160066 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ストップ ジェンダ-フリ-! 目指せ真の男女共同参画社会

ストップ ジェンダ-フリ-! 目指せ真の男女共同参画社会

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
Dec 24, 2010
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
「奈良県生駒市が外国人参政権『市民投票』と言葉を換え」という下記サイト記事をご覧ください。
http://politiceconomy.blog28.fc2.com/blog-entry-805.html

下記のとおり、生駒市自治基本条例では、市民の定義に国籍条項がなく、また、市長が外国人に十分配慮しなければならない住民投票条例を制定でき、更に市民といわれる国籍を有しない外国人が住民投票を提起できるという誠に恐ろしい条例を制定してしまった延長で、来春3月議会で、更に恐ろしい住民投票条例が市長によって提案、上程されるそうです。
このことは国籍を有する日本国民に対する差別であり背信行為、憲法違反です。真なる日本国民として生駒市に抗議の声を送ろうではありませんか。

最高裁判決 http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=52525&hanreiKbn=01
大阪高裁判決 http://d.hatena.ne.jp/nns342/20100228/p1



生駒市 http://www.city.ikoma.lg.jp/生駒市長 http://www.city.ikoma.lg.jp/mayor/


生駒市自治基本条例

(定義)
第2条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。
(1) 市民 市内に居住する者並びに市内で働く者、学ぶ者、活動するもの及び事業を営むものをいう。

(市民投票)
第44条 市長は、市政にかかわる重要事項について、直接市民の意思を確認するため、市民投票の制度を設けることができる。
第45条 市民は、市長に対して市民投票を請求することができる。
2 議会及び市長は、市民投票を発議することができる。
3 市民投票の請求、発議、投票資格その他市民投票の実施に関し必要な事項は、別に定める。この場合において、議会及び市長は、投票資格者を定めるに当たっては、定住外国人及び未成年者の参加に十分配慮しなければならない。







お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  Dec 24, 2010 11:22:29 PM
コメント(12) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:奈良県生駒市が外国人参政権 「市民投票」と言葉を換え!!!(12/24)   草津だいすき さん
言い換えて 通すきちがいはどこまでもです (Dec 30, 2010 01:48:23 PM)

謹賀新年   hal4000 さん
草津さん、ご無沙汰です。新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしく願いします。 (Jan 1, 2011 08:35:42 PM)

Re:奈良県生駒市が外国人参政権 「市民投票」と言葉を換え!!!   (^o^)風顛老人爺 さん
拝啓、管理人さん明けましておめでとうございます。
日本は一国家、一文明であります侵略者は断固として撃退しましょう如何なる形であろうとも外国人参政権に反対します。
宣伝ご容赦下さい、
元警視庁通訳捜査官 坂東忠信氏 「 外国人犯罪の増加から分かること 」尖閣侵略を取り上げて更新中です。
坂東忠信氏の既刊
日本が中国の自治区になる 産経新聞出版
新刊が出ました、
中国が世界に知られたくない不都合な真実
青春出版社より
既刊に「通訳捜査官」経済界
「 いつまでも中国人に騙される日本人 」KKベストセラーズ

チャイナウオッチャーの河添恵子氏ブログ
http://kkuniversal.blog34.fc2.com/
河添恵子氏の
「 中国人とは愛を語れない 」並木書房
「 中国人の世界乗っ取り計画 」
産経新聞出版社。
チャイナ在住の谷崎光氏の痛快なサイト
中国てなもんや日記
http://blog.goo.ne.jp/tanizakihikari/がございます。
下記URLより
、捏造である南京大虐殺及び従軍慰安婦の反日宣伝に反論する
世界に史実を発信する会にアクセス出来ます。
http://hassin.org/
http://www.sdh-fact.com/index.html
ご高覧下さい。寒さ益々深まる中、御自愛下さい。
m(_ _)m乱文にて 敬具 (Jan 3, 2011 11:35:52 PM)

風顛老人爺さんへ   hal4000 さん
風顛老人爺さん、はじめまして、おめでとうございます。ご覧のとおりのBlogなので、いつでもお越しください。宣伝もどんどんお願いします。 (Jan 5, 2011 02:05:30 PM)

アクセス記録ソフト   ペット総合サイト さん
無料 楽天 アクセス記録ソフト!

http://hotfile.com/dl/117012520/213679d/rakutensoft.zip.html


(May 8, 2011 08:47:43 AM)

警戒すべき世帯単位から個人単位への動き!   家族が一番 さん
野田政権は小宮山厚労大臣を中心に現在、税や社会保障について「世帯単位から個人単位へ」の制度改変に乗り出しているようですが、これって、言葉を換えた家族解体政策ではありませんか。これに関しては、10月31日付産経新聞の正論欄に八木秀次氏が「野田氏は大平政治の何に学ぶか」と題する文章で少し触れており、参考になります。 (Nov 2, 2011 02:25:59 PM)

