1013989 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

♪スウィングしなけりゃ意味がない 🎶

PR

カレンダー

お気に入りブログ

あかりの日 New! ありんこbatanさん

残念 New! 幻泉館 主人さん

2019 Oct 19th 江戸… syoukopapaさん

台風が吹いて、から… あさ・がおさん

2018「第7回オーディ… ショップ リバー サイドさん

クラゲの如くゆらゆ… しっぽ2さん

ポンちゃんの火曜歌… マダムQさん

オリーヴの気まぐれ… オリーヴ0418さん
ローズルーム ジャズマニア6225さん

コメント新着

 チュートン@ Re:1972年8月31日日比谷野外音楽堂から43年目の追い出しコンサート(09/03) すみません、先のコメント、ちょっと不正…
 チュートン@ Re:1972年8月31日日比谷野外音楽堂から43年目の追い出しコンサート(09/03) はじめまして。 遅コメで申し訳ありません…
 ありんこbatan@ おはようございます。 ジャズのkey-sanですね~♪ 楽しまれている…
 key-san@ Re:よしだよしこライブin仙台のご案内(08/15) Suzuki Shinobuさんへ 今日は そうですね…
 Suzuki Shinobu@ よしだよしこライブin仙台のご案内 こんにちは 約1年ぶりで書き込ませていた…
 key-san@ Re:「きり番」! (07/24) あさ・がおさんへ お久しぶりです。 毎日…
 あさ・がお@ 「きり番」!  さいきんは、めったに聞かなくなった言葉…
 key-san@ Re:おはようございます。(04/01) ありんこbatanさんへ おはようございます…

日記/記事の投稿

バックナンバー

カテゴリ

2019年10月20日
XML
カテゴリ:ジャズ


昨年の横濱ジャズプロムナードで板垣光弘クインテットを聴いた時に
衝撃を受けたのが板垣作品♪風神・雷神~でした!
それがピアノトリオで昨年暮れにリリースしたCD
『LOVE IS BLUE ~恋はみずいろ』に収録されていて
新潟ジャズストリートでの板垣光弘ソロを聴いた時に迷わずCDを即ゲット!
それから月日が経って肌寒くなってきた秋に”山形ツアーライブ”を発見
雷神三科律子を1年振りに聴けるだろうとの気持ちでMERCYに予約を(^^♪
板垣光弘トリオ with 横澤徹『LOVE IS BLUE ~
恋はみずいろ』発売記念ツアー at MERCY

2019年10月19日 sat open 19:00 start 19:30
板垣光弘トリオ with 横澤徹
板垣光弘 p
吉木 稔 b
三科律子 ds
横澤 徹 as
MERCY
山形市十日町4丁目1-7
パークサイドフローリストビル3F
TEL.023-674-6552
│▌▌│▌▌▌│▌▌│▌▌▌│▌▌│▌▌▌
└└└└└└└└└└└└└└└└└└└└└key-san♪


夕刻7時オープンに合わせて螺旋階段を3階まで登ってはドアを引く
店内は人影もなく一番乗りと思いきや既にS氏が板垣さんとご歓談中
お声がけしてはKさんも来たの?とお互い笑い顔です(^^♪
板垣光弘トリオに地元のアルトサックス横澤徹さんが入ってのカルテット
お話聞けば板垣さんとは在京中から20年来の親交ある方で
今は山形で東北でジャズシーンを引っ張ってるお方だそうです!
スタートはオンタイムにです板垣光弘トリオメンバーがステージ登場で
ピアノが柔らかく鳴りだします聴いてはステラバイ・・・かと思ったら
いや違いました♪アズ・タイム・ゴーズ・バイ~からです(^^♪
力まず華麗にライブスタートを告げるかのように板垣さんがソロを
ベースの吉木さんも短めにソロを弾いてはテーマに戻ってはエンディングヘ音符



