1617312 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

じっく~り選んだお気に入り

全84件 (84件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

画像あり日記

2010/01/01
XML
テーマ:富士山(5129)
カテゴリ:画像あり日記

2009年8月30日(夏山最後の日曜日)富士山頂でご来光

これは、元旦に写した写真ではありませんが、初めて富士登山した息子からもらった画像です。
2009年8月29日土曜日の夜に富士山を登り、翌朝8月30日に富士山頂から拝むことができたご来光です。
日の出時間は5時15分頃だったはずですが、雲が邪魔していて、じれったかったようです。

「日の出予告時間は過ぎているのだが…。
あの雲じゃま~!!

だいぶ明るい。
んにしても、あの雲じゃま~!!」

と・・・
ようやく姿を現した太陽です♪

2009年8月30日(夏山最後の日曜日)富士山頂ご来光
(クリックでもう少し大きい画像が見られます)

日本一のご来光を拝むために、夜のうちに富士山に登るのだそうです!スゴイね

他の日記も読んでみる







最終更新日  2010/01/31 11:43:51 PM


2009/12/24
カテゴリ:画像あり日記
9月28日、総合病院に緊急入院した父。
5日間の治療を受け、かかりつけの病院へ転院させられた翌朝、急変。
再び総合病院へ戻され、今度はゆっくり経過を診ながら治療をしてもらえて、11月11日にリハビリを兼ねた療養のため、かかりつけの病院へ転院。

治療が上手くいって療養入院になってからも、「もう何もしたくない、何もせんでいい」と生きる気力をしばらくなくしていました。
呼吸も少しずつ楽にできるようになって、体力も少し戻って、家に帰るという目標ができたからだと思うのですが、それからというもの、頑張りをみせてくれました。

「ほらっ、いいか?」とベッドサイドのテーブルに手をついて支えにして立ってみせ、テーブルからそっと手を離して「いち、にー、さん・・・」と数え7秒程、自分の力で立った時には涙が出ました。
一ヶ月以上続いた寝たきりの入院だったので、高齢ゆえに元のように立つことも歩くこともできないかもしれないという不安があったからです。

足の筋力を取り戻すリハビリを続け、病室内を杖をつきながら歩ける程回復し、ポータブルトイレも利用できるまでになりました。

そうした父の頑張りのお蔭で、クリスマスイブの12月24日、無事に退院することができました。
なによりのクリスマスプレゼントです!!!


そして夜、実家を出て、帰宅してメールをチェックすると、
息子からこんなメールが届いていました。

宇宙からメリークリスマス
★'*。':☆。宇宙から メリークリスマス。☆'*。':★。

このメールは地球からはるかかなた36,000Kmの宇宙空間を飛行している超高速インターネット衛星「きずな」を経由して届きました。

なんかね、これってすごくワクワクしてうれしかったです。

宇宙航空研究開発機構のJAXA宇宙利用ミッション本部サイトhttp://www.satnavi.jaxa.jp/で、平成21年11月27日(金)~平成21年12月18日(金)までに登録。
送信先のアドレスはいったんJAXA内のサーバにて保存し、まとめて平成21年12月24日に筑波宇宙センターから「きずな」へ向けて送信され、「きずな」からのメールはいったん筑波宇宙センター内のアンテナで受信し、地上ネットワーク経由で配信されるというしくみだったようです。

バレンタインデーや七夕もイベントあり?
メールイベント
http://www.satnavi.jaxa.jp/mail_event/index.html

衛星「きずな」についてはJAXAのこちらをご覧ください。
http://www.satnavi.jaxa.jp/project/winds/index.html


絆といえば・・・

父がやる気をみせてくれるようになったのは、毎日欠かさず三度の食事の度に病院に行って、お世話をし続けた甲斐があったのでしょうか、
総合病院の婦長さんがそういうようなことをおっしゃって下さいました。
それって当たり前のことをしただけじゃない?と思うけど、諦めてしまう家族もあるそうです。そうするとそこまでになってしまう患者さんをたくさんみてきたそうです。

