ratings <a h…
太田泰人@ Re:スベリヒユの退治と理科教育(09/18) 「それを抜いて、そのままにして、そこに…
テツです。@ Re:教育って何だ・部活問題と文科省(4)(01/14) ご来訪ありがとうございました・・・って…
2匹の猫0927@ Re:教育って何だ・部活問題と文科省(4)(01/14) 私の好きな偉人の言葉 ・私達はいわば二…
2匹の猫0927@ Re:教育って何だ・部活問題と文科省(4)(01/14) 私の好きな偉人の言葉 ・何もかも失われ…

フリーページ

全4件 (4件中 1-4件目)

1

送りがな

2007.05.07
XML
カテゴリ:送りがな
送りがな、大人でも迷う事がありますね。
僕も何度も、何度もありました。

そんな時は、辞書を引いたり、考えたり、・・・です。


でも、辞書が側にない時がありますね。
そんな時に備えて、ここで、基本的なことを、
頭に入れておくと、都合が良いですよね。


例えば、

かきます。」は、


A 書きます。


B 書ます。


C 書す。

の、どれが、正しいのかと、聞かれた時、
さて、どうするかです。


これは、昨日の、子どもの発表にあったように、

機関車を探してみる。

次に客車を考える。

というふうにしたらどうでしょう。


その為に次のように書くの使われ方(これを活用と言いましたね)
を書いてみるといいですね。



書く

これは、


ない。

ます。

とき






となりますね。


機関車は、書・

客車は、

・かない。
・きます。
・くとき
・けば
・こう

となりますね。


それにしても、ここでの機関車というのは、

その漢字の読み
ですね。

とすると、その漢字のよみを覚える事が、大切なのですね。

これまで、4回にわたって、送りがなについて、考えてきました。
送り仮名は、ここで、ひとまず、終わります。

本日のブログの内容を応援してくださる方は、
下のマーク、ボッチとクリックをして戴けるとうれしいです。

一日、1クリック、有効です。

にほんブログ村 教育ブログへ

もう、1つ、あるのですが。
人気blogランキングへ
 

 



* この事については、下記の本で詳しいです。

『子供が変わる漢字指導』(田村利樹 乗木養一 紺屋冨夫)2002発刊 
                            1200円

下町人間総合研究所   TEL 03-3876-4779
これは、netでは、購入できません。直接、TELしてみてください。




     ・・・・・・・・・・・

我が家の庭のフエンス側に蔓バラが咲き出しました。
これには、アブラムシが、すぐ付きますので、
消毒をします。

それと、緑色で、5~6ミリほどの小さい虫が、
大量発生します。2~3日で、葉を全部、食われてしまいます。
繁殖力が旺盛ですので、1っ匹、見つけたら、すぐ、防除です。

子どもも、その時、その場で対応し、指導することが重要な事は、、
バラ育てと同じですね。

それには、先生方にその時間ガ、必要ですね。
昔のように先生を敬いましょうとは言いませんが、
元気で勤められる条件を作ってあげて欲しいですね。





つるバラ







最終更新日  2011.04.30 13:09:34
コメント(18) | コメントを書く
2007.05.06
カテゴリ:送りがな
* 送り仮名は、4年生で学習します。
ですから、 4年生の子どもに説明するように書いてみますね。


先ず、次の□に送り仮名を入れてみましょう。


走る


できましたか?


これをやってみると、

ない

ます

とき





というふうに、送り仮名が変わっていますね。
このようにできましたか?


このように、漢字の使い方
(これを活用・かつようといいます。
 頭を活用する・辞書を活用する・・・・・のように、
 活用とは、使うことですね。)

によって、その送り仮名が変わるのですね。

ちょっと見ると、難しいようですね。

でも、良く見ると、


漢字・走(はし)は、読み方が全部同じで、次から、

変わっていますね。

皆さんは、どう思いましたか?」と
問いかけると、
子どもの発想で、

「走・「はし」は機関車みたいに同じで、変わらないが、
それに連結する
「・・ります。」
「・・らない」
「・・・・・・」

などの「貨車にあたるところが、変化します。」

トップの走・はしは、変化しないで、同じですが、それに続く子分が、変わって、違ってきます。」
「・・・・・・」
「・・・・・・・」

など、子どもから分かりやすい言葉で説明がされるでしょうね。

この事を頭に置いておくと、
送り仮名で迷った時、
ちゃんとした使い方が出来そうですね。




「そう、これが、送り仮名の付け方の基本のポイントなのですよ。」
と、まとめればいいでのではないでしょうか。

次回は、問題を、いくつかやってみましょうね。



* 教科書(4年生で出てきます。)をご覧になって、送り仮名の指導がどうなっているか、みてください。
どのような指導の展開になっているでしょうか?
この事を調べる事は、非常に大切な事ですよね。

