11149638 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

見栄子の熊谷らいふ♪

PR

Rakuten Profile


見栄子♪さん

熊谷近郊情報ブロガー

フォローする

Category

Archives

Calendar

Favorite Blog

24時間テレビを録画… まじょ ちゃんさん

あとりえきらら☆のキ… ☆☆ きらら ☆☆さん
Healing&flower*c'es… etsu358さん
おきらくyuyuchama!! ゆうゆ2さん
しあわせ☆子育て日記 とな子さん

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Free Space

QLOOKアクセス解析
この物語(?)は フィクションです。熊谷市のどこかに住む漫画の主人公・“見栄子”の
「非日常的な日常」を綴った日記です。
しか~し!お店情報等はホンモノですよ!!気になるお店・スポットには、ぜひお出掛け下さい♪
それに“事実は小説より奇なり”…主人公ほか一部人物こそ架空でも、ほとんどノンフィクションだったりします(^^)  ともかく!シャレのわかる方のみ、おつきあい下さいませ♪
で、その4コマ漫画はどこかって? いずれ新しいの描きますから、とりあえず数年前までの分を
旧ブログでご覧下さい。 妻沼情報満載のえんむちゃんブログもよろしく♪
なおリクエスト・お店情報クチコミ・「お店教えて!」等は一切ご遠慮下さい。
●●ご用の御方、掲示板&メールはコチラからどうぞ●●
※当サイトの内容は、きちんと個々でブログ・facebook等を構えている方以外は一切の例外なく転載 (抜粋・要約含め) 及びリンクを厳禁いたします。自身も、当サイト以外に不特定多数向けPRを書き込む事はありません。
2016.10.01
楽天プロフィール XML
カテゴリ:深谷市
尾高惇忠生家・1

ここにあるとは知らず、前を通り掛かったのでお邪魔してみた…
深谷市下手計にある尾高惇忠(おだかじゅんちゅう)生家を見学させていただいたよ。
先日から色々載っけてる、渋沢栄一関連施設等の話の流れです!晴れ
誠之堂&清風亭を見た数日後、また出直して、今度は渋沢栄一生誕地の方面へ。
まずは渋沢栄一記念館に行こうとしていたんだけど、もうすぐ着くという所まで来て
同じ道沿いに、「尾高惇忠生家」の表示を見つけてしまったのさ。
公開が始まったのは、2年くらい前からって言ってたかな?
この道を通ったことはあるけど、前はそんな表示は出てなかったと思う。
いま調べたら、お向かいの駐車場もこの春に整備されたばかりみたい。

尾高惇忠生家・2
深谷のこっち方面にあって、公開もされているらしい事は、うっすら知っていたけど
場所ここだったのかい! せっかく見つけたので寄っておこうかな~と、Uターンダッシュ
見学は無料、シルバーのおじさま?が係員で駐在していて
いろいろ説明してくれるよ(^^)

尾高惇忠生家・3
尾高惇忠という人物については、お恥ずかしながら私も
かなり最近まで名前も存在も全く認識していなかったんだけど(^^;
富岡製糸場が世界遺産になった事によって、ここ最近スポットが当たっているよね。
「富岡製糸場の初代工場長で、渋沢栄一の従兄弟(後に妹が渋沢氏と結婚したので義兄に)で
なおかつ学問の師でもあり…云々」
ということで、深谷三偉人の1人にも数えられ
立場や功績も広まってきているね。 (深谷市も三偉人ののぼり旗とか作って力入れてるし)
名前の読みは、いろんな資料を見ると「あつただ(じゅんちゅう)」 と書かれているのを
お見かけすることも多いけど、深谷で作った周辺パンフの類は
どれを見ても、みんな 「じゅんちゅう」 で統一されているね。
で、渋沢氏が尾高氏に論語を教わるために通いつめたこの通りが 「論語の道」 と呼ばれ
このへん一帯は 「論語の里」 という事で、散策マップも出来ているよきらきら

尾高惇忠生家・5
尾高惇忠生家・4
尾高惇忠生家・7
尾高惇忠生家・8
尾高惇忠生家・6
お部屋には上がれないので、土間から見せていただくだけなんだけど
そこそこに広さのある、しっかりしたお家で
外から見た形も、いかにも養蚕農家!といった感じ。
床の間に飾ってあるのは、渋沢栄一の書ですと。
あとは土間に各種資料…藍染めの染料である 「藍玉」 の作り方なども(^^)
それから、利根川の 「中瀬河岸場」 として栄えた、すぐそこの中瀬地区の資料もあるね。
養蚕に藍玉作りに水運に…このへん一帯は繁栄していたから、あの中瀬まつりの
豪華な(古いけど)山車があるのかな~と、そちらにも話が繋がっていく感じ。
この1ヶ月で、断片だった半端な知識がどんどん1本の線で繋がってきたスマイル
(いや、半端なのは今も同じだけどさ)

尾高惇忠生家・9
あ、これが藍玉ってやつですか!

尾高惇忠生家・10
尾高惇忠生家・11
これは…何だっけか(^^;
富岡製糸場から持って来たものとお聞きしたような?

尾高惇忠生家・12
尾高惇忠生家・13
尾高惇忠生家・14
尾高惇忠生家・15
裏に煉瓦の蔵もあるんですね~!
煉瓦に何やら文字が見える、煉瓦職人さんのところのマークだって。

尾高惇忠生家・16
裏庭には、ちょっとだけ植えてある藍の花が(^^)
予定外だったけど、せっかくこの辺まで行くのであれば
セットで見ておいたほうが良い場所だね。 では、渋沢記念館へ行きますかダッシュ

●当サイトの内容はブログ・facebook等 「ご自身で責任を持つサイト」以外には
一切の例外なく転載 (抜粋・要約含め) 及びリンクを厳禁いたします。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2016.10.01 03:38:50
コメント(2) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2016 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.