治療入院中は、「十分生きた。・・・もう楽にして欲しい」と懇願されることが何度もあり、辛そうな父の様子を見ると、私だって、そうだねと言うしかできませんでした。
だからこそ、少しでも長く一緒の時間を持ちたいという強い思いで、毎日病室に通っていました。
父もそういう絆を思い起こして、もうしばらく生きてみようかと踏ん張ってくれたのかもしれません。

他の日記も読んでみる







最終更新日  2010/01/30 10:04:34 PM
2009/08/01
カテゴリ:画像あり日記

箱根海賊船ビクトリー号の船長と大砲

芦ノ湖の箱根海賊船ビクトリー号には海賊のフィギュアではなく、コスプレをした生身の人間が乗船していました。
箱根海賊船ということから、始めは海賊の船長?と思いましたが、肩には金モールがついているので、ネルソン提督の軍服と帽子のコスチュームのようでもあります。


箱根芦ノ湖海賊船ビクトリー号の海賊船長?それとも海軍提督?

そして、彼は観光地で「記念に写真をとりますよ。いかがですか?」と問いかけてくる記念写真撮影隊の一員だったようです。
夫はいつもは断るのですが、念願の海賊船に乗れたとはしゃいでいる私を慮ってくれたようで、撮ってもらおうと言ってくれました。
ビクトリー号のデッキで家族と、海軍提督(のコスプレの人)と一緒に記念撮影♪


箱根芦ノ湖海賊船で撮ってもらった記念写真

船から降りる迄にはプリントアウトして持ってきてくれて、気に入ったら購入するシステムです。
1,000円しますので、これまでどこの観光地に行っても高い!と思って撮ってもらったことはなかったのですが、この海賊船の記念写真はオススメです☆
フォトシートがとても素敵にデザインされていて、3隻の箱根海賊船のイラストとちょっとした説明もついていました。とても良い記念になっています。




芦ノ湖の箱根海賊船ビクトリー号の甲板には大砲のレプリカもありました。


箱根芦ノ湖海賊船ビクトリー号甲板の大砲



他の日記も読んでみる







最終更新日  2009/08/08 12:25:26 AM
2009/07/31
カテゴリ:画像あり日記

イギリスの海軍戦艦がモデルの箱根海賊船ビクトリー号

6月末に箱根に行った際に、芦ノ湖の3隻の海賊船「バーサ号」、「ビクトリー号」、「ロワイヤル号」を制覇!

箱根神社を参拝した後、元箱根港から「バーサ号」で桃源台港まで行き、桃源台港で待っている「ビクトリー号」に乗り換え、箱根町港で降りて、箱根関所を観光しました。「ロワイヤル号」の寄港時間に合わせて箱根町港に戻り、ロワイヤル号に乗って、元箱根港では降りずに乗ったまま再び桃源台港へというルートで、クルージングを楽しみました。

今日はビクトリー号の画像をアップします。
箱根神社から元箱根港へと芦ノ湖沿いに歩いて行く途中で撮影したものです。
箱根芦ノ湖海賊船ビクトリー号

これは、芦ノ湖で行き交う箱根海賊船ビクトリー号と遊覧船の画像です。
手前に浮かぶ小舟も入れて写してみました。
箱根芦ノ湖で行き交う海賊船ビクトリー号と遊覧船

次は、桃源台港に着いたバーサ号から降りる時に撮ったビクトリー号の画像です。クリックで拡大します。
箱根芦ノ湖海賊船ビクトリー号側面 箱根芦ノ湖海賊船ビクトリー号側面2

船首の画像は、箱根町港でビクトリー号から降りてから撮りました。
側面のカラーは黄色と黒っぽい赤紫?えび茶?のような色ですが、正面の色は明るい紺色です。
箱根芦ノ湖海賊船ビクトリー号船首

