1145612 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

西條剛央のブログ:構造構成主義

PR

Rakuten Profile

設定されていません

 西條剛央のブログです。

 心理学,哲学,質的研究、子育てが専門。
 構造構成主義(本質行動学)を体系化。

 早稲田大学大学院MBA(客員准教授)。本質行動学アカデメイア(代表取締役)、一般社団法人ふんばろう支援基金(代表理事)。スマートサバイバープロジェクト(代表)。ふんばろう東日本支援プロジェクト元代表。兼業主夫。

 SNSは主にFacebookに生息。Twitterは情報発信専門です(saijotakeo)。

 まったく更新していないにもかかわらず平均300人ほどの方にご来訪いただき、気づいたら100万人を突破しておりました。ご愛顧いただいた皆様、本当にありがとうございます。

 以下のFacebookで記事を配信しております。「Facebook 西條剛央」で検索し、適宜フォローしていただくか、メッセージの上、友達申請していただければありがたいです。
https://www.facebook.com/saijotakeo



 初の新書にして近年の集大成となる『チームの力——構造構成主義による“新”組織論』が公刊されました。おかげさまで公刊前に重版が決まったとのことです。感謝感謝です。



こちらから序章の「進撃の巨人の“巨人”とは何か」に加えて、あとがき「いいチームとは何か」も全文無料で試し読みできます。ぜひ、ご一読ください。http://www.chikumashobo.co.jp/special/team_power/ …



『構造構成主義研究』では,北大路書房の全面協力によって、以下の構造構成主義研究のシリーズ全巻の売上の一部を東日本大震災の義援金とさせていただくことになりました。

思想がひらく未来へのロードマップ ◆ 構造構成主義研究6
西條剛央、京極 真、池田清彦 編著 / 北大路書房 / \2,600+税



http://www.amazon.co.jp/思想がひらく未来へのロードマップ-構造構成主義研究-西條-剛央/dp/4762828521



・『よい教育とは何か――構造構成主義研究5』(2011年4月)

【送料無料】よい教育とは何か

【送料無料】よい教育とは何か
価格:2,730円(税込、送料別)



・『持続可能な社会をどう構想するか-構造構成主義研究4』(2010年3月)→http://ow.ly/4mcIH




・『なぜいま医療でメタ理論なのか――構造構成主義研究3』(2009年3月公刊)→http://ow.ly/4mcHg




・『信念対立の克服をどう考えるか――構造構成主義研究2』(2008年3月公刊)→ http://ow.ly/4mcG0




・『現代思想のレボリューションー構造構成主義研究1』西條剛央・京極真・池田清彦(編著)→http://ow.ly/4mcAT



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ふんばろう東日本支援プロジェクトの活動をまとめたチャリティー本が出版されました。

この本は、あの3・11からはじまります。
あの揺れと、いつ収束するかわからない原発事故の中で自ら南三陸町に行き、プロジェクトを立ち上げていく過程をノンフィクションで描きながら、どんなときも力を発揮できる構造構成主義の考え方を伝えていくものです。みなさまの応援のおかげでAmazonで総合1位を獲得しました。

http://www.amazon.co.jp/人を助けるすんごい仕組み――ボランティア経験のない僕が、日本最大級の支援組織をどうつくったのか-西條-剛央/dp/4478017972

http://www.amazon.co.jp/~被災地からの手紙-被災地への手紙~-忘れない。-西條剛央+ふんばろう東日本支援プロジェクトおたより班/dp/4479392262

印税全額と、出版社の売り上げの一部が、ふんばろう東日本支援プロジェクトをはじめとする復興支援活動に寄付されます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


『看護研究で迷わないための超入門講座――研究以前のモンダイ』




▼ 主著:西條剛央『構造構成主義とは何か』(北大路書房)
以下↓に「もくじ」や池田清彦先生による序文が掲載されています。
http://plaza.rakuten.co.jp/saijotakeo0725/3000




▼『ライブ講義・質的研究とは何か SCQRMベーシック編――研究の着想からデータ収集、分析、モデル構築まで』(新曜社)
以下↓に「はじめに」を掲載しておきました。
http://plaza.rakuten.co.jp/saijotakeo0725/11000




▼『ライブ講義・質的研究とは何か SCQRMアドバンス編――研究発表から論文執筆、評価、新次元の研究法まで』(新曜社)



