3513916 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

つよ☆Love ライフ

PR

X

全90件 (90件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

本・雑誌のこと

2020.06.22
XML
カテゴリ:本・雑誌のこと
うお、また消えた…
新しい地図の3人が登場の「週刊文春WOMAN」2020夏号ポチしました!

24ページですって♪
内田監督と剛くんの対談もあるなんてめちゃ楽しみ^o^

内田英治監督の小説「ミッドナイトスワン」
7/8に刊行されるのね❗️

うひゃ これもポチ。
月ジョンもポチしちゃった。

女性誌やnaviにも登場かぁぁ〜
くふふ 露出うれしいにゃぁ😊

「美食探偵」からのガキ使
ゲストにゴロさん登場 観ました!
前回のスマ歌で好きな曲「夏日憂歌」に、聴き返した方多かっただろうなぁ うん私も
ゴロさん「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」観て泣いたのね。
「ららら♪クラシック」を欠かさず観てるとか、ほぉほぉ
まさか動物の鳴き真似でブタをチョイスするとは!
面白いなぁ〜
世界が終わる日 瞑想って、そうなのね。私もワインかと。
やっぱ地上波登場はうれしい。遠藤さんへの賞品もよいわぁ

剛くんも今週金曜日の昼のBSコンシェルジュ登場うれしいな😊
ブラタモリも観てまするぅ
次回は新作なのね☆
もちろんWebでも楽しませていただいてまっす。

珍しくupです。






最終更新日  2020.06.22 01:11:24
コメント(0) | コメントを書く


2016.06.23
カテゴリ:本・雑誌のこと
 週ジョン・ガイドとも、つよしんごろう境界線クイズについて3P☆ 3人へのインタも。
んふふふ かわえぇんすけどぉっっっ(*^o^*)
なんかねぇ 下3人でわちゃっとね!
ほんと、パリピアの世界。
つよなんて実際は長男なのに、スマの中では下から2番目だからね。
すっかりしっかり弟気質な感じでぇ。そこがまたかわゆいんですけろっ猫
慎吾ちゃん、果てはゴロさんにまで心配かけちゃってるようでぇぇ
(慎吾ちゃんが心配してるショットがいっぱい^^)
ふふふ 楽しみだ。
“がんばった”もだけどさ、つよの”何かやらかすんじゃ…”ってハラハラ感がまたよいのよ。
27日 楽しみ♪

スマ新 1P。限界クイズの苦笑つよや、スマラブ「糸」のおかわりなど。

ポポロ 白コートのつよ グラビア・インタ4P。クールについて語るクールなつよすぃハート(手書き)
正義の味方はクールだと。オチャメクールって、自画自賛!?ウィンク
慎吾ちゃんの誕生日プレゼントに贈ったキャンプセットもってどっか行こって慎吾ちゃんに。

あぁ、夢の5スマ旅再び!とか、ないかしら~

伊坂幸太郎さんの『チルドレン』を読みました。

この前読んだ『サブマリン』に登場の家裁調査官陣内が、
学生時代銀行強盗の人質になった話「バンク」(ここで盲目の永瀬と出会う!)
武藤が担当した少年が、誘拐されていた話「チルドレン」
脅迫事件の金の受け渡し場所に、陣内・永瀬・優子が居合わせた話「レトリーバー」
陣内が試験観察している少年に、奇跡をおこす話「チルドレン2」
デパートの屋上での陣内・永瀬・優子の話「イン」の5つのお話が。
どれもおもしろかった!
伊坂さんらしいな~って感じの。
「サブマリン」では語りが武藤で、陣内は脇役っぽかったけど、
陣内いいよ!すごく☆って思えるお話でした。







最終更新日  2016.06.23 23:55:01
コメント(0) | コメントを書く
2016.06.16
カテゴリ:本・雑誌のこと
 久々に本のことを。角田光代さんの『坂の途中の家』、荻原浩さんの『海の見える理髪店』、
村山由佳さんの『ワンダフル・ワールド』を読みました。

『坂の途中の家』

3歳の娘をもつ専業主婦の里沙子は、刑事裁判の補充裁判員になる。
事件は30代の母親が8ヶ月の長女を浴槽に落として死なせたというもの。
公判を聞くうち、自分の子育て体験をいろいろ反すうする里沙子。
当時苦しかったことなども思い出し、被告と自分を重ねてしまう里沙子。
親子・夫婦の関係や、子育てについて、いろいろ考えさせられる作品。