これがビクトリーの船首像。
箱根芦ノ湖海賊船ビクトリー号の船首飾り 箱根芦ノ湖海賊船ビクトリー号の船首像

ビクトリー号船内にはネルソン提督の肖像画が飾られていました。
箱根芦ノ湖海賊船ビクトリー号船内に飾られたネルソン提督の肖像
乗った時は、船については予備知識なしだったので海賊船の中に海軍将官の肖像画?
なぜ?って思いましたが、芦ノ湖の海賊船ビクトリー号は、18世紀にイギリスで建造され数々の歴史的な海戦で活躍し、現在も記念艦として保存、展示されているイギリスの戦艦H.M.S.ビクトリーがモデルなのだそうです。
なるほど、トラファルガーでは、ネルソン提督の旗艦にもなったのね。
船体の色や内装、船首像等は戦艦ビクトリーの当時の雰囲気を再現しているそうです。

船艦がモデルとあって、他の船のようにキラキラした装飾はなく、側面には砲門を模したものが付けられています。
海軍の船を我ら海賊(乗客)が乗っ取った!というイメージでよいのかしら?

WJネタばれになるからあまり書けませんが、ワンピースでも、海軍の船をゴニョゴニョゴニョ・・・(笑)
まーた長らく滞っていたお話が急展開!
それにストーリーのスケールがでかくなってますよ!
ワクワクだぁ!
あ、でもまだ黄色と緑が揃ってない!その点はずっとずっと淋しい・・・私。

話しが脱線してしまいましたが、売店もシックで落ち着いた感じに作られていました。
箱根芦ノ湖海賊船ビクトリー号船内の売店

H.M.S.ビクトリーの完成模型や、自分で作る模型キットもあります。



芦ノ湖の3隻の海賊船 ビクトリー、バーサ 、ロワイヤル


芦ノ湖の海賊船は、芦ノ湖を反時計回りに、箱根町港、元箱根港~桃源台港間の航路を運航しています。
(⇒箱根海賊船ホームページ
帰りに乗る船の時間チェックも忘れずに
(⇒海賊船のご利用案内
美術館や優待施設の受付でもフリーパスがあると何かと便利です。
(⇒箱根フリーパス

旅行中、持って歩いたのはこの本

るるぶ箱根(’10)
旅行前に買ってどこに行くか決めるために読んで、交通ガイドやフリーパスの説明も事前にキャッチすることができました。


他の日記も読んでみる







最終更新日  2009/08/05 12:43:57 PM
2009/07/26
カテゴリ:画像あり日記

箱根海賊船バーサ号の海賊フィギュア

芦ノ湖の箱根海賊船「バーサ号」のデッキにはひげ面の海賊の船長(キャプテン)が腕組みをして立っています。
さらに中央のマストに作られた階段を上って高くなっている特別デッキの手すりに身を乗り出すように座っている海賊もいます。片手に持った望遠鏡で前方を覗いています。
芦ノ湖海賊船バーサ号海賊船長(キャプテン)の像芦ノ湖海賊船バーサ号見張り役海賊の像

旅行中、持って歩いたのはこの本

るるぶ箱根(’10)
旅行前に買ってどこに行くか決める時に読んで、交通ガイドやフリーパスの説明を事前にキャッチすることができました。

本誌の始めの方にのり付けされている(本誌から、はがして使用できるようになっています)別冊付録「取り外してつかえる!歩ける便利地図」が何かと便利でした♪
旅行中、電車やバスの中で同じ本を手にしている人に遭遇しました。


他の日記も読んでみる







最終更新日  2009/08/05 07:02:15 AM
2009/07/25
カテゴリ:画像あり日記

箱根海賊船バーサ号

先月末に箱根に行った際に、芦ノ湖の3隻の海賊船「ビクトリー号」、「バーサ号」、「ロワイヤル号」を制覇しました!
芦ノ湖の3隻の海賊船 ビクトリー、バーサ 、ロワイヤル

芦ノ湖の海賊船は、芦ノ湖を反時計回りに、箱根町港、元箱根港~桃源台港間の航路を運航しています。
(⇒箱根海賊船ホームページ


最初に箱根神社を参拝した後、元箱根港から緑色の「バーサ号」に乗って桃源台港まで行きました。
次に、桃源台港で待っている青と黄色の「ビクトリー号」に乗り換え、箱根町港で降りて、箱根関所を観光した後、赤い「ロワイヤル号」に乗って元箱根港へ。
元箱根港では降りずに乗ったまま再び桃源台港へというルートで、クルージングを楽しみました。

