139331 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

後述アガスティア 【旅人P】

PR

Profile


koitom

Comments

ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…
ペット総合サイト@ アクセス記録ソフト 無料 楽天 アクセス記録ソフト! http:/…

Favorite Blog

ジャンヌダルク田中… ジャンヌダルク田中さん
イマドキの娘とイマ… -mihoko-さん

Archives

2019/09
2019/08
2019/07
2019/06
2019/05
2019/04
2019/03
2019/02
2019/01
2018/12

Recent Posts

Category

全4件 (4件中 1-4件目)

1

【旅人P】Kham!!!!

2007/03/16
XML
カテゴリ:【旅人P】Kham!!!!

まずね、デルゲ(4川省と自治区の境界の4川省側の町)までバスに乗ったのだけど、これが普段はマニカンコ(ガンゼとデルゲの真ん中にある分かれ道の町)行きで、デルゲまで行かない。今日はデルゲまで行くよっ てんで乗ったのだけど、デルゲ直前の検問で引っかかった。
荷物が少ない乗客は、そのまま包車(借り上げ車)をシェアしてバスさんバイバイ!

・・・あり? 皆、このままこの車に乗って、自治区側の「ジョムダ(江達)」まで行くの?
てか、包車に乗せられたまま、そのままデルゲを後にしたワタクシでした。

ああ、デルゲの印経院(でるげばるかん)が遠ざかっていくよ。。。

ま、いいか。


自治区側に入ったら、オイラは既に不法侵入者。
入境許可書? 持ってませーん。
外国人旅行許可書? 持ってませーん。

ケーサツに見つかったら、罰金+4川省まで強制送還だ!

まぁ、ルートは2つ下の日記を参照。


p20070307-1p20070307-2

写真1、ガンゼ→デルゲ

雪が降ってた。バスのタイヤにチェーン付けたり、外したり。
途中で道が封鎖されてたり、バスが検問に引っかかったり。
結構時間がかかったね。


p20070308-1p20070308-2

写真2、非開放地区、チャムド(昌都)

何が どー 非開放なのか、よー分からん。
チャムドの宿は公安と直結してて、外国人が泊まると通報されるらしい。
が、身分証を出さなきゃいいだけのこと。なのだけど、漢人のガラスの仮面を装着中のワタクシだったけど、やっぱコワイもんはコワイ。
ので、外出も考えものだと思うけど、外出。アングラにネットカフェで時間を潰したよ。

でも、ここのPC,OSがXPのクセに、日本語打ち込みの設定ができねぇでやんの。
仕方がないので、ローマ字にて「エンピツ日記」を更新。
実は、たまーに「エンピツ日記」も更新したりしています。

てか、日本語をおおっぴらに広げるのもアレなので、小さな窓で。
いやいや、今日ぐらいは赤いサイトだけで我慢しろよな、自分。ってカンジ。

左は公園にいた親子。子供が喰ってるのはお菓子ではなく、鳥の足。
右は丘の上のチャムドゴンパ。隠密行動のオイラは上らなかったけど。


p20070311-1

写真3、チャムド→ラサの路線バス

このバスが壊れて壊れて。結構時間がかかったけど、町で時間がたくさんよりかは自分にとっては好都合。走っている間が一番安心だ。


p20070309-1p20070309-2

写真4、非開放地区、八宿(パシュ)

ただの宿場村。ただ、ここに辿り着くまでの道が凄かった!
2000mくらいの海抜差を一気に下り行く!!
とは言っても「垂直落下」じゃあないよ。あしからず。

てか、道が悪くて、巻き上げる砂がひどい。バスの中も砂だらけ。


p20070310p20070311-2

写真5、非開放地区、八一(パーイー)等

左が八一。軍事ものだけがある、ツマラなくも恐ろしい町。
だって、ガイドブックには「検問」って書いてあったんだもーん。
・・・結局そんなのはなかったケドネ。

八宿から八一までの道すがらに「ポメ(波蜜)」という場所があって、『ポメ犬』が有名らしい。
まさか、ポメラニアン・・・?
と思って目を凝らしていたのだけど、フツーの犬しかいなかった。

