1477178 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

小説家わかつきひかるのブログ

2016年度の仕事です。
1月「闘技場の戦姫~another story~下巻 囚われの戦姫」同名小説のアニメDVDです。メリージェーンから発売されました。
2月「異世界でトレーナーをしています」HJ文庫から発売されました。
2月「監獄城の囚人姫」美少女文庫より発売されました。
4月 地方文学賞「はくたくうどん小説コンテスト」で選考委員をしました。
6月「異世界でトレーナーをしています2」HJ文庫から発売中です。
6月「魔剣の魔メイドと魔の祝福」美少女文庫から発売されました。

発売中
8月17日「ブルーブラックプラネット~僕らは地球の夢を見る~」ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズから発売されました。

発売予定
9月16日「王子殿下の花嫁~貧乏お嬢様の甘いちゃ新婚生活~」ロイヤルキス文庫から乙女系発売予定です。

進行中の企画。
いつか「My妹 魔女の林檎」美少女文庫から発売予定。
冬 美少女文庫書き下ろし(執筆中です)
いつか 某社書き下ろし(プロット提出中)
いつか 某社書き下ろし(プロット提出中)
いつか 某社書き下ろし(打診の段階です)
いつか 某社書き下ろし(打診の段階です)

わかつきひかるは奈良県在住の小説家です。1997年よりライターをはじめ、別ペンネームを含めて著書百二十冊以上。来年でデビュー20年になります。
2001年ナポレオン大賞授賞。2007年幻冬舎アウトロー大賞特別賞授賞。2011年宝島社日本官能文庫大賞・岩井志麻子賞受賞。
『ニートな彼とキュートな彼女』が2014年に「世にも奇妙な物語」にて映像化されました。メディアミックス多数あり。「Myシリーズ」は美少女文庫歴代一位の売り上げを記録し、現在もなお破られていません。美少女文庫最古参&最多出版点数&最多増刷作家です。ジュブナイルポルノの女王。
くわしい経歴はこちらのページからどうぞ。

わかつきはお仕事を随時募集しております。ご連絡は、wakatuki.rin■gmail.com(■を@に変えてお送りください)にお願いします。
ファンレターをくださる読者様は、それぞれの出版社あてに送ってください。編集部が転送してくれます。

ヨークカルチャーセンター奈良(イトヨーカード奈良店)にて、「楽しい小説教室」を開催しています。
8月はお休みです。
第二、第四火曜日、AM10:30~12:30。参加者募集中です。
小説を書いてみたいかた、小説家志望者のかたはぜひどうぞ。一カ月月謝4752円+入会金5200円+教材費110円三カ月前納です。他に冷暖房費がかかる場合があります。
見学や体験もできます。
一カ月単位で休むことができるので、長期休暇のとき一カ月通って教室を休み、また次の長期休暇に一カ月通う、ということも可能です。

カルチャーセンターの問い合わせはこちら

啓林堂書店奈良店(近鉄奈良店徒歩一分)一階奥の、レンタルオフィスDUOにて、文章教室を行っています。
費用は一回2500円です。
月謝以外のお金、教材費、入会金、消費税、冷暖房費等は一切頂きません。来たいときだけ来てください。一回当たりの費用はカルチャーセンターより若干安いです。
8月、9月はお休みです。
2016年10月16日(日)10:00~12:00古典を材料に今風のお話を書いてみよう&プロットの書き方
2016年11月20日(日)10:00~12:00プロット(あらすじ)の合評会
2016年12月18日(日)10:00~12:00キャラ立てでお話を作ってみよう。同じお話が、キャラに行動させることによって変わっていきます。

イベント参加予定
9月4日(日)9:00~16:00奈良ノ空カラ
9月18(日)11:00~17:00文学フリマ大阪C-54
11月6日(日)9:00~16:00奈良ノ空カラ
2016年08月28日
楽天プロフィール XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
「経営者には“サイコパス”が多い」不都合な真実

かーずSPさん経由で読みました。

サイコパス=犯罪者のイメージですが、経営者というのは、サイコパスの特徴である「冷酷、恐れを知らない、リスクを人よりも多く取る。プレッシャーに強い」という性格を持っている、という内容です。

たしかに経営者というのは、ときには非情に行動することも必要でしょう。リスクを取らない経営者は会社を大きくすることができないでしょう。

サイコパス的な性格は、普通の人にも多かれ少なかれ存在しているのだそうです。

サイコパスの多い職業として、経営者以外では、外科医や弁護士が上げられていました。いずれも責任が大きい仕事で、プレッシャーに負けないというサイコパスのいい面を仕事に生かしている例ですね。

にも、似たようなことが書いてありましたね。

「冷酷、恐れを知らない、リスクを人よりも多く取る。プレッシャーに強い」この特徴、編集者にも当てはまる。というか、ぴったりだ。

サイコパスの特徴には、「平然と嘘をつく」というのもあります。

私が出会った中でいちばんすごいのは、支払伝票を切り忘れて原稿料の未払いを起こしながら、問い合わせると、「経理のミスで二カ月後の振り込みになります。ひどい会社ですねー。編集長の指示なんです」とさらっと嘘をついた人でした。

「支払い伝票を切り忘れたので、振り込んでください」と経理に言いたくないから、今日付で支払伝票を切って経理に回し、私を騙そうとしたのです。今思うと、コイツはまさしくサイコパスだったなー。

私は、先輩作家に、困った編集者とどうやってつきあえばいいのか、聞いたことがあります。

「怒鳴ればいい」

そんなことできない、と思いましたが、上記のサイトにはこう書いてあります。

(引用はじめ)
自分が同僚よりも悪く扱われていることがわかった場合は、自分が弱い人間であると見られないようにすることが大事です。サイコパス的な上司は、部下の弱さに付け込み、いじめるからです。自己主張をはっきりすることも大事です。

あなたは弱い人間ではないということがわかると、その上司はあなたをいじめるのをあきらめて、別の人に移ります。
(引用おわり)

私は怒鳴りませんでしたが、上記のサイコパス編集者には、編集長に電話をして善処して頂きました。

相手に合わせてうまく仕事をやっていきたいものです。






最終更新日  2016年08月28日 08時58分56秒
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2016 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.