5062758 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

デイリー ルーツファインダー

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2006.06.09
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
 昨日は、旧約聖書の神であるアヌンナキが秘密結社とはどういうものかを語っているのを紹介した。
 先日来、マグダラのマリアはイエスと結婚しておりマリアはイエスの子を妊娠していたことを紹介したが、この事実を捻じ曲げたのもアヌンナキだった。

「純潔の女性の体内で妊娠が起きるとすれば、男児が出来るわけないでしょう。せっかく遺伝学を研究しているのに、なぜそこから結論を引き出せないのですか。その女性はどこからY染色体を得るというのです?星の存在から?神、それとも天使?民よ、キリストの誕生は三次元の出来事なのです。この創造にセックスが介在しないというのは、いったいだれの思い付きでしょうか。そう、このばかげた陽動作戦は、マグダラのマリアとキリストが子供を作ったという事実から人々の目をそらせるため、アヌンナキがでっちあげた話です。その出産によって、キリストのコードが地球の血に埋め込まれたのです。コードが独身禁欲の男性によって三次元的に埋め込まれることはありません。」(プレアデス銀河の夜明けP254)

 なぜ、アヌンナキはこれほどまでにイエスとマリアが子供を作ったという事実を隠そうとしたのだろうか。

「キリストが歴史上のゼロ時点に出現したのは、人類を魚座における最高の波動、つまり共感へと進化させるためである。共感は人々の心をひらき、霊的なアクセスを可能にする。きみたちはみな水瓶座の時代のうちに九次元的人間になっていくが、キリストはその見本としてやってきたのだ。彼は地球にかかわる深い魂の系譜をもつ存在で、人間の暴力を変換させうる究極の創造性の道具「聖体拝領」をもたらした。また、マグダラのマリアという女神によって自分の血統を伝えた。彼は女神イシスをまつったエルサレムの中央神殿の巫女と結婚することにより、イシスを通じてオシリスの男根をつけなおし、断ち切られていた男性性を回復したのである。キリストが自分の星のコードをマグダラのマリアの肉体に植えつけると、精霊の子として生まれたホルスと違い、この二人のあいだにはサ・ラーという人間の娘が生まれ、これまで100代にもわたる子孫を作っている。キリストは人間すべての体内のDNAに生きており、いまもきみたちを世界の主権者にしている。

 次なる最終段階には、太陽が人間の血液中のキリストを覚醒させるだろう。真実を受け取る時がやってきた。教会はキリストを去勢したばかりか、彼が地球にもたらした錬金術の教えまで隠蔽したのである。キリストは植物を血に変えることで、ガイアの錬金術を人間にもたらした。彼の血はきみたちの血管をながれており、それがマインドコントロールに対する解毒剤になる。」(プレアデス銀河の夜明けP349)

 なるほど我々を支配したがったアヌンナキにとって、キリストの血が我々に流れていることを意識し、彼らのマインドコントロールから脱するのを恐れたために、あのようなでっちあげを行ったのだ。
 それにしても、マグダラのマリアは娼婦どころか、イシスをまつるエルサレム中央神殿の巫女だったとは。


 でも、キリストの血は我々日本人にも流れているのだろうか?日本は島国でこの2000年の間、外国との混血はほとんど進んでいないはずだ。だから普通に考えればイエスの血も流れているはずはない。

 しかし、何も気にすることはない。イエスの血が入っていないということは、神殿で地球の女性と交わった好色アヌンナキの邪悪な血も流れてはいないということだ。アセンション後の世界は日本人がリードするという説があるが、それが本当なら我々が国祖クニタチトコから続くアマカミの血を引く直系血族だからだ。

 最近はここにも我らがアマテルの富士山の写真をかけたり、神社にお参りしてはご神水を汲んで蘇生水にして毎日飲む今日この頃なのだか、これも我らのいにしえの血を活性化するためかもしれない。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2006.06.09 02:29:08
コメント(10) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


アヌナンキ? ってだれ? なに?(無知ですいませんが)   草ぼうぼう さん
勝手に旧約聖書の神を名乗るな!

主の名において いはせていただきます  (2006.06.09 07:25:20)

Re:アヌナンキ? ってだれ? なに?(無知ですいませんが)(06/09)   榎本! さん
草ぼうぼうさん

おはようございます!

>アヌナンキ? ってだれ? なに?

 ちょっと説明不足でしたかね。

アヌナンキはセガリア・シッチンの一連の仕事で存在が証明された古代のシュメールやエジプト等の神で、具体的にはニビルという星の存在です。

 セガリア・シッチンは学者で大変に地道な古代文字の解読作業を通じてアヌンナキの存在を証明してます。

>勝手に旧約聖書の神を名乗るな!
>主の名において いはせていただきます 

 くさぼうぼうさんは実際に旧約聖書を読まれてどのような感想をもたれたましたか?

 私はちょっと変だと思いました。私の身近で実際に読んだ人に聞く限り同様の感想が返ってきます。

 ちなみに、旧約聖書の神はニビルのアヌンナキだと思っていますが、
 イエスのいう天の父は、シリウスのガブリエルという素晴らしい存在だと思っています。

(ガブリエルさん、昔から私たちをサポートしてくださってどうもありがとう!) (2006.06.09 08:55:47)

Re[1]:アヌナンキ? ってだれ? なに?(無知ですいませんが)(06/09)   草ぼうぼう さん
榎本!さん
おはようございます!(いいわすれました...)
> ちょっと説明不足でしたかね。
いえいえそんなことありません 僕の勉強不足です...
>アヌナンキはセガリア・シッチンの一連の仕事で存在が証明された古代のシュメールやエジプト等の神で、具体的にはニビルという星の存在です。
エジプトの神でしたか...