これだけ乗るには、往復券を買ったとしても3,100円かな?
小田原駅から2日間有効のフリーパス3,900円を買っておいて正解でした。
今回の旅行は、ロープウェイやケーブルカーは使わないルートで計画したのですが、海賊船だけでなく、二日間で登山バスも、電車も乗り倒してかなりお得でした。
それに、フリーパスを持っていると、バスでは、フリーパスを乗り降りの時に呈示するだけでよいので便利でしたよ。
料金を気にして小銭をいちいち用意したり、まごまごせずに済みました。

それに美術館や優待施設の受付でフリーパスを見せると割引があるんですよ。(⇒箱根フリーパス

海賊船では甲板に立っていると、景色も楽しめるし、風を受けて気持ちがよいのですが、
船内には特別船室もあって、ゆったりした椅子に座れてちょっとリッチ感を味わえます。
乗船前に、のりばで特別船室利用のチケットを買う必要があります。
定期航路(片道)おとな490円 こども240円
定期航路(往復)おとな750円 こども380円

箱根フリーパスを利用すれば、これも割引があります。

船のサイクルを把握して、乗りたい船は何時に発つのか、時刻表を確認してから観光や遊びに行くことをお勧めします☆
時間を考えずに遅くまで遊んで、宿泊予定地に戻れなくなってしまったなんてことがないように、最終の便の確認も大事です。
(箱根海賊船のホームページ⇒海賊船のご利用案内 

その後は、桃源台から登山バスでルネ・ラリック美術館へ向かいました。


これが最初に乗ったバーサ号です。
芦ノ湖海賊船バーサ号

北欧の獅子『バーサ号』
17世紀前半『北欧の獅子』と呼ばれ北欧に威をふるったスウェーデン国王グスタフ・アドルフが建造したバーサ号(初代スウェーデン国王)をモデルとした豪華な彫刻に飾られた船です。
明るいグリーンを基調とした船体に、ゴールドの装飾と白いライン、補色の赤が映えてとても美しい船でした。

これは、乗る前に撮ったバーサ号の船首の画像です。
芦ノ湖海賊船バーサ号船首

バーサ号には双翼の金色の獅子の船首像が飾られています。
羽が生えたライオンだよ。
芦ノ湖海賊船バーサ号両翼の獅子の船首像芦ノ湖海賊船バーサ号船首像

これは桃源台港で降りた時に撮ったバーサ号の画像です。クリックで拡大します。
芦ノ湖海賊船バーサ号側面 芦ノ湖海賊船バーサ号側面2

そして、桃源台港で乗り替えた「ビクトリー号」が岸を離れる時、「バーサ号」の船尾を写しました。
芦ノ湖海賊船バーサ号船尾


旅行中、持って歩いたのはこの本

るるぶ箱根(’10)
旅行前に買ってどこに行くか決めるために読んで、交通ガイドやフリーパスの説明も事前にキャッチすることができました。



大人気シリーズ第4弾!お子様も大満足のシールブックです。ロマンスカー&はこねのりものシール...
待望のシールブックシリーズ第4弾です。
ロマンスカー、登山電車、ケーブルカー、ロープウェイ、登山バス、海賊船など、箱根の乗り物がぎっしり詰まったシールブックです。


他の日記も読んでみる







最終更新日  2009/07/31 05:42:42 AM
2009/07/22
カテゴリ:画像あり日記

2009年7月22日の日食をデジカメで撮ることができました

私が住んでいる地域は、前夜から当日朝も雨が降っていて、観測を諦めかけていたのですが、日食直前に雨が上がり、雲の隙間から欠け始めた太陽が顔を出しました。
ビクセン(Vixen)の日食グラス(日食メガネ)まで買って楽しみにしていた日食なんです。(⇒2009.07.14の日記
ビクセン(Vixen)の日食グラス
父母にも購入して計3個。

やったー!よかったーっと、庭でしばらく、日食グラスを使って眺めていました。
雲がフィルターの役目をして、肉眼でも欠けている太陽を見ることができます。
もちろん、太陽光は目に良くないので、チラ見ですよ。
これを写真に写せないだろうか?と思い、デジカメを部屋に取りに行って庭に戻ってみると、もう空は雲で覆われてしまっていました。