『海の見える理髪店』

表題作・いつか来た道・遠くから来た手紙・空は今日もスカイ・時のない時計・成人式 の6つのお話の短編集。
いずれも家族のことを綴った物語。
うーん、私は表題作が好きかな。
なんか、木村君がその昔演じた、「ビューティフルライフ」の最終回をちょっと思い出すような…
つよの「13番目の客」とかね。
この方の本を読んだのは初めてかも。
なかなかに沁みるお話でした。

『ワンダフル・ワールド』

5つのお話。タイトル横の()は、主な内容とゆーか…
「アンビバレンス」(インコと恋人)、「オー・ヴェルト」(昔の恋の復活)、
「バタフライ」(愛人が乳がん)、「サンサーラ」(母親からの解放)、
「TSUNAMI」(愛猫との別れ)
まぁ、さくっと読めちゃった感じの短編集。
インコだったり、犬だったり、ネコだったり、愛する存在は人だけじゃないってゆ~
どれも、どん底から這い上がる強さを秘めたお話だと思いました。

わわっ また夜更かし★ おやスマ月






最終更新日  2016.06.17 01:52:32
コメント(0) | コメントを書く
2016.03.28
カテゴリ:本・雑誌のこと
 久々に本のこと。最近読んだ2冊、「九死一生」と「優しい言葉」は、たまたま
どっちも猫がらみのお話でぇ~ なんか癒されたし、猫ぎゅうしたくなった。
小手鞠るいさんの「九死一生」 2013年2月に単行本が出て、加筆修正しての文庫化

16のお話からなっているのだけれど、そのタイトルの下に二十四節気が書かれてて、
いつだ?これ…って気になって、今年の暦で全部調べてみた。(あくまでも今年でその年じゃない)
お話はそれぞれ主人公がいて、猫を介して絆が出来上がってく的な。
冒頭のお話で、冴子と悠紀夫の愛猫は寿命を全うするんだけどね。
わすれ雪 2011 啓蟄(3/5) :プリン(プーちゃん:猫)との別れとその後
風光る 1982 清明(4/4):冴子、光一(猫)との出会い
燕の子 1983 小満(5/20):冴子、光一失踪
夏みかん 1984 夏至(6/21):ムーちゃん(悠紀夫の姉の猫)紹介
道おしえ 1985 大暑(7/22):ムーちゃん救出
ダリヤ 1986 白露(9/7):ダリヤ(人)自殺(悠紀夫)
小鳥来る 1961 霜降(10/23):冴子の母の話
海猫 1987 小雪(11/22):冴子、イスタンブール
雪蛍 1987 冬至(12/21):NY 冴子と悠紀夫の出会い
冬萌 1990 小寒(1/6):悠紀夫の姉のハッピーストーリー
猫の恋 1993 立春(2/4):プリンが来た
チューリップ 1996 穀雨(4/20):喧嘩のあとの二人
風青し 2000 立夏(5/5):冴子、旅先でのアバンチュール未遂
短夜 2005 夏至(6/21):穂波(悠紀夫の姉)キャットシッター
虹の橋 2006 立秋(8/7):死の足音
花野 2007 寒露(10/8):プーちゃんの伝言
:以下はなんとなくこんな話的な。

亡くした慟哭と喪失感… ほんとうに、家族なんだよなぁって思える。

群ようこさんの「優しい言葉」

「パンとスープとネコ日和」の第3弾。
"たい"と"ろん" あれ?どーゆー経緯で2匹も飼うことになったんだ??すっかり忘れてる…
しっかし、振り回されながらも幸せそうなアキコさんでよかったにゃ。
ネコの描写がもおたまらんちゃ! 鳴き声も「ふがあ」「うあー」「うぎゃあ」「わわあー」
「うにゃー」「にゃおー」「うにゃにゃにゃ」「んみゃみゃ」「んがー」「ふごごー」
「ぐふう」「ふんが」「うま」「ぐるぐる」「んにゃあ」等々 微妙な違いでネコの様子が
うまく表現されてて、くふふふっってほくそ笑んじゃう^^
"へそ天"ってステキ☆ 同級生のお葬式に行った話や、近所に類似店ができた話、しまちゃんの
結婚話など、淡々とした日々の中でもいろんなことあるなぁ~と。やーもーヤツラかわいすぎっっ

去年読んだ本とかね、結構ここに書かなかったのあるのよ。
三浦しをんさんの「あの家に住む四人の女」とか、寺地はるなさんの「ビオレタ」とか、
桜木紫乃さんの「霧(ウラル)」とか、北村薫さんの「中野のお父さん」とか、
米澤穂信さんの「王とサーカス」とか、近藤史恵さんの「昨日の海は」もかな…?