板垣さんからメンバー紹介と今回のツアーのことなど話されて
”もう1曲トリオでオリジナル♪空~を聴いて下さい”と丁寧なMCです。
コンテンポラリーなピアノが空へ舞い上がって行くイントロ
テーマは曇りがちな空を感じるピアノソロに入って行っては
青空が見えない感じに雲が急ぎ足で流れて行く様に聴こえるくもり
吉木さんへソロが渡ってもなかなか晴れない空模様は変わらない
ドラムの三科さんはそれでも雨だけは降らせないよと
細い身体を張っては力漲る舞いのドラミングでバックアップしている!!
そんな物語を勝手に思い込み聴いているわたくしkey-sanです(^^♪



3曲目に入ってはアルトサックスが参加しては横澤徹とコールの板垣さん
先ずは”フレディー・ハバードの季節はもう過ぎてますけど”と言っては
♪アップ・ジャンプド・スプリング~
軽快なリズムのトリオに乗ってホントジャンプして来るアルトサックスです!
カルテットとなってこれまたサウンドに彩がついて来たそう感じます🎵
横澤さんのアルトがストレートにテーマを吹いて行っては
ソロもそのままな感に明るく軽快なテンポです!OK
そのまんまな感じで板垣さんもアドリブソロは軽快にソフトラン音符
ベースの吉木さんは結構アクションも大きくジェスチャーしてる感じに爪弾く
メリハリの利いたリズムをボンボンと響かせてきます面白いソロ上向き矢印
ドラムはアルトサックスとバースソロでお決まりのコール&レスポンス(^^♪
もうテーマに戻ってからもエンディングまで軽快さは終始しています🎶



軽快に終わっては次にアルバムタイトルチューン
♪ラブ・イズ・ブルー~を聴いて下さいと言いながら
♪恋はみずいろ~について歴史を遡っては森山良子さんが唄ってましたと板垣さん
でもってクルセダーズのアレンジで演りますとベースからのインがです!
ブンチャチャ!チャチャチャ!と何ともそぐわないドラムとのリズムですが
ピアノのイントロフレーズには確かに♪恋はみずいろ~が聴き取れる
テーマでは原曲とのリズムこそ違うけど華麗なフレーズがサックスとピアノから🎵
♪恋はみずいろ~と唄うソロはピアノの板垣さんから
横澤さんのアルトサックスもみずいろのフレーズが見て取れる
ベースの吉木さんからはあくまでもリズムが基本と言わんばかりに
ビートを刻むソロを出だしの時の感じに弾いてはテーマを呼び込んでくるのです!
フレンチポップスは一体どこへ行ってしまったんだろう?



続くナンバーもCD収録曲でオリジナルなんとタイトルが♪きよら~
名を示す通り清らかなと言うイメージを曲にしたとのこと(^^♪
テーマからして清らかさが聴こえてきそうで・・・!?
ソロではアルトサックスが板垣さんが言うイメージを膨らませるかのように🎵
続くピアノソロもう板垣さんがご自身の思いの丈を弾きだして来る
いつの間にかテーマへと言った感じにエンディングでした音符きらきら
板垣さんMC”1stセットのラストに皆さんご存知のスタンダードを
今年はエリントン生誕120年でありますので♪キャラバン~を
ドラムフィーチャーで最後にお送りします!”と言った途端に
ドラムロールからスタートしてはピアノがベースがとテーマをサックスが
ソロはもうサックスからピアノへベースを飛ばしてラストソロ三科さん
どこからあんな力が湧いてくるんだろうかと思うドラミングに大声援が
ホントです細い線からの大迫力のドラムに脱帽です音符きらきらOK🎶
テーマ戻ってはエリントンオーケストラもぶっ飛ぶ感じにエンディングでしたOK!!



