000762 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

Vを目指すblog

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

コメントに書き込みはありません。

Freepage List

Headline News

2015.03.17
XML
カテゴリ:育児
先日保育園で学習発表会があり、参観をしてきました。0歳児から6歳児までの演技力の幅の広さが目立ちました。自分にかかわりがある子供たちを見に行ったはずなのに、他の知らない子供たちの表情の豊かさが伝わり、とても微笑ましい光景の2時間が続きました。0歳時のあどけなさ、「はーい」と手を挙げ、返事をする姿はとてもかわいく自然に口元がほころびていたのを覚えています。


2、3,4児歳は成長期、少し大人びた踊りをぎこちないしぐさで踊る姿は子供の成長を感じました。去年は床に座っていた児が、今年はみんなと一緒に踊っていると思うだけで、胸が熱くなってきました。家では、自我の芽生えでわがままを言っているあの児が、周りの児と共に音楽に合わせて踊っている姿は素晴らしいと思いました。


途中で泣き出す児もいました。


でも、手だけを動かし、一応参加しているのだとアピールしている様でした。それ以上に驚いたのは、5,6歳児です。今年の春には小学校に入学する子供たちが含まれていると、さすがに圧巻的な踊りや歌、劇とお兄さん、お姉さんといった様子が窺えました。しっかりとした大きな声で参観に来ていた人たちの目を、釘付けです。「さすが~!」といった感じでした。


可愛いだけでなく、随分大人になったと感動さえ生まれてきたのです。でも、0歳児から6歳児の大幅な、年齢差をものの見事にまとめあげる先生方のすばらしさに再三感動です。ひとりひとりの個性や成長度合いもそれぞれ違っている中、どうやってまとめていくのかと祇園に思うくらいです。わかりやすく、時には教えるとき、叱責もあるでしょう。泣かれる時もあると思います。


でもそこを何とかやる気を出させて覚えてもらうその努力は大変なものだったと痛切に感じています。衣装もそうです。高価なものを使わず身の回りにある、普段廃棄してしまうものを再利用して、全く違う品に変身させるのです。そのアイデアには完敗です。とても素晴らしい!と感激しました。そんな保育園の先生方の努力に感謝の気持ちを込めて楽しい時間を過ごせたと良き思い出ができたと思いました。


家に戻り、「もう一度踊ってくれる?」と言っても、照れてなかなか踊れてくれません。でも私たち家族のひとりひとりにこういってくれたのです。「今日は来てくれてありがとう」と。思わず涙が出ました。こんなお礼を言うなんて成長したのかと思わず目頭が熱くなったのです。来年は踊りも歌も上手になっていることでしょう。来年もまた見に行こうと決めています。





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2015.03.17 16:32:51
コメント(0) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.