以下↓に「アドバンス編のためのまえがき」と「あとがき」を掲載しておきました。
http://plaza.rakuten.co.jp/saijotakeo0725/11001
http://plaza.rakuten.co.jp/saijotakeo0725/11002


▼『エマージェンス人間科学:理論・方法・実践とその間から』
西條剛央・菅村玄二・斎藤清二・京極真・荒川歩・松嶋秀明・黒須正明・無藤隆・荘島宏二郎・山森光陽・鈴木平・岡本拡子・清水武(編著)北大路書房

以下↓に「はじめに」が掲載されています。
http://plaza.rakuten.co.jp/saijotakeo0725/14000




▼西條剛央・京極真・池田清彦(編著)『構造構成主義の展開 21世紀の思想のあり方(現代のエスプリ)』(養老孟司,内田樹,甲野善紀,竹田青嗣,他豪華執筆陣)

以下↓に「もくじ」と「巻頭言」が掲載されています。
http://plaza.rakuten.co.jp/saijotakeo0725/10000



▼池田清彦・西條剛央(著)『科学の剣 哲学の魔法』




▼『構造構成的発達研究法の理論と実践』(北大路書房)




▼『母子間の抱きの人間科学的研究』(北大路書房)



【団体その他】

▼本質行動学アカデメイア(代表取締役)
http://akademeia.jp.net

▼いいチームを作りましょうプロジェクト(代表)
http://akademeia.jp.net/?page_id=583

▼スマートサバイバープロジェクト(代表)
http://wallpaper.fumbaro.org/survivor/

▼ふんばろう東日本支援プロジェクト(アーカイブ)
http://fumbaro.org

▼構造構成主義の公式HP
http://structuralconstructivism.googlepages.com/
2015/05/13
楽天プロフィール XML
カテゴリ:お知らせ
いいチームを作りましょう  〜ソーシャルと成果を両立させる金融とボランティア組織の共通本質から学ぶ〜

(「いいチームを作りましょうプロジェクト」第一回キックオフイベント)

日時 2015年6月24日(水)19:00~21:00 開場:18:30

場所 めぐろパーシモンホール(大ホール) 

参加費 2000円(Paypalによるカード決済での事前お支払い)

申し込みはこちらから。新井さんのプロフェッショナル仕事の流儀が大反響で、申し込みが殺到しているため、定員になり次第締め切らせていただきます。お早めにお申し込みください。
http://akademeia.jp.net/?page_id=475





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015/05/13 02:54:45 PM
カテゴリ:本質行動学
鎌倉投信の新井和宏さんらと「いいチームを作りましょうプロジェクト」を立ち上げました。
http://akademeia.jp.net/?page_id=583

これが当面のメインフィールドになっていくと思います。

趣旨にご賛同いただける方にはどなたでもご参加いただけます(無料です)。

ふるってご参加ください。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015/05/13 02:49:17 PM
カテゴリ:雑感
「あなたが自然体で輝ける場所、それがあなたの居場所です。」





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015/05/13 02:30:35 PM
カテゴリ:レビュー
国際的に活躍されており、多数のご著書も出版されている原田武夫さんが、IISIAの公式Facebookページに『チームの力』の書評を書いてくださいました。

https://www.facebook.com/iisia.jp/posts/865217800216109

以下に引用させていただきます。ありがとうございました!(^o^)

—————————————————————
原田武夫です。あらためまして・・・こんばんは。

本日は午前は執筆、その後かるーくワインを買いにお買い物。

そして午後はどっぷりと読書デー。

いやー、久々にとれた読書時間に楽しくて仕方が無くって。。(^^)/

そんな中出会ったのがこの1冊。

西條さん、私と全く違ってナイスガイ+イケメンですが(!)、他方、考え方は非常に共感できるなぁと思いました。

東日本大震災の直後に全くもってspontaneouslyに支援組織を全国規模で立ち上げられ、意味ある緊急災害支援をされた方です。

早稲田大学の先生でもあります。

非常に参考になったのは次の一句です:

「では、人間とはどのような心を持っているのだろうか。すべての人間に共通する本質とは何だろうか。それは、『すべての人間は関心を充たして生きたいと欲してしまう』ということだ」(西條剛央「チームの力」第151頁参照)

正直、ハッとしました!

