000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ぱふぅ家のサイバー小物

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール


明鏡止水

フォローする

フリーページ

カテゴリ

カレンダー

お気に入りブログ

生活info.暮らしを楽… 生活info.暮らしを楽しむさん
LUKEの日記 luke2004さん
ねぼすけの読書感想… ねぼすけ2004さん
「IT活用サポータ… IT活用サポーターのりばしてぃさん

全440件 (440件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 44 >

家電

2017.02.10
XML
テーマ:液晶テレビ(298)
カテゴリ:家電
4K液晶テレビ「REGZA Z810シリーズ」

4K液晶テレビ「REGZA Z810シリーズ」

 肌色や階調の滑らかさや、ピーク輝度の高さによる印象的な“きらめき”、地デジ高画質による日常的な使いやすさなど、液晶ならではの高画質
製造/販売東芝
製品情報4K液晶テレビ「REGZA Z810シリーズ」
価格比較ここをクリック 

液晶 REGZA の最上位シリーズで、2015 年(平成 27 年)末発売の Z20X シリーズの後継機となる。
全面直下型 LED バックライトと新映像エンジン「レグザエンジン Beauty PRO」を搭載し、特に肌色の表現を向上した「素肌美人レグザ」としてアピール。黒の絶対的な締りによるハイコントラストの有機 EL「X910 シリーズ」に対し、Z810X シリーズは肌色や階調の滑らかさや、ピーク輝度の高さによる印象的な“きらめき”、地デジ高画質による日常的な使いやすさなど、液晶ならではの高画質を訴求していく。

4K 放送チューナ(124/128 度 CS)も内蔵し、本体だけで 4K 放送を視聴できるほか、6 チャンネルの地デジ番組を常時録画できる「タイムシフトマシン」に対応。Netflix や、ひかり TV 4K などの 4K 映像配信サービスにも対応する。

液晶パネルは、65/58/50 型のいずれも 4K/3,840×2,160 ドットの VA 方式。パネル表面処理は光の透過率の良いグレア(光沢)タイプながら、拡散反射を低減。外光の反射を抑えながら、映像のクリアさやコントラスト向上を図っている。
バックライトは直下型 LED で、ピーク時で 1,000nit を超える高輝度を実現するほか、ローカルディミング(LED部分駆動)に対応し、細かなエリアコントロールにより、コントラスト感を向上する。
液晶パネルも広色域化し、BT.2020 を 80%カバー。64色軸の高精度色空間処理により、「物体の色限界を超えない最明色制御」を実現する「広色域復元プロ」に対応。過度な色強調を抑え、自然でリアルな色彩を再現する。

映像エンジンは新開発の「レグザエンジン Beaty PRO」。5 フレーム(4K 映像入力時は 3 フレーム)を参照し、ノイズ処理を行ないながら精細感を復元する「複数フレーム超解像」が「アダプティブフレーム超解像」に進化。アニメや CM、映画など、映像の種類ごとに適切な参照フレームを選択することで、ノイズやチラつきを低減し、クリアな映像を実現できるという。
また、映像の局所的な黒つぶれと白とび(色飽和)を抑制し、映像全体のコントラスト制御と組み合わせることで、自然な階調表現を実現する「ローカルコントラスト復元」を搭載。通常の映像(SDR)でも HDR のような質感、階調を復元できるとする。明るいシーンにおいて、ハイライト部分の顔の色飽和を抑えて、立体感や質感を高める「美肌リアライザー」も搭載する。

新機能として「きらめき復元」を搭載。星空や夜景、音楽ライブにおける楽器の反射など、暗いシーンの中で再現しにくい「きらめき感」を復元するという技術で、暗いシーンからのきらめき信号の正確な抽出と、点状の高域成分増幅により、“クリアなきらめき”を表現できるという。

「熟成超解像」も搭載。これは、24 フレーム映像入力時に、超解像処理とノイズリダクションをそれぞれ 2 回行ない、精細感を高めるもの。1 回目の処理では、超解像処理とノイズリダクションを施しながら 4K 化、2 回目では 4K 化された映像にさらに超解像と NR 処理を行なう。処理の対象となる映像の解像度が異なるため、4K らしい精細感の復元とノイズ低減が図れるとする。

