2420939 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

 殿上人日記

グーグル+「 殿上人夢穂 」、フォト蔵「 夢穂 」もご贔屓に♪                              
2017年02月20日
XML
カテゴリ:東京の旅


前回に引き続き、先月末に娘と出かけた東京旅行の報告です
初日は新幹線の車窓から富士山を楽しみ、東京に着いた早々
タイ料理のランチを食べて、迎賓館赤坂離宮を楽しみました
まだ午後も早いので、もう一つ観光しようとやってきたのは




昨年9月にもやってきた上野、東京国立博物館です。この
エリアって東京で一番多くリピートをするので、今までに
20回位はきているんじゃないかと・・・明治33年に当時の
皇太子(後の大正天皇)のご成婚を記念し計画され、明治42年
開館をした日本初の美術館である表慶館は国の重要文化財に
指定されてます




今回の訪問の目的は、春日大社の千年の至宝展の為でして
東京でどこに行こうかネット検索をしていて見つけまして
春日大社に所蔵をされる国宝の数々、その中でも鎧や刀の
コレクションを見たい!とコースに入れました。春日大社
にも宝物館があるがテーマ毎の展示だったりで、このように
お宝が一堂に会すことはない




確か私が奈良に出かけた時はお能のお道具や衣装が並んでいた
無論、特別展示は撮影禁止なので、撮影OKだった春日大社の
灯篭コーナーをパチリ。今回は槍や弓など武器の展示が印象的
だったなぁ。特別展の内容についてはリンクから公式HPをご覧
下さい。3月12日までやっているので興味のある方はどうぞ

「特別展 春日大社 千年の至宝」の見どころ




あっ、これは撮影が殆どできる常設展示の鹿です。奈良と
言えば鹿。それにしても特別展のチケットってお高いです
よね。昔は1200円位だったと思うけど今回の場合には
1600円ですよ。もっと高いところすらあるし(汗)




そんな訳で春日大社の特別展じゃなくても国宝も重文も多いし
常設展でもいいんじゃない?って事で、娘の方は620円の
常設展のみのチケットで、私が特別展を見ているうちに本館や
東洋館とか、うろうろ




後から合流して、娘がまだ見ていなかった残りの本館二階と
法隆寺館を一緒に見ることにした。やっぱここは圧巻だなぁ




更に今回の旅でもう一つ私が楽しみにしていたのが、お隣に
ある東京都美術館で開催をされていた「ティツィアーノと
ヴェネツィア派展」(4月2日まで開催中)だ。先程の
春日大社の特別展チケットを持参すると、100円引きを
してくれた上、ポストカードも貰う事が出来た




私が初めて本物の絵画展を見たのが高校生の時に、名古屋で
イタリアルネッサンス展で、一緒に行った友達はラファエロ
私はティツィアーノが好きになった。その後に懸賞の招待旅行で
イタリア行けて、バチカンの絵画や、ミラノの最後の晩餐や
フィレンツェのウフッツィ美術館とイタリア美術の至宝を
じかに見れて




ティツィアーノやボッティチェルリ、リッピとかが繊細で
華やかで特に好きです。てな事で展覧会についてはリンク
貼っておきます。娘の方は全く興味がないのでロビーで
スマホしてました。もう外は暗くなり娘は初めてだという
上野アメ横をてくてく街歩き

「ティツィアーノとヴェネツィア派展」




知らないという事は怖いです。上野御徒町のJR駅から秋葉原で
乗り換えてJR飯田駅で降りで、地下鉄有楽町線で江戸川橋下車
ってルートにしたけど、地下鉄大江戸線なら乗り換えもなく
飯田橋に行けたし、なんで思いつかなかったのかなぁ~とか
後から思ってたんだけど




後で夕ご飯でホテル近くを歩いていたら、すぐ近くのバス停
まで、上野松坂屋から乗り換えなしで来れる都営バスを発見
娘、更に機嫌悪い。乗り換え2回。夕方で混んでたしなぁ~
今回の旅の唯一の痛恨ミスだ




そんな訳で意外に交通の便も良かった、この大きな
ホテルはホテル椿山荘東京だ。お庭などもあり部屋も
広くて、以前から泊まりたいと思っていた高級ホテル
高級だけにお値段が高めなのがネックだったけど、何か
4年位前に外資系ホテルとの業務提携を解消したみたい




そのあたりも宿泊料金に影響でもあったのかな? まっ
スタンダードなお部屋でも広いし、従業員のサービスも
間違いのないホテルだったが(素泊まりだけども・汗)
ネットのホテル予約サイトで、一部の高級ホテルのみで
利用が出来るという3000円割引も使えてたのも大きい




素泊まりでツイン一人あたり1万円程ならば、私でも
手が出く金額だし、東京への目的も定かではない中で
以前から泊まりたかったホテル椿山荘東京に、お得な
価格で泊まれるのならという訳で、東京旅行を決めたのだ
それにしても東京のホテル絵図も、東京オリンピックに
向けてまだまだ変わっていくのかも




ずっと前に家族で、たぶん大阪万博に合わせてた当時の有名な
モダニズムの設計家がたずさったホテルに泊まったけど、階段
一つにとってもこじゃれたデザインだった。そのホテルも今は
低価格で有名な某温泉旅館チェーンになっているらしいし。昔
みたいな宴会や、団体旅行目当ての大型宿泊施設は経営も大変
なんだろうなぁ~と思うし