「あの家に住む四人の女」はメモが残ってた。

おもしろかった!さすがしをんさん。
母二人が暮らす洋館に娘の友人とその友人の後輩が転がり込み、四人での共同生活が始まる。
谷崎潤一郎メモリアル特別小説作品なのねぇ。
淡々としたお話と思いきや、いや笑った笑ったっ!悶絶するほど笑ったよ。
(と書いてあるけど、正直すでに覚えていない…)
あのお父さんがミイラに乗り移ったシーン がはははっっ
刺繍作家佐知の作品、どんなのなんだろー
素敵な梶さんと、うまくいってほしいにゃ。 

「霧」はさ~ なぁんかエラいかちょえぇ世界だったなぁ。舞台観てるみたいな。

主人公 河之辺珠生 根室の有力者の娘だが、家を飛び出し花街で料亭を開く叔母のの元に。
珠生が恋に落ちた相手相羽は、裏から町を支える人間だった。(この人がやたらかちょえぇ)
お姉さんも有力者の長男に嫁いで、だんなは国政にうってでるのさ。
婚約中の妹は、夫の部下と恋に落ちる。
4人のめかけを囲う夫、ある日妾の家で撃たれて死ぬ。
三姉妹の愛憎物語だわね~

うっわぁぁぁ、こんな時間★ またしてもすげー夜更かしっっ おやスマなのだ月 






最終更新日  2016.03.29 02:53:50
コメント(0) | コメントを書く
2016.03.25
カテゴリ:本・雑誌のこと
 剛くんの'07年からの連載をまとめた「Okiraku2」特装版が届いたよ~☆
Okiraku2
まず箱の大きさにびっくり!
ダンボールけたら真ん中に鎮座。
つよの題字にゃ~
開けるとジーンズ柄の箱!
んでその中に本が~ その下にクラッチバック。
かわえぇよぉ~
やーもーテンションあがるぅウィンク
すっごく大切に装丁してくださってる感が伝わってくるのにゃ^^
スペシャルフォトブック よい!
かわゆいつよやステキなつよすぃ 満載猫
特製ブロマイドもよいですぅダブルハート
私物プレゼントもあるのね。応募券、どこだ??と思ったら、
ブロマイドの中に~ 一番下が応募券だった。
とにかく萌え萌え四つ葉
ありがとー(*^o^*)って思える一冊ですわ!

ジョン、月ジョンも買ったよ~

Okiraku 2 豪華特装版

Okiraku 2 豪華特装版
著者:草ナギ剛
価格:7,776円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


楽天ブックス まだ特装版買えます。

Okiraku 2

Okiraku 2
著者:草ナギ剛
価格:1,944円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



「スペシャリスト」放送中は、毎週どきどきさせてもらった木曜日。
ドラマは終わってしまったけど、ステキな木曜日になりました音符






最終更新日  2016.03.25 07:33:18
コメント(0) | コメントを書く
2016.01.27
カテゴリ:本・雑誌のこと
 TVstation 男前な剛くんぽっ 4P☆
今回、チーズ味のポテトチップスをよく食べてるんだね。

ガイドスマ新は4P 5人での「涙のキッス」が2P
慎吾ちゃん生誕祭で1P、ツヨ子のメイキング&黒猫オーナーショット&はみだしで1P。
ツヨ子の制服も靴も特注なのねぇ。座ってる姿は可憐だったのに、しゃべりは男^^
収録後、上半身裸になったつよショット。服着てたときと全然違う。脱ぐと胸筋すごいね~
"黒猫"の生みの親は木村君なのだね^^ はみだしはビストロの裏話♪