HDR にも対応し、Ultra HD Blu-ray(UHD BD)などで採用される「HDR10」と、4K 放送で用いられる「Hybrid Log Gamma」(HLG)の 2 方式をサポート。OLED の X910 シリーズと同じく、「AI 機械学習HDR 復元」も搭載する。UHD BD などの HDR編集コンテンツと、従来編集(SDR)コンテンツの映像素材を独自に比較/解析して得たパラメータを用いて、SDR編集の映像も高精度に HDR クオリティに復元する。

また、入力映像をシーン解析し、映像の種類を認識し、自動画質調整の精度を向上するという「AI 深層学習シーン解析」も搭載。映像配信サービスからの映像をリアルタイムに解析し、適切な超解像やノイズリダクションを加えて 4K高画質化する「ネット映像オートピクチャー」や、HDMI の音声フォーマットで放送や BD などを判別し、適切な画質で再生する「HDMI 入力自動画質調整」も備えている。

HDMI 入力は 4 系統で、全て、Ultra HD Blu-ray の 4K/60p の HDR 信号(4:2:2 12bit/HDCP 2.2)入力に対応。ゲームに必要な高画質処理を行いながら、約 0.6 フレームの低遅延を実現。1080p/120Hz 入力にも対応する。

スピーカーは、総合出力 46W(15W×2ch+8W×2ch)で、3.0×9.6cm のフルレンジ×2 と、3cm ツィータ×2 で構成。フルレンジは低歪み化した新開発のもので、ツィータは、前面放射配置で高域再現性を高めた「ノーメックスドームツィータ」を採用。マルチアンプ駆動により、迫力を向上している。DSP 処理により、音質を向上する「レグザサウンドイコライザーファイン」は、中高域の補正バンド数を従来の 120 から 213 バンドに増やすことで、低音の分解能はそのままに中高域の分解能を高めているという。
また、別売のレグザサウンドシステム「RSS-AZ55」との連携動作にも対応。RSS-AZ55 を REGZA に HDMI 接続することで、REGZA のツイータとフルレンジの高域成分を、RSS-AZ55 と同時に再生。広がりと奥行あるサウンドを実現できるという。なお、Z20X では RSS-AZ55 と Z20X のツィータのみの連動動作だったが、Z810X ではツィータに加え、フルレンジの高域成分も連動するようになった。

最大 6 チャンネルのデジタル放送番組を常時録画できる「タイムシフトマシン」も搭載。タイムシフト用の HDD は別売。チューナは、地上デジタルが 9 系統、BS/110 度 CS デジタルが 3 系統と、4K 放送用のスカパー! プレミアムチューナを搭載。通常録画の場合も、USB HDD を別途追加する必要がある。

タイムシフトマシンは、放送中の番組をボタン一つで最初から再生できる「始めにジャンプ」、放送済み番組表から見たい番組を再生する「過去番組表」、画面下に[新番組]、[いつもの番組]、[あなたにおすすめ番組]などリストを表示して、好みに合った場組をすぐに選べる「ざんまいスマートアクセス」の 3種の検索方法を用意。いずれもリモコンの専用ボタンからワンボタンで呼び出せる。また、リモコンのマイクを使って見たい番組を検索できるボイス機能も備えている。
放送や録画番組を見ながら、放送中の地デジ番組を最大 6 チャンネル同時に表示する「まるごとチャンネル」にも対応する。好きなジャンルや人物、番組などの関連番組/コンテンツの[パック]から、録画やコンテンツ検索が行なえる「みるコレ」も備えている。著作権保護技術の SeeQVault にも対応する。

映像配信サービスは、Netflix、ひかり TV 4K、ひかり TV 4K-IP 放送、YouTube、dTV、アクトビラ 4K、DMM.com、TSUTAYA TV、U-NEXT、niconico、クランクインビデオに対応する。

