5063035 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

デイリー ルーツファインダー

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2011.04.07
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
 このことは権威あるニューヨーク科学学会が出版した「チェルノブイリ~大惨事の環境と人々へのその後の影響」(アレクセイ・ヤブロコフ博士)の紹介動画「チェルノブイリ100万人の犠牲者」で詳しく説明されている。日本語字幕があるのでわかりやすい。(出演は同書の編集者ジャネット・シェルマン博士)


 放射能の発生源ばかりでなく、気流に乗った放射能が地上に降下する地点でも大きな影響を与えている。

 原発もチェルノブイリも近くにないスカンジナビアの子供でチェルノブイリの年に生まれた子供は高校卒業率が低い。
 
 ベラルーシでは健康と言える子供は2割しかいない。
チェルノブイリ.jpg

 影響は北半球全体に及んだ。

 
「オーストリアのCentral Institute for Meterorology and Geodynamicsは、福島原発事故直後の3~4日間のヨウ素131及びセシウム137の放射能量がチェルノブイリ事故で放出された量の20~50%の量であるとの推定値を発表した。これは、日本と米国が公表した数値に基づく推定値だという。(23日Reuters)」

 3~4日でチェルノブイリの20~50%なら、1か月近くたった4月7日現在でも福島1原発1号機~6号機は4号機を除いてすべてベント(格納容器内の水蒸気の放出)や、海中に膨大な放射能を放出を続けており、既にチェルノブイリの放射能放出量を超えていても不思議ではない。(チェルノブイリは10日で終息した)



 以下はチェルノブイリの放射能汚染地域と東日本を重ねた図

チェルノブイリと福島.jpg

 
 (先の記事(関東の方が被曝量を低く抑える方法)で紹介したように日本は偏西風の影響下にあり、このような汚染分布にはならないと思われるが一つの参考に。)

 欧州放射能危機委員会のクリス・バズビー教授
「私は最初からチェルノブイリ級の災害であると言っています。 
 何故なら最初の爆発を見たときに、原子炉の圧力容器に大きな問題があるとわかっていたから。今、やはりそうだったとわかってきて少なくともひとつは壊れて燃料がそこら中に行っている。
 チェルノブイリと同程度の惨事だというのは明らかで、ある意味ではこれはチェルノブイリよりずっと悪い事態です。
 何故かというと周辺に多くの住民がいるからで、100km圏内に300万、200km圏内だと更に700万の人々がいる。IAEAによると、そうした地域への放射能汚染は1平方メートルに付き1メガベクレルだという。これは相当な量で、1平方メートルの土地に毎秒100万回の壊変ということで、チェルノブイリで爆発した地域の倍はあるのです。相当数の死者が、癌になる人が出ます。」(RussiaToday March 30, 2011)

「日本政府のしている事は犯罪的」
「EUは初期段階から避難範囲100kmを日本政府に助言している」(同教授)

「2061年までに、福島から200km圏内で被爆した人の41万7,000人が癌になる」(クリス・バズビー教授IAEAと日本の公式なデータを基にふたつの方式で試算)

「私の手元には、東京南部でも放射性物質の増加が見られるというデータがある。」
「私が見る限り日本の東北はおしまいでしょう。彼等は何を為すことも出来ないし、立ち入り禁止区域は膨大で、費用も異常なほどかかるでしょう。だから原子力産業はおしまいです。しかし正直なところ、チェルノブイリのあと起きたことは大きな隠蔽で、国際的な原子力ロビーの健康被害に関する隠蔽があった。それがやっと最近になって、少なくとも100万人の人が亡くなったということが調査の結果わかってきた。それでもまだ原子力産業の連中は「少数の作業員が死んだだけで、何も問題はない。若干の子供たちが甲状腺癌になったけれども、治療すれば治る」という途方もない嘘をついている。このケース(日本)でも、同様の嘘がたくさん出てくると思うので、みんな注意が必要です。」(同教授)



