1450119 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

♪スウィングしなけりゃ意味がない 🎶

2021.10.18
XML
カテゴリ:JazzLive


石川さんのリーダーカルテットは時にゲスト出演もあってこれまでにも二管クインテットをもです。
前回夏のライブではアルトサックスの緑川さんがジョイントで続くこの秋もフロントが二管のようで
モンドボンゴ初回の時に数曲シットインしていたトロンボーンあゆじさんがこの度はしっかりとです🎵
10月入って少しづつですが復活の兆しも見えてきているモンドボンゴへ感謝の気持ち込めて参上した次第!
Akira Ishikawa Quartet And Special Guest at Mondo Bongo
2021年10月9日 sat start 19:00
Akira Ishikawa Quartet
石川 明 cor
相川幸洋 p
柴田崇斗 b
神山 泉 ds
Special Guest
あ ゆ じ  tb
Mondo Bongo
〒980-0811
宮城県仙台市青葉区一番町4丁目4-36 ファーストワンビル3F
TEL 080-3336-8102
営業時間 18:00–25:00(フードL.O24:00)
│▌▌│▌▌▌│▌▌│▌▌▌│▌▌│▌▌▌│▌▌│▌▌▌│▌▌
└└└└└└└└└└└└└└└└└└└└└└└└└└ key-san♪

先週は明るい内の出勤でしたが今週は通常での出勤で到着したらなんと予約席が設けられています。
致し方ないのでいつもの所から一つ後ろのテーブル席に一人寂しく着くのでありました(^^♪
石川さん達はリハ中でチョットだけ耳を澄ましては聴かせて頂いたりしながら腹ごしらえもですおにぎりラーメン食事
オンタイムにステージへメンバー登場で中央に石川さんとあゆじさんが並ぶと思い出してしまうSW(^^♪
オープニングは一気にテーマからウォ―ムなサウンドが粋なアンサンブルが広がってきます🎵
ソロは石川さんのコルネットからピアノのコンピングに乗っかて飛んでいく感じにウォームトーンが
次にあゆじさんもヤッパリな音が広がって来るのですスライドもグイグイとですがウォームトーンを音符
リズムセクションへもメリハリ利かせるストレートアヘッドなバッキングがまたいい感じです。
フロントに続くソロはピアノ相川さん勢い良く弾ける音が飛んで来る感じに弾いて来ています🎵
その次に柴田さんが早くも唸り声共々ビートを弾くベースがブルンブルンと響き渡ってきますOK
ベースソロ終わってはフロントお二人のアンサンブルが実に快感溢れるテーマ奏でてはエンディングまで🎶
石川明カルテットにあゆじトロンボーンが入ってノリノリのオープニングでした音符



一曲終わっては石川さんのMCいつもとちょっと変わって”今日は亘理から石巻から仙台から
お越しいただいて本当にありがとうございます”と感謝感謝のお言葉がです(^^♪
続けてメンバー紹介もしては早速次に二曲目をとタイトル告げその意味合いも話してテーマからです🎵
フロントのアンサンブルがオープニングに引き続くように軽快に聴かせてはあゆじさんからソロがです!
よく聴いていたナンバーですが本当久しぶりに聴いては初めての様にトロンボーンが唄ってくる音符
結構張りのある感じに音を響かせてはスライドも大きく伸ばしたり引いたりと忙しくも感がOK
続いては石川さんコルネットが張り詰める感じにストレートトーンを響かせて来るとトランペットのように
リズムセクションはピアノとベースがそれぞれアクティブにアドリブソロを繰り出し
ドラムはソロ無いけどリズミックにまたグルーヴな感じも出しての神山さんですOK
テーマに戻ってからフロントがハモる感じのフレーズを聴かせてアウトロではピアノが転がる音の粒を🎶



