000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

お星さまのひとりごと・ブログ

PR

Calendar

Category

Archives

February , 2017
January , 2017
December , 2016
November , 2016
October , 2016
September , 2016
August , 2016
July , 2016
June , 2016
May , 2016

Comments

くーる31@ 相互リンク 突然のコメント、失礼いたします。 私は…
YF@ 「お星さまの贈りもの」お久しぶりですね  お星さまの贈りものではお久しぶりのU…
京都人@ 昭和12年・京都・琵琶湖の絵葉書 本文中の「京都二條離宮」と「京都西本願…
日高政治@ 「みずあそび」忘れてました。 「みずあそび」を東くめさんと作詞されて…
よねざわ@ 鞠村奈緒さんファイト! 訂正 ごめんなさい。 再開→再会に訂正です お…

Keyword Search

▼キーワード検索

March 9, 2011
XML

11030601higata.jpg11030602baloon.jpg

寒さが一休みの3月6日に千葉県旭市干潟公民館に行って参りました。
3年前に引き続き2回目の童謡コンサートです。

今回はプレゼント用の風船をステージ上にいっぱい飾って子供たちを迎えました。 

11030603stage.jpg11030604stage.jpg11030607child.jpg11030608stage.jpg

会場には180名程のお子さんやお父さんお母さん。
そしておじいちゃんやおばあちゃんと一緒の皆さんがおいでくださいました。

子供たちはとても元気で、《はるがきた》や《どんぐりころころ》など知っている歌になると、大きな声で歌ってくれましたが、逆に最近は歌わないのか、《背くらべ》などはじ~っと聞いてくれました。

今回はご父兄の皆さんも多いとの事で、《背くらべ》も歌いましたが、やはり最近はこの歌は歌う機会が極端に減っている童謡ひとつのようです。

11030605shiraishi.jpg11030606kutuno.jpg
11030610child.jpg11030609stage.jpg

今回のコンサートはパーカッションのクツノユキヒデさんと、キーボードの白石公彦さんにもお手伝い頂きましたが、途中の楽器コーナーの中で、特にクツノさんのタンバリンのさまざまな演奏には大人の皆さんからも大きな拍手が響き、白石さんが奏でる不思議な音には、皆さん不思議そうな顔をして聞いてくださいました。

11030613film.jpg11030614sheel.jpg

今回は1部と2部に分け、前半は四季の童謡と楽器コーナーが中心で、2部は音の《表情コーナー》や《昔話》、そして《楽器で遊ぶコーナー》でしたが、休憩時間に準備したのが写真のようなフィルムケースとシール。
そして大豆やサンゴのかけら、ビーズとマジックペンです。

11030615child.jpg 

2部は《さまざまな短い音楽を聴いてどんな感じがするか?》という音の表情のコーナーでしたが、『たのしい感じ・・・』『うれしい感じ・・・』『怖い・・・』は当然ながら
『ダンスしている感じ・・・』
『誰かが後ろからやってきた・・・』
といった答えも聞こえてきました。

11030612story.jpg11030611story.jpg

音の表情コーナーでは大きな声で答えてくれたり、笑ったりとさまざまな声がこだましていましたが、むかしばなしの音楽がはじまり、お話が始まったら一気にシーンとなり、みんな注目して聞いてくれました。 

11030616child.jpg11030617child.jpg

後半になると、ひとりの女の子がステージの前に来て、目の前の風船を掻き分けて、被りつくようにして舞台を見ていました。
目の前の風船に興味があったのか、風船が邪魔だったのかは判りませんが、可愛いすぎるひとコマでした。 

11030620anclon.jpg11030619anclon.jpg

楽器の演奏コーナーではたくさんの子供たちが手をあげてくれましたが、みんな元気に演奏をしてくれました。
特に兄弟とお母さんの3人で参加してくれた親子さんは、3人がしっかり握っての演奏で、逆に引っ張りすぎて音が響きにくい感じでしたが、逆に一生懸命さがこちらまで伝わってきた演奏でした。

11030621shaker.jpg11030622shaker.jpg11030623shaker.jpg11030624shaker.jpg

今回は舞台に上がれなかったお子さんたちの為に、《フィルムケースのシェーカー》を全員に作ってもらうコーナーも設けました。
休憩中に用意したケースや大豆、サンゴやシールなどを使って作りましたが、子供たちは真剣にペンを握って好きな絵を描き、世界にたった一つの手作り楽器にチャレンジしてくれました。

11030625omotya.jpg11030626omotya.jpg11030627omotya.jpg11030628omotya.jpg

そして自分が作った楽器を手に《おもちゃのチャチャチヤ》を全員で並んで演奏しましたが、楽しそうなお子さんの笑顔が印象的でした。

11030629baloon.jpg

最後はお子さんたちに風船をプレゼントをして最後の曲となりましたが、今回は休憩を挟みながらも2時間近いコンサートとなりましたが、子供たちは飽きたそぶりも見せず、最後まで元気に全開パワーで楽しんでくれたようです。

干潟公民館の職員の皆様にも大変お世話になりました。

またこの場所で楽しい時間を過ごせたらとおもいました。

お星さまの贈りもの 鞠村奈緒 






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  March 26, 2011 07:11:42 PM
コメント(0) | コメントを書く
[お出かけ童謡コンサート] カテゴリの最新記事


Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.