2016.01.05

教育って何だ・学年別漢字配当の見直しへの意見(2回目)

(3)
カテゴリ:・漢字指導

中教審教育課程企画特別部会「論点整理」2015826日)において、

「国語」に関しては、学習指導要領改訂にあたっての内容の見直しの論点の一つとして、


「平成22年に常用漢字表が改定されたことを踏まえ、

小学校において、

実生活や国語科以外の各教科等との関連を考慮しながら、

漢字の学年別配当の見直しの検討が求められる。」

と示されています。


   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


上記の件の見直しについてご意見・ご感想などお願いしたところ、下記のようなご意見をいただきました。 

ありがとうございました。

      ・・・・・・・・・・・・・・・・・

Re:教育って何だ・学年別漢字配当の見直しへの意見(01/04)   カズ3964 さん
学校が楽しくなければ学習も楽しめませんよね(゚ェ゚(。_。(゚ェ゚(。_。*)コクコク
『いじめが問題になると、いじめの定義などと言う文書を何十ぺーじも制作したり・・・』
唖然といたしました・・・

そんな定義の前にすべきことがあるのじゃないでしょうか・・・
わたしは教育者ではありませんけれど
それは言いたいですね(゚ェ゚(。_。(゚ェ゚(。_。*)コクコク (2016.01.04 22:10:37)

 


Re:教育って何だ・学年別漢字配当の見直しへの意見(01/04)   ドレミ・どれみ さん

 もう20年以上も前でしたが、私のいた頃より、はるかにはるかに教育現場は上からの押しつけが厳しくなっているようですね。

もっと現場の声、子供の声を聴いてください、と言いたいですね。 (2016.01.04 22:48:33) 

 

 

下記クリックしてくださるとうれしいです。


にほんブログ村

ぼくらが作成した

漢字プリント(『たのしく身につく漢字の力』(1年~6年)(ルック)

たのしくみにつく!!漢字の力(小学校4年)


これは、全国の平均的なクラスの実態に沿って作成したプリントです。これを基に、あなたのクラスの実態に合った授業がされるといいと思っています。

下記の本はそのもとになっています。 
たのしく学ぼう漢字 

本を出版した動機は、全国の先生方・保護者が、これでやれば子どもがよろこんでやり、これは使いやすい、そして、漢字の力が着くという目的で作りました。

 

漢字指導の詳しいことは下記で。
国字問題研究会・漢字指導法研究会
http://members.jcom.home.ne.jp/kotoba/kokuziken-index.html

漢字指導法の研究会は、毎月しています。

参加希望者は、上記の事務局にご連絡ください。 

これらの本は、下記を参考にしています。

大久保忠利著作選集(第1巻) 国語教育 1 説明文・文学文

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     

 

 

 

 

 






TWITTER

最終更新日  2016.01.16 22:51:26
コメント(3) | コメントを書く