次も石川さんのMCが”スタンダードナンバーで皆さんご存知の”と言って
♪アイヴ・ネヴァー・ビーン・イン・ラブ・ビフォー~ですホントいろんな方々がですね(^^♪
コルネットがスローにテーマを吹いて行ってリズムセクションもそっとバックアップを
コルネットからトロンボーンへとでもってまたコルネットがそしてソロへと石川さん入っていきます!
もう唄わんばかりに軽くスウィングする感じにウォームトーンが広がって行きます音符
続くはトロンボーンあゆじさんも唄ってしまっているそんな楽しさが伝わって来るアドリブソロOK
曲が曲だけにそう言う感じに聴こえて来るのでしょうかそれともこの間のイメージそのままになのか(^^♪
ソロが相川さんに渡ってコンピングから打って変わってのピアノがこれまたテーマ覗かせるも
じっくりと深々と唄う様に弾いているのが何とも本当にいい感じですね音符
続いたのがベースでなく神山さんバースでのドラムソロがもうフロントとは阿吽の呼吸ですね🎵
此処もヤッパリSWが見え隠れそんな楽し気なコラボが展開して行ってます(^^♪
テーマに戻ればコルネット石川さんが唄いあゆじさんもハモるようにエンディングへとですきらきらOK



続いては”トロンボーンフィーチャーでJ.J.ジョンソンの♪ラメント~を”と石川さん告げてアウトです。
ピアノのイントロがスローに始まってあゆじさんがスライドをゆっくりと伸ばしたり引いたりと
デュオでいい感じにそこへベースがドラムがとそっと入ってきますなかなかいい感じです(^^♪
ソロは先ずピアノの相川さんですじっくりと一音一音を丁寧に弾いて行く感じに流れ出るメロが哀愁を
ベースもドラムも余計な音は出さない感じにピアノにそっと寄り添っているかなあとそんな二人です!
ピアノソロからトロンボーンソロへと渡ってはあゆじさんもう十八番ですねどこまでもスローに
頬をふっくらさせては目を瞑ってホント温かみある暖かな音を広げてくるのであります音符音符
ソロからそのままテーマへとワンアンドオンリーのあゆじトロンボーンがJ.J.♪ラメント~でした🎶



これで1stセットも終わるかと思いきや時短解禁ですもう一曲ラストナンバーに♪ザッツ・オール~
ドラム神山さんのスティックからハイテンポでのインが正にラストスパートです!
リズムセクションはハイテンポでスウィングしてコルネットがテーマをそしてトロンボーンがと
テンションアップしてはソロも石川さんから順序よく神山さんまで全員がここぞとばかしに上げて行きます!
テーマに戻ってからもコルネットがAメロトロンボーンがBメロをと吹いて行って後はユニゾンでの合奏
リズムセクションはもう負けじとグイグイプッシュして煽りのバックアップで1stセットがフィニッシュ!!



1stセットリスト
♪フェア・ウェザー~Benny Golson
♪ダット・デア ~Bobby Timmons
♪アイヴ・ネヴァー・ビーン・イン・ラブ・ビフォー~Frank Loesser
♪ラメント~J.J.Johnson
♪ザッツ・オール~Bob Haymes
2ndセットリスト
♪アワ・スパニッシュ・ラヴ・ソング~Charlie Haden
♪♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦Charlie Parker
♪プレリュード・トゥ・ア・キス~Duke Ellington
♪セオラ~Lee Morgan
♪アイ・ミーン・ユー~Thelonious Monk
enc♪オゥ・プリヴァーヴ~Charlie Parker

和やかな休憩時間もアッと言ううまに過ぎて2ndセットが早くもスタートです!
MCはなくコルネットがスローに響きだしますリズムセクションも一緒に凛々しく
テーマ聴いてはC.ヘイデンですねえと耳を傾けコルネットの響きからトロンボーンへと変わってく音符
テーマそのままな感じにコルネットがソロをじっくりと味わい深くウォームに響き渡るのです。
スローバラードを奏でるフロントお二人のソロから引き継ぐかの相川さんピアノソロがまた煌びやかにきらきら
音が一つ一つ転がり出てくるかのように次々と湧き出てきますもう耳を澄ますだけでした。
続いたベースソロも柴田さんヘイデンヘ近づいて行く近づこうと額に汗してのソロをです!
テーマに戻ればフロントがユニゾンで清らかな旋律を唄い上げてはエンディングへとでした🎶



