2006.05.27

同じ漢字を20回書く宿題・漢字の定着(手首化・記憶の定着)の原理・夢と希望の持続を(11)

(16)
カテゴリ:・漢字指導

同じ漢字を20回書く宿題が出ている」

というコメントをグロワーズさんから戴きました。

http://plaza.rakuten.co.jp/growers/profile/

グロワーズの日記


これは、昨日の日記より、
もっと、大変な問題を抱えているように思いますので、
そのことについて書いた僕の、意見をご紹介致します。


    ・・・・・・・・・・・コメント・・・・・・・・

かなにゃんさんは、同県人なので、私にはこの先も不安があります。

先生の『たのしく学ぼう漢字』を中学の先生にお渡しました。
にもかかわらず、
同じ漢字を20回書かせる宿題は、
未だ変わらず・・・です。
本当に殴り込みに行きたい、
 と思ってしまいます。(^^;)(2006年05月27日 15時02分32秒)
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・




上記への返信です。




>かなにゃんさんは、同県人なので、私にはこの先も不安があります。


* このことは、日本中でまだ、やられている事ですね。



>先生の『たのしく学ぼう漢字』を中学の先生にお渡しました。


* ありがとうございます。


>にもかかわらず、同じ漢字を20回書かせる宿題は未だ変わらず・・・です。

* 困ったものですね。

人が、他を理解するのには、時間ガ必要です。

理解の時間。
これも、漢字の定着と同じですよ。


僕等は、この事を20余年も、言って来ましたよ。

それでも、まだ、これですよ。
とにかく、根気良く、やる事です。


さて、具体的に考えましょう。

先ず、これで、子供が、どのような気持ちで、
宿題をやり、20回、書くか、
それを考えたいですね。

このことで、漢字を嫌いにならないか
宿題を出す先生は、その事に気が行かないのですかね。

そして、その事(漢字は嫌いだ)は、国語が嫌い
と、中学生が、錯覚して考えてしまうようになると考えないのですかね。

それだけではなく、
その事は、(勉強って、面白くないもんだ)と
感じるようにってしまうと、考えないのですかね。


学習からの逃避と言う事が言われていますが、
勉強が面白くないから、
学習からの逃避が、あるのですよね。

そして、「学習の2極化」と言われていますが、
この面白くない事も、2極化の原因の一つを創りますよね。

これらが、非行に行く原因にもなりかねませんよね。




何も20字にしなくてもいいでしょう。
これは、3字にしてもいいでしょう。

20字と言うのも、
3字書きなさいと言うのも
言う時間ガたくさん、かかると言うものではないですね。

先生の忙しさとは、関係ないですね。

でも、忙しくなる。

3字の場合は、週1回の宿題として、
5度、見て、1ヶ月余、見ることになりますね。

でも、これは、どうしても、必要な事。
このようにして、力が着くのですから。


でも、その学校では、
1回に、20字が教育的と思っているのですね。

これが、日本中に広がっているのですね。





確かに、定着には、こまめな指導と練習が必要です。

これをするには、忙しさは、禁物です。

だから、教育基本法を変えることに力を入れないで、
こっちに、お金と時間をついで欲しいですね。


大きく考えればこの事は、生きる力、
子供の命に関わっていることですよね。

命に関わっている
だから、このことは、重大ですね。





本当に殴り込みに行きたい と思ってしまいます。(^^;)
-----
* 気持ちは、分かります。

怒るのは、僕の場合は、
こちらの方針が、まだ確立してないからでした。

気持ちをゆっくりして、
対策を練って、
それから、学校に行ったら、如何でしょうか?

行けば、必ず、いいことが、起こりますよ。
仲良くなってきて下さいね。

きっと、分かってもらえますよ。

先生も真剣だから、宿題を出しているのですよ。

多くの方にお読みいただきたいので、ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、クリックをお願いします。1日1クリック、有効です。

にほんブログ村 教育ブログへ


     ・・・・・・・・・・・

以上のような考えに基づく漢字学習の4年生の本が出版されました。
6月には、2年生が出ます。


たのしくみにつく!!漢字の力(小学校4年)


下記の本は、僕等の研究会が、まとめたもので、漢字教育のあるべき理論と実践を載せています。総合的なものです。
「1セット5過程」について触れ、文作りの実践も載せています。
しかし、まだまだ、十分とはいえません。
たのしく学ぼう漢字


 











TWITTER

最終更新日  2006.05.27 23:12:30
コメント(16) | コメントを書く