【主な仕様】
画面サイズ65V型
解像度3,840×2,160ピクセル
パネルVA方式 直下型LED ハイコントラストブラックパネル[4Kパネル]
チューナー地上デジタル(CATVパススルー C13-C63)×9
BS・110度CSデジタル×3
スピーカーフルレンジ:3.0x9.6cm / 2個、ツィータ?:3.0cm / 2個(15W+15W+8W+8W)
高画質レグザエンジン Beauty PRO
直下型LEDハイブリッドエリアコントロール
美肌高画質 美肌リアライザー
地デジ高画質 アダプティブフレーム超解像
ハイダイナミックレンジ復元 アドバンスドHDR復元プロ
広色域復元プロ
64色軸カラーイメージコントロール
HDMI規格 HDR入力対応
おまかせオートピクチャー
インパルスモード
録画・再生機能タイムシフトマシン(過去番組表)
始めにジャンプ
ざんまいスマートアクセス
タイムシフトリンク
「おまかせ録画」機能
USBハードディスク録画(「BSも地デジも3チューナーW録」対応)
SeeQVault
簡単連ドラ予約
Wマジックチャプター
エンターテインメント/ネットワークみるコレ
レグザリンク・ダビング
ゲーム機能(4Kゲーム・ターボ)
動画配信サービス
高速レグザ番組表
まるごとチャンネル
DLNA(サーバー/クライアント)
高音質音響システム レグザオーディオシステム
レグザ サウンドイコライザーファイン
インターフェースHDMI(3840×2160:60P/30P/24P 4096×2160:30P/24P)×4
ビデオ入力端子×1
光デジタル音声出力端子×1
ヘッドホン出力端子(ステレオミニジャック)×1
USB(外付けHDDに録画可能)×4
LAN(DLNAクライアント機能搭載)×1
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n×1
本体サイズ(スタンド含む)(幅)1461×(奥行)327×(高さ)913×(直径)×(全長)ミリ
本体重量(スタンド含む)約24.5キログラム
消費電力467W(待機時 0.4W)

ラインナップ







最終更新日  2017.02.10 12:01:50
コメント(0) | コメントを書く


2017.02.07
テーマ:液晶テレビ(298)
カテゴリ:家電
4K液晶テレビ「REGZA X910シリーズ」

4K液晶テレビ「REGZA X910シリーズ」

 真実の“黒”を求め、より深く映像に没入できる高画質
製造/販売東芝
製品情報4K液晶テレビ「REGZA X910シリーズ」
価格比較ここをクリック 

REGZA 史上初の有機 EL パネルを搭載した 4K テレビ。
4K解像度の有機 EL パネルを採用するほか、新開発の映像エンジン「OLED レグザエンジン Beauty Pro」により、「圧倒的な没入感」を目指した REGZA のフラッグシップシリーズ。画面とスタンドを同一面で形成したフラッシュフロントスタンドによるスタイリッシュなデザインも特徴。

55/65 型とも 4K/3,840×2,160 ドットの有機 EL パネル(OLED)を採用し、自発光の有機 EL デバイスの特性を活かした、黒色の締りと新映像エンジンによる暗部と明部の階調表現力、コントラスト表現力などが特徴。

HDR に対応。Ultra HD Blu-ray などで採用している HDR10 と放送で用いられる「Hybrid Log Gammma」(HLG)の 2 つの HDR 方式をサポートする。映像エンジンは「OLED レグザエンジン Beauty Pro」。

OLED レグザエンジン Beauty Pro には、「AI 機械学習HDR 復元」を搭載。Ultra HD Blu-ray を中心に、複数の従来編集(SDR)と HDR編集の映像素材の比較から得たパラメータから、機械学習によって復元テーブルを作成し、SDR編集の映像も高精度に HDR クオリティに復元し、高コントラストな映像を再現するという。
また、入力映像をシーン解析し、映像の種類を認識し、自動画質調整の精度を向上するという「AI 深層学習シーン解析」も搭載。映像配信サービスからの映像をリアルタイムに解析し、適切な超解像やノイズリダクションを加えて 4K高画質化する「ネット映像オートピクチャー」や、HDMI の音声フォーマットで放送や BD などの種類を判別し、適切な画質で再生する「HDMI 入力自動画質調整」も備えている。