TVぴあ 最終号なんですねぇ。素敵な記事をたくさん載せてくれたよね。
スマさん表紙やSMAP&個人グラビアで2P。

TVBros 最終頁 爆問太田さんの「天下御免の向こう見ず」
"あれから僕たちは"
元兵士(貝)、サラリーマン(いいひと)、逆立ちする人(金田一)、眉毛がつながってる人
(こち亀) 人には見えないウサギネコを追いかけた4人がたどり着いたのは
茶色のジャンバーを着た男(HERO) 5人で夜空ノムコウを目指すんだね。

土曜日に本屋さんに行ったとき見当たらなかった月ジョン
どうやら地元版なくなっちゃったよう。で、関東版(首都圏版?)売り切れてたのか…
お気楽つよたん たっくんの決めゼリフ文字って、25年やってますからって~
慎吾ちゃんの落書き話とか。
そういえば、ポポロのゴロさん、メンバーへのひと言で、あれからどうなった?って、
落書きのこと心配してくれてたにゃ。

浅田次郎さんの「わが心のジェニファー」を読みました。

主人公ラリーは、幼い頃両親が離婚し、不思議なほどすぐそれぞれが再婚したため、
母方の祖父母に育てられる。
日本好きの恋人にプロポーズした彼は、「休暇を取って日本をみてきてほしい」とお願いされる。
京都、大阪、別府、銀座、そして釧路
釧路こそ、恋人ジェニファーがクレインダンスを必ず観てきてと語った場所。
(ねたバレあり)
そして、そこで彼は、記憶もおぼろげな父に再会する。
ちょっと感動的で、すばらしく美しいラストでした。
ジェニファーはここに彼の父親が居ることを知ってたんだろうね。
ラリー、ジェニファー お幸せに四つ葉

剛
テレステの剛くんです。どっきゅん目がハートです。






最終更新日  2016.01.28 00:17:20
コメント(0) | コメントを書く
2015.10.23
カテゴリ:本・雑誌のこと
 久しく本のこと書いてませんでした。
さだまさしさんの「ちゃんぽん食べたかっ!」と、
第153回芥川賞受賞作品の羽田圭介さんの「スクラップ・アンド・ビルド」を読みました。


さださんの「ちゃんぽん食べたかっ!」 BSでドラマやってましたよね~
菅田くんと遠藤さん 「民王」と同じく親子役で!
さださんのエッセイもいろいろ読んでいるので、結構知ってるつもりでいたけど、
中・高・大学時代の話 めっちゃおもしろかったー≧▽≦
多才だよね~
落研に入ったことも、バイオリンやってたことも、そのプロの演奏家への道を断念したことも、
すべてが現在の"さだまさし"を作り上げてる訳で、
やっぱり遠回りにみえても、人生にムダなんてないんだろうなと思える。
分かれ道、分岐点はいっぱいあるわけで、やっぱ選んだ道でどう生きるかが大事なのよねぇ。
あっちの道を歩いてたら…って思いは、あってもね。
さださんの小説、ほんといいっグッド


「スクラップ・アンド・ビルド」芥川賞受賞時には、まだ単行本化されてなかったってゆーね。
結構短めのお話。
母親の兄弟のところを渡り歩き、現在は健斗と母と共に暮らす祖父。
80を過ぎ、要介護状態。
「もうじいちゃんは死んだらよか」が口癖のような祖父。
待っている老後を見せ付けられるような思いを断ち切るように、自分の体を鍛える健斗。
じいちゃんの願いをかなえるため、なるべく自立を促すような行動をさせず、
介護にいそしむ健斗。
しかし、ある日お風呂で溺れそうになった祖父の、生への執着を知る。
"夜行生物のような俊敏な動き"をしたのは、やっぱおじいさんなのよねぇ!
再就職が決まり、自宅を離れる健斗。
「自分のことは自分でやる」と言い切るおじいさんがなんか頼もしく思えた。

おぉっと!ぷっすま始まってる~!!






最終更新日  2015.10.24 00:52:24
コメント(0) | コメントを書く
2015.08.28
カテゴリ:本・雑誌のこと
 Oggi つよ連載 「変わる」

その昔「変わったね」と言われたことに傷ついたのね~
今なら、変わったんだって言えると。
人は環境や地位や立場や周りの人から影響受けるもんね。
影響受けたら、考え方や受け止め方とか変化してくよね。
そーゆーもんだと思う。いい部分は変わらないでいたいし、ダメなとこは改善したい。
ぷらべフォト お誕生日を祝ってもらったショットとか、よいですね~お誕生日
ゴロつよ2ショ~ピンクハート

週ジョン ぷっすま800回インタ&グラビア たっぷり3Pですね~☆
のど自慢も1P
ガイドスマ新 新曲の歌詞きらきら アイス食べ合うタクつよショットとかぁ^^
はみだしつよに笑った。のど自慢ショットも~
オリスタにものど自慢ショット!