次の観測チャンスは丁度、最大食になった頃に訪れました。
これは、最大食の頃にデジカメで撮影した太陽の画像です。
2009年7月22日部分日食 最大食の頃にデジカメで撮影した太陽画像
実際は向かって左の方だけ細長く光っているのですが、太陽をそのままカメラで写すと、欠けている部分も光って写ってしまいました。
露出時間を短くしたつもりですが、反対にしたのかなあ。


さらに、最大食から約4分後。しばらくの間、白色光が黄色味を帯びた色になり、裸電球に照らされているような感じがしました。庭の空気までも変化したような不思議な感じがして、すごい!すごい!!と独り言を言っていました。
2009年7月22日部分日食 最大食4分後にデジカメで撮影

それから、ふと思いついたのが、日食グラスを通して撮影できないだろうかということ。
カメラの前に日食グラスの遮光部分をくっ付けて写したのがこの画像です。
2009年7月22日部分日食 最大食18分後にデジカメで撮影した太陽
ちゃんと欠けているところを写せました!!!
日食グラスを目にかけて日食を見ると、この画像と同じように見えます。
この家の庭で観られるのは皆既日食ではなく、部分日食(90%以上)ですが、こんなに欠けた太陽を観たことも撮影したことも初めてのことで、とても興奮しました。

これは、最大食から約20分後にあたります。
2009年7月22日部分日食 最大食20分後にデジカメで撮影した太陽
三日月みたいですが、これは遮光ガラスを通して写した太陽なんです!
素人ながら、こうして自分で写すことができた写真を見るたびに、感動が深まります。


また、しばらく雲に隠れてしまったので、その間、また閃いたことを実行。
日食グラスから遮光ガラスを取り出して、デジカメのレンズ部分にセロテープで貼付けてみたのです。
そうして写したのがこの画像。最大食約71分後。
2009年7月22日部分日食 最大食71分後にデジカメで撮影した太陽
そろそろ、天体ショーも終わりです。

太陽が雲に隠されることが多くて、日食の初めから終わりまで完全には観ることが出来ませんでしたが、始まりや、最大食、終盤といった要所、要所を観測できたので満足です。天を仰いで感謝しました。
もうね、これが全く見えなかったじゃね、いじけちゃうよ。
そして、曇りのお蔭で、暑い思いもせずに済んだこともありがたかったことの一つです。

他の日記も読んでみる







最終更新日  2009/07/25 06:41:23 AM
2009/07/04
カテゴリ:画像あり日記

押忍!手芸部の「ロボぐるみ」

押忍!手芸部の「ロボぐるみ」も、羽田空港の雑貨店「Tokyo's Tokyo」にいました!!!
これも店員さんオススメの商品で、許可を得て撮影しました。

床の上を歩くのですよ。ほら、リード(散歩ひも)まで付いているでしょう?

羽田空港の雑貨店「Tokyo's Tokyo」にいた!「ロボぐるみ」押忍!手芸部


お店にレイアウトされているロボぐるみの商品の説明文にはこう書かれています。
押忍!手芸部「ロボぐるみ」の商品説明文。

『日本一男前な、女人禁制の手芸部「押忍!手芸部」。その部員の手によって作られた全てが一つ一つ表情の異なるファンシーで可愛らしい作品が、このロボぐるみです。スイッチを入れると、歩いて吠えます。電池式。』


そして、面白いのが、¥10,001というお値段。
なんですか、この微妙な1円は?と思うかもしれませんが、(ワン ワン。税込)という表記を見て、ニヤリとなります。

男子の作品らしく、はぎ合わせの縫い目が大ザッバです。メカを布で包み込んで作ってあるのですが、ザックザックと縫った糸が見えます。たぶんこれは、「押忍!手芸部」の持ち味を出すためでしょう。「魅せる」のが上手いです。
正面から写した写真が上手く撮れてなくてアップできなくて残念ですが、つぶらなオメメをしています。目の位置で表情が随分変わりますものね。

そういえば、犬のロボット、AIBO(アイボ)ってその後どうなったのかしら?
今も元気でいるのかしら?