パネルスペックは全白で約 700nit、通常の映像だと 400nit程度だが、黒色の表現力が高いため、ハイコントラストな映像表現が可能。映像の局所的な黒つぶれと白とび(色飽和)を抑制し、映像全体のコントラスト制御と組み合わせることにより、自然で豊かな階調表現を実現する「ローカルコントラスト復元」も搭載する。

「4K 広色域復元プロ」により広色域化。6,144項目のデータベース参照と、64色軸の高精度色空間処理により、「物体の色限界を超えない最明色制御」を実現し、過度な色強調を抑えて、自然でリアルな色彩を再現する。なお、色域カバー率は、BT.2020 比で 80%を超える液晶の Z810X シリーズのほうが広いという。
映像エンジンの強化により、5 フレーム(4K 映像入力時は 3 フレーム)を参照し、ノイズ処理を行ないながら精細感を復元する「複数フレーム超解像」が「アダプティブフレーム超解像」に進化。アニメや CM、映画など、映像の種類ごとに適切な参照フレームを選択し、さらにノイズやチラつきを抑えたクリアな映像を実現できるという。
また、24 フレーム映像に、超解像処理とノイズリダクションをそれぞれ 2 回行ない、精細感を高める「熟成超解像」も搭載。1 回目の処理では、超解像処理とノイズリダクションを施しながら 4K 化、2 回目では 4K 化された映像にさらに超解像と NR 処理を行なうことで、4K らしい精細感とノイズ低減が図れるとする。明るいシーンでの色飽和を抑え、立体感ある肌表現を実現する「美肌リアライザー」も搭載する。

有機 EL 専用のモードとして、動画ボケを抑制する「ハイクリア」/「ハイモーション」モードを搭載。60p の信号入力時に黒挿入を行なうことで、動画ボケ(ホールドボケ)を抑制するモードで、輝度は若干落ちるが映像のスムーズさを向上する。ハイモーションは、24p 信号時に黒挿入だけでなく、現信号を加えた映像を入力し、さらに滑らかさを向上するという。
ネット配信映像に対して、リアルタイムに解像度を判別し、適切な超解像処理・ノイズリダクションを行ない、スムースで高画質な 4K 映像とする「ネット映像オートピクチャー」も搭載する。

「ラウンジデザインコンセプト」と呼ぶ、新デザインも特徴。6.5mm の有機 EL パネルの薄さを活かし、フロアスタンドとパネル面が同一面となる「フラッシュフロントスタンド」を採用。「スクリーンだけが際立つ、文鎮に紙を挿したようなデザイン」を目指した。

スピーカーは下向きのインビジブル配置だが、新開発の「有機 EL レグザオーディオシステム」を搭載。Z20X 比で 200%以上という大容量のバスレフボックスと、3.0×9.6cm のフルレンジ×2、3cm のシルクドームツィータ×2 で構成。総合出力は 46W(15W×2ch+8W×2ch)。
特に 50Hz~100Hz の厚みを増し、「インビジブルで最高の音を目指した」という。ツィータとフルレンジユニットのそれぞれをマルチアンプ駆動し、最適な帯域分割を行なうことで、広いダイナミックレンジを実現。DSP による、レグザ サウンド イコライザー ファインは、FIR の数を 213 に増やすことで、中高域の分解能を高めている。