以下は動画の抜粋


チェルノブイリ 「百万人の犠牲者」
ようこそ 司会のカール・グロスマンです
来る4月26日でチェルノブイリの事故から まる25年です
一方 世界中の原子力業界は再興を図っています
今日は ちょうど出版された大事な本
「チェルノブイリ~大惨事の環境と人々へのその後の影響」
について取り上げていきます
この本は公開された医学的データに基づき
事件の起きた1986年から2004年までに
98万5千人が亡くなったとしています
死者数はさらに増え続けています

「スタジオにはジャネット・シェルマン博士をお迎えしています
ジャネット博士はこの本の寄稿者でもあります
共著はベラルーシのヤブロコフ博士ほか2名
チェルノブイリ原発事故の死者は100万人に?ご説明を
癌や心臓病 脳障害 甲状腺ガンなど
死因はさまざまでした
何より多くの子どもが死にました
母親の胎内で または生後 先天性障害でです
98万5千という死者数を特定した方法は?
これは公開されている医学的データを基にしています
原子力を規制・奨励する機関である IAEA-
国際原子力機関のホームページを見ますと
チェルノブイリの死者数は計4千人と出ています
本の98万5千人と大きく異なるのはなぜ?
IAEAが発表したチェルノブイリフォーラムという調査書は
350の文献をもとに書かれています
すべて英文で公開されている資料でした
しかしヤブロコフ博士たちは5千以上の文献にあたりました
それは英文の文献に限りませんでした
また実際に現場にいた人たちの声をもとにしています
現場にいた医療従事者 科学者 疫学者など
地域の人々の病状を見ていた人たちです

本は WHO 世界保健機構でさえ
チェルノブイリの真実を語っていないと非難していますね
WHOは IAEAと協定を結んでおり
発表することができないとのことですが・・
1959年に両機関のあいだで結ばれた協定は
一方がもう一方の承諾を得ることなしに
調査書を発表することを 禁じています
締結時から変わっていません
WHOはIAEAの許可なしには調査書を発表できないのです
IAEAは 世界中の原子力の規制だけではなく
原子力の促進を行う機関でもありますからね
当然 WHOに「原子力は健康に有害だ」と言われては
困るわけです
こうした状態はやめにするべきです
協定は破棄されるべきです
さて毒物学者として 研究に生涯を捧げておいでのあなたが
今この本の編集をされているわけです
そしてあらゆる科学的なデータをみた上で
チェルノブイリの犠牲者数は百万人と仰る
科学技術による史上最悪の事故ということですね -ええ
データを読み取り 本を編纂された時の感想は?
事態は私が思っていた以上に深刻でした
人々が癌や心臓病で命を落とすだけでなく
体中のすべての臓器が毒されたということが衝撃でした
免疫機能 肺 皮膚など
すべての器官が放射能の影響を受けたのです
しかも人間だけではありません 調査した全ての生き物
ヒト 魚 木々 鳥 バクテリア ウイルス 狼 牛
生態系のすべてが変わってしまいました
例外なくです

・・・・・・」






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2012.04.17 01:13:15
コメント(9) | コメントを書く


PR

コメント新着

たむたむ@ Re:なぜイエスとマリアが子供を作ったという事実は隠されたのか(06/09) >先日来、マグダラのマリアはイエスと結…
yじい@ Re:天皇が男系でなければならない理由(08/29) 奇跡の血筋ですね 絶やしてはいけません永…
JRホテル大分@ Re:合格!「JRホテル大分」てんくうの湯レポート(06/30) JRホテル大分については、0896240183 を…
cozycoach@ Re:新型コロナウイルスは空気感染するエイズ(02/01) 興味深い記事の紹介、ありがとうございま…

バックナンバー

2024.03
2024.02
2024.01
2023.12
2023.11

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

プロフィール

榎本!

榎本!


© Rakuten Group, Inc.