031229 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

海域アジア史研究会公式ブログ

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Recent Posts

Calendar

Headline News

こちらは、海域アジア史研究会の公式ブログです。例会・特別例会などの開催予定や活動報告などの情報を公開しております。
海域アジア史研究会とは、1993年に対外関係史や海上交流史などを専攻する関西の若手研究者・院生を中心として結成された研究会です。近年、いずれの分野においてもアジアの海を結ぶ様々な現象に対する関心が高まり、研究も増加してきています。しかし、従来の陸と国民国家に縛られた日本史・中国史・東南アジア史、或いは古代史・中世史・近代史といった枠組みは、個別研究の深化の一方で分野を超えた問題意識や研究成果の共有を困難にするだけでなく、そのような枠組みでは捉えきれない様々な要素を過小評価してきました。この研究会では「海からの視点」をキーワードに、より広くアジア全体を捉えることで、分野を超えた議論と交流を目指します。

例会は、毎月1回通常は大阪大学で、原則として史料講読もしくは話題提供と研究報告の二本立てで行われます。史料講読では『歴代寶案』・『善隣國寶記』、或いは『明實録』といった史料から主に対外関係や交易にかかわる史料を取り上げます。研究報告・話題提供では、卒論・修論の準備報告から、第一線の研究者の最新の議論まで毎回示唆に富む発表が行われています。

史料講読・研究報告いずれも討論を重視し、原則として30分以上の質疑時間を設け、日本史・中国史・東南アジア史はもちろん中央ユーラシア史からも、専攻を異にする参加者がそれぞれの立場から活発な議論を展開しています。とくに事前の申し込みなどは必要ありません。上記趣旨に興味をもたれる方々の積極的参加をお待ちいたしております。

2017.02.14
XML
カテゴリ:例会・特別例会

 直前の案内となり恐縮ですが、海域アジア史研究会が共催する以下のジョイントセミナーのご案内を致します。


ジョイントセミナー
“Southeast Asia: Eyes from Outside and on the Internal Borders”

日時:2017年2月24日(金)14:30~16:45
場所:大阪大学箕面キャンパス B棟1階プレゼンテーションルーム
使用言語:英語
主催:大阪大学地域研究フォーラム(OUFAS)、海域アジア史研究会、グローバルヒストリーセミナー
協力:国際交流基金アジアセンター

Joint seminar “Southeast Asia: Eyes from Outside and on the Internal Borders”

Date/Time: February 24, 2017, 14:30~17:00
Place: Osaka University, Minoh campus Bld. B Fl. 1 Presentation room
http://www.osaka-u.ac.jp/ja/access
http://www.osaka-u.ac.jp/ja/access/minoh/minoh.html

Program:
14:30~15:30
Dr. Momoki Shiro(Professor, Graduate School of Letters, Osaka University)
“Japanese Perception of Southeast Asia, Past and Present:
(1) How Did Japanese People Perceive Southeast Asia During the 18th to 19th Centuries?
(2) Southeast Asian History in Japanese High Schools: A Pessimistic”

15:45~16:45
Dr. Farish Ahmad-Noor
(Associate Professor, S. Rajaratnam School of International Studies Nanyang Technological University)
“Across borders in Southeast Asia Today: Envisioning future ASEAN integration based on the complex reality of people’s life.”

Organizer: Osaka University Forum of Area Studies(OUFAS), Research Group of Maritime Asian History, Global History Seminar

Collaborator: Japan Foundation Asia Center




ーーーーーー《連絡・問い合わせ先》ーーーーーー
〒560-8532 大阪府豊中市待兼山町 1-5 大阪大学文学部・文学研究科 東洋史学研究室 
Tel(研究室): 06-6850-6111 / Fax(研究室): 06-6850-5091





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2017.02.14 03:43:10


Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.