最大 6 チャンネルのデジタル放送番組を常時録画できる「タイムシフトマシン」も搭載。タイムシフト/通常録画用の HDD は別売。チューナは、地上デジタルが 9 系統、BS/110 度 CS デジタルが 3 系統と、4K 放送用のスカパー! プレミアムチューナを搭載する。
タイムシフトマシンは、放送中の番組をボタン一つで最初から再生できる「始めにジャンプ」、放送済み番組表から見たい番組を再生する「過去番組表」、画面下に[新番組]、[いつもの番組]、[あなたにおすすめ番組]などリストを表示して、好みに合った場組をすぐに選べる「ざんまいスマートアクセス」の 3種の検索方法を用意。いずれもリモコンの専用ボタンからワンボタンで呼び出せる。また、リモコンのマイクを使って見たい番組を検索できるボイス機能も備えている。
放送中の地デジ番組を最大 6 チャンネル同時に表示する「まるごとチャンネル」にも対応。「地デジで今どんな番組が放送されているか」が一覧でわかるのが特徴。
好きなジャンルや人物、番組などの関連番組/コンテンツの[パック]から、録画やコンテンツ検索が行なえる「みるコレ」にも対応。パックを選択すると、録画番組や未来番組(今後放送予定)、YouTube などから見たい番組を選べ、例えば最新アニメのパックを選べば、関連番組を一気に録画予約(通常録画)できる。著作権保護技術の SeeQVault にも対応する。

映像配信サービスは、Netflix、ひかり TV 4K、ひかり TV 4K-IP 放送、YouTube、dTV、アクトビラ 4K、DMM.com、TSUTAYA TV、UNEXT、niconico、クランクインビデオに対応する。

参考サイト
  1. 初の有機 EL テレビとは思えない超高画質、東芝「X910」を試す:ITmedia
  2. 東芝が初の 4K 有機 EL テレビ「X910」シリーズを発表――あの「KURO」と同じ映像モードを搭載 :ITmedia

【主な仕様】
画面サイズ65V型
解像度3,840×2,160ピクセル
パネル4K有機ELパネル
チューナー地上デジタル(CATVパススルー C13-C63)×9
BS・110度CSデジタル×3
スピーカーフルレンジ:3.0x9.6cm / 2個、ツィータ?:3.0cm / 2個(15W+15W+8W+8W)
高画質OLED レグザエンジン Beauty PRO
4K有機ELパネル
美肌高画質 美肌リアライザー
地デジ高画質 アダプティブフレーム超解像
ハイダイナミックレンジ復元 アドバンスドHDR復元プロ
広色域復元プロ
64色軸カラーイメージコントロール
HDMI規格 HDR入力対応
おまかせオートピクチャー
インパルスモード
録画・再生機能タイムシフトマシン(過去番組表)
始めにジャンプ
ざんまいスマートアクセス
タイムシフトリンク
「おまかせ録画」機能
USBハードディスク録画(「BSも地デジも3チューナーW録」対応)
SeeQVault
簡単連ドラ予約
Wマジックチャプター
エンターテインメント/ネットワークみるコレ
レグザリンク・ダビング
ゲーム機能(4Kゲーム・ターボ)
動画配信サービス
高速レグザ番組表
まるごとチャンネル
DLNA(サーバー/クライアント)
高音質音響システム 有機ELレグザオーディオシステム
シンクロドライブ対応
マルチアンプ駆動
レグザ サウンドイコライザーファイン
インターフェースHDMI(3840×2160:60P/30P/24P 4096×2160:30P/24P)×4
ビデオ入力端子×1
光デジタル音声出力端子×1
ヘッドホン出力端子(ステレオミニジャック)×1
USB(外付けHDDに録画可能)×4
LAN(DLNAクライアント機能搭載)×1
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n×1
本体サイズ(スタンド含む)(幅)1451×(奥行)190×(高さ)851×(直径)×(全長)ミリ
本体重量(スタンド含む)約42.5キログラム
消費電力533W(待機時 0.5W)

ラインナップ

  







最終更新日  2017.02.07 12:03:49
コメント(0) | コメントを書く


2017.02.06
カテゴリ:家電
コードレススティッククリーナー「AQC-LX1E」

コードレススティッククリーナー「AQC-LX1E」

 リチウムイオン充電池を搭載し、モーターもパワーアップ
製造/販売アクア
製品情報コードレススティッククリーナー「AQC-LX1E」
価格比較ここをクリック 

リチウムイオンバッテリーの搭載により、標準モードで約 50 分、強モードでは約 25 分間の動作が可能になった。あわせて従来機の約 1.4 倍の出力を持つモーターを採用して吸引力をアップ。本体部分を外せばハンディ掃除機としても使える。
このほか、チリやホコリが付着しやすい部品を水洗いできる設計に加え、フィルターセットをティッシュで包むことによりフィルターの目詰まりを低減させる「ティッシュでブロック」などを従来機から継承している。