普段、human resource managementのコンサルティングや産業人財育成をやっている私ですが、ここに来てvolatilityが激しくなる世の中に対応出来るのは基本的に、行動特性(コンピテンシー)が高いこと、それ以上でもそれ以下でもないという頭に凝り固まっていたように思います。

つまり「達成志向」「柔軟性」「自己認知力」ですね。

要するに素直でなんでもやる人ということですが。。。

しかし!

お仕事は「関心」があってのこと。

確かにそうだなぁ、と。

それがヴォランティアではなおさらですよね。実体験に基づいた言葉が胸に刺さります。

是非ご一読を。


読みやすく、HRMの世界、心理学の世界、哲学の世界、そして何よりも自己啓発しながら前に進む力の世界、その中間領域を示して下さいます。

西條先生・・・これからもっともっと売れそうな方です(^^)/


(※トレンド・ウォッチャーの私がいうのだから・・・・間違いない!!)






Last updated  2015/05/13 02:05:36 PM
カテゴリ:雑感
「西條剛央のブログ」、ひさしく更新していないにもかかわらず、平均300人ほどの方にご来訪いただだき、気づいたら100万人を突破しておりました。感謝感謝です。
http://plaza.rakuten.co.jp/saijotakeo0725/

「別名たまにしか更新されないブログです。すいません。」と書いてありますが、11ヶ月振りに更新します。年1ぐらいのペースですな(笑)。

少し遡って5月からFacebookの記事をアップしてまいります。





しかし、この楽天ブログ、間違ってたまたま使うことになったのですが、正直使い勝手がよくないんですよね〜(>_<) 

今時、写真の容量1枚500KBまでって終わってるでしょ(笑)。iPhoneの写真すらアップできませんぜ。

http://portal.faq.rakuten.co.jp/app/answers/detail/a_id/22821


心理的にはFacebookの10倍の労力がかかるという。楽天さんもう少し改善できないものでしょうか(そもそも楽天ブログ自体やる気がなくて放置しているんでしょうね)。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015/05/13 02:44:12 PM
2015/05/12
カテゴリ:レビュー

我々「いいチームを作りましょうプロジェクト」(http://akademeia.jp.net/?page_id=583)代表の新井和宏Kazuhiro Araiさんが昨日「プロフェッショナル仕事の流儀」にご出演されました!(再放送は5月16日(土)午前1時10分~午前1時58分です!)


自然体で、本質からぶれずに、投資先の企業のことを親身になって考え、本来の投資のあるべき姿を体現している姿、本当にかっこよかったです。世の金融マンにも本来こうあるべきだよなと響くものがあったのではないでしょうか。

思わず自分のことのように誇らしくなり、2歳前の娘に「パパのお友達なんだよ」と自慢してしまいました(笑)。子どもに自信をもって見せられる大人の姿って素敵ですよね。


新井和宏著『投資は「きれいごと」で成功する』

Amazonでも、本のベストセラー総合2位になっていました。
http://u111u.info/kTi2


総合2位は、かなり驚異的なことです。

ここまできたら、みなさんのお力で1位にしちゃいましょう!

まだ購入されていない方は、ぜひご購入ください。以糸井重里さんもTwitterで絶賛していたように、買って絶対損はしないです。というか歴史のターニングポイントになる本です。読まなきゃ損です!


—————————————————————
糸井 重里 @itoi_shigesato
『プロフェッショナル』新井和宏さんの回、よかった。『投資は「きれいごと」で成功する』という本とおおよその内容は同じなんだけど、肉声がとても大事なんだよなぁ。最後に登場していた会社が、問題をどう乗り越えるか、とても興味深い。再放送は5月16日(土)午前1時10分~午前1時58分
—————————————————————

ご支援のほどどうぞよろしくお願いします。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015/05/13 02:22:56 PM
2015/05/11
カテゴリ:雑感
数日前、
 
「是が非でも叶えたい願いを叶えるためにはどうすればよいか?
  