シックリとした2ndセットのオープニングに続いては打って変わってC.パーカーのバップチューンがです。
ちょっと長いタイトルで聞きそびれましたけど演奏始まってそのフレーズ聴いてもこれは初めてだなと!
テーマからソロはトロンボーンからあゆじさんもうゾクゾクとスライドが忙しく動きますNEW
コルネットもハイトーンをぶちかますかのような石川さん瞼瞑ってははち切れそうなアドリブをです(^^♪
続くピアノとベースも言わずもがなでキレッキレに思いの丈をビバップに包んでプレゼンしてきていますOK
アドリブソロからテーマ戻っては正に圧巻のビバップを放つ石川明カルテット+あゆじですね(^^♪



でもって石川さん次に持って来たのがバラードで♪プレリュード・トゥ・ア・キス~心一休みかな(^^♪
ピアノのイントロがスタートしてベースそしてドラムがと入って来てはピアノトリオでテーマを
華麗に煌びやかに演奏してはこれもまた素晴らしくですそんなテーマからピアノ相川さんがそのままソロを
リリカルに一音一音を呟くように弾き出して来ていますベースとドラムも静かにそっとと言った感じに
そこへトロンボーンのあゆじさんがソロをそして石川さんコルネットも続きますスローにバラードを
じっくり聴かせてはテーマに戻ってピアノがまた厳かな雰囲気を醸し出すように弾き出して
静かに♪プレリュード・トゥ・ア・キス~をエンディングへと導いていくのでした音符



石川さんMCも復活で”それでは次にR.モーガンの♪セオラ~と言ってはピアノのイントロがスタート
テーマはフロントのアンサンブルがまたもって明るいウォームトーンで広がります音符
またユニゾンで聴こえて来てはなんか懐かしさが滲み出て来らりもするのです(^^♪
テーマから抜けだす様にコルネットのソロが聴こえ出してはピストンもスムースに動いています🎵
続くトロンボーンソロと聴き入って行くうちにR.モーガン♪セオラ~のイメージが広がって来るのです(^^♪
ソロはピアノへと渡って相川さんがまた柔らかな音を出して来るのですが背中から圧倒的な高まりが次第に!
テーマに戻ってからはフロント二管のユニゾンアンサンブルが軽やかにしかもウオーム満載に
そんな広がりからエンディングへと行くのですがそこではピアノのコンピングも艶やかにでした🎶



早くも2ndセットのラストとなってT.モンクの♪アイ・ミーン・ユー~
石川さんカウント出しては一気にテーマから弾んでは豪快にスタートですOK
リズムセクションはテンションアップにしてグイグイと煽るコンピングです🎵
早くもソロはトロンボーンあゆじさんからでスライドが大忙しに動いてはブリブリと言った感じに!
続いてのソロがコルネット石川さんとなってもうしっかり瞼閉じてはのいつものお顔がです(^^♪
でもってリズムセクションへと渡しては先ずはのピアノ相川さんが弾き始めては
次第にこれでもかとかというばかりにスリリングなラインを繰り出す圧巻のソロ!
ベース柴田さんも唸り声上げ張り詰めた弦を強くはじく強力で息詰まるようなベースソロを!!
神山さんはフロントとピアノとでのバースソロがもうダイナミックなドラミングに圧倒です上向き矢印
テーマに戻っては五人が入り乱れる事無く一心不乱にエンディングまで遺憾なきフィニッシュです🎶
ラストナンバー大いに盛り上がってはやはりこれで済むわけがないのでした(^^♪
どうしたってやっぱりアンコール!と大きな声がカウンター奥から飛ぶのです!



用意していたかどうかは分かりませんが早速応えてくれてはC.パーカーのバップチューンがまたしても!
テーマが一気に始まってはアッと言う間にソロ突入でコルネット石川さんから短めに
トロンボーンあゆじさんリズムセクション三人がワンコーラスづつかな楽しく愉快なアドリブを
次々とインプロヴィゼーション全開にしかもまたグルーヴ感あふれんばかりに演ってくれるのでした(^^♪
テーマに戻っては一気にエンディングまでのAkira Ishikawa Quartet And Special Guestでした🎶






最終更新日  2021.10.20 21:47:36
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.