右が、もうラサ間近な宿場町。一皿10元というバカ高いチャーハンを召した。
この「林芝地区」というトコなのだけど、なんでも『家屋改善計画』を進めているらしく、家々の屋根が赤色、緑色、青色、紫色、とカラフルなトタン屋根になっていた。

色は集落ごとに統一されているのだけど、チベット家屋にトタン屋根はすげぇミスマッチ。
が、暫く見ていると見慣れてくるこの脳ミソ。
赤い政策、恐るべし。。。

虚言も言い続けて真実にしてしまうその手口、侮ってはイケナイよ!!!



しかし、ラサの漢語表記は「拉薩」となるのだけど、「菩薩を拉ぐ」だなんて、日本語的解釈をしたらヒジョーにタイヘンな音訳だよね!
(拉〈ひし〉ぐ;1.おしつけてつぶす。等 2.勢いをくじく。 広辞苑より抜粋)







Last updated  2007/03/16 10:13:12 PM
コメント(0) | コメントを書く
2007/03/12
カテゴリ:【旅人P】Kham!!!!

特に何もなく、ダラダラ過ごしたね。
何人かの僧侶は、自分のことを覚えていてくれた。ので、またガルゼゴンパの厨房でチベット汁ソバ食ったり。

そのガルゼゴンパの裏手のコルラ道(コルラ=右繞)の更に裏手の丘の上に行ってみた。したら、塔みたいのが見えたので、暇にかまけて行ってみた。したら、更に遠くにお堂みたいのが見えたので、更に暇にかまけて行っみた。

したら、オッちゃん達が、タルチョをかけていたよ!
ってんで、こちらの意向を尋ねられるなんて高尚な交渉もなく、手伝わされた。

p20070305-3

遠目には「塔」だったのだけど、近くに行ったらタダの廃屋の一部だった。
騙された。。。

p20070305-1p20070305-2

あの丘の上のお堂まで! と、オヤジがタルチョの張替えを。
右の写真もわざと狙ってそうなのだけど、アガスチアに載せる写真に映ってる人、顔が見えないっしょ? ちょっとした心使いです。


また別の日、ウロウロ散歩してた。したら、丘の上にあった尼寺に到着し、やっぱりゴチになって帰るワタクシでした。

p20070306-1p20070306-2

去年よか色が鮮やか。塗りなおしたんだろうな、ってサキャ派な色彩の建物。と、尼寺の中(右)。別に男子禁制ってワケでもない。

p20070306-3

帰り道。ちょっとした異世界に飛ばされた。
何これ? なんかのテーマパークみたいなもん? 案山子がたくさんあった。
画像中の案山子の手が「オバケのQ太郎」的で素敵だった。


ガンゼはこんなもんにして、次は4川省とチベット自治区の境界の4川省側、デルゲ(徳格)ってトコに移動します。






Last updated  2007/03/14 12:56:15 PM
コメント(0) | コメントを書く
2007/03/05
カテゴリ:【旅人P】Kham!!!!
なんかね。拉致されてね。
(以下、2007年5月5日に削除)






Last updated  2007/05/05 10:21:19 PM
コメント(2) | コメントを書く
カテゴリ:【旅人P】Kham!!!!
康定(ダルツェンド)では、まぁ何事もなく、ぷらぷら。
だってさぁ~ ココに来るの、5回目なんだよ? 超リピーター

でも、次のバスのチケットが取れなかったんで、2泊してみた。

p20070225p20070226

左はやっぱりお馴染みのダルツェンドの風景。変な電飾なくてよかった。
右は金剛寺ってトコ。2004年に来たときは修復していたんだよね。それが立派に。で、今はチベット正月明け直後なんで、法会をやってる。中央の異質な帽子の方がこの寺の活佛みたい。

以上!






Last updated  2007/03/05 07:06:56 PM
コメント(0) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.