ちょうど春節の始まった頃で、このホテルも次の日のビジネス
ホテルもアジア方面の訪日観光客ばかりだったけど、日本旅館の
浴衣と勘違いをしているのか、バスローブとスリッパ姿で館内を
うろうろ歩いている女性二人に遭遇したのには驚いた




今回もヴィキペディアの記事による椿山荘の説明をすると

>武蔵野台地の東縁部にあたる関口台地に位置し神田川に
>面したこの地は、南北朝時代から椿が自生する景勝地
>だったため「つばきやま」と呼ばれていた。江戸時代は
>久留里藩黒田氏の下屋敷だった。




>明治の元勲である山縣有朋は西南戦争の功により年金
>740円を与えられ、1878年(明治11年)に購入、自分の
>屋敷として「椿山荘」と命名した。山縣は椿山荘において
>趣味である作庭を行っている。




>1918年(大正7年)には大阪を本拠とする藤田財閥の
>二代目当主藤田平太郎男爵がこれを譲り受け、東京での
>別邸とした。戦災で一部が焼失したが、1948年(昭和
>23年)に藤田興業の所有地となり、その後1万余の樹木が
>移植され、1952年(昭和27年)より結婚式場として
>営業を開始した




まだ旅行にも慣れていない頃、ネットでのホテル検索なども
なくて旅行会社の窓口で、ホテルパンフレットの写真と少ない
情報だけで予約。東京銀座のホテル、荷物を置く場所もない程
狭っ~!と、価格に伴わない宿泊にがったりした時代もあった
けど・・・




今はネットで、宿泊料金の比較はもちろん、部屋の大きさや
お風呂の形態も、アメニティのブランドまで簡単にわかるし
口コミやブログによって、実際に利用した人の感想なども
あるので、昔のようなこれはないなっ・・・といった失敗も
なくなり、お得に素敵なホテルに泊まる事も出来る




お風呂場にもテレビがあるのはなかなかないし。ここはシャワー
ブースがバスタブと別にあったので、体をシャワーブースで洗い
後から、のんびりと綺麗なお湯のお風呂に浸かる事が出来るのが
良かった



そして何より高台からの東京の夜景。ギリギリでお隣の
部屋の窓越しにスカイツリーも見れるし、ビルの隙間には
東京タワー。東京駅周辺や新宿副都心などなど東京の中心
部分の夜景を見ることが出来た




そんな素敵なホテルもお得に素泊まりなので、夕飯を食べに
近場に出かける事にする。娘と近くのリーガロイヤルホテル
東京に前に泊まったのでこのあたりのお店や地理はばっちりだ

名前はロイヤルやプレミアムなんだけど・・・数年ぶりに電源を!




なにせ早稲田大学のおひざ元、大学生相手の美味しいお安い
飲食店も多い訳だし。前の宿泊では高田馬場で行列のできる
とんかつ屋で夕飯を食べたので、リーガロイヤルホテル東京の
真ん前にあった行列のできるラーメン屋には行けなかったので
今回、リベンジ




店の前に来たら中に二組、外にも二組の客待ちがあり並ぶと
すぐ後ろにまたまた人が並んで、やっぱ人気がある店なんだと
認識。ネット検索をすると阪豊中の有名店である豊中麺哲で
修業してきた店主らしいが、やっぱ美味しいですわ。スープも




あんな高級ホテルに泊まりながらラーメン店で夕食。まっ、その
ギャップが我が家の取柄でもあります。豊中と言えば義姉の
実家もあり、昔、次兄が住んでいたので何度か行った事もある
けど、そんなカリスマなラーメン屋があるとは。そこも行って
みたくなった




という訳で、朝焼けです




このガラス張りっぽいコーナーが良いです




娘は東京で暮らしたかったというけど、東京は暮らすのでは
なくて年に2度位、遊びに来れば私は十分だけど




田舎には田舎の暮らし、都会には都会の暮らしがそれぞれ
あるのだし




人にってそれぞれだけど、それぞれに良いところも
困ったこともあるのだろう




でもでも住めば都って事で、順応するしかない




朝、ホテルをチェックアウトしてやってきたのはホテルの
近くにあるパン屋の「関口フランスパン」で、やはり前も
ここのイートインに食べに来ようと、候補には入っていた
お店だ




なんでも創業100年以上の老舗らしくって、日本で初めて
フランスパンを製造販売したお店であるみたいだ。焼き立て
バケットも次々と買われていくのだが




私の好きなデニッシュとか美味しそうなパンもいっぱいあるんで
そこでパンを選んで飲み物も買って、イートインで朝食といった
お客さんも多い




それにしても昔はお屋敷街だったのか、この周辺のお宅って
ゴージャス。このお店に来られる方もまるで芸能人?って
感じの朝からばっちり決まったお高そうな服装の方もいるし




うちは、こちらもモーニングセットにした。500円位の
もの(飲み物による)だけど




ふわっふわの食パンが分厚いしっ、これは食べごたえがあった




無論、大好きなデニッシュもひとつずつ買って持ち帰り
お昼の軽めのランチ兼おやつにした。デニッシュ生地を
ボロボロ落とすのを期待してか、足元には鳩ぽっぽっ
前回の日記のコメントのお返事ですが、ログアウト状態
だったみたいでお返事をしたいお相手の名前を、書いた
人のところに入れてしまいましたので、ご注意下さい




      平成29年1月下旬に東京で撮影


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017年02月20日 10時26分44秒
コメント(31) | コメントを書く


Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.