答えはシンプルで、
 
流れやタイミングを見つつ、その目的を実現するために役立つと考えられる“すべてのことをやる”ことだ。」 

といった記事を書いた。
 

この“すべてやる”のもっともよい見本は、結婚式のときの花嫁さんだ。
 
結婚式に出て、みなれた友人や後輩達をみて、「うわぁ、綺麗だなあ」と思ったことは一再ではないはずだ。ときには「こんなに綺麗だったとは」と驚いたこともあるだろう。 

綺麗とは姿勢やら衣装やら表情やらすべてを含んだ、全体的な雰囲気を指している言葉なのだと思う。

そういう意味で、綺麗じゃない花嫁さんはいない。

ということは、綺麗であろう、素敵であろうとしてできることをすべてやれば、綺麗な人だと思われることはほぼ誰にでも可能だということだ。

もちろん、プロのトーナメント戦のような激しい競争となれば、そこを勝ち抜くためには「できることをすべてやる」という姿勢で臨んでくる人たちとの勝負になるため、そうすればすべて叶うといえるほど単純ではない。しかし、そうしたバトルロワイヤル的なシチュエーションは、むしろ競争をわかりやすくゲーム化するために人為的に作られたひどく偏った状況といえる。


だから、そういうことを除けば、たいていのことは、本気で望んで「できることをすべてやれば叶う」ということを、漏れなく綺麗な花嫁さんは教えてくれている。 



 

あるいは、目的に向かって、すべてのエネルギーを一点集中、板にキリで穴をあけるようなそんなイメージ。
 

太陽光線ですら、虫眼鏡で集めるだけで、着火することができる。
 

あなたのエネルギーもすべて集中させれば、たいていのことはできる。
 

紀元後になってたかだか2000年ちょっと。
 

ぼくらはうまくすれば100年生きることができる。紀元後の世界史の1/21を僕らは作ることができるのだ。
 

ひとり一人の集中力と継続力が組み合わさったなら、世界だって変えられる。
 

そう思うと希望はいくらでもある。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015/05/13 02:15:42 PM
2015/05/10
カテゴリ:本質行動学
初の新書にして近年の集大成となる『チームの力——構造構成主義による“新”組織論』が公刊されました。おかげさまで公刊前に重版が決まったとのことです。感謝感謝です。


こちらの筑摩書房特設サイトで、序章の「進撃の巨人の“巨人”とは何か」に加えて、あとがき「いいチームとは何か」も全文無料で試し読みできます。ぜひ、ご一読ください。
http://www.chikumashobo.co.jp/special/team_power/












Last updated  2015/05/13 02:35:13 PM
2015/05/09
カテゴリ:雑感
気づいたらFacebookに、200人以上の友達申請がΣ(゚д゚lll)

共通の友達が多くいたりしたかたは一部承認させていただきました。全部は見切れませんでした。すいません…。


共通の友達がいないと、いまだ乗っ取られることもあるようなので、友達をご希望の方はお手数ですが、一言メッセージをいただけるとありがたいです。あるいはフォローをしていただければと思います。

どうぞよろしくお願いします。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015/05/13 01:53:25 PM
カテゴリ:本質行動学
意志の強さは願望の強さに相関(比例)する。 


意志の強さは欲求に逆相関する。
 

ゆえに、願いと欲求が背反している場合、ブレーキとアクセルを両方踏んでいるような状態になる。
 

願望が強く、欲求が弱ければ、意志はつよいということになる。
 

欲求が強く、願望が弱いと、意志は叶えられない。
 

たとえば、もう少し痩せて綺麗になりたいとなんとなく願っていても、食欲が圧倒的に強ければ、食べてしまう。
 

そういう場合、願いと欲求を両立できないか?と考えてみるとよい。
 

食べても痩せる方法を考えるのだ。冷蔵庫にカロリーの低い好きな食べ物をたくさんいれておくとか。
 

それから欲求を弱くする方法を考える。たとえば、部屋にいるとつい漫画を読んでしまうという人は外で勉強する。テレビをみてしまうという人は、テレビをしまう(捨てる)とか。
 

自分の願望だと思っているものが、実は幻想で、他者の欲望が伝播したものだったり、なんとなく社会的によいとされていること(英語は勉強したほうがよい)だったりすることもある。
 

また、一見欲求にみえる美味しいものを食べることが、実はその人にとって願望(最も強く望んでいる)ことだったりすることもあるかもしれない。
 

欲求だと思っていたものすら、ただの惰性と習慣と思い込みでそうしているだけで(毎日ビールを飲まなきゃ損とか)、実は求めていないということもある。
 

自分の本当の願望と欲求をきちんと自覚することが、自分が望む人生を生きる第一歩になる。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015/05/13 01:50:28 PM
このブログでよく読まれている記事
総合記事ランキング

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2016 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.