8/30 のど自慢にスマさん登場ですね!楽しみだなぁ(*^o^*)
9/9発売の隔週TV誌 スマさん表紙っすね^^
新曲 楽しみにゃ猫

そうそ!新曲の前に「スペシャリスト」2・3 発売じゃ星


原田ひ香さんの「三人屋」を読みました。

両親が残した喫茶店の店舗。
朝は三女の朝日がモーニング専門の喫茶店、
昼は次女のまひるがこだわりのうどん屋、
夜は長女夜月がおいしいキャベツの漬物とごはんを出すスナックを営む。
美人三姉妹 それぞれ確執はあるものの、
力を合わせて店を切り盛りしていく。
三姉妹それぞれと駆け落ちしたことになっている夜月の幼馴染も常連で。
まぁ、切ない部分もありますけど、こんな店近くにあったら行きたいな~
この方の作品初めて読みましたが、他のも読んでみようかな。







最終更新日  2015.08.28 23:44:07
コメント(0) | コメントを書く
2015.08.06
カテゴリ:本・雑誌のこと
 女性自身 表紙スマ☆ カラーグラビアインタ3P、コントキャラについて3P(白黒)
代表的なキャラの写真載ってる。 あぁ、新コント観たいな~

ガイドスマ新 27時間テレビのSMAPの本気振り返りとシャッフルビストロについて!
あるシェフがおいしいリアクションと。誰だろぉ!?
週ガイドいつも行くスーパーの雑誌コーナー2W連続売り切れ。セブンにもなかったじょ?

週ジョン シャッフルビストロ しんつよ副音声解説やスマショットで4P☆
ビストロディレクターのお言葉も。
シャッフルビストロ 楽しみだわ~(*^o^*)


宮部みゆきさんの「悲嘆の門」上を読みました。

図書館で予約してから、約半年待ち… ようやく~
サイバー・パトロールのバイトをする大学生三島孝太郎。
ホームレスの失踪について調べていたバイト先の先輩が行方不明に★
その足取りを追い、あるビルに侵入。そこで、怪物の痕跡を追う元刑事に出会う。
ふたりは「ガラ」という翼を持つ異世界の女戦士に遭遇する!
そんな中、切断魔事件の第5の犠牲者が。それは、孝太郎が憧れるバイト先の女社長だった。
孝太郎は、ガラと取引をする。

下巻が楽しみ♪ 本屋大賞の「鹿の王」の下巻も、ようやくまわってきたのだ^^

今日発売のオリ☆スタ 2015年 8/24号 [雑誌]
表紙・巻頭 スマさんなんだよね! ポチってしまった^^






最終更新日  2015.08.07 06:28:33
コメント(0) | コメントを書く
2015.06.12
カテゴリ:本・雑誌のこと
 ガイドスマ新 USJスマプ たのしそうだにゃ~(*^o^*)と
萌えていたら、オリスタでも!
ビストロ 子役さんたちとはしゃいでるね~^^ これまた楽しそう♪
ナカゴロつよが捕まえ合うってか~(≧ω≦)



しんつよ舞台についても載ってるのにゃ猫
ガイドと結構ダブってるのは、同じ撮影者なのかな。
ただ、扱い方(大きさ)が違ったり、やっぱ紙質いいのがうれしいかな。

女性セブンの誌上SD慎語 写真おっきいしね。
「体ひやしちゃダメだぞ」って、役者つよたん、慎吾ちゃんにお兄ちゃんなアドバイスを!
舞台話 やっぱうれしい^^

anan 林真理子さんのエッセイ しんつよ舞台観に言って、楽屋へ挨拶
慎吾ちゃんと握手、つよとハグ!
渋谷歩きながらにやけるほど、うれしかったんですね~~
あぅぅぅ、つよにハグ うぁぁぁ、想像しただけで、あぅぅぅ

さ、ぷっすまだー☆






最終更新日  2015.06.13 00:51:07
コメント(0) | コメントを書く

全90件 (90件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >


© Rakuten Group, Inc.