000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

いつか光が届く前に・・・

適当三流以下ホラー小説

私はこの前ある不思議な体験をした。

私は満月を見に自転車で少し遠くの見晴らしの良い丘へ行った、
その帰り道のことであった。

予定が狂い、すっかり遅くなってしまった。

そう思いながら森の中を自転車で走っていたが、
一向に景色が変わらないことに気が付いた。

おかしい。

そう思い、自転車を降りたそのときだった、
どこからともなく風を切る音が聞こえてくる。

周りを見渡すが何も無い。
しかし風を切る音が聞こえる。

興味が湧いてきた私は自転車を置き、
近くの草むらに入っていった。


十分、また十分と時間は過ぎ、
私は…見てしまった。


あの…   を


翌日、私は木に寝そべっている私の姿を見て自分が死んだことを悟った。



※この物語はフィクションです。
主人公が死んだのだから当然です


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.