「Tokyo's Tokyo」は、東京発の旅をコンセプトに、旅の道具や東京土産、それから厳選された本を一つの空間に共存させたオシャレで楽しいお店です。私が大好きなデザイナーズグッズがたくさんあります。羽田空港の第2旅客ターミナル 3Fマーケットプレイスにあります。
(羽田空港ターミナル Bib Bird インフォメーション ⇒ 第2旅客ターミナル 3FTokyo's Tokyo

女人禁制の手芸部と書いてありましたが、「公開部活」も行ったり、誰でも参加できるワークショップも開催しているようです。
押忍!手芸部の作品を楽天市場でも扱ってないのかなあと探してみました。
これは、2008年の「The Artists Who Love Mickey & Minnie」の参加商品です。

ランチタイムトート(ベビールー)/RTディズニー:押忍!手芸部

【サイズ】 W18.5xH21.5cm、持ち手長さ11.5cm
【素材】 綿100%
【ポケット】 外側ファスナー付1カ所
【その他】 生産国:中国

紹介SHOP:
◇ ROOTOTE GALLERY ◇

トートバッグブランド「ルートート」専門店 ルートートギャラリー


【The Artists Who Love Mickey & Minnie】
2008年、ROOTOTE(ルートート)をキャンバスに、ミッキーとミニーをリスペクトする64組のアーティストが繰り広げる、ミッキーとミニーのアート・ワールド!
アーティストの手によるミッキーとミニーはクリエイティブな表現に溢れ、個性的なROOTOTEができあがりました。

他の日記も読んでみる







最終更新日  2009/07/14 06:49:42 AM
2009/07/02
カテゴリ:画像あり日記

山脈のお皿を飾りたい

トポグラフィー プレート topography plate

羽田空港の「Tokyo's Tokyo (トーキョーズ トーキョー) 」で見つけてテンションが上がり激写したものがあります。
(店員さんの許可を得て撮影しました)
ジャ、ジャーン!!!
山々に囲まれた形のお皿なんです!
共栄 topography plate 説明 「Tokyo's Tokyo」で撮影した共栄デザイン topography plateの画像1
「Tokyo's Tokyo」で撮影した共栄デザイン topography plateの画像2 「Tokyo's Tokyo」にあったtopography plateの商品紹介プレート
共栄 kyouei design の「トポグラフィー プレート topography plate」です。

お店の商品紹介プレートでは山脈ボウルになっていました。
『静岡を拠点とする共栄デザインの地形学を用いたプレートです。このプレートに、スープを注げば湖に、サラダを盛れば森に、食卓でランドスケープを楽しめるテーブルウェアです。 独特な白い陶磁器は岐阜の焼き物の特徴です。 』と書いてあります。
実際にある地形を組み合わせてデザインしてあるそうです。
山に詳しい方なら、どの山だと判るのでしょうね。

このプレートを家族分買って食事に使うと、おもしろそうですが、
とにかく一皿、このまま何も手を加えずに、飾っておきたい!そう思わせる器です。

食器としてだけでなく、苔玉とか山野草などを演出する花器に使うと素敵そうだなあ。

topographyは地形学なので、 この日記で、トポグラフィー プレートと入力しながら、地学の地層で出てくる岩盤の意味のプレートを連想しました。
英単語、皿のプレートと同じなんだね。

「Tokyo's Tokyo」は、2009年2月20日羽田空港の第2旅客ターミナル 3Fマーケットプレイスにオープンしました。
東京発の旅をコンセプトに、旅の道具や東京土産、それから厳選された本を一つの空間に共存させたオシャレで楽しいお店です。
(羽田空港ターミナル Bib Bird インフォメーション ⇒ 第2旅客ターミナル 3FTokyo's Tokyo