最終更新日  2017.02.06 19:22:42
コメント(0) | コメントを書く


2017.01.01
カテゴリ:家電
eufy Lumos E1デスクライト

eufy Lumos E1デスクライト

 USB充電ポートを2つ備えスマホの充電も可能
製造/販売ANKER
製品情報eufy Lumos E1デスクライト
価格比較ここをクリック 

USB 充電ポートを 2 つ備えた LED ライトで、調光機能だけでなく調色機能もある。電球色のような光にも変えられ、就寝前の読書におすすめ。
LED の発光部には、ライトの揺らぎやまぶしさを防ぐためのディフューザーと導光板を搭載しており、LED の発光部は見えない。
手前側にある大きな円形のタッチスイッチで調光を行い、奥の小さな円形タッチスイッチで光色を切り替える。調光は 6 段階で、円周に沿ってスイッチが配置しているので、これらの中から選ぶと照度が切り替わる。
調光機能は 5 段階で、もっとも電球色寄りにすると、かなり黄色みがかった色になる。ただ、この暖かく黄色い光は寝る前の読書をとてもリラックスした雰囲気にしてくれる。
USB 充電機能は、ANKER の独自技術「PowerIQ」を採用しており、各ポート最大 2.4A、両ポートで合計最大 3A で充電できる。







最終更新日  2017.01.01 17:18:59
コメント(0) | コメントを書く
2016.12.27
カテゴリ:家電
4K対応プロジェクター「DLA-X770R」

4K対応プロジェクター「DLA-X770R」

 新たに「HDRオートピクチャーモード」を追加
製造/販売JVCケンウッド
製品情報4K対応プロジェクター「DLA-X770R」
価格比較ここをクリック 

従来通り画素ずらし機構の「e-shift 4 テクノロジー」を搭載したモデルとなっている。
光源は 265W の高圧水銀ランプで、最高輝度は 1900lm(ルーメン)と従来機「DLA-X750R」(1800lm)よりも向上。独自の光学エンジンと組み合わせ、ネイティブコントラストは 13 万:1(従来機は 12 万:1)に拡大した。また入力映像を独自アルゴリズムで解析し、黒レベルを自動制御する「インテリジェント・レンズ・アパーチャー」との組み合わせによりダイナミックコントラストも 130 万:1(従来は 120 万:1)となった。
新たに追加された HLG は、NHK と BBC が開発した HDR 方式の 1 つ。4K 放送や 4K ストリーミングなどへの採用が予定されており、今後の普及が見込まれている。また新製品では HLG 対応と同時に「HDR オートピクチャーモード」を追加。Ultra HD Blu-ray の HDR10 信号が入力されると自動的に切り替わるという。
両モデルの違いは、レンズカバーの有無やコントラスト性能など。DLA-X570R は最高輝度が 1800lm で、ダイナミックコントラストは 40 万:1 というスペックになっている。なお、DLA-X570R のみホワイトモデルをラインアップしている。
外形寸法は両モデルとも 455(幅)×179(高さ)×472(奥行き)mm。重量は DLA-X770R が 15.6kg、DLA-X570R は 15.4kg。