この教科書の記述では、
「送りがなって、難しい」
で、終わってしまいそうですが





本日のブログの内容を応援してくださる方は、
下のマーク、ボッチとクリックをして戴けるとうれしいです。

一日、1クリック、有効です。

にほんブログ村 教育ブログへ

もう、1つ、あるのですが。
人気blogランキングへ
 

 



* この事については、下記の本で詳しいです。

『子供が変わる漢字指導』(田村利樹 乗木養一 紺屋冨夫)2002発刊 
                            1200円

下町人間総合研究所   TEL 03-3876-4779
これは、netでは、購入できません。直接、TELしてみてください。














最終更新日  2011.04.30 13:23:16
コメント(16) | コメントを書く
2007.05.04
カテゴリ:送りがな
送りがなの問題を昨日のように、ただ、していただけでは、
本当の送り仮名の学習になりませんよね。

きちんと系統的に学習しておくと、一生使えるし、
いざという時、応用が利くのですね。

それを、これから、指導する案を少しづつ書いてみます。


本日は、先ず、

送りがなは、動詞に付ける

事を確認したいですね。

動詞とは、
「動きを表す言葉」だから、「動きコトバ」と
子供達には、話してきました。
これで、子供達は、納得したようです。


動きを表す言葉とは、

動く。
走る。
飲む。
着る。
切る。
急ぐ。
・・・
・・・・
・・・・などで、それぞれが、動きを表していますね。

このように例示すると、全ての子どもが、納得しますね。

その後、次のような問題で
送り仮名を入れさせるといいでしょうね。

書( )。
話( )。


以下は、問題を作成してください。
・・・
・・・・
・・・
・・・・





次に、形容詞・形容動詞にもつけ事を知らせたいです

ここでは、先ず、形容詞・形容動詞とは、
様子をあらわうコトバであると
確認します。
そして、これを「様子コトバ」という事にします。

美しい。
細い。
静か
急な

・・・

・・・・


などを例示して、
これらは、様子をあらわしている事を話し合います。

それぞれに、仮名がついていますが、
これを送り仮名という事を指導します。

それで、次のような問題をさせます。

これをすると、
形容詞・形容動詞の送り仮名の付け方が、分かるでしょう。


寒( )。
冷(  )。

・・・

・・・・

次回は、何処から、送り仮名を付けたらよいか

指導を考えます。
この事が送り仮名を付けるポイントになりますね。


* 教科書(4年生で出てきます。)をご覧になってみてください。
どのような指導の展開になっているでしょうか?
この事を調べる事は、非常に大切な事ですよ。

この教科書の記述では、
送りがなって、難しいで、終わってしまいそうですが、
みなさま、いかがでしたか?




本日のブログの内容を応援してくださる方は、
下のマーク、ボッチとクリックをして戴けるとうれしいです。
それがランキングに反映します。
ランキングが上がると、アクセスが、増加します。

一日、1クリック、有効です。

にほんブログ村 教育ブログへ

もう、1つ、あるのですが。
人気blogランキングへ
 

 



* この事については、下記の本で詳しいです。

『子供が変わる漢字指導』(田村利樹 乗木養一 紺屋冨夫)2002発刊 
                            1200円

下町人間総合研究所   TEL 03-3876-4779
これは、netでは、購入できません。直接、TELしてみてください。









最終更新日  2011.04.30 13:24:12
コメント(11) | コメントを書く
2007.05.03
カテゴリ:送りがな
送り仮名も、丁寧に指導しないと、
子どもは、送り仮名って・漢字って、面どうくさい・つまらない・・・・・
となってしまいます。

この送り仮名は、人間決め、使ってきたことですから
誰にでも理解でき、ちゃんと使えるようになるものです。

ただ、はしょったり・飛ばしたりすると、
分からなくなってしまいますね。

それは、どんな学習でも、同じですね。

それでは、実際に、やってみましょう。
GWですから、遊び気分で、楽しやって戴けますと
うれしいです。



おくり仮名

送リ仮名の学習の基本は、先ず、
仮名を付けすぎない事ですね。

子供達と学習していて感じたことは、
先ず、このことでした。

このような調子で、次回も続けますね。
遊び気分でできましたか?


本日は、憲法記念日ですね。
憲法について、少し話し合いの時間を取りたいですね。



本日のブログの内容を応援してくださる方は、
下のマーク、ボッチとクリックをして戴けるとうれしいです。
それがランキングに反映します。
ランキングが上がると、アクセスが、増加します。

一日、1クリック、有効です。

にほんブログ村 教育ブログへ

もう、1つ、あるのですが。
人気blogランキングへ
 

 













最終更新日  2011.04.30 13:25:19
コメント(8) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.