1stセットリスト
♪アズ・タイム・ゴーズ・バイ~Trio erman Hupfeld
♪空~Trio 垣光弘
♪アップ・ジャンプド・スプリング~Freddie Hubbard
♪ラブ・イズ・ブルー~恋はみずいろ~Andre Popp
♪きよら~板垣光弘
♪キャラバン~Duke Ellington.Juan Tizol
2ndセットリスト
♪ブラック・オルフェ~Luiz Bonfá
♪ファンキー・ヴィジョン~板垣光弘
♪風神・雷神~板垣光弘
♪ラバー・マン~Cedar Walton
♪ジャンクション~板垣光弘
enc♪ワーク・ソング~Nat dderley
enc♪グリーン・グリーン・グリーン~板垣光弘



2ndセットのスタートはもうカルテットからです!
先ずはなんとボサノバからです!
ピアノのイントロがリズムに乗ってラテンぽっく弾く板垣さん
テーマもアルトサックスがテンポよくですね(^^♪
ソロもアルトサックスからピアノそしてベースと行っては
ラテンなテンポリズムですけど急がずにスローなソロフレーズがです
吉木さんのベースはパーカッションも見え隠れ🎵
そんな楽しくも切ない♪ブラック・オルフェ~だったかな!



2曲目には”アルバムから”と言ってオリジナルです!
NYに行った時ヴィレッジバンガードでのライブに触発して作ったと
♪ファンキー・ヴィジョン~ベースのイントロから聴こえ始まる!
アルトサックスがリズミックに吹いては流れる感じのフレーズも
でもってまたリズミックにそのままにソロへとです!
サックスから次はピアノがリリカルなフレーズを弾く
ベースへソロもですがサックスとドラムが引き継ぎ役をな感じに
でボーイングなベースソロが始まるかと思いきや
サックスとドラムが乱入してくるでまたベースが唸るソロを!!
何となく訳の分からないアレンジ!?



そんな感じになって来ては次に♪風神・雷神~をと板垣さん
待ってましたの合いの手を入れてしまった(^^♪
ここでは配役がと”風神には横澤さん””雷神にリッちゃん”
”謎の旅人吉木””行司に板垣”でお送りしますとすたーとです!
風神と雷神がバトルで合間を縫って旅人が登場
合戦の軍配をどちらに上げるのか行司もきっと試行錯誤(^^♪
その一幕は到底言いつくせるものではない盛り上がりのギグ!!
皆さんのアドリブソロがもう半端ない面白さが溢れた🎶
そんな状況からバラードを演りますピアノとアルトのデュオです。
ここは板垣さんと20年来の親交ある横澤さんとのコラボです!
PA無しで生音の♪ラバー・マン~が疲れを癒すかのようにですOKきらきら
吉木さんと三科さんもゆっくり一休みですね(^^♪
唄うアルトサックスに耳を傾け囁くピアノに心を委ねる感じでした!!



二人戻って来ては今日のラストになりますと
板垣さんのオリジナルで♪ジャンクション~大分以前に作ったとの事です。
ピアノのイントロがハイテンポで2ビートを刻む感じです!
タイトルに偽りなしグニャグニャにアドリブソロはアルトサックスから
横澤さんのアルトが泣き叫ぶような圧倒的な高まりを見せます。
板垣ピアノは変幻自在にフレーズを繰り出しクライマックスを感じさせては
ラストギグに相応しい大きな音楽を展開して見せる有様か!?
三科さんもう歯切れ良く抜けのいいダイナミックな音圧のドラムソロに圧倒!!
演奏終わっては大きな声援が飛んではアンコールの声が一緒にです!



ステージ下がらずこのまま行きますと言ってはナット・アダレイが
おお何と久しぶりに聴く♪ワーク・ソング~です!
アルトがファンキーな風味でテーマを奏でそのままカッコイイフレーズを次々に
ミディアムテンポでハードバップそのものを続くソロが三科律子ドラムです!!
アンコールでも体力振り絞るドラミングで歓声を沸かせます🎶
テーマに戻ってのフレーズに粋を感じたホント愉しいライブ(^^♪ところががもう1曲タイトルも何も告げづに板垣さんがピアノを弾き始めるOKきらきら
イントロからテーマを駆け足のようにピアノをです!
ソロはアルトサックスからベースそしてドラムとです!!
ラストにこれでもかと言った楽しいギグがですね(^^♪
板垣光弘トリオwith横澤徹atMERCYお疲れ様の一言を捧げたい気持ちが一杯に!






最終更新日  2019年10月20日 22時32分46秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.