ラインナップ

DLA-X770R
DLA-X770R
DLA-X570R
DLA-X570R
 







最終更新日  2016.12.27 12:47:46
コメント(0) | コメントを書く
2016.12.21
カテゴリ:家電
電気ケトル「CK-AW10」

電気ケトル「CK-AW10」

 沸騰1時間後でもカップラーメンに適温とされる85℃をキープ
製造/販売象印マホービン
製品情報電気ケトル「CK-AW10」
価格比較ここをクリック 

容量は 1 リットル。倒れてもお湯が漏れない店頭湯漏れ防止機能付き。
沸騰後、約 2 分 30秒カルキとばしを行い、完了後は音でお知らせ。カルキ臭をしっかり除去します。
内容器にコーティングしたプラチナナノ粒子の作用で、お湯が弱アルカリ化し、茶葉からカテキンの抽出がより促進されます。
内容器の底部と上部に 2 つの沸とう検知センサーを搭載し、蒸気の発生をしっかりと見張ります。高温の蒸気が出ないので、キッチンやリビングなど蒸気の気になる場所でも、置き場所を選ばず快適に使えます。

ラインナップ

CK-AW101L
CK-AW10
1L
CK-AW080.8L
CK-AW08
0.8L
 







最終更新日  2016.12.21 12:14:37
コメント(0) | コメントを書く
2016.12.20
カテゴリ:家電
プロジェクター「RICOH PJ WXC1110」

プロジェクター「RICOH PJ WXC1110」

 小型軽量筐体を採用した短焦点プロジェクター
製造/販売リコー
製品情報プロジェクター「RICOH PJ WXC1110」
価格比較ここをクリック 

本体重量約 450 グラムの小型軽量筐体を採用した DLP プロジェクターで、LED 光源を採用し 2 万時間(エコモード時で 3 万時間)の長寿命を実現した。短焦点設計となっているのも特徴で、90 センチの位置から 50 型投写を行うことが可能だ。
表示解像度は 1280×800 ピクセルに対応。映像入力は HDMI(MHL 2.0 対応)、アナログ D-Sub を備えるほか、USB/MicroSD カードスロットも装備しており USB メモリ/MicroSD カードも使用できる。







最終更新日  2016.12.20 12:27:01
コメント(0) | コメントを書く
2016.12.15
カテゴリ:家電
炊飯器「Wおどり炊き SR-SPX106」

炊飯器「Wおどり炊き SR-SPX106」

 赤飯コースを用意
製造/販売Pnasonic
製品情報炊飯器「Wおどり炊き SR-SPX106」
価格比較ここをクリック 

可変圧力と交互対流によるWおどり炊き機能を搭載。さらに 220℃スチームにより、炊きあがり直前で余分な水分を蒸発させ、艶がありながらべた付きのないご飯に炊きあげる。
赤飯コースでは、もち米のざる上げが不要に。もち米を研いですぐに炊飯でき、蒸し器でつくったものと同じようなもちもちと弾力のある赤飯が、わずか 46 分で炊きあがる。

カラーバリエーション

スノークリスタルホワイト
スノークリスタルホワイト
ルージュブラック
ルージュブラック
 







最終更新日  2016.12.15 12:34:13
コメント(0) | コメントを書く
2016.12.10
カテゴリ:家電
プラズマクラスター空気清浄機「FU-GK50」

プラズマクラスター空気清浄機「FU-GK50」

 薬剤を使わないので赤ちゃんのいる部屋でも安心
製造/販売シャープ
製品情報プラズマクラスター空気清浄機「FU-GK50」
価格比較ここをクリック 

UV ライトと黒いボディ、そして隠れやすい小窓に寄ってくる蚊を吸い込み、粘着性の高い蚊取りシートで捕らえる。







最終更新日  2016.12.10 19:10:58
コメント(0) | コメントを書く
2016.12.04
カテゴリ:家電
多機能電気鍋「BRUNO グリルポット」

多機能電気鍋「BRUNO グリルポット」

 直火にかけても大丈夫
製造/販売イデアインターナショナル
製品情報多機能電気鍋「BRUNO グリルポット」
価格比較ここをクリック 

煮る、焼く、蒸す、揚げるの 4通りの調理に使える多機能電気鍋。
鍋と電源ベースは分離できる構造になっており、鍋の部分は直火調理にも対応。コンロで調理後、食卓で保温するという使い方もできる。

カラーバリエーション







最終更新日  2016.12.04 13:08:21
コメント(0) | コメントを書く

全440件 (440件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 44 >

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.