> くさぼうぼうさんは実際に旧約聖書を読まれてどのような感想をもたれたましたか?

> 私はちょっと変だと思いました。私の身近で実際に読んだ人に聞く限り同様の感想が返ってきます。
いまだに少しずつ読み進めている所ですが 旧約聖書の神は 何者かに悪用されているのでは と感じております
> ちなみに、旧約聖書の神はニビルのアヌンナキだと思っていますが、
僕は そのアヌナンキというひととは とうてい 思えません
> イエスのいう天の父は、シリウスのガブリエルという素晴らしい存在だと思っています。
これについては これまた勉強不足でなにもいえません すいません

ナフタリより


(2006.06.09 09:50:36)

Re[2]:アヌナンキ? ってだれ? なに?(無知ですいませんが)(06/09)   榎本! さん
草ぼうぼうさん

>これまた勉強不足でなにもいえません すいません

 いえいえ。とんでもありませんよ。もちろん私としては真実を求めているつもりではいますが、私の捉えていることが真実であるなんて保障はどこにもありませんからね。(笑)

 それに私も毎日新たな発見の連続なんですよ。私の捉え方も常に変化しています。
  (2006.06.09 10:46:13)

Re[3]:アヌナンキ? ってだれ? なに?(無知ですいませんが)(06/09)   草ぼうぼう さん
榎本!さん

> それに私も毎日新たな発見の連続なんですよ。私の捉え方も常に変化しています。

同じく!です たぶん みなさん同じなのだと思います

Each one teach oneですね
高みにむけて お互い がんばりましょう!

When the time come, we know the truth.


(2006.06.09 11:08:14)

Re[4]:アヌナンキ? ってだれ? なに?(無知ですいませんが)(06/09)   榎本! さん
草ぼうぼうさん

>高みにむけて お互い がんばりましょう!

はーい。

>When the time come, we know the truth.

 That's right!
 And It's always now and here.

(2006.06.09 11:40:46)

Re[5]:アヌナンキ? ってだれ? なに?(無知ですいませんが)(06/09)   草ぼうぼう さん
榎本!さん
> That's right!
> And It's always now and here.
-----

Every little thing gonna be alright!!!
No worry about the thing! (2006.06.09 12:30:59)

私もまだまだ勉強中   (宏) さん
神話とかって、ほんとに複雑で難しいですよね。
たんなる物語なのか、事実を物語にしたものなのか、伝えたい何かを例えとして物語にしたものなのか、このへんを見分けるだけでも一苦労ですもんね。

神についても同様、無形の存在、偉人を神として崇めた、それとも当時の人の理解を超えた存在?
時代を経て、これらがまぜこぜにされているわけですから、なおさらです。

その上時代や文化的背景が違えば、例えがたとえとして通用しなくなる場合も出てきますしね。

最近では、例の映画化された小説と例の日本のアニメのおかげ(?)で、'賢者の石'がすっかり石またはそれに類する物質ということで共通認識が出来てしまったようです。

『秘密を解く鍵』『謎を解く鍵』と聞いて、ホントに物質としての'鍵'を探す人いないですよね。(笑)

それはそうと、キリストは言葉どおりパンとぶどう酒(肉と血、つまり遺伝子)を残していったわけですね。 (2006.06.09 19:44:46)

Re:私もまだまだ勉強中(06/09)   榎本! さん
(宏)さん

こんばんは。
>『秘密を解く鍵』『謎を解く鍵』と聞いて、ホントに物質としての'鍵'を探す人いないですよね。(笑)

 聖杯伝説にしても、本当の聖杯というより、マリアの子宮のことを暗示しているようですね。もっともキリストの血を受けた杯が残っていてもいいわけですが、それはただ単にめずらしいだけで、我々の生活には何の関係もありませんが、マリアの子宮が受け継いだものは我々自身に関係大ありですからね。

>それはそうと、キリストは言葉どおりパンとぶどう酒(肉と血、つまり遺伝子)を残していったわけですね。

 そういうことですね。

 どうもこれは本当のことのようです。
(2006.06.09 21:27:48)

Re:なぜイエスとマリアが子供を作ったという事実は隠されたのか(06/09)   たむたむ さん
>先日来、マグダラのマリアはイエスと結婚しておりマリアはイエスの子を妊娠していたことを紹介したが、この事実を捻じ曲げたのもアヌンナキだった。

1つの単語に複数異なる意味があった。
それを宗教が歪曲、身勝手な解釈へ置き換えたと取るべきでしょう。
悪行三昧しているカトリックだから。
神の国を建国すると言う理由で世界征服を企てた。

世界史教科書に「大航海時代」が描かれていましたよね?
それがカトリックによる世界征服だった分けです。
カトリックのナンバー2やナンバー3による暴走。
人身売買、ロヒンギャ追い出し事件、黒人奴隷(現在 ゴンゴ共和国)、ヘブライ王国を滅ぼしなど。
布いて言うと反キリスト団体がカトリック。ユダヤ教の神を間違えたキリスト教と言う意味で! (2022.09.06 20:55:42)

PR

コメント新着

たむたむ@ Re:なぜイエスとマリアが子供を作ったという事実は隠されたのか(06/09) >先日来、マグダラのマリアはイエスと結…
yじい@ Re:天皇が男系でなければならない理由(08/29) 奇跡の血筋ですね 絶やしてはいけません永…
JRホテル大分@ Re:合格!「JRホテル大分」てんくうの湯レポート(06/30) JRホテル大分については、0896240183 を…
cozycoach@ Re:新型コロナウイルスは空気感染するエイズ(02/01) 興味深い記事の紹介、ありがとうございま…

バックナンバー

2024.03
2024.02
2024.01
2023.12
2023.11

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ

プロフィール

榎本!

榎本!


© Rakuten Group, Inc.