おっしゃるとおりです。   hal4000 さん
家族が一番さん、コメント、ありがとうございます。彼らは自己正当化と僻みでしか自己表現ができないんでしょうね。一人ぼっちなんでしょうね・・・・・ (Nov 2, 2011 02:46:28 PM)

『提案!日本の家族政策―個人から家族への政策転換を』   アンチ民主 さん
家族が一番さん
>野田政権は小宮山厚労大臣を中心に現在、税や社会保障について「世帯単位から個人単位へ」の制度改変に乗り出しているようですが、これって、言葉を換えた家族解体政策ではありませんか。-----

日本政策研究センター(03-5211-5231)から最近、『提案!日本の家族政策―個人から家族への政策転換を』(定価525円)というブックレットが出版されました。著者は研究部長の小坂実氏。こちらも、今の家族解体の動きにどう対抗すべきか、大変参考になる内容です。「はしがき」の一部を紹介しておきます。

 今の日本では、社会の制度や仕組みを「家族」から「個人」に転換しようとする逆向きの短絡的で危険な動きが起きている。夫婦別姓導入や配偶者控除廃止などの動きはその一環に過ぎない。
この「家族解体」路線は、民主党政権の登場によって一段と強められ、一斉開花の時期を今か今かと待ち構えている。本書に収められた論稿は、そうした動きに対する、筆者なりの問題提起であり、また家族の再生・強化に向けたささやかな提言でもある。
(Nov 2, 2011 05:14:36 PM)

Re:『提案!日本の家族政策―個人から家族への政策転換を』(12/24)   東北の星 さん
アンチ民主さん
>日本政策研究センター(03-5211-5231)から最近、『提案!日本の家族政策―個人から家族への政策転換を』(定価525円)というブックレットが出版されました。著者は研究部長の小坂実氏。こちらも、今の家族解体の動きにどう対抗すべきか、大変参考になる内容です。
-----
私も『提案!日本の家族政策』(定価525円)読みました。保守系の国会議員や地方議員には、是非一度目を通してほしい本ですね。
(Nov 2, 2011 10:11:18 PM)

「社会保障と家族の関係」 日本政策研究センター・伊藤哲夫代表    hal4000 さん
「社会保障と家族の関係」 日本政策研究センター・伊藤哲夫代表
http://www.youtube.com/watch?v=mTCc6k7Votk

おっしゃるとおりかもしれませんが、グダグタ言ってもしかたありません!敵は誰なのか?その敵とどう戦うのか?単純明確に、そのことを訴えるべきです。
敵が判らないから国民は立ち上がれないのです! (Nov 3, 2011 08:21:26 PM)

Re:「社会保障と家族の関係」 日本政策研究センター   東北の星 さん
hal4000さん
>おっしゃるとおりかもしれませんが、グダグタ言ってもしかたありません!敵は誰なのか?その敵とどう戦うのか?単純明確に、そのことを訴えるべきです。
>敵が判らないから国民は立ち上がれないのです!
-----
家族解体政策については、「敵」は明確だと思います。
1、大沢真理氏や小宮山洋子氏らの「過激なフェミニスト」
2、過激なフェミニストと通底する「民主党政権」
3、フェミニズムに正当性を与えた「男女共同参画基本法」
4、人権主義に基づく憲法を基軸とする「戦後レジーム」
5、左翼NGOに支配される「国連・社会経済理事会」
 ――といったところでしょうか。

このように「敵」は明確なのですが、それが単体ではなく、思想・政治権力・法制度・国連という「複合的な構造」を有しており、しかも「人権」は戦後の国民の価値観に深く根を下ろしている点に、この戦いの難しさがあると思います。

ともあれ、まずはこうした敵の「複合的な構造」を国民の前に明らかにしていくことが何より肝要かと考えます。 (Nov 5, 2011 11:27:01 AM)

敵は?   hal4000 さん
気短なもので、誠にすみません。

東北の星さんのおっしゃるとおりなんですが、これだけの大仕掛けをするには、それ相応の組織と資金が必要です。左右何れにしても、個人資金で賄うには無理があり、そんな奇特な人は少ないでしょう。とすれば、資金は税金及びその税金の一部(天引き)を資金源とする。というのが妥当でしょう。以上、敵が誰かは言わずともご理解いただけると思います。 (Nov 5, 2011 08:59:42 PM)

PR

Favorite Blog

ぶっ飛ばせジェンダ… 富士山2000さん

Freepage List

Archives

Feb , 2024

© Rakuten Group, Inc.