3826582 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

さっちゃんのお気楽ブログ2

私のブログへようこそ
毎日絵を描いてアップしています。
どうぞよろしくお願いします。

2010年2月までのブログはこちら
「さっちゃんのお気楽ブログ」


2016年06月23日
楽天プロフィール XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

30年前の作品

「30年前の作品です」  2013年6月11日の記事です

1981年の頃の水彩の作品が数枚出てきました
一生懸命に描いたようです
描きたくて自分流の未熟な作品ですが
なつかしくあのころを思い出しています
今はチョチョイいのチョイと筆先でかいていますが
あのころは真剣に うまく描こうと力が入りすぎています
夢がいっぱいでした もちろん今も夢がいっぱいです


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「藍の没落」の中に書かれているようなことについて、
子供の頃、断片的に聞かされていた記憶はあります。
さっちゃんの残した資料を整理していると、
父親が何代も前からの家系を整理し残したものを、
引き継いでまとめていました。
日頃からこうした資料や記録を大切にしているから
こんな作品が書けるのだなあと改めて思いました。

                    syun
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「藍の没落」(3)

<つづき>
S家といえば、母の家に冠婚葬祭があれば
本家のS氏の代理として奥様が出席される。
まるで華族さまの令夫人のように、
一同が並んで平伏する中を、背筋をピンと張って、
音もなく白足袋が一同の目の前をツーツーと通り抜けて、
一番奥の上座に、何のためらいも見せず着座される。
私は母の横にかしこまって、子供心に、
大した御方だと目をみはって眺めたのを思いだす。
封建思想のまだ残っていた昭和初年に、
女も身分が高ければ、
あれだけの威厳ある態度が見に備わるものかと、
並みいる叔父たちが小さく見えたことだった。

そのS家も戦後は農地改革で、
祖先が開拓した○○新田など広大な土地を失い、
市井に埋もれてしまった。

今は吉野川も氾濫することは無くなった。
祖父の墓参りにいくと、辺りは銀色のハウスの波が打つ。
役場の帳簿には祖父の名が残っているのは、
この方五尺の墓地だけである。
幼い頃両親と訪れた時は一面の桑畑であった。
水車がコトコト廻って眠気を誘い、
小川には目高が群れていた。

戦前、何かの折に京阪神から帰ってきて、
わいわい騒ぎ、懐かしがったり、
会えば必ず口喧嘩する兄妹もいて、
賑やかだった叔父叔母たちは、もう一人もいない。
いとこ達との付き合いも次第に薄れてきた。

自然も変わる、社会の流れも変わる。
人の心も当然変わるものなのだ。
(おしまい)



本郷さん





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2016年06月24日 18時44分50秒
コメント(6) | コメントを書く

PR

楽天プロフィール

設定されていません

カレンダー

お気に入りブログ

オレガノの小道。ア… New! チマミ2403さん

静物 New! ピカさん65さん

藤沢・藤沢市民会館… New! カンちゃん0760さん

我が家のニャンコ♪ク… New! すえドンさん

さっちゃんのお気楽… fortune5245さん

コメント新着

せせらぎはなこ@ Re:「藍の風」より ~「藍の没落」(3)~(06/23) New! アルプスさん 毎日のコメント絶好調ですね…
せせらぎはなこ@ Re:「藍の風」より ~「藍の没落」(3)~(06/23) New! さっちゃんはいつも夢を持ち続けておられ…
みっこ@ Re:「藍の風」より ~「藍の没落」(3)~(06/23) New! おはようございます! 今日はどんよりして…
お散歩うさぎさん@ Re:「藍の風」より ~「藍の没落」(3)~(06/23) New! こんばんは。 >今はチョチョイいのチョイ…
せせらぎはなこ@ Re:「藍の風」より ~「藍の没落」(2)~(06/22) New! 昨夜よりエキスポシティ日本一の観覧車が…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2016 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.