旅行って、結構散財してしまいます。
地方のお土産を選ぶのも楽しみの一つだし、逆にこういう雑貨屋さんでは、地方ではなかなか手に入らないデザイナーグッズをつい買ってしまうというか(汗)
この山脈を象った白いプレートを見た時には、勢いで買いそうになりました。でも、持ち歩くには重そうだし、お値段もそれなりにしたので、グッと我慢。
ネット販売はしてないのだろうかと、聞いてみたところ、親切な店員さんは、なんとネット検索して、プリントアウトまでして下さいました。
しかもですね、教えて頂いたお店は楽天市場のショップでした!

topography soup plate(トポグラフィースーププレート)白い陶磁器のスープ皿

オランダでメジャーデビューの音楽家 岡本光市氏デザイン。
アートな感覚がとても斬新なスープ皿です。
サプライズなプレゼントに。
サプライズな食卓演出に♪

素材 : 陶磁器
サイズ: 320×210×65mm

紹介SHOP:
Artなインテリア雑貨モットアート
元気になれる楽しいArtなインテリア雑貨ショップ


【共栄design】
プロダクトデザイナー、サウンドプロデューサーの岡本光市氏により2006年に設立されたデザインブランド。
スウェーデンで行われたexhibition「one week & three items」、静岡県立美術館での初の個展「two days & four products」など、プロダクトを作品としてインスタレーションし、国内外の雑誌 メディアの注目を集める。
designboom martなど海外のデザインイベントに選出され、シンプルユニークなプロダクトは、初期のライティングから形を変え、より幅広いデザインへと進化し続けている。

共栄デザインtopography plate(トポグラフィー プレート)



他の日記も読んでみる







最終更新日  2009/07/11 11:58:38 PM
2009/07/01
カテゴリ:画像あり日記

油で揚げてないドーナッツ

焼きドーナツ専門店「miel」のミエル ドーナツ baked donut

6月末に羽田空港でミエルの焼きドーナツ「オールセレクト・全8種類×各1個」を買いました。
第2旅客ターミナル3F(搭乗フロア)のマーケットプレイスのヨックモックが入っているフードプラザ前で販売していました。
他にも羽田空港の各所に売店があるようです。(羽田空港ターミナルBib Bird インフォメーション⇒ミエルドーナツ

焼きドーナツ店 mielミエルのオールセレクト・全8種類×各1個


プレーン、シナモン、きなこ、ココア、大納言、ラムレーズン、クッキーショコラ、焼き芋が入っています。

これは、中に入っていたミエルのパンフレットの表紙です。

焼きドーナツ店 miel のパンフレッット


2009.06.15の日記で、焼きドーナツがおうちで作れるクロアのドーナツメーカーを紹介したばかりでしたので、焼きドーナツに興味があったのですよ。
クロアのドーナツメーカーで作る焼きドーナツは一口サイズのミニですが、ミエルの焼きドーナツは、ほぼ普通のドーナツの大きさあります。
油で揚げてないから、ギトギト感がなくて良いですね。
きめが細かくて、表面も柔らかです。

パンフレットの裏には銀座本店とプランタン銀座店の地図が描かれています。

焼きドーナツ店 miel のお店MAP
銀座が本店(2008年7月16日オープン)になっていますが、最初は大阪ヨドバシ梅田のスイーツミュージアム(2005.9 ~ 2007.9)が出発地点だったのですね。


【焼ドーナツ専門店ミエル】
ドーナツの穴から向こうが見えるのでミエルという名前にしたのかな?なんて安易に思っていましたが、「miel」とはフランス語で、はちみつという意味なのだそうです。
『ミツバチ達が丁寧に蜜を集めるように、ミエルのドーナツは手づくりで造られます。
誰もが知っていて、簡単にはできないけれど、
コツコツと丁寧に、じっくり時間をかけて作られる。
派手さはないけれど、存在感があり、身近で、ひとくち口にするだけで笑顔になれる。(ミエルのHPから抜粋しました)』
そんな願いを込めて、やさしい響きの「ミエル」と名づけたのだそうです。

2009年7月1日には、福岡市天神の福岡三越地下2階にもオープンしました。誕生ホヤホヤでーす♪
(⇒ミエルのホームページです

他の日記も読んでみる







最終更新日  2009/07/11 02:43:01 PM

全84件 (84件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.