301578 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

いつか光が届く前に・・・

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Archives

Profile


トンバ!?

Freepage List

Rakuten Ranking

Rakuten Card

2019/10/20
XML
カテゴリ:その他
FFSを読んでいて今224話!
短いからすすっと読めるね!(読み始めて四日目合計17時間経過)

・FFSとは
2004年から2chに投稿されたファイナルファンタシジーを下敷きとする小説
独特の文体とセンスで構成されており多くの人を魅了した。
800話辺りで作者が病気を患って中断。
2013年にツイッター上で有志が再放送を開始
当時の最終話が投稿された後、サプライズで続きが投稿され、
現在(2019/10/20)も続くツイッター小説となっている。

6年の重み。
読破に物凄く時間がかかるが
再放送をしてくれている有志と読者ツッコミと解説が面白い。
(私の頭がアレで突っ込みがないと何がおかしいのかたまにわからなくなる。)

お話の一覧はこちら
https://wikiwiki.jp/ffs/%E5%AE%9F%E6%B3%81%E4%BB%98%E3%81%8D%E3%82%A8%E3%83%94%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%89%E4%B8%80%E8%A6%A7/%E6%9C%AC%E6%94%BE%E9%80%811


この小説、とにかく勢いが凄い
1話の1ツイート目がこちら
『主人公ベリュル 「くっ記憶を失っていたが、この剣を持って俺は旅に出るぜ」 するとヒロインにであう 「わたしはダンナーザ。ついていく」 すると古代機械文明の遺跡にたどり着いた 「くっこのモンスターはかたい!メカだ!そうだ、サンダー!」 何とかおくまで進むとボスがいた』

物凄い情報量である。
まず主人公が名前から境遇・行動まで説明し、
ヒロインが名前を名乗って何故かついてくる
そして何故か重大そうな古代機械文明の遺跡にたどり着き、
雑魚としてメカが出てきて、メカの特性を説明し
ダンジョンの奥にたどり着いたところまで一気に説明している。
普通もっとイベントあるだろ、村の描写とかないのか

2ツイート目
『「おれは50億年ここを守ってきた、メガダークバリアンドだ、死ね!」 しかしサンダーはきかなかったが、以外にファイアに弱いので 何とか苦戦するも倒した 「ばかどもが、私は実は神で、世界を守っていたのだ!私が死ぬと世界が崩壊するぞ」 「くっだまされた!」』

ボスが出てきたと思ったら速攻で襲ってきて倒した
死んだと思ったら守護者だった、なんで戦った
「くっだまされた!」っていったい何に騙されたんだよ

3ツイート目
『世界が崩壊し、維持現に吸い込まれた。 すると底には新たな世界があった・・・ 「ここは・・そうだここは俺の故郷だ思い出した」 そして冒険は続く。』
4ツイート目
『【ファイナルファンタジーS】第2話に続く』

即座に崩壊する世界、
物凄い誤字、
たどり着いた異次元(世界)は偶然にも主人公の故郷、
次回へ続く。
そして何も喋らないヒロイン。

まるでジェットコースターかのような物凄い早さで
旅立ちからヒロインとの出会い、世界の崩壊、新たな世界での冒険開始が描かれている

わ け が わ か ら な い


今読んでる辺りはキャラクターの個性が出てより深みが増してきている
文体はほぼ変わっていないのに個性とは。
何だこの小説は、しゅき…


ということで。FFSの魅力は全く伝えられていない日記だったが
ここから色んな名言が飛び出してくるのでオススメしたい。

お話の一覧はこちら
https://wikiwiki.jp/ffs/%E5%AE%9F%E6%B3%81%E4%BB%98%E3%81%8D%E3%82%A8%E3%83%94%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%89%E4%B8%80%E8%A6%A7/%E6%9C%AC%E6%94%BE%E9%80%811


ちなみに私がここまでで一番好きな名言は

「ぐあああ苦しい毒だよ死んだ

物凄い勢いで苦しんで毒と説明をして死んだ冒険者と地の文です。



今665話!
起きてる時間全部つぎ込まれかけています
なめ…放置ゲーのイベント進めやすくていい感じ。

どんどんと驚愕のストーリーが展開されて、
伏線回収とどんでん返しの連続で飽きが無く、
これ名作ですね…!

2004~2006年の作品なのにTwitterとの親和性も高いですし
(怒涛の展開とツッコミ・解説の親和性)
発掘した方のそういう気づきもあったんだなと
改めて感じました。

発掘ありがとう!某K-SOさん!
そして続きを毎日分書いてくれてありがとう作者さん!






Last updated  2019/10/23 09:34:47 PM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.